kiss me...40コメント

1 りん id:292F3ua/

2012-05-26(土) 11:59:08 [削除依頼]


ずっと愛してる

君がいなくなった今も
なにもかも失ったあの日から


だからお願い

次に会うときは…


kiss me...
  • 21 りん id:itsUXjh0

    2012-07-12(木) 13:13:48 [削除依頼]
    >20 あやかさん うわぁああありがとうございます!!ヽ(;▽;)ノ 感動していただけてすっごい嬉しいです!! 頑張りますね!!
  • 22 りん id:itsUXjh0

    2012-07-12(木) 13:48:36 [削除依頼]


    #009


    私は今日引っ越してきたばかりの新しい家を見渡した。
    ダンボールの箱だらけだ。


    「あら、おかえり。遅かったわね?」


    母がにっこり笑いながら出てきた。
    母はこういう人だ。

    怒ったとしても怒鳴り散らすことはない。

    でも怒鳴られるより静かに問い詰められるほうが
    よっぽど怖いんだけどね…。


    「蓮に会ったの。澪は?」

    「そう。澪ちゃんならさくらの部屋にいるわ」

    「私の部屋、どこ?」


    そのとき後ろから声がした。

    「2階の一番左の部屋」


    妹のあかりが言った。
    あかりは今年で中3だ。

    「どうも」


    そう言って私は階段を駆け上がった。


    「澪」


    部屋に入ると澪が一人で大きな窓から外を見ていた。

    大きな窓は床から私の身長より高くついていて、
    外は小さなベランダになっていた。


    「ああ、おかえり」

    「荷物ありがと」


    私はふうっとため息をついた。


    「蓮とうまくいった?」

    「…」

    「いったんだ」


    澪はにこっと笑った。
    私も思わず笑った。


    「相手は愛莉だけど、さくらならなんとかなるよ」

    「ありがと」


    澪には感謝しきれない。


    「澪はどうなの?」

    「何が?」

    澪はこっちを向いた。

    「好きな人とかいないの?」


    瞬間、澪の顔が赤くなった。

    「そんなのないよ」


    そう言うと澪は立ち上がった。

    「もう行くね!」


    それだけ言うと走って家を出て行った。
    何だったんだろう?


    そのとき澪のケータイが
    置き去りにされているのを見た。


    そして澪のケータイが鳴った。


    「誰から…」


    そこには、蓮 と写されていた。
  • 23 ゆめ id:SFzwYkY/

    2012-07-12(木) 20:00:26 [削除依頼]
    展開が……
    続きが気になる!
  • 24 りん id:.hFz8Q/0

    2012-07-15(日) 13:51:03 [削除依頼]

    ゆめさん!!
    いつもコメントありがとうございます;▽;)

    …ふふふっ←
  • 25 りん id:.hFz8Q/0

    2012-07-15(日) 13:51:53 [削除依頼]

    更新しますね(・▽・)ノ!!
  • 26 りん id:.hFz8Q/0

    2012-07-15(日) 14:15:30 [削除依頼]


    #010


    「蓮…?澪に?何だろ」

    私は少し迷った。
    いくら澪のケータイでも勝手に出るのは失礼だよね?


    少ししてケータイは鳴り止んだ。
    何の用事だったんだろう?


    私は時計を見た。
    8時を過ぎている。

    …今日渡したほうがいいかな?


    そう考えて私は家を飛び出した。

    澪の家はですぐそこ。
    私はゆっくり歩くことにした。


    「…結婚…か」


    ふっと声に出してみた。
    蓮はそう言った。本気なんだろうか?

    私は澪のケータイのことは半分忘れて考え出した。


    18で結婚ってよく考えたら早くない?
    家はどうするの?
    学校は?
    卒業したら仕事は?
    子どもは?


    たくさんの疑問が出てきた。
    ―やっぱり…そんなに早くするべきじゃない…?


    そう考えてしまう自分が嫌だった。

    あの愛莉の家に、結婚を迫られているのに
    私を選んでくれる蓮の気持ちを考えると…。


    ―私は蓮が好き。

    もう何度も言った。思った。

    でもやっぱりこれが正しいよね。


    そう考えていると澪の家に着いた。


    そのとき、澪の声が聞こえた。
    玄関の前にいるらしく、誰かと話している。


    なんとなく私は陰に隠れた。
    何…?


    「…じゃあ、あたしの気持ちはどうでもいいんだ」

    誰かと喧嘩してる。

    「そんなことはない、ただ」


    相手の声を聞いて驚いた。
    蓮の声だ。


    澪と蓮が、澪の家の玄関の前で喧嘩してる。
    どうして?


    「もういいよ!!あのことは忘れよう?お互い」

    澪が言った。
    あのことって何…?


    「俺だってそんなつもりはなかった」

    蓮が言った。


    「ただ、友達として澪を慰めただけだった…」

    「やっぱりあのときも、
     さくらのことしか頭になかったんだ?」

    澪が涙声で叫んだ。


    「あたしだってさくらが大好きだよ!!蓮とさくらは
     幸せになってほしいって心から思う!!」

    「澪」

    「でもあのときは…さくらがいなかったときは、
     蓮のこともさくらと同じぐらい好きだった!!」


    澪が叫んだ。

    地面が揺れた。
    何それ?

    私が引っ越してていない間は、澪は蓮が好きだったの?
    それは、友達としてじゃなくて、恋?


    私は走っていた。

    澪とは今、会いたくない。
  • 27 りん id:ETNfBtV.

    2012-07-17(火) 23:06:04 [削除依頼]


    #011


    気がつくと朝だった。

    昨日のことは夢じゃないみたい。
    私がいなかったとき、澪は蓮が好きだった。


    ―今は?

    今は好きじゃないってことでしょ?
    ならいいじゃん。


    …いや、よくない。

    私は澪のケータイを見つめた。
    なぜかすごく澪に対して怒りがわいてきた。


    協力してくれてたのに。
    あれは嘘?


    でも、そう思うたびに苦しい。
    やっぱり澪は私の大事な親友だから…。


    複雑な気持ちでいると、窓から澪の姿が見えた。
    私は何かこみ上げてくるものを抑えて外に出た。


    「澪」

    はっと驚いて澪が振り返った。

    「これ、昨日忘れてたよ…」

    「あ、ほんと?ごめん、ありがと」


    澪はいつもと変わらず笑顔で言った。
    気まずい沈黙が続く。


    「さくらは、蓮のこと好き?」


    いきなり聞かれた。
    昨日私が盗み聞きしたことは知られてないはず。


    …でも。


    「…好きだよ」

    私ははっきりと言った。
    澪が笑った。


    「うん、知ってる」

    「どうして?」

    澪が一瞬切ない顔をした。


    「…何でも」


    その言い方がすごく引っかかる。
    どうしたんだろう?まさかまだ蓮のことを好きなの?


    「澪は?」

    私が聞いた。
    自分でも直球過ぎて驚く。


    「澪は蓮のこと好きなの?」


    澪の顔が、また一瞬切なく笑った。


    「…そうだね…好きなのかもしれない」


    その一言で私の目の前はほぼ真っ暗になった。
    嘘だと思いたい。


    「…でも、さくらの邪魔はしない。決めたから」

    「何を…?」

    私は澪の顔を見て聞いた。


    「さくらのことも親友として同じぐらい好きだから。
     それに、あたしにとって蓮よりいい男なんていっぱいいるんだよ?」


    澪は私に気を使って蓮への気持ちを抑えてるの?


    「それに、蓮のことは今は好きじゃないよ。昔の話。
     今は蓮のことは友達として好き。今は彼氏もいるし」

    澪はそう言って笑った。


    本当だろうか?


    違う。
    まだ蓮が好きなんだよね?


    「じゃあ、彼氏と約束があるから、またね!!」

    澪は走って行ってしまった。
    その彼氏のことを、澪は本当に好きなのだろうか?
  • 28 りん id:LWDwbu51

    2012-07-19(木) 14:22:30 [削除依頼]


    #012


    「…はぁ」

    思わずため息がでる。
    蓮はみんなに好かれてる。


    愛莉の蓮への思いは多分恋というより、
    ただかっこいいから自分のものししたいって感じ。

    澪は…よく分からない。
    でも多分、蓮が好きっていう思いを抑えてる感じ。


    私はベッドの上に寝転んで窓から空を見た。


    ふっと思った。
    蓮と話したい。


    好きなのはさくらだけだって言ってほしいからかもしれない。
    でも、それでも…。

    私は鞄を持って蓮の家に走って行った。


    蓮の家にはすぐ着いた。
    いきなり失礼かな…。


    私はケータイを出して、蓮にメールを送信した。


    『ごめん。今、ひま?』


    返信はすぐには来なかった。
    私はすぐ近くの公園に行き、ベンチに座った。


    人はほとんどいない、静かなところだ。
    公園はもちろん、道路にも歩道にも人の気配はない。


    ―そんなときだった。


    向こうに人影が見えた。
    木に隠れていてよく見えない。2人いる…。


    よく見てはっとした。
    澪だ。


    澪が誰か知らない男とキスをしていた。
    それも、何度も繰り返ししている。


    私はどうしていいか分からず、その場で動けなかった。


    澪はその後、男に連れられて消えた。
    どうしよう?あの男、なんかやばそう…。

    追いかけるべき?
    でももうどっちに行ったかさえ分からない。


    「…澪!!」

    私は走り出した。
  • 29 *玲乃*【mai】 id:0lMyFwF0

    2012-07-19(木) 14:28:34 [削除依頼]
    おもしろい!

    初めまして!玲乃です

    玲乃って呼んでね!!
  • 30 エルモ id:wRblFtn1

    2012-07-19(木) 20:28:34 [削除依頼]
    オモシロいです!
  • 31 りん id:YE5AEby.

    2012-07-20(金) 12:11:59 [削除依頼]
    >29 *玲乃*【mai】さん はじめまして(´▽`)ノ ありがとうございます!!!((((^-^)))) 了解です*。 こちらも、りんでいいよ(●´ω`●)
  • 32 *玲乃*【mai】 id:XS8tU1Z1

    2012-07-20(金) 12:12:44 [削除依頼]
    りん、よろしくね!!
  • 33 りん id:YE5AEby.

    2012-07-20(金) 12:13:38 [削除依頼]
    >30 エルモさん ありがとうございます!!! 頑張りまっす(^¬^)
  • 34 りん id:YE5AEby.

    2012-07-20(金) 12:14:20 [削除依頼]

    よろしくね〜(^-^)
  • 35 りん id:YE5AEby.

    2012-07-20(金) 12:31:43 [削除依頼]


    #013


    澪。
    私はとにかく走った。

    どこに行ったのかは分からない。
    私は澪のケータイにかけた。


    「…でない」


    ますます心配になる。

    そんなとき、ケータイが鳴った。
    蓮からだ。


    「もしもし!?蓮??」

    「ああ、…何かあったのか?」

    私の涙声を聞いて蓮は察してくれたみたい。
    私は叫んだ。


    「澪が…なんか良く分かんないけど…
     やばそうな男に連れられて…」


    「…さくら、今どこだ?」

    「えっ…、えっと、××病院の前」

    「分かった。今、行く」


    そして電話は切れた。
    蓮―…!!!


    蓮はすぐに来た。
    自転車だ。

    「後ろ、乗れ!!」


    私はすかさず乗った。


    「澪はどこだろ…」

    私が言うと、蓮は自転車を漕ぎ出した。


    「だいたい分かる。その男…」

    「…知ってるの?」


    蓮はうなずいた。

    「澪の彼氏。あんな奴やめろって言ったんだ…」

    「あんなやつ?」

    「…澪は知らないけど、あいつ…ここらで有名な
     やばい奴で…たぶん、澪を…」


    蓮が言い終わる前に、
    私は「早く!!」と叫んだ。


    しばらくすると、倉庫の前に着いた。
    こんなとこがあったんだ…。


    「澪!!!」


    私は叫んだ。
    絶対助けるよ、澪。


    ―その瞬間。


    「あっ…!!!!」


    私は誰かに後ろから布で口をふさがれた。
  • 36 *玲乃*【mai】 id:XS8tU1Z1

    2012-07-20(金) 12:37:47 [削除依頼]
    蓮、かっこぃぃ//////
  • 37 りん id:kqqocP7/

    2012-09-01(土) 16:41:27 [削除依頼]


    *玲乃*【mai】さん

    ふふっ(´▽`)←
    ありがとー!!
  • 38 *玲乃*【mai】  id:aHam.i1.

    2012-09-01(土) 16:43:56 [削除依頼]

    いえいえww

    さんいらないよぉぉ〜〜;
  • 39 りん id:kqqocP7/

    2012-09-01(土) 16:59:39 [削除依頼]


    #014


    「誰だ?こいつ」


    知らない男の声だ。
    何こいつ…怖い!!!


    「さくらを離せ!!!!」


    後ろから蓮の叫び声が聞こえる。
    そしてその瞬間私の口をふさいでいた男が倒れた。


    蓮が殴ったみたいだ。

    自由になった私にすかさず蓮が走りよった。


    「大丈夫か?」

    「うん…ありがとね」


    私は男を見た。
    こいつ…澪を連れて行ったやつじゃない。


    ってことは、相手は何人もいるってこと…?


    その瞬間―


    「いや…!!やめて!!!!」


    はっきりと澪の叫ぶ声が聞こえた。
    倉庫の中だ。


    「澪っ!!!」


    私は何も考えずに倉庫に入った。


    「…さくら?蓮?」


    手を縛られて座り込んでいる澪がいた。
    そして、澪を連れて行ったさっきの男がいる。


    その周りには数人の男がいる。


    男は澪の肩に手をかけている。
    肩…というより、服に。


    「さくら来ちゃだめ!!!!!」


    澪が叫んだ瞬間、数人の男が私を取り囲んだ。


    「あー。俺こっちの子の方が顔もタイプだわ」


    澪を連れて行った男が言った。
    そしてなにかを口にあてられた。


    蓮が何か叫んでる。
    澪の泣く声が聞こえる。


    私は意識を失った。
  • 40 りん id:kqqocP7/

    2012-09-01(土) 17:01:07 [削除依頼]


    そうだった!!笑
    じゃあ*玲乃*【mai】ありがとよ!!

    久しぶりに更新した〜
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません