いじめ~友情なんて壊れやすい~239コメント

1 ψ(*`・ω・ねう)⌒♪ id:ZqFOURG/

2012-07-29(日) 08:34:24 [削除依頼]
今、友達の人。

今、親友の人。

あなた達の友情…
その内……壊れるかもよ…

あたしだって…昔…壊れたもん…
  • 220 音々(元ねう) id:C9jz2i2.

    2012-08-23(木) 23:11:50 [削除依頼]
    ~春~
    しばらく廊下を見つめていたが、ナースがいなくなったので、
    目線をお母さんに戻した。

    「……お母さん……」

    グスン グスンと泣くお母さんを見て、悲しくなった。

    私なんかが……なんで生きてるんだろう?
    人を悲しませてばかりの私が……

    私なんか……タヒんじゃえばいいのに……

    そう思った。


    ガラガラ
    廊下から車椅子を回す音が聞こえる。

    誰…………?

    どんどん病室に近づいてくる。


    そして、とうとう開きっぱなしのドアの前まで来ていた。

    それは……真理だった。
    あと、百合と夏子もいた。

    お母さんは泣いていて、真理に気がつかない。

    真理が口をゆっくり開いた。
    「……春 話したいことがあるの……」
  • 221 ねう id:CrVBhVB.

    2012-08-24(金) 12:37:46 [削除依頼]
    名前戻しました(姫理ごめんね)
    ねうって呼ばれる方のが多いので……
  • 222 (●・v・ひろか・v・○) id:j1Aa6dz/

    2012-08-24(金) 13:00:38 [削除依頼]
    やっぱりねうはねうだねっ!

    音々よりもねうの方が似合ってる!

    .2択ゲームっていうの書き始めたから

    もしよかったら読みに来てね!

    ねうは相変わらず上手いね!!
  • 223 ねう id:GVfmSit0

    2012-08-25(土) 09:11:43 [削除依頼]
    ひろか>まじ!? 読みにいくよー!!
  • 224 ねう id:GVfmSit0

    2012-08-25(土) 09:18:11 [削除依頼]
    ~春~
    「なに?」
    わざとお母さんに聞こえるくらい大きな声で言った。

    お母さんはビクッとして、
    顔をあげた。

    真理達がいるのに気づいて
    顔を両手でおおいながら出ていった。

    「真理……で?」

    「……春……少年院にいくんだよね……?」

    「……そうだけど……」

    私がいなくなって嬉しいでしょ?
    こんな殺人野郎がいなくなって……


    真理が口を開く
    「……私は」


    その言葉で私は救われた。
  • 225 ねう id:GVfmSit0

    2012-08-25(土) 09:30:08 [削除依頼]
    ~真理~
    私は……あなたで救われたんだ……

    あの時、あなたが声をかけてくれなかったら……

    友達になっていなかったら……

    私は独りぼっちだった。

    ずっとそう考えてた。

    だけど、あなたは私が思っていたような人じゃなかった。
    悲しかった。
    百合より悲しいかも……

    友達が私を殺そうとするなんて……


    でも、私は……

    「私は……信じてる!! 春のこと……信じてる……!!
    だから、『さようなら』なんて言わないでよ……ヒック……」

    目から涙が溢れてきた。

    「私は……『さようなら』なんて言わないよ……!!!!」

    わぁぁと泣きながら、車椅子から立ち上がり、
    春をぎゅううと抱きしめた。

    春の表情は……

    泣いてた。

    いままでの不安・悲しみ・憎しみが
    いっきに溢れたように。


    「…………ごめんなさい……ヒク……ごめんなさい真理……」

    泣きながら抱き合った。

    その光景を百合と夏子はじっと見ていた。
  • 226 ねう id:GVfmSit0

    2012-08-25(土) 09:34:58 [削除依頼]
    ~百合~
    私達は、春の病室を出た。

    良かった……

    やっぱり、友達って凄いな……

    偽りであっても、いつまでも信じられる。

    私も、夏子を信じてる。

    話さなくなった……あの頃も……
    信じてた。

    友情が壊れやすかったら
    固くすればいい。

    頑丈に……固く固く……

    誰にも壊されないように。
  • 227 ねう id:GVfmSit0

    2012-08-25(土) 09:36:43 [削除依頼]
    えっとぉ…これで春編は終わりです。
    次は、リリアンヌ編です♪
    リリアンヌの正体は…………
  • 228 (●・v・ひろか・v・○) id:tVNv5B1.

    2012-08-25(土) 16:04:28 [削除依頼]
    リリアンヌの正体 気になる!
  • 229 (●・v・ひろか・v・○) id:tVNv5B1.

    2012-08-25(土) 16:28:18 [削除依頼]
    2択ゲーム見に来てね!
  • 230 玲乃【mai】 id:rmcYV/J0

    2012-08-25(土) 16:35:41 [削除依頼]
    気になるぅぅ↑↑
  • 231 ねう id:GVfmSit0

    2012-08-25(土) 19:13:39 [削除依頼]
    リリアンヌ 気になる?
  • 232 ねう id:GVfmSit0

    2012-08-25(土) 19:25:51 [削除依頼]
    ~百合~
    一週間後、
    私達はずっとお見舞いにいってた。

    「やっほー♪」
    病室のドアは開きっぱなし。

    そこから、
    ひらひらと手を振る。


    真理は嬉しそうに手を振り返えしてくれた。


    真理と夏子は、すっかり仲良くなっていた。

    なんか同じ趣味があったらしい。


    「あたし、ここのシーンが好きなの!!」
    はしゃぐ夏子。

    「あははは」
    笑う真理。

    どうやら漫画らしい。

    少女漫画かなぁ……?


    「……それ、面白い?」


    『面白い!!!!』

    真理と夏子がハモる。

    クスッと笑う私。


    良かった……良かった……

    そう思った。


    また一波乱
    起きるとは知らずに……
  • 233 ねう id:wBBby87/

    2012-08-26(日) 18:40:48 [削除依頼]
    ~百合~
    病室を出て、トイレに私と夏子はいた。

    「……ねぇ 夏子……?」
    「……なに?」

    「真理に……リリアンヌのこと話していい?」


    「……………………」
    夏子が急に黙った。

    一分くらいしてから……

    「……ダメ……話さないで……」

    ……え? なんで……?


    「……同情されたくないんだ……
    もう、あの事は思い出したくない」

    真剣な表情。
    絶対言うなって目をしていた。

    「……わかった」


    悪いこと言っちゃったな……
    夏子がどれだけ自分を責めてるか知ってるのに……
  • 234 ねう id:1f4dm4t/

    2012-08-27(月) 21:39:59 [削除依頼]
    ごめんなさいm(><)m
    たぶん更新遅くなります……

    この小説は、
    リリアンヌ編が終わったら
    終わりだと思われます。

    終わった後、少し番外編をかくかも(?)
  • 235 (●・v・ひろか・v・○) id:E247h6g1

    2012-08-27(月) 21:45:44 [削除依頼]
    更新マッテルヨ♪
  • 236 ねう in3ds id:DvbTsdr1

    2012-08-28(火) 09:28:41 [削除依頼]
    ひろか>ありがとう!!
    君の小説面白すぎや!!
  • 237 ねう in3ds id:zNXT5mi/

    2012-08-29(水) 22:31:50 [削除依頼]
    ~夏子~
    あの日…………


    キキィィィーーー

    ブレーキの音が響く。

    もう駄目だ……!!

    百合が……百合がひかれる……!!!


    ドシャァーーーーン


    あぁ……あぁ……

    百合がひかれちゃった………


    顔をおおった両手の隙間から様子を見る。


    ひかれていたのは、

    リリアンヌだった。


    リリアンヌは、百合をギリギリ助けた。


    近所の人に救急車を呼んでもらう。


    百合は肩をカタカタと震わせていた。

    血だらけのリリアンヌを直視できない。
    あまりにも残酷すぎて……


    リリアンヌは、記憶喪失になった。


    あたし達のことを覚えていない。


    あたし達は、あの日を思い出したくなくて……
    リリアンヌを忘れたくて……

    それっきり会っていない。


    百合は、助けた男の子の親に感謝された。

    百合は、一番感謝して欲しいのは……
    ”リリアンヌ”
    と言った。


    でも、百合は男の子を助けた。
    リリアンヌは百合を助けた。

    ”あたしは?”

    あたしは何してた……?


    ただ、つったってた……


    あたしは何もしていない……


    あたしが弱虫だからだ……

    百合は、人見知りでも……度胸はある。

    あたしは……ない。


    ずっとあたしは、”あたし”が嫌いだった。

    今も…自分が大嫌い……
  • 238 (●・v・ひろか・v・○) id:SKX4GdI1

    2012-08-29(水) 23:11:17 [削除依頼]
    更新マッテルヨ♪
  • 239 ねう id:ez-tFC.Q2//

    2012-08-30(木) 22:57:02 [削除依頼]
    規制にかかってしまいました。

    更新できなくなってしまいました(泣)

    ちなみにケータイからです。


    リリアンヌの正体を教えます。

    リリアンヌは、


    真理

    です。


    申し訳ございません。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません