*-お隣さん家の変態くん-*31コメント

1 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:SbCnZnb.

2012-07-20(金) 17:54:45 [削除依頼]



お隣さん家の
変態くんは,


…私の幼馴染。


      *-お隣さん家の変態くん-*
         [ *start* ]
  • 12 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:sBDZeTt.

    2012-07-25(水) 15:42:50 [削除依頼]



    ―…ぎゅっ。


    「うわ…っ!」


    また,朝と同じような
    重みが身体に襲いかかる。


    …このやろ-。


    「れ-い゙―」

    「そんな怒るなよ-!
    あ,でもごめんね。
    今日はあの子と放課後デートなんだぁ〜」


    玲が指さした方を見ると,
    そこには皆にちやほやされている
    一人の女の子の姿が。


    へぇ〜〜〜〜。

    昨日も一昨日も,
    違う人と帰ってたくせに。


    …なのに,

    朝はいっつも,
    私と一緒なんだ。
  • 13 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:sBDZeTt.

    2012-07-25(水) 15:45:34 [削除依頼]



    幼なじみ…だから?


    いや,違うと思う。

    だって,私自身はいっつも
    先に家を出てるし…?


    むしろ,避けてる。


    なのに何で!?


    「…まだ怒ってんの!?
    だから怒んないでってば-!」

    「怒ってね-よ゙っ」


    …ヤダもうこの人。
  • 14 DON id:lP93B1v.

    2012-07-25(水) 19:16:50 [削除依頼]
    めちゃおもしろいデス!

    今後の展開が気になるぅwww
  • 15 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:qHB77DQ.

    2012-08-05(日) 19:12:25 [削除依頼]



    [ DONサマ ]

    ありがとう
    ございます(´a`*)
  • 16 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:qHB77DQ.

    2012-08-05(日) 19:18:56 [削除依頼]



    ―…


    「…あいつ、
    私のこと
    どう思ってるんだろ」


    ふと、そんなことを
    口にする。


    夜のベランダから
    見える無数の星は、
    本当に、綺麗だった。


    「はあ…何でなんだろ」

    「何でだろうね〜」

    「うん…」


    …って、


    「…玲!?」

    「柚、独り言
    でかいな-」


    隣ん家の
    ベランダにいるのは、
    ケラケラと笑いながら
    立っている玲だった。


    「…で?
    なんか俺に
    言いたいこと
    あったんだろ?」

    「え…」

    「言えよな-、早く」

    「………」


    …言わなきゃ
    ダメですかねえ。
  • 17 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:qHB77DQ.

    2012-08-05(日) 19:23:41 [削除依頼]



    「…玲はさ、
    何で帰りは
    他の子と帰るのに、
    行きは私とだけなの…?」

    「…何でって、


    幼馴染だから…?」

    「幼馴染だから、って…」


    …ふざけないでよ。


    「幼馴染だからって、
    玲も、もう中学生なんだから
    彼女だってできるでよ?
    なのに、そんな理由で
    行くっていうのもダメだよ!」

    「…なんでそんなことで
    ムキになってんの?」

    「そんなの知らないよ!
    私ばっかり
    浮かれた気分で見られて、
    もううんざりなんだよっ…」


    …あ……


    今までの言葉を
    思い出す。

    今になって後悔した。


    …っ、私…!


    「…そんなこと
    言うんだったら、
    一緒に行かなきゃいいだろ」
  • 18 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:qHB77DQ.

    2012-08-05(日) 19:29:14 [削除依頼]



    「え…あ、」

    「がっかりした!
    お前も同じ気持ちだと
    思ってたのに…」

    「…、?」


    同じ気持ち…?


    玲はそう言うと、
    家の中に
    入って行った。


    …玲……っ、


    ―…


    朝。
    いつも通りの朝。

    …じゃない、か。


    一つ、朝の
    日課が減った。

    さびしくなった。


    「あ、おはよう柚!」

    「…おはよ、あ-ちゃん」

    「そういえば、今日
    玲くん一人で
    来てたけど?
    まさか喧嘩でもした-? 笑」


    そういうあ-ちゃんの顔を
    まともに見ることが
    できなかった。


    「…ごめん、
    ふざけすぎたね。
    ほんとに何かあったの?」

    「…喧嘩、しちゃった」


    えへへ,と笑う
    私を見て、
    困った表情を
    あ-ちゃんは見せた。
  • 19 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:U6dPZDh.

    2012-08-12(日) 10:04:14 [削除依頼]



    ―…


    「…で,
    何で喧嘩したの?」

    「んと…」


    昼休み。


    昨日あったことを
    私は綺麗さっぱり
    全部話した。

    あ-ちゃんは,ただ頷いて
    聞いてくれるだけだった。


    「…何で,柚は
    そんな事言っちゃったの!?」


    …え。ちょっと待って。

    何で私が
    怒られてんの…?


    「え…。だって,
    朝だけ一緒に行くっていうのが…
    どうも納得いかなくて…」

    「好きだからでしょ!?」

    「…はあ!?」

    「柚も玲くんも,
    お互いのことが好きだからなの!
    両思い!
    今の話聞いてりゃ,
    大体の人は分かるわよ」


    …え-。

    んな訳ない。
    絶対ない…!
  • 20 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:U6dPZDh.

    2012-08-12(日) 10:12:37 [削除依頼]
    >17 な ま っ て る www 笑 修正あり◎ 直して読んでくださいまし*.
  • 21 (☆・3・)カレン(@・3・@) id:i1AIXse.

    2012-08-12(日) 12:37:23 [削除依頼]
    きゃ〜☆チョーおもろいんですけど
    だんだん面白いストーリーになってる!!
  • 22 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:U6dPZDh.

    2012-08-12(日) 18:29:09 [削除依頼]


    [ (☆・3・)カレン(@・3・@)サマ ]

    まじですか!
    ありがとうございます*
  • 23 ちい id:8h69jOA.

    2012-08-12(日) 19:40:27 [削除依頼]
    おもしろいっ!!
    応援してま〜す♪♪♪
  • 24 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:8I8gDhC0

    2012-08-14(火) 13:38:51 [削除依頼]


    [ ちいサマ ]

    ありがとう
    ございます...!//
  • 25 ▽*. めぐみるく(*'ω'*) id:DoI390a1

    2012-08-21(火) 18:48:02 [削除依頼]



    「まあ、私も少しは
    玲くんの気持ち分かるけどね-」

    「えっ!」

    「好きな人にそんなこと
    言われたら、
    さすがにキレるよ!」

    「………」


    …好き、って。


    そんなの絶対有り得ない。


    だって、そんな身振り
    一度も見た事ないし…!


    「…(柚って鈍感、?)」

    「謝ろっかな-…」

    「…そうだよ!
    その方が絶対いいって!」


    私は少し間を空けてから
    こくり、と小さく
    頷いた。


    帰りにでも
    謝とっかな-…。


    …あ、でもどうせ
    誰かと放課後デ-ト中か。

    諦めよう。
  • 26 *柚乃* id:DoI390a1

    2012-08-21(火) 18:51:04 [削除依頼]


    名前変えた!

    なんかすっきり 笑
  • 27 *柚乃* id:DoI390a1

    2012-08-21(火) 19:05:49 [削除依頼]



    ―…


    放課後。


    私は1人とぼとぼと
    帰り道を歩いていた。

    玲、今頃
    何してんだろ...。


    …って、私
    また玲のこと
    考えちゃったよ…!

    意識しすぎだしっ…。


    ―…と、
    曲がり角を曲がっていた
    ときだった。


    …ドンっ、


    「!?」

    「うわっ...!大丈夫!?」


    誰かと思いっきり
    正面衝突した。

    最悪...。


    若干不機嫌になりながらも,
    私はゆっくりと
    顔をあげる。

    …って、え!?


    「み、みっちゃん!?」

    「…だから,その呼び名
    やめてってば。
    俺,変な目で見られんだよ」

    「あ…ごめん、」


    この人、みっちゃん…。
    じゃなくて,…まあいいか。

    みっちゃんこと、彼、
    杉浦 湊は、
    私の隣の席の人。

    結構モテてる。


    …男子に。

    理由は簡単。
    可愛いから。
  • 28 *柚乃* id:65jkYOX/

    2012-09-06(木) 20:07:50 [削除依頼]



    「ごめんね,
    急に飛び出しちゃって...」

    「え!いやいや,
    俺が悪いんだよ-。
    …てか、玲と仲直りしたの?」

    「………。
    何で知ってんの…?」

    「いや、だって彩に
    聞いたし…」

    「…あ-ちゃんお喋りだなあ、」


    みっちゃんは,実は
    "あの"あ-ちゃんと
    付き合っているのである...。


    意外だよね。

    しかも,告ったの
    あ-ちゃんだよ!?


    あ-ちゃんのタイプがいまいち
    掴めなかったから...。

    なんか,ほんとに
    意外だった。


    「柚もさ,少しは
    玲の気持ち考えたら-?」

    「…え?玲の気持ち?」

    「うん。柚は知らないだろうけど,
    あいつなりに頑張ってんだよ。
    バレないように,って」

    「…は?え?何が…?」

    「…本人に聞けば
    分かることだよ。
    今からでも行けば?玲ん家に」

    「………、」


    この言葉に
    最初は正直
    ためらったけど、

    少し間を空けてから、
    私はこくり、と
    静かに頷いた。
  • 29 *柚乃* id:65jkYOX/

    2012-09-06(木) 20:10:51 [削除依頼]



    ―…


    「…本人に聞けば,って
    言われましても……」


    目の前には、
    玲ん家の扉。

    今頃になって,
    なんでかめちゃくちゃ
    緊張し始めちゃってる。


    まあ、今まで
    気まずかった訳ですし...。


    なんて真剣に
    考えていたときだった。


    なんと、


    扉が…開いたのだ。


    なぜ?


    ………玲が扉を開けたから。
  • 30 *柚乃* id:65jkYOX/

    2012-09-06(木) 20:15:32 [削除依頼]



    「っ!?」


    そのせいで,扉に
    顔面強打。


    本日2回目...。


    もっと扉から
    離れてればよかった。

    何やってんだよ,私ぃっ!


    「…は?柚じゃん」

    「ってて...!?
    玲………!」

    「何?何か用?」


    …は……?


    「俺今忙しいんだよね。
    だからさっさと用件済ませてよ」


    …いつもなら、

    "柚-,せっかく来たんだから
    入れよ!
    まっ、本当は今から用事
    あったんだけどね- 笑"


    なんて,軽々と
    中に入れてくれるのに...。

    話...、聞いてくれるのに...。


    「...っ、」

    「...何で泣いてんだよ、」

    「何で...何で!?
    いつもは優しくしてくれるのに...。
    何でそんなに冷たいの!?」

    「…お前が言ったんじゃん」


    …え……、?
  • 31 *柚乃* id:65jkYOX/

    2012-09-06(木) 20:19:10 [削除依頼]



    「柚が,幼なじみだからって
    特別扱いするな、って
    言ったから...。
    だから、適当に扱うように
    なったんだよ」

    「…、」

    「他の女と帰ってるとき、
    傍から見れば遊んでるように
    見えるかもだけど、
    最終的にはじゃあな、で
    終わらせてるんだ。


    …だけど、柚だけには、
    幼なじみだからとかじゃなくて、
    特別扱いしたくて...。」

    「…何、言ってんの?」


    「…好きな奴には
    優しくしたいんだよ。

    バカかお前は...。」


    ………はあ!!?
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません