【*葡萄の香水*】20コメント

1 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:/j.870E.

2012-07-15(日) 21:41:56 [削除依頼]
*優しいlove story *

切なくてもすき、きゅんとくる
草食なふたりの話です.
暖かく見守ってください.

BY 甘夏蜜柑
  • 2 ミニ彼 id:X2hRCLx1

    2012-07-15(日) 21:44:56 [削除依頼]
    がんばってください☆
  • 3 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:/j.870E.

    2012-07-15(日) 21:54:47 [削除依頼]
    1 出逢いとはじまりの5月

    青い空は、よく雲ひとつないソラと
    表されるけれど..

    ほんとに気持ちがいい日には
    晴れている空に向かって
    そう言いたくもなるもの.

    この坂をのぼれば私の通う
    ゆめ咲高等学校の正門だ。
    今年の4月に入学したばかりの
    新入生の私は、
    毎日ワクワクしていた。

    1ヶ月が過ぎて友達ができ
    よく一緒なのは
    小学校以来の友達、ミキと
    高校で知り合ったなっちゃんこと夏。

    今日もまだ慣れない高校生活を
    楽しもうと明るい気持ちで学校に向かった。
  • 4 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:/j.870E.

    2012-07-15(日) 22:00:59 [削除依頼]
    教室に入るとまだ一人しかいなかった。
    静かに本を読む彼は野口くん。

    私は邪魔をしないようにそっと鞄を置き
    支度をした。
    数学の教科書を取り出して
    もう一度今日習うところを確認する。

    予習しないとついていけない私と
    あの、本を読む野口くんはきっと
    凄く離れているんだろうな.

    授業を真剣に受けているだけで
    テストで一位をとれるなんて..
    私にとって憧れの存在。
  • 5 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:/j.870E.

    2012-07-15(日) 22:07:47 [削除依頼]
    「むぅ.」
    昨日は分かった気がした問題が、
    分からない。
    じっと解説ページと見比べる。

    「どこが分からないの?」
    上から降ってきた言葉に驚く。
    「え..」
    「齋藤さんの声が聞こえたから..」
    「あのっごめんなさい.大丈夫です。」

    私..そんなに大きな声だしてたんだ..
    凄く恥ずかしい。

    「教えようか?」 
    耳元でささやく野口くんの声は
    透き通った綺麗な声。

    「お願いします..」
  • 6 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:/j.870E.

    2012-07-15(日) 22:47:47 [削除依頼]
    「ここはこの公式に当てはめてみて。」
    「..出来た!」
    「この次の問題も、変形してから
     公式に当てはめると解けるよ。」
    「ありがとう。」

    優しい物言いで男子高校生とは
    思えない。

    「よかった。齋藤さん数学頑張って。」

    名前を覚えてくれている..
    応援までしてもらっちゃった。

    「うん、本当にありがとう。」

    野口くんって、いい人だ。
  • 7 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:/j.870E.

    2012-07-15(日) 22:53:12 [削除依頼]
    「美優-、野口くんと何してたの?」
    「勉強教えてもらったんだ。」
    「え!」
    ミキは大きい声で驚いた。

    なっちゃんは表情をかえずに
    「ふぅん。」といったけど
    もしかしたらなっちゃんは野口くん
    が好きなのかも知れないと思った。

    なっちゃんは頭もいいし美人で
    私みたいに薄っぺらい顔ではない。
    私は髪の毛が少し茶色で、
    それとは対照的ななっちゃんの黒髪
    が羨ましかった。
  • 8 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:/j.870E.

    2012-07-15(日) 22:58:57 [削除依頼]
    そんなあからさまに心配げな
    顔をしなくても、
    なっちゃんと野口くんはお似合い。
    以前なっちゃんが
    野口くんと本の貸し借りを
    してるのを見たことがある。

    その時は何も思わなかったけど
    今はこの一回の出来事だけで
    妙に野口くんに親近感を持って
    しまうから..

    野口くんは私たちが話して
    いることに気づいたのか、
    こちらを向いて
    微笑んできた。

    それは 誰に向けてなのかな. .
  • 9 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 10:19:54 [削除依頼]
    「美優..どうした?」
    ミキは声を掛けてくれた。
    「何でもないよ。」
    私にも理由なんて分からないよ.

    「なっちゃんって野口くん好きなのかな.」
    なっちゃんが他の友人のところへ
    駆けていった、その背中に声をかけてみる。

    「だろうね.」

    「....美優もなの?」

    「ううん.」

    仲良しの私たちのあいだに
    壁を作りたくないよね。
    そして
    私は野口くんが好きなわけでもない。

    ただモヤモヤする..
  • 10 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 13:59:23 [削除依頼]
    第一、一目惚れみたいなこと
    私にあるわけない。
    ミキは明るいしモテモテ。
    なっちゃんも優しくて可愛い。

    それに私はずっと好きな人がいるから.

    「コウくん..」

    コウくんは私の彼氏.だった..
    何故過去形なのか。

    1年前に死んじゃったから。

    叶った恋はすぐ終わってしまって
    ずっと立ち直れなかった。
    でもミキが支えてくれて.
    高校からはもうコウくんを
    忘れなきゃって思った。
  • 11 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 14:06:32 [削除依頼]
    数学の時間。

    小テストのことをすっかり忘れていて
    見事に不合格。
    10問中2問しかあってなかった。
    先生には呆れられて、
    なっちゃんが授業中少しだけ
    解き方を解説してくれたけど
    よく分からなかった。

    野口くんが教えてくれた公式を
    もし使ってとく問題なら
    すごく申し訳ない..

    「齋藤は、居残りで提出して帰れ。」
    「はい..」
    最悪。
    麻野め。

    一人じゃ分かんないんだよ!

    「麻野先生マンツーマン宜しくです。」
    「ああ、残念だが今日は会議なんだな-」

    もうー
  • 12 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 14:14:14 [削除依頼]
    「野口くんに教えて貰いなよ!」
    ミキが言うけれど.
    今日はたまたまでなんの関係もない。
    ほらなっちゃんが怒ってるよ?
    ミキはどこかへ行っちゃった。

    「いいよ、そんなの。」

    なっちゃんの機嫌を伺う私って弱い。

    なっちゃんはコウくんのことをしらなくて
    ミキが私に茶化して言ってることに
    気づいていない。
    本気で言ってると思ってる。

    「コウくんに教えてもらうから。」
    「?」

    なっちゃんは当然知らない。
    「コウくん?」

    微笑みを返した。
    今日は疲れた。
  • 13 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 14:20:27 [削除依頼]
    「昼まさかのマック!?」

    「今日はお母さん朝出勤だから。」
    三人で机を寄せて島を作って弁当を開く。
    今日のご飯はマック。
    駅で買ってきたもの。

    「美優.サラダあげるよ。」
    「大丈夫」

    「美優って炭酸飲めるの?」
    「ううん。」
    って答えたけど手に持ってるのは
    ファンタグレープのS。

    「あ コウくんと飲んでたら
     飲めるようになっちゃったの、これだけね.」
  • 14 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 14:27:00 [削除依頼]
    「あ、そうそう。ミキね、彼氏出来たの〜」
    「だれだれ?」
    「川上翔太。」
    「きゃ-、あのイケメン?」
    「夏は誰が好きなの?」 
    「え-、言うの?」

    怖い。ミキ、止めてよ。
    いくら私に次の恋をくれても
    きっとコウくんの元に
    帰るんだから..。

    「悠」

    誰...?

    野口くんのしたの名前って何だっけ?
  • 15 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 16:12:47 [削除依頼]
    キーンコーンカーンコーン

    「やべっもう始まるん?」
    椅子に体育ずわりしてたミキが
    自分の席に戻る。

    私の前の席のなっちゃんが
    小さな声で

    「コウくんって誰?」

    って聞いてきた。
    話すと長くなるよ?という目で
    見上げると

    「言って」

    その目は睨みに近いものだった。
  • 16 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 16:21:53 [削除依頼]
    「私の元彼.」
    話したくない。
    それよりも、`悠´が誰なのかを教えてよ。

    「雨宮航ー?」

    な.んで..

    知ってるの

    「私の好きな人のお兄さんでしょう」
    「雨宮悠はコウくんの弟ってこと?」

    「そゆこと。」 

    どうしてそうだと思ったの?
    なっちゃんに何があったの?
  • 17 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 16:30:26 [削除依頼]
    「その人、死んじゃったよね.」
    「うん」
    「なんでコウくんに数学教えてもらうって
     さっき言ったの?」
    「それは..」

    それからなっちゃんは一人で話を続けた。

    「私が野口くんのことすきだと思ってる?
     .でも好きなわけないよ、悠くんがいるもん。」

    「悠くんは年下だけど優しくて..格好いいんだよ。
     それでね、告白したんだ。」

    「お兄ちゃんのことがあって大変だけど
     私に悠くんを守らせてってね。
     そしたら.」

    「悠くんもokしてくれたんだ。」

    「悠くんを とらないでね.」
    「なに言ってー?」


    「コウって人と悠くんは一卵性双子だから。」
  • 18 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 16:35:59 [削除依頼]
    「年下って、もしコウくんと双子なら
     同い年じゃない。やっぱり違ー」

    「違わない!
     私が年上なの。一年間オーストラリアに
     留学してたから..日本では留年してるの。」

    なっちゃん。
    私には理解できないよ。
    でもそこでもしかすると、
    コウくんの亡くなった真実が
    きけたりもしますか?

    「雨宮航は交通事故。
     悠くんを守ろうとして死んだの。」

    「ね.ね.だから悠くんがいくら似てるからって
     取ったりしないでね!」
  • 19 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 18:42:31 [削除依頼]
    「私には関係ないよ...?」

    そう。双子だったとは知らなかった
    けど、私が好きなのはコウくん。
    顔が似ていてもコウくんじゃないと
    すきにはなれないよ。

    おなじ顔ならなおさらー。

    「じゃ、良かった。」

    なっちゃんはいつもの笑顔に戻った。

    「今日ね、デートなんだぁ。」
    「良かったじゃん。」

    私もこれ以上気にしてる素振りを
    見せたくない。
  • 20 甘夏((*´・υ・`))蜜柑 id:n2X9PCV0

    2012-07-16(月) 18:47:31 [削除依頼]
    放課後。
    一人で教室に残って数学の
    間違いなおしをしている。
    分かんない..
    野口くんが教えてくれた公式
    では解けないのかな?

    ガラ..

    「野口くん?」

    教室に入って来たのは野口くん。

    「どうしたの、忘れ物?」

    「えっと、もし今日教えた公式で
     とこうとしてたら出来ない問題だから
     申し訳ないと思って。」

    「わざわざそんなことで、、」

    「ほら やろう?」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません