おにごっこ―戦慄の迷路―15コメント

1 紅 id:XNHgt8P1

2012-06-15(金) 15:01:04 [削除依頼]
幾野 未來

生まれてから15年がたとうとしてる。

受験勉強に追われている、普通の中学生

普通だからこそ、


『スリル』


が欲しかったんだ――――――――…………

…………もう、後には

モドレナイ。
  • 2 紅 id:XNHgt8P1

    2012-06-15(金) 15:11:21 [削除依頼]
    「お〜い、未來!!真理亜もう待ちくたびれちゃったよ〜」

    そうつぶやく、彼女は桜井真理亜。

    そのほかにも、今いる、大宮公園には、
    3−4組のクラスメートがいた。


    …………当たり前の日常が変わり始めたのは、

    この日からだった―――――。
  • 3 紅 id:2N0uBi5.

    2012-06-16(土) 14:16:31 [削除依頼]
    「お〜いっどうなってんだこりゃーよー!」

    と、叫んだのは、ムードメーカー的存在の小池達也。

    いきなり呼び出されたことに、いらだってる様子だ。


    ことの始まりは午後4時。

    一斉送信でクラスメートにメールが来た。

    携帯を持ってない人には手紙が来たそうだ。


    そう、これが、≪おにごっこへの招待状≫だった――――――……
  • 4 紅 id:2N0uBi5.

    2012-06-16(土) 20:18:12 [削除依頼]
    「一体何が始まるっていうんだよ!?」

    「宿題終わってないんだけど〜」


    次々と飛び交うクラスメートの声。


    招待状の送り主はみな、わからない。


    でもひとつ、わかることはある。


    これから、何かが始まる。


    正常じゃない、異常何かが……………………


    ?ゲームスタート?
  • 5 なな id:KElAgZ/.

    2012-06-16(土) 23:57:29 [削除依頼]
    続きが気になります!
    更新頑張ってください!
  • 6 M・M@鬼道神((β副団長 id:HoFZpQl1

    2012-06-17(日) 01:30:26 [削除依頼]
    ここまででもおもしろいです!応援してます^^
  • 7 紅 id:l9A0tW7.

    2012-06-17(日) 20:13:06 [削除依頼]
    大分時間がたち、クラスメートも苛立ちをみせてきた。


    無理もない。


    呼び出されてから、もう、2時間はたっているのだから。


    苛立ちがピークに達したのと同時に、メールがきた。


    ≪今から、みなさんにはあるゲームをしてもらいます。
     みなさんも一度は経験した事があるでしょう。
     おにごっこをやってもらいます。
     鬼決めジャンケンを行ってください。≫


    「お、おにごっこ…………??」


    「まあ、いいじゃん。やってみよー」


    遊び半分で、真理亜がいった。

    ……このジャンケンが運命を決めるとは知らずに……
  • 8 紅 id:H764k2M0

    2012-06-18(月) 19:35:04 [削除依頼]
    「ジャーンケーンポイ、あいこでしょ」


    何回かあいこを続けていたら、やっと、鬼が決まった。


    最初は


    《濱貝  敦―ハマガイ アツシ―》


    「えー敦が鬼〜?最悪〜」

    冗談交じりにクラスの、中心にいる加奈が言った。


    無理もない。

    敦は県大会にも出ていて、
    結果2位だったのだ。


    ≪鬼が決まったようなのでゲームをしてもらう。
     ルールは一緒。
     ……………制限時間内に逃げ回れ。
     最後に鬼だった人は、罰ゲーム≫


    どこかで声がした。


    『レディー、go』
  • 9 紅 id:H764k2M0

    2012-06-18(月) 19:54:01 [削除依頼]
    みんな、合図とともに走り始めた。


    意外とみんなノリノリなんだな……………


    そう思いながらも、一生懸命足を動き始める。


    「ねえ、未來さん。
     人は、二種類の人間がいるの。 
     わかってて危害を加える人と、自分でもよくわからずに危害を加える人。
     ……………………あなたはどっち?」


    クラスメートの佐々木 葉菜に話しかけられた。

    クラスでもすこしパっとしないっていうか…………


    まあ世にいう地味な子。


    「………え、え?
     わわ、私…………?」

    「……このゲーム、捕まったらもう
     この世界だ存在できない、ってこと、覚えといたほうがいいよ。」


    この時、まだこの言葉の意味をまだ理解していなかった。


    ……まさか、本当のおにごっこだったなんて…………。
  • 10 紅 id:H764k2M0

    2012-06-18(月) 19:55:22 [削除依頼]
    ≫5、≫6


    コメありがとう(●^o^●)
  • 11 ヽ(´(ェ)`*〓あんり〓) id:lrzPG2f1

    2012-06-18(月) 20:00:02 [削除依頼]
    面白い!!

    続き気になるぅ〜〜

    てかあんりの小説と似てる・・・

    よかったら見に来てね!「+*犠牲*+ 残るのは勝者」だよ。
  • 12 ( ´Д`)σ)Д`ミ))プニョプニョ id:POKeDno/

    2012-06-18(月) 22:03:46 [削除依頼]
    面白いです!!続き気になります!!!
  • 13 プリン id:PjIMiIm0

    2012-06-19(火) 19:45:00 [削除依頼]
    敦に勝つには、どこかに隠れて、身を過ごすしかない。


    どちらかというと、ゲームは、頭脳で戦うタイプだ。


    体力は自信がない。


    でもこのゲームは珍しい。

    逃げていい場所が自由なんて…………


    普通なら近所や、公園内などなはずなのに。


    今は…………午後5時30分。


    制限時間は一時間……。


    午後6時30分がタイムリミットってとこか…………。


    …………逃げ切れるかな?


    さっそく敦は誰かタッチしたようだ。


    鬼になったのは、向井  仁奈―ムカイ ニナ―
  • 14 かのは id:pCg4Jaw0

    2012-06-20(水) 19:09:37 [削除依頼]
    すごい!

    ふぁいと!
  • 15 紅 id:2RNCeoW.

    2012-06-22(金) 18:16:13 [削除依頼]
    仁奈は、クラスでも、足が遅い方で、よく加奈が
    ノロマっていってたっけ。


    だから、つかまるのも無理はない。


    敦は、手っ取りばやく、鬼という立場から逃げたかったんだろう。


    「ァ…亜矢ちゃんどうしよ…鬼になっちゃったよう…」


    仁奈は仲がいい、松浦亜矢に声をかけた。


    「……ごめん、仁奈…………私、捕まりたくない!!」


    亜矢は仁奈を置いて走り出した。


    仁奈は驚きと悔しさで、埋め尽くされていた。


    「亜矢…ちゃ…。…………信じてたのに…」


    たかが、おにごっこでこんなにも、関係が崩れるなんて。


    それでもその場を動くことなく、私はやり過ごしていった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません