オレンジ色の君194コメント

1 のんのん id:hYTxdmL.

2012-07-04(水) 11:32:20 [削除依頼]
こんにちわ☆
中2ののんのんです♪
よろしくです☆
  • 175 のんのん id:6D3ZFZB0

    2012-08-31(金) 14:25:40 [削除依頼]
    #37 大好き

    「……大好きだよ。栞」

    突然言い出した私に

    「何言ってんの。あたしだって大好きだよ」

    栞は笑ってそう返してくれた。
    本当に、本当に大好きだよ。
    だから、何も言わずに去る私を許してくれますか……??
    ずっと私の親友でいてくれますか……??
    そんな事を考えていると、熱い何かが頬を伝った。

    「……え?!何泣いてんの?!」

    慌てる栞。
    ―――――泣いてる……??
    そっか。この熱いものは……涙。
    名残惜しく思う涙だ―――――……

    「紗希」

    近くで何かを言っている栞の声よりも
    その声の方がしっかりと私の耳に入った。

    「……っ、あ、天野……」

    涙を拭って振り返った。
    少しだけ、明るい気持ちで振り返った。
    だけど、その人が目に入った瞬間暗くて重い気持ちになる。
    ねぇ天野。
    隣にいる人……誰だかわかってる??

    「……日向さん。昨日ぶりね」

    天野の隣で微笑みながら言う人は……


    紛れもなく、昨日2人を連れ去った
    武本さんだった……―――――
  • 176 ちい id:pQrBU.y1

    2012-08-31(金) 15:43:58 [削除依頼]
    ちょードキドキ展開!!
    あー気になるなー><
    ちいが怖くなってきたよww
    がんばって!!
  • 177 のんのん id:aUnQAUV/

    2012-09-04(火) 16:38:09 [削除依頼]
    ちいーー!!
    お久だねッ★

    頑張るねぃ♪
  • 178 のんのん id:Gr2msl1/

    2012-09-08(土) 10:25:04 [削除依頼]
    最近誰も来ない……

    まぁ本人来てないからかww
  • 179 のんのん id:Gr2msl1/

    2012-09-08(土) 11:02:09 [削除依頼]
    #38 

    「あ、天野……なんで……」

    泣いた所為か、驚いたからか、声が震える。
    いつもみたいに上手く喋れない。

    「……日向さん」

    突然武本さんに呼ばれて体が大袈裟に震えた。
    ……怖い。
    武本さんが、どうしようもなく怖い。
    人にこんなに恐怖感を覚えたのは初めて。
    私は金縛りに合っているみたいに体が動かない。

    「……少し、話があるの」

    私の様子に気づいてるはずなのに
    落ち着いた様子の武本さん。

    「……わかった」

    震える声だったけど、静かに、答えた。
    武本さんは小さく笑ってどこかに歩いていく。

    「さ、紗希……」

    栞がおずおずと私の名前を呼ぶ。

    「大丈夫。先行ってて」

    優しく微笑んで言った。
    栞は躊躇いながらも小さく頷いた。
    そして、先に歩く武本さんについて行った。
  • 180 のんのん id:Gr2msl1/

    2012-09-08(土) 16:55:45 [削除依頼]
    あ、またサブタイ忘れてた。。

    “恐怖感”です★
  • 181 のんのん id:Gr2msl1/

    2012-09-08(土) 17:31:35 [削除依頼]
    #39 

    少し……いや、かなり重い足取りでついて行く。
    ココまで怖いと思ってたんだ。
    てか……なんで天野は武本さんの隣にいるの??
    武本さんが屋上のドアを開く。

    「……あ」

    不意に出た言葉に武本さんが振り向く。

    「……すみません。なんでもないです」

    謝る必要ないと思うけど一応謝っといた。
    武本さんは表情を変えないまま前を向いた。
    そして、屋上に入った。

    「……なんで今日に限って……」

    ポツリ、と小さく呟く。
    いつもは目がくらむほど眩しい太陽の光が
    今日は全然眩しくなかった。
    それが、何か不吉だった。
  • 182 ちい id:7gHw/d./

    2012-09-08(土) 18:02:47 [削除依頼]
    のんのんー来たよー♪
    久しぶりっ!!いつでもどこでも
    楽しみにしてるよ!ww

    がんばれぇ・∀・
  • 183 のんのん id:WdiIl7E1

    2012-09-09(日) 11:11:53 [削除依頼]
    ちいー!!
    お久だねッ♪
    楽しみにしてくれてて
    ありがとぉ★

    頑張るよッ!!
  • 184 のんのん id:WdiIl7E1

    2012-09-09(日) 11:29:05 [削除依頼]
    また忘れてました……。
    サブタイ。

    太陽

    です。。
  • 185 のんのん id:WdiIl7E1

    2012-09-09(日) 11:46:43 [削除依頼]
    #40 わからない

    階段を1段1段ゆっくり上る。
    心臓が落ち着かない。
    ドクン、ドクン、と嫌な音を立てる。

    「……しっかりしなきゃ」

    頬をパンパンッと叩いて気合を入れる。
    ……負けない。
    そう心に決めて私も屋上に入った。

    「……武本さん」

    ギュッと手をきつく握って声を掛けた。
    武本さんが後ろを振り返る。
    昨日の様な怪しい笑みはもうなくて―――

    「突然呼び出してごめんなさい」

    普通の笑顔で謝られた。
    それが逆に怖くて……戸惑ってしまった。

    「……紗希」

    名前を呼ばれ、その人の方向を見る。
    フェンスに寄り掛かって私の方を向いていた。

    「何?? 天野……」

    そう聞くと、天野は私達の方に近づいて来た。
    そして、

    「ソイツさ……許してやってくんね??」

    意味がわからない事を言い出した。


    この時、私は何もわかっていなかったんだ。
  • 186 のんのん id:WdiIl7E1

    2012-09-09(日) 15:37:08 [削除依頼]
    #41 許せない。だけど……

    「天野……許すって、武本さんを??」
    「あぁ」

    聞き返す私に、天野は顔色一つ変えずに答える。
    どうしよう。
    今、すごく動揺してる。

    「私は……2人を危険な目に遭わせた
     武本さんを……許せないかもしれない」

    コレは本音。
    2人を危険な目に遭わせたのはやっぱり許せない。
    私だけならよかった。
    私だけなら普通に許せた。
    だけど、2人を巻き込んだなら許せない―――――……

    「―――――紗希ッ!!」

    天野の声で、正気に戻る。

    「ねぇ、天野……」

    さっきから疑問に思ってた事を聞いてみた。

    「どうして……武本さんを庇っているの??」

    どうして庇うの??
    どうして……―――――

    「……庇うわけじゃない。ただ―――――」

    天野が最後の言葉を濁す。
    黙って聞いていると、

    「お前が……人を憎んだりする所を、見たくない」

    天野が真剣な表情で言った。

    「天野……」

    戸惑う。
    どうすればいいのかわからない。
    てか、武本さん呼び出したことしか謝ってなくない??
    そう思って武本さんの方を向くと、

    「本当に、ごめんなさいッ!!」

    そう言って、頭を下げられた。
    天野の方を向くと、

    「……後は紗希次第」

    天野はそう言った。
    私は手をきつく握った。

    「武本さん」

    名前を呼ぶと、武本さんが私の方を見る。

    「私はあなたの事を許せないかもしれない」

    残酷かもしれない。
    かもじゃなくて、残酷だと思う。

    「―――けど、私はあなたを許したい。だから、許すよ」

    そう言うと、武本さんの目が見開いていく。
    武本さんは大粒の涙を流しながら、
    力が抜けた様にそのまま床に崩れ落ちた。

    「……ありが、とうっ…………」

    そして、微笑む私にお礼を言って―――――

    「本当にっ……ごめ、なさっ……」


    謝ってくれた。
  • 187 のんのん id:WdiIl7E1

    2012-09-09(日) 15:50:28 [削除依頼]
    なんか……長くなった。。
  • 188 のんのん id:5ZB23aK1

    2012-09-15(土) 14:35:14 [削除依頼]
    お久でぃす♪
  • 189 綾那 id:dmcUqMZ1

    2012-09-15(土) 14:56:51 [削除依頼]
    のーーーんのんっ><

    久しぶりぃっ^^*
  • 190 のんのん id:O5rwyfp/

    2012-09-16(日) 17:49:07 [削除依頼]
    >189 久しぶりッ★ 全然投稿できなくてごめん!!
  • 191 のんのん id:4NoRp40.

    2012-09-17(月) 09:55:27 [削除依頼]
    #42 呼び捨て


    武本さんはしばらく泣いた後、ゆっくり立ち上がった。
    そして、

    「……ホントにゴメンね。それと……ありがとう」

    目が赤くなった武本さんは
    最後にもう1度謝ってお礼を言った。

    「どういたしまして」

    そう言うと、武本さんは小さく笑った。

    「……日向さんは優しいね」

    そう言うと、武本さんは屋上から出て行こうとした。
    だけど、

    「待って」

    そう言った私の声で立ち止まる。
    武本さんがゆっくり私を振り返る。

    「……紗希」
    「え??」

    私の名前を言うと武本さんは聞き返した。

    「紗希でいいよ」

    微笑んで言うと、

    「じゃぁあたしも友香でいいよ」

    友香も笑ってそう言ってくれた。

    「じゃぁまたね。友香」
    「バイバイ!! 紗希」

    そして、友香は屋上から出て行った。
  • 192 のんのん id:X8osUYd0

    2012-09-21(金) 13:38:10 [削除依頼]
    #43 安心


    「……よかったな」

    その言葉に振り返ると
    微笑んで私の方を見ている天野がいた。

    「うん」

    笑って言い返すと腕を強く引かれた。

    「安心した??」

    抱き締められてる状態でそう尋ねられる。

    「……え」

    質問の意味がわからなくて聞き返すと

    「呼ばれた時とか怯えてたから」

    サラッと驚く言葉を言われた。

    「嘘……」
    「ホント」

    呆然とする私に天野は更に追い討ちを掛ける。
    そして、

    「でももう……大丈夫だろ??」

    優しく言われたその言葉に
    前に感じた嫌な予感を思い出したけど、

    「うん。大丈夫……」


    その感情から逃れる様に頷いた。
  • 193 のんのん id:X8osUYd0

    2012-09-21(金) 14:49:22 [削除依頼]
    #44 


    「さて、と」

    私から離れながら
    天野はとんでもない事を言い始めた。

    「サボろっか」

    ……は??
    今なんて言った??

    「はい、来て」

    呆然とする私の手を取り
    天野は歩き始めた。

    「ちょっ……と、放して!!」

    なんか……この感じ、懐かしいな。
    そう思ったのは

    「なんかこーゆーの……懐かしいな」

    私だけじゃなかったらしい。
  • 194 HAPPY id:x37utIt.

    2012-09-21(金) 15:02:08 [削除依頼]
    おもしろい!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません