キライじゃないから。14コメント

1 ao虫 id:NO8RPga0

2012-05-30(水) 19:58:10 [削除依頼]

『お前の好きな人って誰なの?』

まだこの言葉が脳内に響いている。
私は息を切らしながら、階段に座り込む。

バカだ。
私はバカだ。

なんで素直に言わなかったんだろう。
あんな顔をした君を見たことがなかった。

私の頭の中は、『後悔』という二文字しか
浮かばなかった。
  • 2 ao虫 id:NO8RPga0

    2012-05-30(水) 20:19:31 [削除依頼]
    午前の10時20分。
    黒板には大きく「自習」と書かれている。

    しかし問題集を解いているのは5人くらいで、
    じゃべっている人はたくさんいた。

    私はさっきまで書いていた落書きを消すと、
    ノートを閉じた。
  • 3 ao虫 id:NO8RPga0

    2012-05-30(水) 20:33:24 [削除依頼]
    「ねえ」
    前の方から聞こえる声。
    少し低い、聞きなれた声。
    「何?」
    顔をあげると、悠がこっちを向いていた。
    「いや、みんな不真面目だなって」
    「悠もでしょ」
    「まあね」
    むじゃきに笑う悠。
    この顔も見なれた。
  • 4 ao虫 id:NO8RPga0

    2012-05-30(水) 20:53:44 [削除依頼]
    私がこの学校に転入して、半年がたった。
    ひとみしりの私は、あんまりこのクラスになじめなくて。
    でも、そんな私に話しかけてくれたのが悠だった。

    「名前なんて言うの?」
    「ま、真奈」
    「真奈か、よろしくな!!」

    はじめて呼び捨てにされてはずかしくて。
    でもこんな少しのやりとりがうれしくて。

    その後、だんだんクラスになじめてきて
    友達もたくさんできた。

    悠とはそれ以来ずっと仲がいい。
    両想いの噂がたつくらいだけど、
    悠は気づいていない。
  • 5 ao虫 id:mtjrS.i0

    2012-06-01(金) 12:36:17 [削除依頼]
    「問題集どこまで進んだ?」
    「まあボチボチ」
    「ちょっと見せてみ」
    悠は私の問題集を手にとると、
    パラパラと読み始めた。
    「・・・あ、ここ間違ってる」
    「嘘ッ」
    トントンと悠が指さす所を見た。
    ・・・確かに間違ってる。
    私はすぐに書きなおす。

    私と悠は、頭がいいらしい。
    友達が言うにはクラスで1位、2位を争うほどなんだと。
    だから間違いを指摘されるとちょっとくやしい。

    「お前ってかわいくねーな・・ありがとうぐらい言えよ」
    頬づえをつき、悠はため息をついた。
    「うっさいな」
    私は消しゴムのかすをはらうと、軽くにらんだ。
  • 6 ao虫 id:mtjrS.i0

    2012-06-01(金) 12:46:53 [削除依頼]
    「そんなんだと一生彼氏できねーぞ」
    「本気で怒るよ」

    悠は「おー、怖いね」と言いながら
    前の方を向いた。

    一ヶ月前の席替えで、悠とは同じ班になった。
    悠が前で、後ろが私。
    だからしょっちゅう話しかけてくる。
    まあ、明日は席替えだけど。

    「あ、そういえば」
    やっと前を向いたと思ったら、
    悠がふりかえった。
    「何?」
    「ん、いや・・」

    「お前って好きな人いるの?」
  • 7 ao虫 id:mtjrS.i0

    2012-06-01(金) 12:57:33 [削除依頼]
    「え?」
    それしか言えなかった。

    急に真剣な顔になるから。
    まっすぐにこっちを見るから。

    ・・・・・・

    少し間が開く。
    前に「好きな人がいる」みたいな話をしたっけ。
    たしかに、好きな人はいる。

    明るくて、素直で、超フレンドリーで。
    私とは正反対な人。

    ・・・悠だ。

    仲良くなって、気づいたら好きだった。
    恋での好きなのか、
    友達の好きなのか、
    よくわからない。
    けど、好き。

    純情な乙女とかだったら今、
    素直に「君だよ」とか言って告白してるだろう。
    もちろん、私はそんな勇気はない。

    告白して、きまずくなったら?
    告白して、ふられたら?
    告白して、仲良くできなくなったら?

    ・・・対処法が思い浮かばない。
    もう、今のままでいいんだ。
    これ以上は望まないんだ。

    「健太だよ」
    気がつくと私は、そう言っていた。
  • 8 ao虫 id:mtjrS.i0

    2012-06-01(金) 13:03:35 [削除依頼]
    健太は、近所に住んでいる子。
    親同士の仲が良くて、家にも来たことがある。

    健太はめっちゃモテる。
    クラスの女子半分以上は多分好きだと思う。

    外見良し、成績も平均以上。
    おまけにスポーツ万能のサッカー部。

    漫画に出てくる王子みたいな男子。
    私はあんまり好きじゃないけど、
    友達としては好きだ。
  • 9 ao虫 id:mtjrS.i0

    2012-06-01(金) 13:19:41 [削除依頼]
    「・・そっか」

    少しの沈黙。
    私はその沈黙にさえ耐えきれなくて。
    「悠は・・さ、好きな人いないの?」
    今思うと、大胆なことをしてしまった。

    心臓がバクバクしている。
    こんなのは幼稚園以来だ。

    「・・・由香だよ」
    悠が頭をかきながら言った。

    ・・・由香?
    たしか、悠とおさななじみの子だっけ。
    そっか。由香かわいいもんね。

    ・・少し期待してた自分がバカみたい。
    心臓のバクバクが、痛みに変わった。

    その後チャイムが鳴り、休み時間になると
    私は教室を飛び出した。
  • 10 ao虫 id:mtjrS.i0

    2012-06-01(金) 16:26:40 [削除依頼]
    で、今に至る。

    少し冷たいくらいの階段が気持ちいい。

    4年生の階段は靴箱からすごく遠い。
    だから使う人はめったにいない。

    私は大きくため息をつくと、目をゆっくり閉じた。
    私はどれだけバカなんだろ。

    勇気だせなくて。

    素直になれなくて。

    違う人をダミーに使って。

    勝手に好きな人を聞いて。

    勝手に失恋して。

    「ホントばかだね。私」
    笑ったつもりなのに、涙が出てきた。
  • 11 ao虫 id:mtjrS.i0

    2012-06-01(金) 16:34:20 [削除依頼]
    数日後、どこからもれたのか
    『真奈は健太が好き』という噂がながれた。
    『真奈と悠は両想い』の噂がおしつぶされるほど
    広まった。

    応援する人もいれば、
    勝手にライバル視する人もいた。

    悠とは席替えをして話すことが少なくなった。
    健太とも気まずくなった。
    おまけに由香には「がんばれ」とか言われて。

    もうどうでもいい。

    誤解を解く気もなくなった。
  • 12 ao虫 id:mtjrS.i0

    2012-06-01(金) 16:53:09 [削除依頼]
    それから2年くらいたったかな。
    私たちは中学生になった。

    すこしかための制服。
    私はなれないリボンを適当に結ぶと、
    家を出た。

    学校につくと、2組の靴箱で靴をはきかえる。

    「・・あれ?真奈ちゃんだ」
    少し天パのツインテールで
    リボンをきちんと結んだ女の子が
    後からやってきた。
    「おはよ〜由香」

    由香とは同じ2組になった。
    悠は1組、健太は4組だ。

    小学校の時ではあんまり話さなかった由香とは、
    なぜか仲良くなった。
    話してみるとノリが良くて、女の子って感じがして
    大好きだ。

    「おはよッ
     やっぱり真奈はショートも似合いますなあ」
    由香が「ほれほれ」と肩をつつく。

    中学に入る前に、
    私はとにかくさっぱりしたくて髪を
    ロングからショートにした。

    由香からは「大人っぽくなった!!」
    ってほめてもらったから嬉しかったなあ。
  • 13 ao虫 id:mtjrS.i0

    2012-06-01(金) 17:32:15 [削除依頼]
    __ガラッ
    由香と教室に入る。

    「・・あっ!!来た来た!!」
    少し背の小さい、ポニーテールの子がこっちにくる。
    その子は得意気に
    「今日こそ取材しちゃうもんね!!」
    と言うと、腕をひろげてとうせんぼをした。

    この子は春奈。皆はハルって呼んでる。
    童顔で背が小さいから、よく小学生に間違われるらしい。
    でも立派な中1。
    すっごい情報屋で、新聞係に立候補したほど。

    「姫と姉さんに今日こそ・・・べふッ」
    「はいはい、通るね〜」
    ハルにデコピンすると、
    2秒でとうせんぼはくずれた。
  • 14 ao虫 id:mtjrS.i0

    2012-06-01(金) 22:10:28 [削除依頼]
    私はハルに「姉さん」って呼ばれてる。
    理由は「大人っぽいし、美人だし、頼れるから」。

    由香は「姫」。
    理由は「かわいいし、ほわほわしてるし、守りたくなるから」。

    もういみがわからん。

    ハルは私たちの情報が欲しいらしく、
    今みたいに取材をねばってくる。

    そうこうしてるうちに、
    私と由香とハルは仲良くなった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません