オタク彼女≠非オタ彼氏18コメント

1 haruna id:fNW62dm1

2012-07-14(土) 18:03:22 [削除依頼]
*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜・。・o*゜・。・o

とあるオタク女子中学生のお話。

オタクだからこその悩み、オタクだからこその恋。

そんなリアルな恋模様。

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜・。・o*゜・。・o
  • 2 haruna id:fNW62dm1

    2012-07-14(土) 20:56:04 [削除依頼]
    No 1

    はるかside
    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o

    この話をするにあたってとりあえず、私の自己紹介をしよう。
    私の名前は永峰はるか。
    現在中学1年生。ちなみに今は、二学期だ。
    かなりオープンな性格で、
    アニメ、ゲーム、漫画、BL、ボ●ロナドナド・・・
    が特に好きである。
    つまり「オタク」ということだ。
    まぁ、性格上クラスのみんなの「オタク」ということも
    ばれているわけで・・・。

    そんな私には、好きな人がいる。
    相馬貴明くん。同じクラス。
    ちなみに、この人・・・
    超、頭がいい。 特に理系はピカイチだ。
    しかも運動もできて、短距離が特に速く、
    サッカーもできる。
    しかも黒髪で、たまにメガネ。顔もかなりイケて、
    オーラがなぜかエロい。声もいい。
    まぁ、つまり、私の萌と好みが入り交じった人物なのだ。
    顔がかなりイケてるせいか、よくモテる。

    まぁ、この相馬くんに恋してしまった経路を次の話では説明しよう。
    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o
  • 3 伊東 甲子太郎 id:ez-SrID13x1

    2012-07-14(土) 21:09:49 [削除依頼]
    面白そうです! 私はBL好きでは有りませんが歴史オタク&アニメオタクです。 歴史で一番好きなのは新撰組で、アニメなら富士見ファンタジアの「生徒会の一存」ですね! 無駄な書き込みすみません!
  • 4 haruna id:fNW62dm1

    2012-07-14(土) 21:22:13 [削除依頼]
    No 2


    はるかside
    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o

    数カ月前の6月。
    私は文化祭の準備に追われていた。
    はじめての文化祭に心を躍らせていた。

    文化祭まであと数日とせまったある日のこと。
    まぁ、相馬くんとは違う班で、活動も全く違ったけど、
    絵を描く事が得意な私は、相馬君の班の看板作りの
    手伝いをしていた。
    他の班の人たちは、模型作りをしていた。
    つまり、私と相馬君ふたりで作業をしていた。
    そんな時、友達のあかねが、
    「なぁー。相馬君。写真撮ってもいい?」
    すると相馬くんはかなり嫌そうな顔で
    「は?俺、写真とられるの嫌いなんだけど。」
    とかなり嫌そうな声で言った。
    でも、あかねは
    「えー?なんで?いいじゃん。写真部のためにさー。ほらほら。」
    と言って、無理やりカメラを向けた。
    あかねが何度かシャッターをきっていると突然、
    「なぁなぁ!はるか!この写真、超よくね?」
    とカメラの画面を見せてきた。
    その写真がね・・・

    ・いつも冷静キャラが上目遣い
    ・さわやか+エロい
    ・大好きなアニメキャラの雰囲気が・・・!

    な感じで私の萌という心をくすぐってきた・・・
    (!?!?!?!?!?!カッチョエエエエエエエ!!!!)

    その瞬間に心臓がいきなりドキドキしだした。
    なななな、私、三次元にはもう恋しないって決めたのに!?
    不覚にも三次元にときめいてしまった!?
    か、か、か、かっこえぇぇぇぇ!!!!!

    と、心の中で叫んでいる様子に相馬くんは気付かないような感じで
    「永峰ー。こいつが撮った写真さ、今すぐ削除しろ。」
    と言ってきた・・・。
    が・・・・・
    「はぁぁぁぁ!?!?!?相馬氏!なにいってんの!?
     私の萌ポイントがありまくるこの写真を消せだと!?
     お前、やべぇな!アニメで例えると●●の□□みたいな
     かんじだぞ!?これ、俺もらう!俺もらっちゃう!」
    ・・・・・・
    !?
    ハッ・・・不覚にもかなりの本性がでてしまった・・・
    自重できなかった・・・。
    一般人の相馬・・・すまなかった・・・orz
    「なぁ、永峰。何語かわからないんだけど・・・?」
    そんな相馬くんの言葉はみみに入らないくらい、
    落ち込んでしまった・・・・。

    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o
  • 5 haruna id:fNW62dm1

    2012-07-14(土) 21:24:10 [削除依頼]
    3>
    伊東 甲子太郎さん
    コメあざすw
    ちなみに、この話はすべて実話ですw
    新撰組は薄桜鬼とか銀魂で好きかな?
    斎藤一が結構すき・・・。
    まぁ、よければ生ぬるい目で見てやってくださいw
  • 6 クジラ id:ktCADT31

    2012-07-14(土) 21:30:11 [削除依頼]
    ヤバいw
    面白いw
  • 7 クジラ id:ktCADT31

    2012-07-14(土) 21:30:54 [削除依頼]
    あ、頑張って下さい!
  • 8 haruna id:fNW62dm1

    2012-07-14(土) 21:36:33 [削除依頼]
    No 3

    はるかside
    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o
    あの出来事でかなり落ち込んだが、
    友達のみくに慰めてもらい、なんとか落ち着いた。
    そして、みくに
    「私、相馬君のこと、すきになったかもしれない・・・」
    そう。さっきの写真で一目惚れしてしまったのだ。
    もう、三次元の男の子に恋をするのはこりごりだと思っていたのに・・・
    これから、どうしよう・・・
    席もとなり・・・
    あ、あ、あぁぁぁぁぁっ!

    こんな感じで私の新しい恋がまた始まってしまったのだった。

    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o
  • 9 haruna id:fNW62dm1

    2012-07-14(土) 21:40:33 [削除依頼]
    6>7> クジラさん コメあざすねw ちょっと元気出ましたw 頑張りますねw
  • 10 haruna id:fNW62dm1

    2012-07-14(土) 22:02:54 [削除依頼]
    No 4

    はるかside
    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o

    まぁ、文化祭の準備の日はあっというまにすぎて、
    文化祭当日。
    ちなみに、みくにも好きな人ができたらしく、
    お相手は水山くん。
    水山くんは、BLでいうと天然攻な感じで、
    こちらもまた頭も良く、サッカーがめちゃくちゃできる。
    かなりの長身だけど、顔は若干幼く、甘い感じだ。
    そんなギャップに若干、萌という物も感じてしまう。
    そんな水山君と仲の良い相馬くんと一緒に
    「みくと水山君のお化け屋敷で仲良し計画!」
    というものを計画した。
    私の学校の文化祭でやるお化け屋敷は怖いとこの辺では有名だ。
    私は、計画もそう・・・でもそれより・・・
    フッフフ・・・相馬くんと一緒に考えたのだ!

    このままいけば、私と相馬くんで一緒にお化け屋敷に入れる!
    フッハハ!
    またまた相馬くんの意外な一面が見れたら・・・
    グハッ((殴

    で、そんな妄想は置いておいて・・・
    その時はキタ━━━(゚∀゚)━━━!!
    ・・・・・・
    「ああああああああああ!!!!!!
     無理無理無理無理っがあぁぁぁぁっ!
     ぎゃああああああああああああああああああ!!!!」
    「っるさい!永峰!ほら!前みろ!そっちは逆だ!
     耳がいたい!やめろ!」
    「いやっ、だから無理だって!
     あああああああああああああああ!!!!!!!
     グホッ・・・・」
    ・・・・この様である。
    ひどい。しかもひどい顔なのだろう。
    しかし、この恐怖は外に何も考えることができない。
    「ちょっと!相馬!どこにいんのよ!?
     俺をおいてくな!この野郎ー!!!!
     ぎゃぁぁぁぁっ!
     っあぁぁ!?」
    何かにつまづいてしまった・・・。
    そして腹からダーイブッ☆
    「っってぇぇぇぇぇ!!!!なんだよ!
     こんなとこに物おくなよ!」
    「おい。俺の足に躓いておきながらお前なにいってんだよ!
     しかも、俺の上にこけるなよ!いてぇよ!」
    俺の・・・上・・・!?
    「!?!?!?!?!?!?!?!?」
    「・・・・お前、手、熱いけど大丈夫か!?」
    「!!!?????????」
    「何か言えよ・・・・」
    現状把握・・・・
    現状把握・・・できねぇ!
    この状況・・・・なんなんだ!?

    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o
  • 11 しんく id:.ROfAQM.

    2012-07-14(土) 23:49:52 [削除依頼]

     ・・・おもしろww
  • 12 haruna id:Aj0at7H1

    2012-07-15(日) 22:17:57 [削除依頼]
    時間の都合上、今日は2回くらい更新かな・・・? >11 しんくさん   コメあざすw         おもしろ、というか、コメディな感じになってしまってますね・・・(;´Д`)
  • 13 haruna id:Aj0at7H1

    2012-07-15(日) 22:30:43 [削除依頼]
    No5


    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o

    え・・・
    今の私の状況って・・・・

    とりあえず、このときの私は尋常じゃないほど慌てていたため、
    冷静になった現在から説明しよう。

    どうやら、相馬くんの足に躓いてこけた私は
    相馬くんを下敷きにしてしまっているようだ。
    まるで、少女マンガによくあるような体制なのである。

    そしてその時へと戻る。

    ヤバイッショ!これは!
    「ご、ご、ご、ごめっ!」
    「お前・・・『ご』が多いぞ・・・
     とりあえず、はやくのけろ。」
    「へ?あぁ、ごめっ・・・
     痛っ!?」
    立ち上がろうとした私の腰に激痛が走った。
    どうやら、腰を痛めたようだ・・・
    「痛い・・・腰がっ・・・・グハッ・・・」
    「はぁ!?腰!?お前、ババァかよ!?」
    「ちょっとまって・・・いたい・・・」
    「・・・・ほら、とりあえず・・・・よいしょ・・・」
    と、いった相馬くんは、私の腰をかばいながら私を
    立たせてくれた。
    いつも意地悪い相馬くんが、やさしい・・・!?
    も、も、も、萌・・・・
    「歩けるか?」
    「いたい・・・無理・・・」
    萌どころではない。とにかく今は腰が痛いのだ。
    「ほら、肩かすから・・・」
    「うぅ・・・・・すまぬ・・・。」
    その後の事は、頭が混乱してしまい、実は今でもよく覚えていない。

    「ほんとにごめん・・・。ありがとう。」
    「俺はホームヘルパーかよ。
     まぁ、今から俺は展示のシフトだから行くけど
     お前、一人で大丈夫か?」
    わ、わ、わ、わ、わ!相馬くんが心配してくれてる!
    「う、ん・・・。これから私も展示のシフトだから、
     一緒に行ってくれると助かる・・・」
    あ、ついつい・・・
    腰は歩ける位には回復していたが、甘えてしまった・・・。
    「・・・しるかよ。 ほら、いくぞ・・・」
    (あら、意外と優しいのね。)
    「おねがいしまそ・・・。」

    そういえば、この日の出来事で私は相馬くんの事を
    一目ぼれで好きになったけど、本気で好きになってしまったんだな・・・
    今思えば、とても懐かしい思い出だ。

    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o
  • 14 haruna id:Aj0at7H1

    2012-07-15(日) 22:38:16 [削除依頼]
    No6

    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o

    時間を現在に戻そう。
    とりあえず、
    「今っていつだよ?」って人に教えておこう。
    今は、1年生の2学期だ。

    私は、1年生の1学期の頃、
    ガンガンアタックしていったのだが、
    1学期が終わり、席替えをすると
    相馬くんとはなればなれに・・・!
    そして、相馬くんの近くに行って話す勇気もない私は、
    今、相馬くんと全く話していない状況なのだ。
    しかし、寂しくはない!
    なぜなら・・・

    私には、「うた●リ」があるからだ!
    そして「ボ●ロ」や「歌い手」がいるのだ!
    そんなことをしていると相馬くんのことなんか
    忘れられているもん!
    HAHAHAHA(@^▽^@)

    と、いうわけにも行かず・・・。
    結構、本気で相馬くんのことを好きになてしまっている私がいる・・・。

    ついつい、授業中とかに相馬くんのことを見てしまう。
    でも、しゃべる勇気は私にはない。

    どうしたらいいのぉぉぉぉぉぉ!? orz

    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o
  • 15 haruna id:Aj0at7H1

    2012-07-15(日) 22:51:34 [削除依頼]
    とりあえず。ここまでの人物紹介とでもいきましょうか。

    私の短所はですねぇ・・・
    毎回、長文になること!
    まじで。 書き出したら止まんないんだよw

    ちなみに、この話は全部
    ・・
    実話  ですのでw 

    まぁ、紹介。

    * 永峰 はるか      女 
      ナガミネ  ハルカ      12/4

    相馬くんに恋する腐女子 オタク。
    ちなみに、私がモデル、というか、私そのものである。

    * 相馬 貴明       男
      ソウマ  タカアキ      4/31

    非オタ。かなりのイケメンで、少し冷たさを感じつつ、エロい。
    勉強ができるなど、はるかの萌を集めた人物。
    見た目に反してかわいいもの好き。 ア●ルー 等。

    * 和田 あかね     女
      ワダ   アカネ    11/11

    はるかに一目惚れをさせて超本人。
    ボ●ロが好きで、よくはるかと話している。

    * 中野 みく      女
      ナカノ  ミク      10/25

    はるかの親友。相馬の友達に恋してる。
    オタク方面では広く浅く。
    かなりの仕切りたがり。

    * 水山 尋        男
      ミズヤマ ヒロ      7/20

    相馬の友達。はるか曰く天然攻のようだ。
    長身にかわいい顔立ちのため、年齢がわからないといわれる。

     
  • 16 haruna id:cUK0aJI1

    2012-07-16(月) 08:03:40 [削除依頼]
    今日は時間の都合上更新できないかもしれぬ(ーー;)


    今から行くららぽーと甲子園は楽しいのでしょうか?
  • 17 haruna id:7knpXQC/

    2012-07-17(火) 19:47:51 [削除依頼]
    No 7

    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*

    フフフ・・・
    ここ最近・・・絶不調です・・・!
    オタクするのにも身がはいらねぇ!
    それも全て相馬くんのせいだ・・・。
    最近、二次元ではありえないとても人間臭い
    感情を抱いている。
    自分では認めたくはないが、そう、これは・・・
    「嫉妬」といわれるやつだ。
    相馬くんはよくモテるんでのぉ・・・
    女の子に声をかけられているところを見かけるだけで、
    (私もこんなに相馬くんのこと、スキなのに!)
    と、ものすごく嫉妬してしまう。
    ちなみに、私の親友(?)のみくも相馬くんと
    仲がいいから、みくにまで嫉妬してしまう。
    そんな自分が、すごく。嫌いだ。
    ・・・・・ってどれだけ少女漫画チックなんだよ!
    私、それだけ相馬くんのこと、好きになってしまったんだろう・・・。
    悩んでいても仕方ないことくらいわかっているのに。
    現実の恋愛は、乙女ゲームとは全然違う。
    思い通りに行かない。

    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o
  • 18 haruna id:ukKXui9/

    2012-07-18(水) 21:22:51 [削除依頼]
    No 8

    はるかside

    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o
    どうしたらいいのぉぉぉぉぉぉ!?
    と、思ってから数週間。
    とうとう・・・・・
    席替えの時がキタ━(゚∀゚)━!
    相馬くんと近くに慣れることを祈りながら・・・・
    いざ!くじ引き!

    結果・・・・・。
    残念ながら相馬くんの隣にはなれなかったのだが、
    相馬くんの後の席が私になった!
    YA☆TTA☆NE☆

    でも、久しぶりに近くに行くから緊張する。
    果たして相馬くんとは近づけるのか!?自分!
    そんなことを思っていると、
    「おっ、永峰!またお前近くかよw
     まぁ、またこの俺がからかってやるよ!」
    と元気良く声をかけてくれた・・・・・。
    *・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません