私は、今日から××のアイドル!4コメント

1 みゆう id:7tkNgy//

2012-06-23(土) 17:24:28 [削除依頼]
登場人物

主人公
*雅原 麻野
私立女子北川中学校2年生
ランク:貴族

その他・・・・
親友
*北村 由愛
私立女子北川中学校2年生 
ランク:貴族

*伊集院 恵理香
私立女子北川中学校2年生
ランク:王族

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*笠原 裕一
私立男子南川中学校2年生
ランク:王族?

*前田 恭成
私立男子西川中学校2年生
ランク:貴族

*石田 未真樹 (男)
私立東川中学校2年生
ランク:王族
  • 2 みゆう id:7tkNgy//

    2012-06-23(土) 17:35:27 [削除依頼]
    ここは、私立東西南北学園。
    ここの学園は、東川中学校は男女一緒で東にある。
    西川中学校は、男子だけ、西にある。
    南川中学校は、 〃   南にある。
    北川中学校は、女子だけ、北にある。
    お金持ちの生徒か通えない、学校。
    そこは、誰もが憧れる学校であった。
    しかも、東川西川南川北川中学で頭の良さは分かれてい
    た。
    東川…あまり良くない。

    西川…いいちゃいい。

    南川…エリートばっか。

    北川…  〃


    そんな、学校に通う麻野。
    それじゃあ、1話スタートです!
  • 3 みゆう id:7tkNgy//

    2012-06-23(土) 17:51:06 [削除依頼]
    麻野:「はぁ、何でこの中学来ちゃったんだろ?」
    いつもそう思う、麻野は2年前までごく普通の、
    小学生だった。
    中学も、そのままみんなと一緒の中学に行くはずだった。

     〜 だが、ある日〜
    麻野:「えっ!?私立の中学に行く!?」
    突然、言われて、麻野はとてもびっくりした。

    母:「ええ、あなたは頭もいいからどうせなら
    私立言った方がいいわ。」

    麻野は、とても頭が良く、いつも学年で1番だった。

    麻野:「いや!みんなとはなれるなんて!」

    母:「……みんなと同じ中学行ったって、みんな麻野
    とは、頭の良さが違うのよ!」

    麻野:「分かった。私立に行くよ…。」

    麻野は、みんなと離れたくはなかったけど
    みんなとは頭の良さが違う子たちと勉強したくて、
    私立に行くことにした。

       入学式当日
    麻野:「いまごろみんな、入学式なんだろうなぁ」

    麻野はそう思いながら学校に向かった。

       学校の教室
    先生:「えーと、まず、みんな自己紹介をして―」

    「私の名前は………」

    「私は、………」

    どんどんみんなは、自己紹介をして行く。

    麻野:(あぁ!次は私じゃん!)

    先生:「次―――‐。」

    麻野:「私の名前は………です…。」

    先生:「聞こえないぞ―」

    麻野:(もう!私ったら!)
    (あーもう、こうなったら大きな声で言っちゃえ!)
    「私の名前は!!!!!!!雅原 麻野です!!!!!!!!!」
    キーん…
    つづく
  • 4 りりか id:7tkNgy//

    2012-06-23(土) 20:04:35 [削除依頼]
    麻野:(あぁ!!やっちゃた〜〜〜〜TT)

    「何?あの子!声でかすぎー」「うるさぁい」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません