鬼ごっこ 17コメント

1 あきもと id:RpA2ek9.

2012-07-11(水) 17:19:40 [削除依頼]

子どもたちの定番の遊び、

鬼ごっこ。

じゃんけんで鬼を決め、捕まった人が鬼になる。

この繰り返しだ。

だが________

鬼ごっこはただの楽しい遊びじゃない。

今、恐ろしいゲームが始まる...
  • 2 ナイト+(元:こうた) id:qQV8i3y/

    2012-07-11(水) 17:42:03 [削除依頼]
    え!?どんなゲーム??楽しみ♪
  • 3 あきもと id:RpA2ek9.

    2012-07-11(水) 23:04:01 [削除依頼]

    「これ」

    「は?何これ?」

    「あんた金ないんでしょ、これ参加してみたら?」

    鬼ごっこ...最後まで残ったら100万円獲得...

    明は友人からある1枚のチラシを貰った。

    これが悪夢の始まりだった...
  • 4 あきもと id:vl.VCu31

    2012-07-13(金) 17:48:34 [削除依頼]

    明は家に帰って友人からもらったチラシをじっくり読んだ。

    「3日間のサバイバル・・・。ホテル料金は無料・・・。参加料も無料・・・。マジかよ!ちょーいいじゃん!」

    明は迷わずこのイベントに参加することにした。

    明は1人暮らしの大学生だった。

    親の反対をおしきって1人暮らしを始めたものの、

    やはりお金がなく生活に困っていた。

    そんな明にとってこの企画は最高だった。

    「それにしてもなんで鬼ごっこなんだ?子どもクセぇな。なにがサバイバルだ。本当に100万くれんのかな・・・」

    明は少し不安な気持ちでこの「THE SURVIVAL」に参加することを決意した。
  • 5 あきもと id:vl.VCu31

    2012-07-13(金) 17:52:31 [削除依頼]

    当日・・・

    明は地図を見ながら会場であるホテルに到着した。

    「なんだよ〜山奥じゃねぇか。ホテルだけご立派だな」

    明がふとホテルの方を見ると1人の女性が入口付近に立っていた。

    「あの・・・」

    おそるおそる話しかけた。
  • 6 あきもと id:vl.VCu31

    2012-07-13(金) 17:58:33 [削除依頼]

    「あら、あなたもこのTHE SURVIVALの参加者なの?どうぞよろしくね」

    「よろしくお願いします・・・。お名前は・・・」

    「岸本麗子っていいます。大学生です。あなたは?」

    「俺は下谷明といいます。俺も大学生です!」

    明はつい麗子にみとれていた。

    麗子はすごく綺麗な女性だった。

    「受け付け開始まであと30分もあるのね・・・。」

    麗子がそうつぶやいたときホテルの扉が開いた。
  • 7 あきもと id:vl.VCu31

    2012-07-13(金) 18:10:07 [削除依頼]

    「こちらは・・・THE SURVIVALの参加者様でしょうか?」

    20代くらいの制服を着た若い女性が出てきた。

    「はい・・・まだ30分早いですよね・・・?」

    「そうですが、外は寒いですのでぜひ中でお待ちください。」

    「あ・・・はい」

    明と麗子は中に入った途端口を大きく開けた。

    入った途端、体育館みたいな広さのロビーがあった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません