狂の約束6コメント

1 ケットシー id:B6rMS5z0

2012-07-03(火) 17:15:13 [削除依頼]

 
  始まりが分らないでスタートし
  終わりに気づいて涙した
  • 2 ケットシー id:B6rMS5z0

    2012-07-03(火) 17:19:59 [削除依頼]

     皆様、始めまして。“猫王様”ケットシーです←
     ……といいつつ初めましてでない方もちらほらと。
     自分、ここで長編&番外編(?)ストーリの計二つを書いておりました。……が、ここ暫く書いてません(´・ω・`;)
     正直なところ、これはヤバイなと感じてます。
     なのでまずは感覚を取り戻すために、少しでも早く復帰するためにこれを数ヶ月で仕上げます。
     名前は後書きで戻す予定。

     コメントカモン?(`・ω・´)ノ
  • 3 ケットシー id:B6rMS5z0

    2012-07-03(火) 17:36:09 [削除依頼]
    ■‐序章‐■

     一匹。
     鴉が鳴いた。
     しわがれた声で鳴く鴉は御伽噺の国の住人にさえ思うほど不気味だ。
     首を前へ伸ばし、飽きることなくその場で数十回と鳴き続ける。
     真夜中の黒い空へと溶け込むような黒い羽根を開いたり閉じたり。
     仲間を捜しているのか顔が左右に何度も動く。
     やがて、現れた。
     その鴉が望んだもう一匹の鴉が。
     濃い緑の葉の隙間から姿を現したその鴉は一声鳴いた。
     たったの一声。
     だがその一声が引き金となった。
     徐々に増える鴉達。もう群れと言っても過言ではないほどの夥しい数。
     
    「あーもう! 五月蝿いねぇ……こんの鴉どもは!!」

     鴉の中に紛れ込んだのは人間の声だった。
     八つ当たりをするように発せられた声は鴉よりもしわがれている。
     けれども鴉よりも生気が感じられた。
     乾燥した土の上に高いヒールの足跡をつけながら歩く老婆の影。
     真っ赤な杖を肩手に腰の曲がった体でゆっくりと歩いている。
  • 4 梨李 id:yPdLbPV1

    2012-07-03(火) 17:40:18 [削除依頼]



    頑張ってください(=^ェ^=)


    梨李*/
  • 5 ケットシー id:B6rMS5z0

    2012-07-03(火) 17:45:25 [削除依頼]
    >4  有難う御座います*´`*  頑張りますッ
  • 6 ケットシー id:B6rMS5z0

    2012-07-03(火) 17:57:44 [削除依頼]
    >3 「おい! 置いていくんじゃないよ!! あたいを忘れないでほしいね」  いきなり響くしわがれた甲高い声。  不意に聴こえた突然の声に夥しい鴉は舞い上がった。  自分勝手に鳴きながら夜空を舞い、四方八方に散らばってゆく。 「……ふんっ、忘れてなんかいないさ。ただね、メイサ。あんたはちと歩くのが遅いんだよ」 「何を言うかと思えばそんなことか。いいかい? ルイサ、あんたは最近でしゃばりすぎているんだよ」  腰の曲がった老婆はルイサ。  後から追いかけてきた老婆はメイサ。  二人の顔は瓜二つだった。  尖った鼻のてっぺんに大きなニキビ。たるんだ顔の皮と白い肌にボサボサの白い髪。  あえて違うところを上げるのならば杖と腰くらいだろう。  声はともかく、外見で分る区別は他に見当たらない。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません