ドS王子はイケメンくんっ!?13コメント

1 かなりん id:r57Kv/0/

2012-06-23(土) 16:10:45 [削除依頼]
「行ってきまーす!」と言って平田唯は家を出た。
唯は今日から『桜ヶ丘高等学校』に通うことになっていた。
『桜ヶ丘高等学校』は誰もが憧れる高校だった。
誰もが憧れるワケは美男・美女ぞろいの学校だからだ。
唯は自分では自覚していないがすごい美人な少女だ。
目はパッチリ二重でフサフサした長いまつげ…
プルプルした唇に高くてキレイな鼻…
茶髪でフワフワした髪の毛…のとっても美少女なのだ。
そんな唯の母、平田メイは「唯〜ゴメン!転校初日ホントは学校にいっしょに行ける予定だったんだケド急な仕事が入っちゃって〜」と言って唯より先に家を出て行ったのだった。
唯は母と自分の2人暮らしだった。
でも母は、ほとんど仕事で朝早くから夜遅くまで働いているためほとんど家に居ない事が多い。
唯は学校に着くとみんなは「あんなコいたっけ?」や、「うっわーすげー美少女…めっちゃタイプ」とヒソヒソ言っていた。
(ひぇ〜あたし何かしたっけ〜)と唯はおろおろしていた。
  • 2 真帆 id:a/W6gbq0

    2012-06-23(土) 16:14:48 [削除依頼]
    面白い!!!頑張ってね\(*⌒0⌒)♪
  • 3 かなりん id:r57Kv/0/

    2012-06-23(土) 16:23:40 [削除依頼]
    唯は教室のまえで名前が呼ばれるのを待っていた。
    (この学校ホントにみんなキラキラしててあたしなんかとは全然違うなぁ)と唯は思った。
    すると教室の中から先生が「今日は転校生が来ています。唯さん入ってきてー」と先生が言って唯は「はいっ!」と返事をして教室に入った。
    唯が教室に入るとクラスのみんなは唯をジロジロ見て「かわいー」などと言っていた。
    先生が「唯さん、自己紹介してね!」と言って唯はやっと我に返った。
    「えっと…平田唯ですっ!とっ…東京から来ましたっ!よろしくお願いします!」と唯は自己紹介をした。
    先生が「唯さんの席はっとー…あっ!一番後ろの苺さんの席ですよ?」と言った。
    唯は先生が言った一番後ろの空いている席に座った。
    苺と言う女の子が「天野苺だよ。よろしくね☆」と優しく微笑みながら言った。
    唯は「平田唯です!よろしくお願いしますっ!」と言って苺と握手をした。
    唯は苺に「あっ…天野さんっ!なんで桜ヶ丘には美男・美女が多いんですか?」と聞いた。
    苺は笑いながら「苺でいいよっ。なんでかは分かんないけど唯ちゃんも美女なのに…アハハハっ!」と言った。
    唯は「いっ…苺ちゃん…」と赤くなりながら言った。
    「唯ちゃんかわいー!」と苺は言って唯に抱き着いた。
    唯は(苺ちゃん…あたしのコト友達って思ってくれてるのかな?)と思った。
  • 4 松本医師 id:EyTPnzU1

    2012-06-23(土) 16:26:56 [削除依頼]
    天野苺・・・!?
    どこかできいたことのあるような名前
  • 5 りりか id:7tkNgy//

    2012-06-23(土) 16:32:32 [削除依頼]
    応援します!
  • 6 かなりん id:r57Kv/0/

    2012-06-23(土) 20:36:13 [削除依頼]
    天野苺はなんか可愛いなぁと思ってそうしてみました!
    真帆さんとりりかさん頑張って書くんでよろしくです!
  • 7 かなりん id:r57Kv/0/

    2012-06-23(土) 20:48:57 [削除依頼]
    放課後…
    苺が唯に「唯ちゃん!一緒に帰らない?今日はいつもより早いからこの町のコトよかったら教えるけど…」と言った。
    でも唯は「あっ!苺ちゃん…ごめん今日は校内見学しようと思ってて…」と申し訳なさそうに言った。
    苺はにこっと微笑みながら「じゃあ仕方ないね!また明日!」と唯に手を振って帰って行った。
    唯は「さてと…どこからまわろうかなぁ…」と言うと教室の後ろから「まだ残ってんの?」と男の日との声がした。
    唯はその男の子を見て(うわぁーかっこいい!背ぇ高いしセンパイかな?)と思った。
    そのセンパイらしき人は「えっと…今日転校してきた平田唯サンか…唯でいい?」と聞いてきた。
    唯は「あっ!その辺はぜんぜんOKですが、名前を教えてもらえませんか?」と言うとセンパイらしき人は「名前教えてなかったっけ?オレは坂下カイト。高2だよ」と唯に言った。
    「坂下センパイですか〜」と唯は言うとカイトは「でさー話戻るんだケドこんなトコロで何してんの?」と唯に聞いた。
    唯は「校内見学です。今日転校してきたばかりでこの学校のコトよくわかんないんで…」と言った。
    するとカイトは「じゃあさオレと回んない?1人よりいいと思うしオレのほうが学校のコトよく知ってるし…」と言うと唯は「いいんですか!?ありがとうございます」と言った。
    カイトは「ぜーんぜん!じゃ行くか」と言って唯の腕を引っ張って行った。
    唯は真っ赤になった。
    カイトはそれに気づいて「唯真っ赤ーwww」と笑って言った。
  • 8 かなりん id:V/v8pe7.

    2012-06-24(日) 09:20:41 [削除依頼]
    カイトが「ココが理科室、んでコッチが家庭科室、あそこをずーっと行くと体育館だよ」と教えてくれた。
    唯はカイトが言ったことをメモっていた。
    「いちいちメモしなくてもいいんじゃねぇの?」とカイトが聞くと唯は「えっ…場所分からないと困るんで…」と答えた。
    カイトは「ふーん…唯ってなんか面白いよねwww」と笑いながら言った。
    「この学校の学食でハンバーグ定食がオススメかな?」とカイトはそこまで教えてくれた。
    唯は「坂下センパイこそ面白いじゃないですか…アハハハハっ!」と笑いながら言った。
    カイトは「えっ?そうか?」と少し照れながら言った。

    次の日…
    唯がげた箱を開けると『カイトに近づくな!クズのクセに!!』や、『カイトセンパイはみんなのアイドルなのに1人締めしてんじゃねーよ!バーカ!』などと書いた手紙とゴミなどが入っていた。
    するとそこにカイトが来て「うわー何このげた箱!?また女子のヤツらかよー!!オレが優しくしてやった女子をいじめるんだよねぇ…」とため息をつきながら言った。
    唯は「あっ!坂下センパイっ!!おはようございます」と笑顔で挨拶をした。
    カイトは唯の頭の撫でながら「今はそれどことじゃないでしょーが!…ゴメンな、オレのせいで…」と悲しそうな顔をして言った。
    唯は「ぜーんぜん大丈夫ですし、坂下センパイは何もしてません!ていうかむしろ良いコトしましたし…」と言った。
    「お前優しーんだな…あっ!放課後屋上に来てくんない?話したいことがあるからさ」とカイトは言った。
    唯は「分かりました!じゃこれで失礼しまーす!」と言って教室に走って行った。
    唯は(あれれれ?なんかセンパイと話してるとドキドキする〜(焦)あたし…センパイが…好き?)と思った。
  • 9 かなりん id:V/v8pe7.

    2012-06-24(日) 10:01:18 [削除依頼]
    唯は教室に入ってくるとクラスの女子が「転校生のクセにカイト様に手ぇ出すとかありえない!!」や、「カイト様は渡さない!バーカっ!」などと言っていた。
    そこに苺が来て「やめなよ!カイトセンパイは確かに優しくてかっこいいけどそんな事しなくてもいいじゃん!」と怒鳴った。
    すると渡辺リリアが「なにいい子ぶってんの?マジキモいwwww引くわ〜」と笑いながら言った。
    リリアはクラスのリーダーでだれも逆らうことができない。
    するとリリアが「ねぇー平田さんカイト様に校内見学一緒に回ってもらったんだってねぇ?」と言って唯を押し倒して髪の毛を引っ張った。
    唯が「いたっ…やだ…」と言うと「これからはさぁイジメテアゲルね?平田さんがルール破ったからイケないんだからね?」と言って唯を殴った。
    かと思ったらカイトが唯をかばっていたのだ!
    カイトはリリアを睨みつけて「誰がこんなコトしろって言った?」と怒鳴った。
    リリアは「か…カイト様…」と言ってぺたんと力が抜けたように座り込んだ。
    カイトは「オレの唯に手ぇ出すな!!次ヤッタラただじゃおかねぇからな!」と女子に怒鳴った。
    唯はカァァァと赤くなった。
    (オレの唯って…坂下センパイあたしのコト…好…き?)と唯は思った。
    カイトは唯の腕を引っ張って「ちょっと来い!」と言った。
    唯を連れてきたのは屋上だった。
    カイトは「放課後って言ったけどもうばれてるよな…」と赤くなりながら言った。
    唯は「あっあのぉ…センパイ…あたしセンパイのコトが…」と言ってしまった。
    (きゃ〜あたしってば何言ってんの!?口が勝手にしゃべってる)と唯は思った。
    カイトは「マジ!?オレから言おうとしてたこと…だったのに…はぁー」とため息をついた。
    唯は「坂下センパイゴメンナサイ!」と謝るとカイトは唯にキスをした。
    唯はカァァァァと赤くなった。
    カイトは「コレでオレの気持ちが分かっただろ?オレは…お前が好きだ!オレと付き合え!唯!」とヤケクソに言った。
    唯は「こんな告白初めてですよ…」と赤くなってカイトの頬にキスをした。
    そしてカイトの耳元で「あたしもです…」と小さくつぶやいたのだった。

    終わり
  • 10 かなりん id:V/v8pe7.

    2012-06-24(日) 10:03:06 [削除依頼]
    もう題名と全くお話が違います。
    ごめんなさい!!
    恋愛系のお話は難しいです…
    こんなお話ですが感想待ってます。
    (*^V^)/\(・V・*)
  • 11 ミニ彼 id:A6Q9XDX/

    2012-06-24(日) 10:21:41 [削除依頼]
    来たよーと思ったら終わっちゃってたっていうwww
    じゃあ、自分の得意なやつ書いてみたら??
  • 12 かなりん id:V/v8pe7.

    2012-06-24(日) 19:04:13 [削除依頼]
    得意なやつかぁ〜…
    友情小説とかいじめ小説が好きだからそこら辺ので書いてみよっかな?
    そこに恋愛も混ぜてみたりして…
  • 13 ミニ彼 id:A6Q9XDX/

    2012-06-24(日) 19:16:48 [削除依頼]
    じゃ、それで良いと思うよ。
    期待してるよ☆
    ってかうちんとこだれも来ないー(泣)
    来てちょーだい!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません