恋スル女子はマイナス思考…*29コメント

1 ゆうか id:BP/HHaD.

2012-07-26(木) 09:57:04 [削除依頼]

 いつも

 「自分にはできない」って


 何かあるとすぐ後ろ向きで


 ずっと… ずっと…


 ダメ人間だったけど。。。


 君に逢えて …


 変われそうな気がするよ。
  • 10 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 12:35:08 [削除依頼]

       〜あとは…
       友達の誕生日プレゼントを買って…


     そう思いながら
     駅ビルの雑貨屋をのぞいていた時だった


     …背後から視線を感じたのは
  • 11 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 12:41:43 [削除依頼]

     「あれ…?

     もしかして 駒根??」

        ― ビクっ

     背中に全神経が集中するのを感じた。


     振り向かなくても分かる
     その優しい声の主


     ―…神無月センパイだ。。。
  • 12 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 12:48:43 [削除依頼]

     「神無月センパイ」を説明するには
     少し 前に戻らなければならない。


     まず
     センパイに出逢った… いや
     センパイの”声”に出逢ったのは
     私が まだ
     中学に入学したばかりの春のことだ…
  • 13 °*+花*+° id:T54.qSU/

    2012-07-26(木) 12:51:32 [削除依頼]
    更新して〜>∀<
  • 14 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 12:58:10 [削除依頼]

     〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

     「えぇ〜
     愛子って”声フェチ”なの〜??
     変なの〜〜。」

     ずっと
     そう言われていた。

     なんか 自分でも分からないけど
     男の人の低くて優しい声が
     好きだったんだ。


     入学式の日に幼馴染の祐希チャンと
     話したのを覚えている。


     「愛子は放送委員に入るの??」

     「え? なんで??」

     「だって 声フェチ じゃん。
     良い声の人とかいるかもよ??」

     「いや… 委員会は…

     それに 皆の前でしゃべるとか
     恥ずかしいし。」

     「そっか…」


     委員会なんて
     ましてや放送委員なんて
     入る気は無かった。


     …最初は
  • 15 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 13:06:26 [削除依頼]


     「愛子!! 給食だよ!!」

     「あ、うん。」

     中学生になって初めての給食


    『パンちょうだい!』『おなか減った〜』
    『サラダいらないんだけど。』 …ざわざわ

       ざわざわ ざわざわ ざわざわ


     小学校と何一つ変わらない騒がしさ


     私はワゴンに並ぶ人の波に逆らうように
     祐希チャンと歩いていた。


       ざわざわ…


     騒音しか聞こえない私の耳に


      ”声”が聞こえた。。。
  • 16 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 13:08:30 [削除依頼]

     それは たった一言


     「これから
      昼の放送をはじめます。」


     それなのに

     私の耳はその声をしっかりととらえたんだ。
  • 17 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 13:10:02 [削除依頼]

     花>>更新したぁ〜 ww
  • 18 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 13:18:05 [削除依頼]


     落ち着いた”声”
     優しい”声”
     低い”声”


     なんでだろう…

     あの一言で、 胸の高鳴りが止まらない。。。


     逢ったこともないのに…


     ”声”だけなのに…


     
  • 19 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 13:26:51 [削除依頼]

     「…ぃこ! 愛子!!」

     祐希チャンの声で我に返る

     「あ!! えっと…」

     「もう
     いきなり立ち止まって ボーっとしないでよ!」

     「ごめんなさい !!」

     「…どうしたの?」

     「えっと…」


         ― なんて言えば良いのか分からない。。。


     「な、  なんでもないよ」


     そう答えるので精一杯だった。。。
  • 20 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 13:40:18 [削除依頼]

        ― ドキドキドキ…


     なに?? この動悸は…

     普通じゃない。。。


     「ねぇ ねぇ…
     祐希チャン。。。」

     「なに??」

     祐希チャンなら分かるかもしれない。。。


     「私の友達の話なんだけどね…」

     「話して。」

     「なんか…
     その友達も”声フェチ”なんだけど

     逢ったこともない人の声で

     なんか… ドキドキするってゆうか……


     すごく… 胸騒ぎがする ? みたいな。。。

     みたいな感じらしいんだけど
     どうしてかな??
     分かる??」

     「それは…”恋”だ!!」

     祐希チャンは ハッキリと言った。
  • 21 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 13:54:21 [削除依頼]

     「え?…恋 なの??」

     「うん。
     一目ぼれ みたいな。
     まぁ 愛子の場合”一聞きぼれ”?
     だね。」

     「そ…うなのかな。。。


      ??

     あ!! ちが…
     私じゃなくて”私の友達”の話だよ!!」

     「あはははは
     そうだったね。ごめんごめん」

     「本当に
     私じゃないからね!!」


     頬が赤くなるのを感じた。


     本当にこれが…


     ”恋”なのだろうか。。。
  • 22 あやたんヽ(*´ε`*)ノ id:mL1Y5at/

    2012-07-26(木) 13:56:23 [削除依頼]
    うち声フェチー

    tkおもろいよっ

    頑張ってくださいd(´ω`*)
  • 23 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 13:59:21 [削除依頼]

     あやたんs>>ありがと〜(●^o^●)
           声フェチ? 愛子と一緒ではないか!!ww
           面白いなんて… 泣そう。。。

       愛子「声フェチ って良いで…すよね!!」

         ↑↑人見知りだから緊張してるのww
  • 24 *玲乃*【mai】 id:3OFy8Zb0

    2012-07-26(木) 13:59:57 [削除依頼]
    う〜ん、おもしろいね〜!

    玲乃だよん♪

    玲乃って呼んでね!
  • 25 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 14:04:51 [削除依頼]

     〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

     委員会、係 決めの日

     緊張しながらも手を上げたのをよく覚えている。―


       〜他にもやりたい人がいたら…どうしよう


             ― どきどき


     緊張のあまり
     上げた手は震えていた

     うつむいた顔をあげると…


     手を上げたのは


        私だけだった。。。
  • 26 ゆうか id:BP/HHaD.

    2012-07-26(木) 14:05:39 [削除依頼]

     れいの>>ありがと〜(●^o^●)
  • 27 ゆうか id:ILfpddx0

    2012-07-27(金) 11:16:19 [削除依頼]

     あげとこ(●^o^●)
  • 28 ゆうか id:ILfpddx0

    2012-07-27(金) 11:36:47 [削除依頼]

     「愛子〜

     一緒に帰ろ!!」

     「あ、祐希チャン…
     今日は… 無理。。。」

     「え??

     あぁ 今日 委員会だっけ??」

     「うん。。。」

     今日は 初めての委員会…

     ”あの人”に逢うチャンスなのだ

     「でも
     放送委員 人気なくて良かったね〜
     一クラスに一人でしょ??」

     「そうだよね。 良かった。。。」

     「じゃ、頑張ってね。バイバイ!!」

     「うん!!」

     祐希チャンは『おっと』という顔をして
     もう一度こっちを向いて言った

     「”例の人”のこと
     あとでメールしてね。。。」

     「いや!!!!

     だから 友達の話 だってば!!」

     自分でも頬が赤くなるのを感じた

     「じゃ〜ね。」

     と笑いながら言った祐希チャンは
     そのまま帰って行った


          〜よし…


     高鳴る鼓動を落ち着かせ
     自分に言い聞かせた


         〜頑張ろう!!!


           
  • 29 ゆうか id:ILfpddx0

    2012-07-27(金) 11:41:18 [削除依頼]

          愛子とセンパイの初対面…


           どう書こうか迷う。。。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません