風と共に…4コメント

1 空 id:ib46.e41

2012-05-25(金) 22:48:32 [削除依頼]
はい!初めて投稿します。

多分すぐにあきてくる内容だと思うので、飽きたらそのまま放置しちゃてください(_ _)

ちなみに突破的にかくので多分途中メチャクチャです(><;)

コメントもらえたら嬉しいです///


でゎでゎ始まり始まり〜
  • 2 空 id:ib46.e41

    2012-05-25(金) 22:56:20 [削除依頼]
    プロローグ


    子供の頃の私は、バカでドジで。どうしようもなく時間を持て余していた。
    きっとあれは何も知らずに生きてきたからだったのかもしれない。
    少しずつ少しずつ成長して、きっと大人になってきたんだ。

    私は。風のような君に会えて。


    とっても、幸せだったよーーー
  • 3 空 id:NZ5xpGT1

    2012-05-26(土) 09:08:48 [削除依頼]
    第1章 風


    暗い闇の中に、2つの影が立っていた。片方は10代後半の女らしく、髪をひとつにまとめている。もう片方は20代後半から30代前半くらいの男だ。
    「お前…どうやって俺を見つけた!?」
    と、男が叫ぶ。明らかに声が震えている。女は静かに答えをつぶやく。そして、右手に持っていた拳銃を男に向けて、撃った。


    朝。天気は快晴、今日も平和そのものの小さな町では毎日恒例の「ご近所さんの噂話大会」が行われていた。3年前までは私も母も参加していたが2年前から噂話自体嫌いになった。今では参加してる人を注意するのが日課になっているほどだ。
    (…またやってる)
    昨日も注意したのに。と、イラつきを隠せない顔で私は歩いていた。この先何が待っているのかも知らずに。
    噂話で盛り上がってるおばさんたちに歩みを進め、話しかけようと口を開きかけた時、後ろから声がふってきた。
  • 4 空 id:NZ5xpGT1

    2012-05-26(土) 20:35:24 [削除依頼]
    「噂話は止めとけババア共。」
    後ろにいたのはとても背の高い、目つきの悪い男だった。
    「…。あんたも参加する気か?」
    「は?!参加するワケないでしょ!?」
    男は「ふぅん」と興味なさそうに答えるとどこかへ去っていった。
    (なんなのアイツ…!!!)
    「今の子イケメンだったわねぇ!」
    「どこの子かしら♪」
    (こ…このクソババア…!頭おかしいよ!!!)
    湧き上がってくる怒りを抑えながら学校へ足を向けた。


    7月20日。夏休みが直前に迫ってきたある日。
    ガラガラとやかましい音を立てながら教室のドアが開き担任が入ってきた。
    「席つけー。」
    いつもと変わらない教室だったが担任だけはテンションがちがった。
    「えーっと。今日は我らが1−Aに転校生が来たゾ♪」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません