もう、、、 戻れないけど。10コメント

1 ☆奏羅☆ id:qdRf5vx0

2012-05-18(金) 21:32:51 [削除依頼]
奏羅です。はじめまして♪
そらって読みます。
暇な時読んでくださいね♪

=とーじょー人物=
・岸野 夕菜(女 成績は学年40位以内keep。
・小川 響夜(男 バカでエロいアホ男。
・池田 美奈(女 引っ越してきた。うざキャラ。
・花田 夢 (女 夕菜の友達。めちゃかわ。
・山名 啓 (男 夢の彼氏。めちゃもてる。

…もしかしたら、また増えるかもですけど。
よろしくです。(‘`*)。
  • 2 まったり id:JiOT7lJ.

    2012-05-19(土) 07:57:45 [削除依頼]
    楽しみですね〜っ、待ってます!
  • 3 ☆奏羅☆ id:qeBdq2N/

    2012-05-19(土) 12:56:00 [削除依頼]
    まったりs、ありがとうございまーす♪
    頑張りますネ!!!
  • 4 ☆奏羅☆ id:qeBdq2N/

    2012-05-19(土) 13:07:17 [削除依頼]
    :1:


    ―それは小6の頃だった。
    夕菜は  響夜が好きだった。
    夕菜の母と響夜の母は、
    小学校のママさんバレーに入っていた。

    ―そこで、響夜と出会ったのだった。

    週1のバレー練習に、夕菜は必ず行った。
    もちろん、響夜と会うため。
    そして、響夜と喋るため。
    だから、毎日すごく楽しかった。
    ―もう会えない響夜と過ごした1年―
    一番幸せだったのだろう。

    これは、夕菜と響夜が過ごした恋愛ストーリー。
  • 5 ☆奏羅☆ id:qeBdq2N/

    2012-05-19(土) 13:16:14 [削除依頼]
    :2:


    「はあ。」
    夕菜は体育館の重い扉を開けた。
    「響夜、来てるかな」
    かばんを放り出し、舞台裏へ行く。

    ……いた。
    「よお。遅かったじゃん」
    「うん。ちょっとあってね…。」
    ちょこっと体育館を見る。
    ……良かった、誰もこっちに来る気配はない。
    「どした?」
    「や、誰も来ないなあって。」
    「え?さびしーの?」
    「違うちがう、そんなんじゃないって♯」
    「俺と2人きりになりてーの?」
    「違うって(汗)」
    「ま。2人きりだしな。今。」
    たわいもないこと喋ってるけど。
    めちゃめちゃ嬉しい。
    この時がずーっと続けばいいのに……。
  • 6 ☆奏羅☆ id:qeBdq2N/

    2012-05-19(土) 13:27:17 [削除依頼]
    :3:


    突然、抱きしめられる事もある。
    「きゃっ」
    「あーあったかい」
    でも、すぐ終わっちゃう。
    「何でやんの?」
    「え。夕菜あったかいし。」
    あーーーーーーーーーーーーーー!
    「今、ゆうなっていったよね」
    「そーだけど。ダメ?」
    「や。いいんだけどさ…」
    「付き合ってもないやつに下の名前で呼ばれたくない。」
    ぶっっ
    ばれてるし。
    「そう思ったでしょ、夕菜」
    「うん…」
    「すげーな、俺。」
    「何で分かったの?」
    「え。心つながってるし」
    「つなげた覚えないよ」
    「俺が勝手につなげた」
    顔がだんだん近くなる。
    KISSまではいかないけど。
    「近い。近いよ…」
    「ほんとだ。」
    「ほんとバカみたい。
     エロすぎでしょ」
    「夕菜もエロいじゃん」
    うーー・・・・・・
    いっつも、こんなんだ。
    でも、 
    幸せ。
  • 7 ☆奏羅☆ id:qeBdq2N/

    2012-05-19(土) 13:35:58 [削除依頼]
    :4:


    私がPCメールできるようになったのは
    中1の11月。
    2月、びっくりするメールが届いた。

    ^響夜だよ
     登録よろしく^

    え?
    体育館で週1会う事はまだ続いてたけど。
    メアドを教えた覚えはない。

    ^誰から聞いた?^

    そう送ると

    ^啓だけど^

    そうきたか…。

    ^えー^

    ^おまえ、啓には教えてなんで俺には教えないの?^

    ^違うよ、啓は夢から聞いたんだよ^

    ^俺ら仲いいでしょ^

    ^・・・うん^

    またまたたわいもないような
    やり取り。
    なんか怖くなって…。

    ^じゃあね^

    さっさと切った。
  • 8 ☆奏羅☆ id:qeBdq2N/

    2012-05-19(土) 13:50:59 [削除依頼]
    :5:


    ある日。
    体育館に行くと。
    「よお」
    啓がいた。
    もちろん響夜もいたけど。
    「えっなんでっ 夢は?」
    「いねーよ。
     俺ただ響夜に誘われただけだし。」
    まぢかあ…
    「あとで舞台裏行くで、待っとって」
    「・・・うん」

    10分後。ママさんバレーによく来てる
    女の子、莉里奈(小5)が私に知らせにきた。
    「響夜と知らん子がたばこ吸っとった!」
    「まじでー」
    莉里奈と行くと、確かにくさい。
    「おい、バカやろう出て来い!」
    2人。出てきた。
    「あ。莉里奈おったんか。
     後ろ見てみ。いっぱい来とるで」
    見てみると、響夜の母、裕子が。
    「響夜!!!何やっとる。」
    夕菜の母(玲子)も、弟(一樹)も。
    響夜の弟(直弥)も。
    莉里奈の妹(莉砂&由莉)も。

    あはは。
    響夜は叱られて、帰った。

    それっきり、来なくなった。
  • 9 ☆奏羅☆ id:g/xIvYl0

    2012-05-20(日) 17:19:43 [削除依頼]
    :6:


    その後はずーっと
    来なかった。
    メールのやり取りだけが続く。

    ^今日も来ないよね^

    ^うん、たばこ吸っちゃったからな^

    ^うちも行ってないよ^

    ^何でだよ^

    ^響夜が居ないとつまらないし。^

    ^もしかして……^

    ^え?何?^

    ^俺のこと好き?^

    ^は〜。あほかいな^

    ^ほんとだろ^

    ^んなわけねっつの^

    ワケの分からないやり取り。
    幸せだけど。
    何か変な予感がするから。
    さっさと切った。
  • 10 ☆奏羅☆ id:Mv6kdWi/

    2012-05-21(月) 21:10:13 [削除依頼]
    :7:


    中学は大変だ。
    めんどくさい。
    まあ仕方ないけど。
    響夜は6組。夕菜は3組。
    遠い。けど、響夜はたまーに話しかけてくれる。
    「おーい、岸野!」
    「んー?」
    「今日ってバレーあるよな。」
    「うん、まあ。行くの?」
    「行けねえし。」
    「ま、だよね。」
    「おまえは?」
    「行かないよーっ テ・ス・ト・しゅ・う・か・んだよっ」
    「うざいな…」
    「勉強、勉強!!!」
    「はいはい。」
    「、、、どーかしたん?」
    「や、おまえ行かないならメール出来るな!!!って思った。」
    「あー…そゆことか」
    「じゃな!」

    響夜はもてる。意外とみんなねらってたりする。
    夕菜がしゃべると軽くにらむ女子もいるくらいだ。
    (怖いなあ、女子って。)
    そんな感じ。
    上々の毎日を送っていた。
    今思えば、一番幸せだったと思う。

    夕菜に、悲劇が、襲う。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません