音楽という魔法6コメント

1 ライラ id:bnMbgx10

2012-05-14(月) 18:28:19 [削除依頼]
*プロローグ*

私はただ歌を歌いたいだけなのに……

どうして私だけこんな!!!

歌が嫌いな人がうらやましいくらい……

ただ歌いたい………
  • 2 ライラ id:bnMbgx10

    2012-05-14(月) 19:51:57 [削除依頼]
    *01*

    「がんばるぞ〜!」

    白く綺麗な雪を眺めていると私の耳にそんな声が届いた。

    ここは雪城高校。
    雪城高校は全国でも注目されている高校で、この市の高校生の半分以上が雪城高校に入学しようとしている。
    そして私も入学しようとしている1人だ。

    「私もがんばらなくちゃ………!」

    私は小さな声でそう言った後、受験会場に向かった。


    受験会場は今冬休み中の2年生と3年生の教室を使っている。
    私はちなみに2年3組のクラスをつかっている。

    ツンツン

    「はい?」

    私は肩を叩かれため後ろを振り替えるとそこには大きな目が印象的な可愛い人がいた。

    「ねぇ貴女、フリーコース?」

    「う…うん!?」

    私はいきなり初めて会った人に質問されたためびっくりしたが、少し緊張気味に答えた。

    私は確かにフリーコースだ。
    この雪城学園はいくつかのコースに別れている。音楽が好きな人は『ミュージックコース』、絵画が好きな人は『アートコース』。そして特に好きなものがない人は『フリーコース』と自分に合ったコースを選ぶことができる。
    ちなみにフリーコースは途中で他のコースへ移動することができる。
    そのためクラスはバラバラだ。

    しばらく今あった人と話しをしていると先生らしき人が教室に入ってきた。

    「今から雪城高校の受験を始める。」

    (いよいよか……)

    私は覚悟を決めて受験に挑んだ。


    *02*へ続く
  • 3 るぅ id:kZcFdYO.

    2012-05-14(月) 20:31:49 [削除依頼]
    気になりますっ
    お互い頑張りましょうっ
    早く続き書いて下さいっ。
  • 4 ライラ id:Aoke2nU/

    2012-05-15(火) 19:28:19 [削除依頼]
    >3 るぅさん感想ありがとうございます! 「お互い」ということはるぅさんも小説書いているんですか?
  • 5 ライラ id:Aoke2nU/

    2012-05-15(火) 19:50:51 [削除依頼]
    *02*

    ー4月ー
    私は2ヵ月前の受験の日のように雪白高校を訪れた。
    私は雪城高校に受かることができたのだ。

    「あっ!琴音ちゃんだ♪」

    ひらひら舞う桜を眺めていたら、名前を呼ばれたため振り向くとそこには受験の時に仲良くなった坂下里乃ちゃんがいた。

    「里乃ちゃん!」

    「お互い入学できてよかったね♪」

    里乃ちゃんの言う通り本当に入学できてよかったと思う。
    私の友達にも何人か雪城高校を受験した人はいたが、残念な結果となった。
    そのため私は新しい友達ができるか心配だったけど、里乃ちゃんがいたから安心だ。

    「あっねぇ、琴音ちゃんは何組?」

    「3組だよ?」

    「へぇ、3組かぁ。私は6組だ……」

    私は音楽コースが主な3組だったけど、里乃ちゃんはスポーツコースが主の6組だったらしい。
    私は歌もうまくないし、楽器が弾ける訳でもないのだが……
    里乃ちゃんはスポーツが得意なのだろうか?

    「じゃあそろそろ教室行くね、またね♪」

    「うん!」

    里乃ちゃんが教室に入って、私は特に話すような人もいないので私も教室に入ることにした。

    続く
  • 6 ライラ id:WbJd70X0

    2012-05-16(水) 21:23:32 [削除依頼]
    *03*

    教室に入り席に着くと、いきなり睡魔に襲われた。

    (ちゃんと寝てくればよかった。)

    私は入学という期待と緊張でここ何日かまともに寝ていなかった。

    (……も………無理……)

    そして私は眠りに落ちた。


    ※海斗目線

    俺は教室に入ったら、すぐに周りの席の人に自己紹介を始めた。
    ーすると後ろの席の女の子は眠っていた。

    (寝かしておいてあげよう……)

    なんとなく俺はそう思い、寝かしておいた。

    俺が自分の席に座ってぼ〜っとしているとさっき寝ていた子が起きた。

    「………ん………っ」

    どうやら寝ぼけているようだけど


    ※琴音目線

    「……ん……っ」

    どうやら私は寝ていたらしい。

    続く
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません