空色のしゃぼんだまが染まった恋。―6コメント

1 梓紗 id:M1VvmX6.

2012-05-30(水) 19:12:17 [削除依頼]



空を見上げると、しゃぼん玉が
目の前を通った。


それは、君のように優しく
穏やかに 空色へと
染まるのでした―――…。


    
―空色のしゃぼんだまが
         染まった恋。―
  • 2 (●´□`●)ノ♪麻美♪(○´■`○)ノ" id:kRnPgIw/

    2012-05-30(水) 19:13:03 [削除依頼]
    毎日読みますWWW
  • 3 梓紗 id:M1VvmX6.

    2012-05-30(水) 19:15:27 [削除依頼]


    (●´□`●)ノ♪麻美♪(○´■`○)ノ"さん▽


    早速のコメ
    ありがとうございますっ!照

    毎日ですか!?
    嬉しくて泣きそうですっ涙
  • 4 梓紗 id:M1VvmX6.

    2012-05-30(水) 19:26:51 [削除依頼]



    水嶋春実.mizusima harumi


    高校2年の私には、
    一つ上の先輩に
    彼氏がいます。


    遠藤玲央.endou reo


    優しくて かっこよくて
    女子からも男子からも

    絶大な人気を誇っています。


    「春実、かえろっ」


    「あっはい///」


    付き合ってもう数か月が
    経つけど、
    中々手を繋いだり


    キスをしたり、
    カップルらしいことに
    慣れることができない私。


    とんっ―…


    軽く当たった手。


    私は、恥ずかしくなり、
    手を引っ込めた。


    「あっごめん。」


    「う、ううんっ///」


    こんなんじゃ、
    ダメだってことくらい、
    分かってるのに、


    いざ君を前にすると
    胸が苦しいほど痛くなる。


    何を話せばいいか、
    考えて考えて、最終的には...


    「じゃあ、またな。」


    「はい...」


    分かれ道へと
       着いてしまうんです。
  • 5 梓紗 id:M1VvmX6.

    2012-05-30(水) 21:47:58 [削除依頼]



    「はぁ〜〜〜〜…。」


    家に入るとすぐに
    ため息が漏れた。


    「おー、おかえりー。」


    「あっお兄ちゃん。
     ただいま。」


    「どーした?
     ため息なんかついて。」


    お兄ちゃんがポテチを
    口に運びながら
    こっちを見ていた。


    「うん…。なんかね、
     うまくいかなくて。」


    「玲央か?」


    「うん。」


    お兄ちゃんは告白を進めてくれた
    相談相手。


    「夏祭り行けば?
     来週の。」


    「…夏祭り?」


    「そっ。
     俺の彼女と行くしな。」


    半分残ったポテチの袋を
    私に持たせ、


    一人部屋へと戻るお兄ちゃん。


    「夏祭り‥‥…か。」
  • 6 梓紗 id:M1VvmX6.

    2012-05-30(水) 21:49:24 [削除依頼]



    訂正です汗

    俺も彼女といくしな ◎*.

    俺の彼女といくしな ×.*
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません