GTS〜僕の学校に怖いモノ2つ〜53コメント

1 リリシア id:7YA7fcf1

2012-07-17(火) 13:23:43 [削除依頼]
ギャグです。
頭イっちゃった人間だらけです。
怖い? 否、オカシイんですよ…

飽きずに読めば、イイコトあるさ!
多分…
  • 34 九十九 id:NV/sV9E1

    2012-12-23(日) 22:35:22 [削除依頼]
    また、ガッタガタガタ…と音がして、教室のあちこちで、息を呑む音がした。

    今度は何が来るかと思えば……。

    「おお……まさかこんな緊迫感が生まれて全員が伏せてくれるとは思わなかったぞ……」

    何も起こらなかった。
    超絶安定地帯だった。
    全部のモノが通常運転だった。
  • 35 九十九兼リリシア id:NV/sV9E1

    2012-12-23(日) 22:37:30 [削除依頼]
    九十九もリリシアも同じなんで、気にしないでくださいね
  • 36 九十九兼リリシア id:NV/sV9E1

    2012-12-23(日) 22:41:32 [削除依頼]
    暁を含め、クラスメイトが顔をあげる。

    その先にいたのは、美しい女性。
    その美しさたるや、暴力的なまでに美しく、全ての人類が圧倒されるような……。

    男女構わず、その美しさを前にして喉が締め付けられるような感覚になり……押し黙る。
  • 37 リリシア id:NV/sV9E1

    2012-12-23(日) 22:42:16 [削除依頼]
    音が発せない。
    暗黙の了解とでもいうよう に、その場にいる全ての人間が一つも音をたてなかった。いや、たてれなかった。
    視線がそらせない。
    美しい物を目に留めて置きたいという、人間の本能的欲望が成す業だ。……あの神月でさえ、自分より美しいと認めるように不動でその女を見つめた……。
  • 38 リリシア id:NV/sV9E1

    2012-12-23(日) 22:42:53 [削除依頼]
    「フッ、そんなに見つめるな。
    照れるじゃないか」

    いやいや。凝視してる皆の方が
    照れてますから。

    じゃなくて!!

    「誰だお前!!教室乱入しといて
    『照れるな』じゃねぇよ!何者かとっと と白状しろ貴様ぁ!!」
  • 39 リリシア id:NV/sV9E1

    2012-12-23(日) 22:43:23 [削除依頼]
    暁は一気にまくし立てた。

    この学校には変な人間しかいないらしい。

    もう、わけわからん。

    あと少しで自暴自棄になりそうな勢いだ。
  • 40 九十九 id:NV/sV9E1

    2012-12-23(日) 22:44:26 [削除依頼]
    「ああ…言ってなかったな。
    私の名前は梓可るん(あずさかるん)。 今日からお前達の担任が家庭の事情で 休む。…もう分かったと思うが、 私はお前達の新しい担任だ。 …って、拙井(暁のこと)、土下座して どうした?」

    「すいませんでした」

    土下座したまま頭を床にゴリゴリ
    となすりつけ、折っていた足を床に 並行な形で密着させる。

    最近流行りの、土下寝というやつだ。
  • 41 リリシア id:NV/sV9E1

    2012-12-23(日) 22:45:15 [削除依頼]
    「拙井、ほんとどうした?」

    「すいません。ごめんなさい。先生 とは知らず失礼申し上げました。 土下寝でダメなら巷でよく聞く、 「土下埋まり」でもやりますんで…」

    「で?」

    「内申書には…どうか…」
  • 42 リリシア id:NV/sV9E1

    2012-12-23(日) 22:45:52 [削除依頼]
    体をさらに強く床に押し付ける。

    あまりに強くし過ぎたのか、体から 煙が立っているのがわかった。

    梓可と名乗る教師は口角を上げる。

    「内申書には響かないから安心しろ。 むしろツッコミは必要だった」

    「ふう…よ、良かった」
  • 43 リリシア id:NV/sV9E1

    2012-12-23(日) 22:46:36 [削除依頼]
    安心したのもつかの間。
    次の瞬間梓可は、教師が言っては
    ならない事をぶっちゃけたのだ。


    「でも、土下埋まりは見てみたいな?」

    「語尾に?つけて黒い欲望をぶっちゃ けんな!!!」
  • 44 リリシア id:NV/sV9E1

    2012-12-23(日) 22:47:12 [削除依頼]
    「いやだって…見てみたいじゃん…」
    「地味にキレんなよ!」
    「るんちゃん、土下埋まり…見たいな!キャハっ」
    「キャハじゃねぇ!もう発言が教師じゃないのは如何かと思うぞ!」


    ゼェゼェと息をする暁に比べ、梓可は満足気に微笑む。
  • 45 リリシア id:ZjvYtJo/

    2012-12-24(月) 00:55:24 [削除依頼]
    周りの生徒達も、何やら面白い雰囲気を感じ取ったのか、各々の席から
    ムービー撮ってる奴もいる。

    「岳樒、綺麗に写せよ」
    「ラジャ!」
    「変な指示出すな、馬鹿教師!」
    「変とはなんだ変とは。私は至って真面目 だぞ拙井」
    「そういえばなんで俺の名前と顔を知っている?」
  • 46 九十九 id:ZjvYtJo/

    2012-12-24(月) 00:56:24 [削除依頼]
    「いやな、私はまだ新任で、採用試験に 3ヶ月前受かったんだけどな。なんでこ んな中途半端な時期かっていうと、風邪をこじ らせて、採用試験受けるの皆より遅れた んだ。私はあまりにも優秀だから、遅れ ても試験を受けるのを許されたんだよ。
    それで此処の学校の校長が私の叔父なんだ が、是非教師やってくれって頼まれて、 まあ仕方なく引き受けたんだが…。 さっきの15分間暇で暇で…暇だから クラスの顔と名前を覚えてたんだ」

    「へ、へえ…。それはご苦労様で… って違う!」
    「ちなみにその暇な15分間でクラス全員 の二つ名も考えたぞ♪」
    「……楽しかったんですね。っていやいや それも違くてですね…」
  • 47 リリシア id:ZjvYtJo/

    2012-12-24(月) 00:57:02 [削除依頼]
    「じゃあどうすればいいんですかぁ? どうすれば拙井暁様のご意向に沿うんで すかぁ?」

    「だから地味にキレんな!…や、だから 、もっと普通の教師らしくですね…」
    「普通の教師など、もう教師ではない!」
    「逆転の発想☆みたいに言ってますけど、 全く意味分からないです」
    「私こそ教師の神様として扱われるべき だ!」
    「わあ、斬新な発想」
    「フフン…おののいたか」
    「おののいたさ」
  • 48 リリシア id:aj/RF6c0

    2012-12-26(水) 01:08:46 [削除依頼]

    訳の分からない事を口走るこの教師……いや教師じゃないな。

    「認めませんよ……」
    「なんか言ったか?拙井」

    「貴方みたいな人が!僕の教師なんて!僕に勉強を教えるなんて!!絶っっっ対に認めません!!」

    「…そんな面白い事を言われるとは…思わなかったな…」

    「面白い…ですと?」

    「まさか高校教師がこんな面白い事をしていたなんて…」

    そんな経験してるのはお前くらいです。
  • 49 九十九 id:aj/RF6c0

    2012-12-26(水) 01:09:27 [削除依頼]
    「そうか…。うむ。では拙井。お前の最終目標はなんだ?」

    「俺の最終目標…?」

    「そうだ。私を認めない…と言ったな?ではお前は具体的にどうするつもりだ?」


    この教師を……


    「貴方を…梓可先生を解雇します!」

    !!!!!!!!!!!!

    ビックリ発言。先生をクビにしてやるぜ宣言。
    周囲の生徒がどよめいた。
  • 50 リリシア id:aj/RF6c0

    2012-12-26(水) 01:09:59 [削除依頼]
    そうだ。今こそ変人に一発食らわせる時!!クラスメイトに酷い事は出来ないが、あのふざけた教師相手なら…!

    「フフ……フフフ……アーハッハッハッハッハ!!今こそ!!僕は僕の人生を狂わせてきた変人に一発お見舞いしてやるんだ!アーハッハッハッハッハ!」
  • 51 リリシア id:aj/RF6c0

    2012-12-26(水) 01:10:36 [削除依頼]

    完全に悪役のセリフだが、周囲に普通の人間が居ないので突っ込まれないで終わるのは…どうにもならぬ事。

    しかしこの学校の生徒達は順応能力に長けていた。

    「ヒュー!行っけー!暁ちゃん!」
    「私ー、梓可派で」
    「Let's figft!Both parsons!(戦え!両者!)」

    なんかもう…ね。
  • 52 九十九 id:aj/RF6c0

    2012-12-26(水) 01:11:00 [削除依頼]
    二人の争いは 賭け事的行事のように、生徒達から好評だったらしい。

    そんなもの、望んでないはずなんだけどねぇ!!

    *** *** ***
  • 53 リリシア id:aj/RF6c0

    2012-12-26(水) 01:11:30 [削除依頼]
    *** *** ***

    「で、次の文章よんでくれるやつは?はい拙井」
    「僕手挙げてないですけどね」
    「早く読め」
    「…っ……はい。…彼が抱える思いは、その小さな胸には大きすぎた。見上げた空は何万という星を抱える事ができるのに、彼は己の思いさえ溢れてしまう程小さい。………」


    梓可という謎の美人教師が来てから、1週間がたった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません