ラブリ−エンジェル♪〜エンジェルの奇跡〜9コメント

1 天使 id:/7x4kn50

2012-06-15(金) 17:36:21 [削除依頼]
登場人物

主人公

*熊田 莉々亜  小学6年生  6−2
性格:ちょー元気な女の子!!!


親友
*控瀬 羽柚 小学6年生  6−2
性格:おっとり系

*百瀬 美甘  小学6年生
性格:優しい女の子。外見が男の子みたい…。


莉々亜の好きな人
*前田 和樹 小学6年生 6−3
性格:優しくてイケメンなモテ男
モテランキング:?1

和樹の親友
*原田 恭介 小学6年生 6−3
性格:元気な男の子でイケメンモテ男 
モテランキング:?3

*石田 潤 小学6年生 6−3
性格:クールでイケメンモテ男
モテランキング:?2

ラブリーエンジェル
*チュミラ
莉々亜のラブリーエンジェル

*メコ
羽柚のラブリーエンジェル

*ユウル
美甘のラブリ−エンジェル

ボーイエンジェル(ラブリーエンジェルの男板)
*シュウ
和樹のボーイエンジェル

*ミドリ
恭介のボーイエンジェル

*ジン
潤のボーイエンジェル
  • 2 天使 id:/7x4kn50

    2012-06-15(金) 18:12:58 [削除依頼]
    天使なんて、ずっといないと思ってた…。
    あの日までは…

    「莉々亜―!もう行かないとっ!!」
    莉々亜はいつもお忙し。
    朝、学校行くだけで大変!!
    「やば―――!羽柚りんと美甘待ってるよー!!
    行ってきまーす!!」
    そう言って莉々亜は急いで家を出た。
    「行ってらっしゃい…。もう、あの子ったら
    いつになってもまだ子供なんだから…。」

    「羽柚りーん!美甘!!ごめん!!遅れちゃって…」
    莉々亜は、息切れしていた。
    「もう!!莉々亜!!毎日毎日遅れないでよ!!」
    美甘はおこっていった。
    「そうだよっ莉々亜ちゃんっ」
    羽湯もおこって言った。
    「はぁはぁはぁ、ごめん…」
    「まぁ、毎日のことだから、なれてるけどっ☆」
    二コッ美甘は笑い返して許してくれた。
    「まぁねー!」
    二コッ羽湯も笑い返して許してくれた。
    「って、明日も遅れたら送るくせにッ」
    二コッ莉々亜も笑った。
    「んじゃ、行こっ」
    「「うん」」
    学校の近くで、美甘が莉々亜にいった。
    「そおいえばー、莉々亜って、和樹のこと好きだよね?」
    「ええーー!!ちょっと!こんなとこで言わないでよっ」
    突然のことに莉々亜はとってもびっくりした。
    (もう!美甘ったら!はずかしい〜)

       ドンっ

    (きゃっ!?)

    後ろから誰かに押された。
    「あっごめん!熊田!」
    (あ、和樹君だ…)
    和樹は、転んだ莉々亜に手を伸ばした。
    (うそっ手つないじゃう!?)

       ぎゅっ
    (やたっ手…繋げた!)
    「あのっありがとう…」
    「いや…いいよ。つーか俺が転ばせちゃったし…
    ごめん・・・」
    和樹は申し訳なさそうに言った。
    「うんうん!私の不注意!」
    (ドキドキドキ…)
    「何この空気。入り込めれない・・・」
    「ネ…。」

    (もう!私ったら!いつも迷惑ばっかではずかし――)
    (俺…熊田に変に思われてね―かな?好きってこと…)
    ドキドキドキドキドキドキ…………………………………
    「おーいおい!お2人さーん」
    (はっ)
    「俺たちの存在忘れてね?和樹―」
    カアアアアア
    突然、和樹の顔が赤くなった。
    (あれ?和樹くん照れてる?なんで?)
    和樹は急いで学校に走って行った。
    「おい!待てよー!和樹!」
    恭介と潤も和樹の後を追った。

      〜放課後〜
    「ただいまー!」
    莉々亜は、家に帰って和樹のことを考えた。
    「和樹君…なんだったんだろう?」
    「あーあ、なんか恋の妖精とか居ないかな―?」
    「そうしたら、私と和樹君はラブラブになれるのに!」
    莉々亜はそう考えた。
    っとその時!!

    「妖精じゃないけど、エンジェルなら居るらぶよ」
    突然外から声がした。
    莉々亜は、窓を開けた。

    がちゃっがらがらがらがらがらがら

    「あなたは、誰?」

    莉々亜は、不思議な生き物に聞いてみた。
    「私は、ラブリーエンジェルのチュミラらぶ!」
    「えっ?」

    つづく
  • 3 天使 id:MhxX0Uc1

    2012-06-17(日) 17:04:10 [削除依頼]
    「チュミラ?」
    「そうらぶ!あなたが、私たちエンジェルに
    たすけをもとめたんですらぶ!」
  • 4 天使 id:MhxX0Uc1

    2012-06-17(日) 17:15:29 [削除依頼]
    「あなたは、○○○kと両思いになりたい!
    ってねがったらぶ?」
    「願ったは願ったけど…」
    突然出てきた動物は、恋の天使
    と聞いて、莉々亜は驚きを隠せなかった。
    「これから私は、あなたと生活して
    恋の”応援”するらぶ!」
    「え、でも、みんなにばれちゃう!!」
    「その心配はないらぶよ〜」
    「なんで?」
    「私たちエンジェルは、普通の人間には見えません
    らぶ!」
    チュミラと、いう生物は普通の人間には見えないようだ。
    「そうなの?」
    「はい!あと、莉々亜様のお友達の、羽柚様と
    美甘様にも、ラブリーエンジェルがつきますらぶ!」
    「えーーー!羽柚りんと美甘にも!?」
    「はい!らぶ!」

    ーーーーそのころ、羽柚の家ではーーーーーーーー
    「きゃーーーー!何この生物!!!」
    羽柚の家に突然現れた生物…メコ。
    「こんにちは♪羽柚様♪わたくし、ラブリーエンジェル
    のメコです♪」
    羽柚の目の前に現れたメコ。
    メコは、とても性格のいいラブリーエンジェル。
    「ラブリーエンジェル??」
         つづく
  • 5 天使 id:GaD9Ynf.

    2012-07-06(金) 17:59:15 [削除依頼]
    最近更新してないねぇ
  • 6 天使 id:GaD9Ynf.

    2012-07-06(金) 18:13:18 [削除依頼]
    メコ:「女の子の恋をかなえるのが私たち仕事です♪」

    羽柚:「えっーー」
    メコ:「ていうことで、これから羽柚様の
    家にすみます♪」

    羽柚は、にっこり笑いながら言うメコに

    羽柚:「はーーーー!?」

    「無理無理!!!!」

    メコ:「羽柚様は、好きな方はいらっしゃなら
    ないんですか♪?」

    メコが、そう言うと羽柚は顔を赤くして

    羽柚:「…い…る…わよ…」

    メコ:「へぇ〜〜」にぱあ

    羽柚:「何よ!?その笑顔!!」

    メコ:「なんでもありません〜♪」

    ・・・・その頃、美甘の家では・・・・・
    美甘:「きゃーー!何この生物!!超可愛い!!」

    美甘は、3人目のラブリーエンジェルのユウルを見つけた
    瞬間に、ギュっっと抱きしめた。

    ユウル:「ちょっ美甘ちゃん!!やめて!!!!」

    ユウルが、そういうと、美甘は『パッ』ッと手をはなした。

    美甘:「あっごめん」

    ユウル:「いや、いいけど…」

    (ていうか、なんで、美甘ちゃん私を見ておどらかな
    いんだろ?)

    美甘:「てか、何この生物―――――!!!!」

    ユウル:(反応おそっ)
    「自己紹介遅れたね。私の名前はユウル。」
    「ラブリーエンジェルだよ」

    美甘:「なんじゃ、それ?」

    ユウル:「恋の妖精。」

    美甘:「ふーん」

    ユウル:「美甘ちゃんは恋してる?」

    美甘:「えっ!?うっうん…」

    ユウル:(意外とあっさりしてる…)


    「これからパートナーよろしく!!」

    美甘:「?」{いちお}「うん…?」


      つづく
  • 7 天使 id:r7ZHOzN/

    2012-08-04(土) 20:37:40 [削除依頼]
    更新しますね―
  • 8 天使 id:r7ZHOzN/

    2012-08-04(土) 20:38:57 [削除依頼]
    やっぱやめる
  • 9 妃 id:ez-oNSPXfT0

    2012-08-04(土) 20:52:08 [削除依頼]
    作者めちゃくちゃすぎだろ。 少女漫画みたいな設定で、小学生でイケメンとか… 将来が心配だね。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません