*ストロベリ-キャンディ*21コメント

1 苺 id:/j55bGZ/

2012-07-27(金) 19:10:35 [削除依頼]
あたしと君の出会いは……
*ストロベリ-キャンディ*
  • 2 苺 id:/j55bGZ/

    2012-07-27(金) 19:25:53 [削除依頼]
    山本 梓(ヤマモト アズサ)
    高1、身長は157cm、スタイルはいい方、髪は長めでいつもオダンゴかポニテにしている、帰宅部

    北口 稜(キタグチ リョウ)
    高1、身長176cm、サッカ-部に所属していて、体型は細いけど筋肉ついてる感じ、髪は肩の上くらい
    って感じでイメージしてください♪

    主にでてくるのはこの2人です!
    そこに友達とかもでてくるので…♪
  • 3 苺 id:/j55bGZ/

    2012-07-27(金) 19:58:44 [削除依頼]
    「ミ-ンミンミンミン……ミ-「うっさいなぁー!!!」
    「いや、梓も負けない位うるさいし……笑」
    あたしは制服の胸元をパタパタさせた。
    なぜ、制服なのって?
    それは……さっきまで補習に呼ばれて勉強していたから。クソ暑い教室で。
    今は誰もいない教室で心友のあやと話してる。
    「ミ-ンミンミンミンミンミン……ミ-ンミ「うるさいつってんじゃん!!」
    蝉はあたしが話だすと同時にいつも鳴きはじめる……
    え、何?もしかして呪い!?笑
    蝉の鳴き声のせいで暑さが倍増。
    窓が開いているから、運動場からサッカー部の声が聞こえる。
    「あー暇……」
    あやがつぶやいた。
    「ねー、あやぁー……明日遊ぼうよー?」
    「うん、いいよ。」
    「即答っ!?ってか冷たくね!?笑」
    「いや、遊ぶって言ってるからいいじゃん?」
    「ま、そだね……笑」
    コントみたいな会話をしていた。
    「あたしトイレ行ってくるわー」
    と言って、トイレに向かった。
    トイレから出て、教室に向かっていると前を誰かが横切った。
    「うわぁっっ!!」
    とあたしがビックリしてそう言ってしまった。
    「あ、ごめん(汗」
    と言って横切った男子が振り向いた。
    (あ……やば……かっこいい……)
    心の中で呟いてるうちに
    「じゃあ行くわ」
    とだけ言い残して、行ってしまった。
    (あ、行っちゃった)
    ふと下を向くと、何かが落ちていた。
    それを拾うと、キャンディだった。
    透明な包み紙の中にピンク色のキラキラした飴がはいっていた。
    (さっき落ちてなかったし、あの人のかな?
    あとで渡しに行ってみよーと)
    あたしは教室へと歩きだした。
  • 4 苺 id:/j55bGZ/

    2012-07-27(金) 22:36:06 [削除依頼]
    あたしが教室に入るとあやが

    「トイレにしては遅くない!?」
    と言ってきた。

    「なんかトイレの近くで男子とぶつかりかけちゃって、いろいろあったんだよー!でね、飴落ちてて渡しに行くからついてきて、お願い♪」
    と事情説明した。

    「ん、いいよ♪で、何部の何て子なの?」

    「いや、それがわかんないんだよなぁ……
    あ、でもサッカー部っぽい服着てたゎ!」

    「じゃあサッカー部んとこ行くか」

    (早く行きたいな〜……名前も知りたいし)
  • 5 苺 id:/j55bGZ/

    2012-07-27(金) 22:50:52 [削除依頼]
    あたしたちはとりあえず外ででてみることにした。
    サッカー部の方をチラッとみてみると、休憩していた。
    (お、今チャンスじゃん♪)
    「あの〜……」
    と言って後ろからこえをかけた。

    「あ、さっきはごめんね(汗
    で、どうしたの?」

    「この飴、あなたのかな?」

    「あ!!そうだ!ありがとう!えーと……何ちゃん?」

    「あ、えっと梓です!山本梓。」

    「梓ちゃんね!何年?」

    「一年ですよ♪」

    「え!?一緒じゃん!!よろしくね^^」

    「そうなの!?!?よろしくね♪」

    あたしが言い終えるのと同時に休憩終わりの合図がだされてばいばいと言った。

    「あたし居てもいなくても、どっちでもよくない〜?」
    とあやがすねるように言ってきた。

    「ごめんごめん!」

    そう言った後、あやと一緒に家に帰った。
  • 6 苺 id:/dXEQIR.

    2012-07-28(土) 00:13:22 [削除依頼]
    稜side
    わざわざ飴届けに来てくれたんだ
    めっちゃくちゃ優しいじゃん!!
    梓ちゃんって俺と同じ学年だったんだ……
    クラス多くて知らなかったわ(笑
    今度あったら話かけてみよーと
  • 7 苺 id:/dXEQIR.

    2012-07-28(土) 10:25:36 [削除依頼]
    PM10:14
    あたしはベッドの上に寝転がって、今日の男子のことを考えていた。
    「………あー!!!そういえば名前聞いてなーーーーーい!」
    あたしは思わず叫んでしまった。
    そしてあ、ヤバっ…と思った瞬間
    「梓ー!何時だと思ってるの!?静かにしなさい!」
    と案の定怒られてしまった。
    でも今日は怒られても全く気にならない。
    あの人のことで頭がいっぱいだし(笑
    (起きてても何もすることないし、寝るか)
    あたしは眠りについた。
  • 8 苺 id:/dXEQIR.

    2012-07-28(土) 12:28:27 [削除依頼]
    -朝-
    「ふわぁぁ……」
    あくびをしながら起きた。
    時間をみると……
    「〜〜〜!?!?!?」
    やばい!これはやばい!
    いつも家でる時間じゃん!
    あたしは急いで一階に行った。
    「ちょっ、お母さん!なんで起こしてくれないの!?」

    「……あ、忘れてたゎ」

    「………」
    娘がいつもの時間に起きてこないと、普通起こしに行くもんでしょーが
    それをしかも「忘れてたゎ」ってあっさり言っちゃってるよ!?
    呆れてだまっちゃったゎ(笑
    ってこんなことしてる場合じゃない〜〜
    あたしは慌てて顔を洗ったり制服に着替えて、適当にパンを口の中に詰めこんだ。

    「ぃっふぇひひゃーふ」(行ってきまーす)
    走って学校へ向かった。
    走っていると、後ろから「チリンチリン」とベルを鳴らされた。
    振り返ると昨日の男の子……

    「後ろのる?」
    飴の男の子が言ってきた。

    「いや、いいょ(汗
    あたし重いから……」

    「重くないでしょ(笑
    早く乗って!遅刻するぞ?」

    「〜〜じゃあお言葉に甘えます」

    「よし^^じゃあ出発進行♪」
    彼は楽しそうに自転車をこいでいた。
    (何もしゃべらないままで時間が過ぎていくのはいやだな〜……あ、そうだ!名前聞こ)

    「あのー名前教えてください」

    「そういえば言ってなかったな〜
    1年E組、北口稜!覚えてね」

    「北口くんね、覚えた!」

    「稜でいいよ。梓ちゃんは何組?」
    (下の名前で呼ぶとかはずい///ってか下の名前で呼んでくれてる♪……あ、答えないと)

    「1年A組です」

    「A組と校舎違うから、梓ちゃんのこと知らなかったんだ〜解決した」

    「あはは」
    楽しい時間はあっという間に終わってしまった。

    「稜くん、乗せてくれてありがとう♪」

    「どういたしまして♪じゃ、ばいばい」

    「ばいばい」

    教室へと歩いていく稜くんの後ろ姿をあたしは見つめていた。
    階段をのぼりながら

    「……あれはモテるな」
    と小声でボソっと呟いた。
  • 9 苺 id:Rc7lRHB1

    2012-07-30(月) 20:12:04 [削除依頼]
    教室のドアをガラガラ〜と開けて、自分を席にカバンを置いた。
    あやが

    「おはよ〜。こんな時間に来るなんて、めずらしっ!……まさか登校日ってこと忘れかけてた!?」

    「……んな、わけあるかぁ(笑
    たまたま寝坊しちゃったのー!」

    「はいはい」

    まったく、どれだけバカ扱いするんだか(笑
    話し終えた直後にチャイムがなった。

    ………………

    「やっと終わった〜」
    椅子にもたれながら背伸びをした。

    「あや〜今日パフェ食べよ〜」

    「いいよ〜行こ行こ!」

    パフェを食べることが決まると早速教室をでて、よく行くお店に向かった。
    あたしは「ストロベリ-パフェ」を注文した。

    稜くんのストロベリ-キャンディを拾ってから、何故かイチゴにはまってしまった。
    (あたしって好きな人に染まるタイプだなぁ)

    パフェを受けとって、椅子に座る。

    あたしはさっきから大きな声が聞こえる方をなんとなく見てみた。
    「……あれって稜くん!?」

    「ほんとだ……声かけたら?」

    あやがにやにやしながら言ってきた。
    あやには言ったんだ。
    稜くんのこと気になってるって。

    「あたし声かけてみるよ!」

    スゥ…ハァ……深呼吸をした。
    「稜くーん!!」

    「え、声をかけるってそっち!?!?」

    「なんでもいいのさ♪」
    稜くんが気づいて、手をふってこっちに来てくれた。

    「何のパフェ食べてんの?」

    「あたしはストロベリ-パフェだよ〜♪」

    「マジ!?偶然!俺も♪」

    「稜くん苺好きなの?」

    「うん♪梓ちゃんは?」

    「あたしも好きなんだ♪」

    「マジで!?じゃあ苺同盟組もうよ♪」

    「ぜひ♪」

    “苺同盟”
    あたしと稜くんの繋がり♪
  • 10 苺 id:ODVAFqb.

    2012-08-01(水) 08:35:45 [削除依頼]
    苺同盟のおかげで稜くんとメアド交換できた。
    よかった〜ストロベリ-パフェ頼んで(笑
    この日の夜、稜のくんとメールしていた。
    お互いのこと、あんま知らなかったからいろいろ質問しあった。
    稜くんのいろんなこと知れて嬉しいな♪
    結局夜中の1時までメールをしていた。
    あたしはHAPPYな気持ちで眠りについた。
  • 11 ひろか id:AEi1FuU.

    2012-08-01(水) 10:46:46 [削除依頼]
    苺ー!!

    来てみたーーー!!!

    わたしもイチゴ好きだから

    一緒にイチゴ同盟会 入りたいなー!!
  • 12 q(。・ω・q)由愛那(p・ω・。)p id:klkyIGW/

    2012-08-01(水) 11:07:59 [削除依頼]
    こんにちゎ〜めっちゃおもしろいwww
  • 13 苺 id:ODVAFqb.

    2012-08-01(水) 11:29:13 [削除依頼]
    ひろか>>ありがとう♪
    稜&梓「ひろかちゃんも苺同盟組む?」

    由愛那s>>こんにちゎ♪
    ありがとうございます♪
  • 14 ひろか id:AEi1FuU.

    2012-08-01(水) 11:31:58 [削除依頼]
    ≫13 わたしも組みたーい!!

    いいの? 
  • 15 苺 id:ODVAFqb.

    2012-08-01(水) 11:58:29 [削除依頼]
    稜&梓「もちろん♪」
  • 16 ひろか id:AEi1FuU.

    2012-08-01(水) 12:09:25 [削除依頼]
    じゃあ 入るー♪

    申込書− − − − − − − −

    名前 ひろか            |

    いちご大好き            |

    他にも好きな食べ物あるよ♪     |

    − − − − − − − − − 
  • 17 苺 id:ODVAFqb.

    2012-08-01(水) 12:30:04 [削除依頼]
    申込書まで書いてくれたんだ〜^^

    稜「苺同盟の仲間と認めます!笑」
  • 18 ひろか id:AEi1FuU.

    2012-08-01(水) 15:18:44 [削除依頼]
    やったー!!

    イチゴ同盟の仲間だーー!!
  • 19 苺 id:iLLsUcf0

    2012-08-02(木) 09:59:50 [削除依頼]
    「暑いーーーーー!!!」
    あたしは1人で宿題をしていた。
    エアコンつけんのもめんどい……
    動くと体温上がりそう……(笑
    扇風機も頑張れば椅子から動かずにとれるかな……?
    そう思って思いっきり手を伸ばして、扇風機に届いた瞬間!
    ガタガタ……ドタ…………

    「いったーーーーー!」
    椅子から落ちてしまった。

    「もぅ最悪!今日はあやは彼氏とデートだし!」

    「……〜〜♪」

    「あ、メールきた!……」
    (稜くんからだ!!!)

    「今から俺んちこない?いいものあるんだ♪」
    と、いうメールだった。
    ……ってもちろん行くに決まってんじゃん!
    好きな人に誘われて断る人いないっしょ!

    「いいもの見たいです♪」
    送信っと。

    「じゃあ○○のコンビニで待ち合わせで!」

    「了解です♪」

    あたしは急いで着替えた。
    階段をドタドタ下りて、
    「ちょっといってきまーす!」
    と叫んでコンビニへ向かった。
    そこにはもう稜くんがいた。

    「ごめん、お待たせ」

    「いいよ、いいよ。じゃっ行こっか」

    2分ほどで稜くんちについた。

    「わぁ……かわいい!」
    稜くんちはかわいいクリーム色の壁で屋根が三色の茶色で、まるでケーキみたいだった。
  • 20 ひろか id:2HvsEQ3/

    2012-08-02(木) 10:15:44 [削除依頼]
    ケーキのいえ・・・!!
  • 21 (●・v・ひろか・v・○) id:PLw0sl9.

    2012-08-16(木) 12:36:46 [削除依頼]
    苺 更新YORO♪
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません