*恋* 〜ありがと〜9コメント

1 にゃー id:ag6uJBD/

2012-06-17(日) 22:27:56 [削除依頼]
恋って・・・
甘かったり甘酸っぱかったり・・・
苦かったり・・・
嬉しかったり、苦しかったり
辛かったり、切なくなったり・・・
大好き、好き、嫌い・・・
でもやっぱり好き・・・

恋にはいろんな思いが
ギュッと詰まってる。

それをあたしに全部教えてくれたのは
君だった・・・
  • 2 麻由 id:ag6uJBD/

    2012-06-17(日) 22:29:50 [削除依頼]
    名前間違えました
    麻由です!

    恋にはいろんな感情がありますよね?

    それを小説にしてみたいと
    思ってこれを作りました!

    だれか読んでくれるといいな〜
  • 3 麻由 id:ag6uJBD/

    2012-06-17(日) 23:06:25 [削除依頼]
    高木 乃亜(たかぎ のあ)
    中2、かわいくて元気、蒼に出会って恋を知る。蒼が好き。

    杉田 蒼(すぎた あお)
    中2、かっこよくて優しく人気者、乃亜が好き。

    とりあえずこんな感じで!
    もっとでてくると思います
  • 4 麻由 id:QYZgUaI/

    2012-06-18(月) 07:15:55 [削除依頼]
    あたし、高木乃亜は2年の2学期という
    なんとも微妙な時期にこの
    天川中学校に転校してきた。

    あたしは自分いうのも
    何だけど明るい性格のほう。

    でもいくら明るい性格のあたしでも
    この微妙な時期に転校はすごく
    不安でしょうがなかった。
  • 5 麻由 id:TILU6Ju.

    2012-06-19(火) 11:14:35 [削除依頼]
    学校に着くと門のところで
    若い男の先生が待っていた。
    その先生が校長室まで
    案内してくれた。

    校長室でいろいろと話を
    聞いてから、あたしが入るクラスの
    担任の先生が来てくれた。
    その先生はここまで案内
    してくれた人だった。

    「乃亜さんが入る2-Aの担任の
    吉田春木です。よろしく」と
    言ってにこっとした。
    緊張していたあたしは
    吉田先生の笑顔で少し
    安心することができた。

    そのあと、先生と一緒に2-Aの
    教室へと向かった。
  • 6 麻由 id:TILU6Ju.

    2012-06-19(火) 11:15:48 [削除依頼]
    訂正
    先生の名前は
    吉田春樹で
  • 7 麻由 id:TILU6Ju.

    2012-06-19(火) 11:48:03 [削除依頼]
    チャイムはもう鳴っていて
    みんな席について本を
    読んでいた。

    先生は「おはようございます」
    といいながら、教室に入る。
    あたしはその後ろをついていった。

    すると教室の中がざわざわした。
    先生は「静かに〜」と声をかけた。
    静かになったのを確認すると
    あたしの方を見てから、
    「この子は転校してきた高木乃亜さんです。
    こんな微妙な時期に転校してきて
    不安だと思うので助けてあげてください」
    と笑顔で言って
    「じゃあ乃亜さん自己紹介を」
    と言った。

    「高木乃亜です!わからないことだらけ
    なのでいろいろ教えてください!
    よろしくおねがいします!」
    と言った。

    先生は「じゃああの空いてる
    席に座って」
    と言って左から二列目、一番後ろの
    席を指で指した。
  • 8 にゃー id:ZGxqZKC.

    2012-06-20(水) 19:47:42 [削除依頼]
    席につくと、右隣の男子が声を
    かけてくれた。
    「俺、安田波琉!よろしくな」
    と自己紹介をしてくれた。
    「うんよろしくね!」
    と負けないくらいの
    明るさで言った。
  • 9 麻由 id:uttL/gN.

    2012-06-24(日) 11:44:26 [削除依頼]
    始業式が終わると教室に
    戻り席替えをした。
    あたしはあの席気にいったんだけどなぁ
    と思いながらクジを引いた。
    引いた紙を開いてみると「2」
    と書かれていた。
    黒板の座席表の中から
    「2」を探した。
    「あ、あった。」
    一番後ろの左から二番目。
    この席いいかもと思いながら
    2番の席に向かった。
    するとあたしの席の左隣の男の子が
    もう座っていた。
    あたしはその子に
    「よろしくね♪」
    と声をかけると
    「あ、俺杉田蒼!よろしく」
    と返してくれた。
    するとあたしの前の席に
    女の子がきた。
    「乃亜ちゃんここなんだね♪
    よろしく♪
    あ、あたしは竹内梨香だよ!
    仲良くしようね♪」
    梨香ちゃんは笑顔でそう
    言ってくれた。
    「うん、よろしく♪」
    席替えが終わるとプリント類が
    配られ、下校時間になった。
    あたしは待っていてくれた
    お母さんと一緒に帰っていた。
    すると後ろから足音が聞こえて
    きたから、振り返ってみた。
    「杉田くん」
    と呼ぶとこっちに気づいて
    走ってきてくれた。
    あたしはお母さんに
    「杉田蒼くんだよ!隣の席に
    なったんだ」
    と紹介した。
    それに続いて杉田くんが
    「杉田蒼です。」
    と言った。
    そのままあたしとお母さんと杉田くんの
    三人で帰った。
    するとあたしの家と杉田くんの家が
    近いことが分かった。
    なんとあたしの家から二軒はさんだところ
    が杉田くんの家だった。
    お母さんが杉田くんに
    「杉田くんがよければ乃亜と
    一緒に学校に行ってくれませんか?
    乃亜もここらへんのこと
    分からないからいろいろ
    教えてあげてほしいの。」
    と頼むと杉田くんは即答で
    「いいですよ」
    と笑顔で答えた。
    そのあとばいばいして
    家に帰った。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません