浅葱色の夏36コメント

1 ひー id:CzJshLm.

2012-07-30(月) 13:02:23 [削除依頼]
「母さん、俺ネギ嫌いだって言ったじゃん」

また今日もネギが入ってる。

「あら〜、そんなこと言うと背が伸びないわよ!」

「いや、中三で170あれば十分だし」

「全く、好き嫌い多いんだから〜」

無視かい!しかも俺、嫌いなのネギだけだし。

ああ、憂鬱。休みぐらい好きなもの食べさせろっての。

「なあなあ、このシャツの色どう思う?」

話の流れを全く無視した父さんの質問。

「ああ、いいんじゃね」

それはすごくきれいな青のワイシャツ。

父さんが着てる時点で価値2割減だけど。

「この色、『アサギイロ』っていうんだぞ〜」

「どんな字?」

「浅いに、葱に、色」

ああ、だからか。

父さんが、話の流れを無視したわけでは

なかったことは理解した。
  • 17 ぷ〜サン id:MVoRlCm1

    2012-07-30(月) 14:34:19 [削除依頼]

     まじですか!!!!!!!!!!!!!!


     隠れ読者…


     嬉しすぎて吐血((おいww


     「ひ〜さん」と呼んで良いですか??
  • 18 ひー id:YHdawi3.

    2012-07-30(月) 14:37:53 [削除依頼]
    「え〜、浅木は城谷の隣の席だ」

    え、俺の横?だから見慣れない机があるのか。

    何人かの男子が羨ましそうな顔でこちらを見る。

    安心しろ。初対面の女子を口説くほど肉食じゃない。

    「よろしくね」

    「…よろしく」

    ああ、空気が重い…

    不意に浅木が呟いた。

    「浅葱色の夏…」

    「は?」

    「昨日注文したでしょ」

    「何で知ってんの?」

    「私、注文されたから来たんだけど」

    「え、それって…」

    「こらあ、城谷。かわいい女子が隣になったからって

     ホームルーム中に話すなあ」

    笹川の覇気のない怒声が飛んでくる。

    つうか、怒られるの俺だけ?
  • 19 ひー id:YHdawi3.

    2012-07-30(月) 14:41:00 [削除依頼]
    >ぷ〜サンさん

    と、吐血!?

    大丈夫ですか?洗面器、洗面器(笑))


    どうぞ呼んでください!


    また「日記」にもコメしますね。
  • 20 ひー id:YHdawi3.

    2012-07-30(月) 14:46:23 [削除依頼]

    おちます!
  • 21 ぷ〜サン id:MVoRlCm1

    2012-07-30(月) 15:10:03 [削除依頼]

     大丈夫

     なんとか おさまったよww


     コメくれたら
     もう… 失神するww
  • 22 ひー id:jPNRuHH0

    2012-07-31(火) 18:41:01 [削除依頼]
    >ぷ〜サンさん

    え、マジですか!

    でもコメしますww
  • 23 ひー id:jPNRuHH0

    2012-07-31(火) 18:46:14 [削除依頼]
    休憩時間にさっきの話の続きを…

    とか思ってたら、浅木の周りには

    あっという間に人だかりができて、

    話しかけられなくなってしまった。

    「浅木さんかわいいね〜」

    「どこから来たの?」

    「夏って呼んでいい?」

    「バレー部入らない?」

    対する浅木は「うん」「どうしようかな」

    と曖昧な返事ばかり。

    友達減るぞ、お前。

    っていうか、話の続きはいつしよう?
  • 24 ひー id:fQsCBRl1

    2012-08-02(木) 21:41:21 [削除依頼]
    明日、更新します。
  • 25 ひー id:sRWkLQW.

    2012-08-03(金) 18:11:33 [削除依頼]
    「なあ、浅木」

    放課後、やっと話しかけるチャンスがやってきた。

    「何?」

    「『浅葱色の夏』って何なんだ?
     あの『クローバー辞典』っていうのと関係あるのか?」

    「え、知らずに申し込んだの?」

    「どういう意味だよ」

    口をあんぐりと開ける浅木。

    「驚き」を絵に描いたようだ。

    「あのサイトは、青春提供サイトだよ。
     歳の割にさばさばしてる若者が青春を求めて申し込むんだよ」

    「…青春提供サイト?」

    浅木はじれったそうに言い放った。

    「ああもう、こういうことだよ!」

    浅木が、ついばむように俺にキスをした。

    その事実に気づいたのは、浅木が教室を出て行ってからだった。

    ……何だっていうんだ。
  • 26 ひー id:sRWkLQW.

    2012-08-03(金) 19:20:34 [削除依頼]
    しかし、ドキドキもそわそわもしないもんだな。
    浅木の言った通り「歳の割にさばさばしている」らしい。

    ふつう、あんなことがあったらドキドキするもんなのだろう。
    相手、すげえ美人だし。

    でも、何も思わない。

    あ、1つだけあった。

    「一応ファーストキスだったんだけどな」
  • 27 ひー id:sRWkLQW.

    2012-08-03(金) 19:26:15 [削除依頼]
    **ファーストキスから1夜明けて**

    「おはよ、巧くん」

    「おはよう、浅木」

    昨日の事なんて無かったかのような挨拶。
    しかし、浅木の視線は俺の唇に釘付けだ。

    分かりやすすぎる。

    「唇に何か付いてるか?」

    そう言うとすぐに視線を外す。

    「何も付いてないよ…」

    もしかしたら…
    照れてる、のか?
  • 28 ひー id:sRWkLQW.

    2012-08-03(金) 19:42:28 [削除依頼]
    夏休みだってのに、朝から補習なんてかったるい。
    部活にも入ってないのにわざわざ学校に来るなんて面倒臭いにも程がある。

    …とか思ってたら、今日に限って補習は無かった。

    いや、予定表を見ずに来てしまった俺も悪いが…
    何で昨日の今日なのに教室で浅木と2人っきりなんだ…

    「巧くんも間違っちゃったの?」

    まただ。また俺の唇を凝視している。

    「…もしかして、浅木もファーストキスだった?」

    「え…」

    図星らしい。
    反応に困る浅木を見ていると、無性にいじめてみたくなった。

    「自分からキスしといて、逃げるなんて趣味悪ぃぞ」

    ごめんなさい、と言いかけて、やっとこちらの思惑に気付いたのだろう。はっと顔を上げた。

    逃がすもんか。


    ーー唇が重なる。


    その瞬間、体を突き放された。

    「っ…巧君の…馬鹿…」

    てっきり逃げられるかと思ったが、今度は浅木から重ねてきた。

    長い。
    運動なんて体育以外ではしない俺には苦しい長さだ。

    「ごめん、タイム」

    一度離すと、浅木はもう一度重ねようとはしなかった。

    「…帰る」

    ぶっきらぼうにそう言い放つと逃げるように教室を出て行った。
  • 29 ひー id:sRWkLQW.

    2012-08-03(金) 19:51:09 [削除依頼]
    浅木に対して、恋愛感情があると言えば嘘になる。

    ただ、浅木が照れながら押し付けてくるキスが好きなのは確かだ。
    遠慮がちに肩に置かれる細い手も。

    あんなことがあったら、もう浅木は話しかけてこないかもしれない。
    でも、それもいいかな、って考えてしまう。

    このまま終わりになっても…  


    いや、やっぱりよくないかも。

    今まで恋らしい恋もしたことが無いのだから…

    浅木なら、変な概念なしに好きになれるかもしれない。
    浅木なら、さばさばした俺を受け止めてくれるかも知れない。

    そんなことを考えたら、眠れなくなってしまった。
  • 30 ひー id:sRWkLQW.

    2012-08-03(金) 19:56:17 [削除依頼]
    **次の日**

    「浅木、後で、ちょっといいか?」

    補習の時間、はしゃいでいる周りの奴には聞こえないような声で伝える。
    浅木の顔が強張るのがわかった。

    「うん」

    やっと、という感じで返事を返してきた。
  • 31 ひー id:sRWkLQW.

    2012-08-03(金) 20:09:59 [削除依頼]
    教室に残った浅木は、緊張そのものだった。

    「あ、別にキスしようとかそういうことじゃない」

    「知ってる。巧くんそんな人じゃないもん」

    へえ、俺ってそういう風に思われてるんだ。

    「えっと、浅木は、どっかから派遣されてきたんだよな?
     さばさばした俺に『青春』を届けるために」

    こっくりと頷く。

    「つまり、それは俺に恋をさせるためだよな?」

    遠慮がちに頷く。

    「そうか…」

    不意に、不安げな顔になる浅木。

    「迷惑?」

    そんな訳ない。

    「いや…。それが浅木の仕事なら、付き合ってみるのも悪くないなと思って」

    目を見開き、ほんの少しだが嬉しそうな顔になる。
    肝心の俺は、緊張もドキドキもしていなかった。


    やっぱり俺は変わっている。
  • 32 ひー id:sRWkLQW.

    2012-08-03(金) 20:33:29 [削除依頼]
    **付き合い始めて5日後**

    「巧くん、海行かない?」

    「海?」

    下校途中にいきなり何を言い出すんだ。

    「中3の夏だよ?海くらい行かなきゃ」

    それ、ぜんぜん理由になってねーし。


    でも、いいかもしれないな。

    「いいよ。いつ?」

    「明日」

    「明日ぁ!?」

    「あ、迷惑なら別に…」

    「いや、いいけどさ、いきなりだなあと思って」

    「ごめん」

    別にいいけど…2人っきりですかあ!?
    そんな本音をぐっと飲み込んだ。
  • 33 ひー id:sRWkLQW.

    2012-08-03(金) 20:39:26 [削除依頼]
    **海**

    「どう、かな?」

    おそるおそる更衣室から出てきた浅木は、
    可愛らしい水着がよく似合っていた。

    「ああ、似合う」

    そう言うと、浅木はほっとしたように笑った。

    「よし、泳ぐか」

    「まあ、そのために来たんだしね」

    ずんずんと歩く俺の後ろを、少し遅れてついてくる。
    周りから見たら、完全にカップルなんだろうな。
  • 34 ひー id:9/Rm3Lp0

    2012-08-04(土) 06:54:52 [削除依頼]
    泳ぎ疲れた…

    やはり俺は体力がない。
    砂浜に寝そべる俺の顔を浅木は覗き込んでくる。

    「大丈夫?」

    「いや、もうだめかも」

    「え、救急車呼ぶ?」

    冗談通じないな。
    あわてて否定する。

    「よかった」

    心底嬉しそうな浅木。
    泳ぎ疲れていないんだろうか。


    「…何か食うか」

    そういえば腹も減っている。

    「あ、じゃあ買ってくる。巧くん休んでて」

    呼び止める暇もなく駆けていく。
    「健気」という言葉が脳裏をよぎった。
  • 35 ひー id:ErPYgRA1

    2012-08-05(日) 13:39:31 [削除依頼]
    「苺とメロンどっちがいい?」

    帰ってきた浅木が聞く。
    っていうか、苺とメロンって…

    「かき氷?」

    「だめだった?」

    「ダメじゃないけど、昼飯には向いてないな」

    「…ごめん」

    申し訳なさそうに下を向く浅木。
    傷つけたかな。

    「何か買ってくる」

    再び走って行こうとする浅木の腕をつかむ。

    「いいよ。昼飯がかき氷ってのもなかなか乙なもんだしな」

    「……」

    「俺、メロン貰うよ」

    申し訳なさそうに苺のかき氷をつつく浅木。
    初めて浅木をかわいいと思った。
    見た目の面じゃなく、仕草の面で。

    素早く周りに人がいないのを確かめて、
    唇を重ねた。

    かき氷で冷えた唇が心地いい。

    浅木は真っ赤になって逃げようとするが、
    そうはさせない。

    照れたところもかわいいと思った。


    この気持ちが「恋」なのだろうか。

    俺にはまだわからない。
  • 36 ひー id:Hq05Wap/

    2012-08-06(月) 12:11:18 [削除依頼]
    **9月中ごろ**

    最近クラスの様子がおかしい。
    浅木の様子もおかしい。

    何かあるんだろうか、と思って尋ねても、
    みんな口をそろえて

    「なんでもない」

    という。

    その言葉に安心して生活していた俺は、
    ある日、真実を知ることになる。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません