僕がゴットファザーになった日3コメント

1 桜庭ネク id:zjcJvH4.

2012-06-01(金) 19:52:07 [削除依頼]
線香の焦げた匂いが部屋に漂う
今は葬式の最中
死んだのは僕の小学校の頃の恩師、斎藤明夫
彼のおかげで今、僕は大企業の社長になってる
うう…なんで………
僕は涙が止まらない
そして僕は先生とある約束をした
それは……
先生「金条、先生は今、重い持病を持っててね…もう寿命も長くないかもしれない…」
僕(金条 海)「そんなこと言わないでください!」
先生「そこで、ひとつ頼みがあるんだ…」
僕「はい、何でしょうか?」
先生「私が死んだら子供達を引き取ってくれないか?」
僕「はい!全然大丈夫です!」
先生「…金条…先生…嬉しいよ…うう…」
そう言って先生は涙を流す
僕「先生……」
という約束だ。僕はこの約束を絶対に守る
さて、葬式も終わりだ…そろそろ帰るか…
そう涙を拭き、立ち上がった時一人の女性に声をかけられた
?「すいません、金条 海さんですか?」
僕「はい、そうですが?」
?「私は斎藤明夫の娘の斎藤鈴です」
僕「あ、こんばんは。今日はお父様が……」
鈴「はい……それと、父と金条さんの約束の方ですが…」
僕「あの約束は絶対に守りますのでご安心を」
鈴「いや、その件ですが…その…本当によろしいのでしょうか…?」
僕「はい、全然大丈夫です」
鈴「あの、本当にいいんですか!家って妹や弟もいるんですよ!?」
鈴さんが必死になって聞いてくる
僕「はい!」
鈴「じゃあ…お願い…します……」
そう言って鈴さんは頭を下げた
僕「はい、ありがとうございます」
僕も頭を下げる
僕「じゃあ明日、そちらにお伺いに行きます。荷物を持って僕の家に出発です」
鈴「ずいぶん急ですね…でも一応みんなに言っときます」
僕「はい、お願いします」
  • 2 桜庭ネク id:zjcJvH4.

    2012-06-01(金) 19:54:00 [削除依頼]
    はい、初めて小説を書きました
    よろしくお願いします
    ちょっとおかしい部分もあるかもしれませんがそこは多目に見てやってください
  • 3 ミルキー id:zjcJvH4.

    2012-06-01(金) 21:23:41 [削除依頼]
    お!面白ろそうじゃない!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません