先 輩 に 胸 き ゅ ん 。21コメント

1 聖奈 id:ep56HG2/

2012-07-28(土) 12:12:02 [削除依頼]



先輩と目が合うたびに、
先輩の声を聞くたびに、
先輩をふいに思い出すたびに、


胸がきゅんってなって、
締め付けられるんです。
  • 2 聖奈 id:ep56HG2/

    2012-07-28(土) 14:03:46 [削除依頼]



    「せんぱ-いっ!!」

    「のわっ!? …またお前かぁ。」


    一ノ? 朔


    高校2年。


    片岡 疾風


    高校3年生。


    「へへっ
     来ちゃいましたっ!!」


    授業中だって、
    ずっとず-っと先輩に会いたくて、
    よそ見して先生に怒られた。


    「まっ妹みたいで
     かわいいから許すけど。」

    「…また、″妹″ですか??」

    「うん。」


    私は妹じゃなくて、
    先輩の彼女になりたいのに。


    先輩だって
    私の気持ち、知ってるくせに。


    「嫌です!!妹なんて!!」

    「―…朔??」

    「先輩のバカ-っ!!」


    …って走って逃げても、
    もちろん先輩は
    探しには来てくれないんです。
  • 3 聖奈 id:slHUwKb0

    2012-07-29(日) 09:28:13 [削除依頼]
    「…って、本当に探しては
     くれないんですね…。」


    太陽の光が一筋だけ差す、
    静かな屋上。


    「先輩の意地悪…。
     トンチンカン…。」


    「だ-れがトンチンカンだよ。」


    「――っ!?」


    私以外誰もいないはずの
    この階段に
    私以外の声がする…。


    「先輩っ!?」

    「よっ、はぶて虫。」


    疾風先輩は
    髪をくしゃくしゃにしながら
    私の隣に座った。


    「…先輩は冷血王子です。」

    「……王子があるならいい。」

    「じゃあ、玉子。」

    「えっ、それは嫌。」

    「玉子王子。」

    「……お前だから許す。」


    変なやり取りかもしれない。


    でもこれは
    私と先輩の仲直りの仕方。


    くすっと笑いながら、
    先輩は私の頭に手をのせた。


    きゅん、と締まる私の胸。


    「朔、次の時間サボるか!」


    …ずるいよ。先輩は。

    なんでもかんでも、私の心
    かき乱して、期待させて。


    それでも私は、
    先輩が大好きで、大好きで…


    「はいっ♪」


    ついつい、
    満面の笑みで答えちゃうんです。
  • 4 マリン id:8DwznUX.

    2012-07-29(日) 09:30:35 [削除依頼]
    面白いです!
    頑張って下さい!
  • 5 聖奈 id:slHUwKb0

    2012-07-29(日) 09:41:39 [削除依頼]



    重くて古い屋上のドアを
    ゆっくり開ける私。


    …ていうか、開かない。


    「お前、ほんと
     力ねぇんだな。」


    「ほっといてくださいよ-。
     開けれますから!」


    強がってみるけど、
    やっぱり女の私じゃとうてい
    開かないドア。


    こんのぉ……


    「開けれるもんなら、
     開けてみろ。」

    「っ、
     …んぅ〜〜〜〜〜〜っっ!!」


    私ってとことん
    かわいくない女だね…


    「開け!ゴマ!」

    「はい、無理。時間の無駄。
     代われ、俺が開ける。」


    先輩はそう言いながら、
    さっきまで
    ビクともしなかったドアを
    軽々開けた。


    「もう!開けれるなら
     最初からしてくださいよ///」

    「だって
     おもしろかったんだもん(笑)」


    バカにしたように笑う先輩は、
    どこか幼く見えてしまう。


    ―でも、
    先輩が笑ってくれるなら、
    私どんなバカなことでも
    やって見せるからね。
  • 6 聖奈 id:slHUwKb0

    2012-07-29(日) 09:43:47 [削除依頼]



    ◎*.マリンさん


    ありがとうございます
    がんばります!!^^
  • 7 聖奈 id:slHUwKb0

    2012-07-29(日) 09:44:03 [削除依頼]



    オチ(^^)v
  • 8 *玲乃*【mai】 id:vEsFnaS/

    2012-07-29(日) 09:49:55 [削除依頼]

    頑張ってね♪

    玲乃って呼んでね!
  • 9 聖奈 id:slHUwKb0

    2012-07-29(日) 18:13:01 [削除依頼]



    ◎*.玲乃ちゃん


    ありがとうございます!!
    がんばりますね^^
  • 10 聖奈 id:slHUwKb0

    2012-07-29(日) 18:20:19 [削除依頼]



    「うわぁっ!!」


    ドアが開いた瞬間、
    ふわっと吹く、生温い風。


    そして
    目の前に広がる澄んだ空。


    わたがしみたいな雲…。


    「気持ちいぃ〜……。」

    「朔、階段にはいつもいるのに、
     屋上には来たことねぇの?」

    「…はい。」


    だって、
    開かなかったんだもん、ドア。


    「俺も初っ!!
     …いや-、3年も通ってんのに
     もったいなかったな。」


    本当に残念そうに
    腰を下ろす先輩。


    いちいち可愛いなぁ…


    って違う!!


    「先輩3年生でしょ!?
     サボったらダメなんじゃ…、」

    「い-の。
     俺頭いいから。」


    …―地味に腹立つ(笑)


    「私は頭悪いから、
     今日サボったらヤバいんですけど。」

    「…いいじゃん。
     今日くらい。
     今度勉強教えてやっから。」


    「…ほんとですか??」


    「うん。俺嘘つかない。」


    …先輩が教えてくれるなら、
    今日くらい、いい、よね。
  • 11 はるる id:N4pzBis/

    2012-07-30(月) 10:31:52 [削除依頼]
    2人の名前の漢字が読めないので
    教えてください!

    うちも先輩が好きなので、
    こんな風になれたらなぁ〜って思います!
  • 12 はるる id:N4pzBis/

    2012-07-30(月) 10:34:27 [削除依頼]
    うちも、
    『先輩の意外な性格』
    っていう小説書いてるので
    良かったら読んでください!
  • 13 聖奈 id:2lGoWPi0

    2012-07-30(月) 12:58:43 [削除依頼]



    ◎*.はるるさん


    ありがとうございます!!

    そうなんですかぁ!
    共感で来てもらえるように
    がんばりますね^^

    えと、名前はですね、
    疾風と書いて(はやて)ですっ
    朔と書いて(さく)ですっ
    分かりづらくてすいません><


    先輩の意外な性格ですねっ
    了解しましたぁ
    読みに行きますっ♪
  • 14 *玲乃*【mai】 id:XZrL.NZ/

    2012-07-30(月) 13:15:41 [削除依頼]

    ファンになっちゃおう!

    私!今日から聖奈ちゃんのファンになるよ!


    あたしん事は玲乃って呼んで!
  • 15 聖奈 id:2lGoWPi0

    2012-07-30(月) 14:06:28 [削除依頼]



    ◎*.玲乃


    ファンなんてマジですか!?
    こんな駄作に!?(汗)
  • 16 聖奈 id:2lGoWPi0

    2012-07-30(月) 14:12:28 [削除依頼]



    私と先輩は、
    少し汚れた屋上に
    並んでねてる。


    真っ青な空が、
    私の目を奪っていった。


    「―ねぇ、先輩。」

    「…………。」

    「せんぱ…あ、寝てる。」


    横を見ると、
    スースー吐息をたて、
    眠ってる先輩がいた。


    スッとした細い輪郭、
    シャツの隙間から見える鎖骨、
    少し日焼けをした肌。


    すべてに胸が高鳴る。


    「――好きです、先輩。」


    今しか言えないから、言うね。

    眠ってる先輩に、
    私は静かに呟いた。


    「先輩の目も、鼻も、口も、
     不器用な性格も、
     全部全部、大好きです…。
     目が合うだけで、きゅんって
     なっちゃうこと、知らないでしょ。
     …鈍感だけど、そこも好き。
     今だけは、私だけの先輩でいて…。」


    なんでだろ…


    涙が止まんない…。


    悲しくなんてないのに。
    苦しくなんてないのに。


    ただ、思いが届かないってだけで、
    涙があふれてくる…。
  • 17 *玲乃*【mai】 id:XZrL.NZ/

    2012-07-30(月) 14:15:24 [削除依頼]

    聖奈!!頑張って!!

    ファンとして応援してます!!
  • 18 はるる id:N4pzBis/

    2012-07-30(月) 17:32:12 [削除依頼]
    更新頑張ってね!

    タメでいいよ〜ん
  • 19 聖奈 id:2lGoWPi0

    2012-07-30(月) 17:54:41 [削除依頼]


    ◎*.玲乃


    うわぁっうれしいっ!!
    すっごい頑張るね!!


    ◎*.はるるちゃん


    更新がんばります♪
    じゃあ次からタメで^^
    私もタメOKです!
  • 20 聖奈 id:2lGoWPi0

    2012-07-30(月) 17:59:25 [削除依頼]



    「も-、また疾風先輩んとこに
     行ってたでしょ-。」


    中庭でお弁当を食べながら
    親友の


    中野桃茄 


    が、そう言った。


    「へへっ初めて先輩と
     サボっちゃった!!」

    「…上機嫌ね。
     でもそのわりに、泣いた後が
     あるんだけど?」


    勝ち誇ったような顔で、
    桃茄がそっと呟く。


    まっすぐな桃茄の瞳は
    私の心を透かしてるよう。


    「…な、ないてません!」

    「あっそ〜。」


    やっぱ、
    幼なじみなんだなぁって
    実感しちゃう。


    「あっ!!
     そういえば、苺ジュ‐ス
     買うの忘れてた!!」

    「はぁ!?」

    「ごめんっ行ってくる!」

    「…あ、私もっ!」


    弁当を一気に食べ、
    私と桃茄は校舎の中に入った。
  • 21 はるる id:MQE2A38.

    2012-08-03(金) 17:25:19 [削除依頼]
    続き、楽しみにしてる!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません