笑えるだろうか、、、42コメント

1 カイ id:5HR43Wq.

2012-05-07(月) 18:36:10 [削除依頼]
いつもと変わらない街

いつもと変わらない学校

いつもと変わらない校庭

いつもと変わらない校舎

いつもと変わらない廊下

いつもと変わらない教室

、、、いつもと変わらない私。

いつになったら変わるのだろうか。
  • 23 カイ id:8hCZwqF/

    2012-05-08(火) 19:32:19 [削除依頼]
    和樹目線疲れる。

    えー次は帰り道。ということで。
    がんばりまーす( T_T)\(^-^ )真剣にやれや!!
  • 24 カイ id:8hCZwqF/

    2012-05-08(火) 19:55:46 [削除依頼]
    ・・・私と和樹はいつもと同じ川沿いを歩く。
    私は何もしゃべらない。長い間、沈黙が続いた。

    その沈黙を破ったのは、和樹だ。
    「ねぇ、いつも俺のこと待ってくれてる時、
    本読んでるよね?本、好きなの?」
    彼は言った。

    別に好きなわけじゃない。ただ、他にやるとこがないだけ。
    「別に、そんなに好きな訳じゃないよ。
    ・・・松原君は?」
    私は彼に初めて質問した。
    心の中では和樹というものの、
    一緒に帰るだけの仲なのだから。
    苗字でよんだほうがいいに決まっている。


    「あ、初めて質問してくれたね。
    俺?、、、うーん、マンガなら好きだけど。(笑)」
    彼はまた、笑いながら言った。

    あぁ、私もこんな風に笑えたら。

    悔しい。笑えない自分が憎い。
  • 25 カイ id:8hCZwqF/

    2012-05-08(火) 22:12:12 [削除依頼]
    「このっ!!!うちは家族全員を養うだけでもいっぱいいっぱいなのに!!
    お前なんかがいるからっ!!!」

    ボコッ!!バキッ!!!

    「ごめんなさっ!!ごめっ、な、さ、、」

    あぁ、また、また今日も、おじさんが
    私のことを蹴ったり、殴ったり、
    隣では、おばさんが怖い顔をしながら、何か言ってる。でもよく聞こえない。

    おばさん「どうしてこんな子がいるの!?
    うちで預からなくても、他に預かってくれる場所くらい、

    おじさん「こっちは1ヶ月預かったから次は俺たちが預れって!!親戚が!!
    1ヶ月預かったら、別の親戚に預けろって!!!」

    おばさん「全く!!ほんっとに迷惑!!!このっ!!
    早くいなくなればいいのにっ!!」

    バシッ!!

    おばさんがすごい勢いで私を叩いた。

    痛いけど泣いたらまた殴られるんだ。

    笑わなきゃ、笑わなきゃいけない。

    別の日に、
    「ああっ!!いつになったら、この邪魔なやつは消えるんだ!!」

    またおじさんが殴ったり、蹴ったり。
    、、そうだ、笑わなきゃ、笑わなきゃ。

    「何こいつ笑ってんだ!!!」
    「気持ち悪いわ、この子!!」

    へ?だって、泣いたら、殴るじゃない。
    だから、笑うしかないんでしょ?

    だから笑ったのに、、、

    そんな、、、、そんな、、、、


    そうしてから、私は笑うことをやめた。
    笑ったら、嫌なことしか起きないのだ。

    きっと、、、きっと、、、
    お父さんとお母さんも、、、

    私が、、、笑うから、、、笑うから、、、、


    死んじゃって、、、

    笑っちゃいけない、笑ったら、また、殴られて、

    大切な人が死んじゃって、、

    だめ、だめなんだ、、、わらっちゃ、、、、


    だめなんだ!!!!!
  • 26 カイ id:8hCZwqF/

    2012-05-08(火) 22:14:29 [削除依頼]
    「・・・さん!!・・・羽さん!!!
    黒羽さん!!!大丈夫?
  • 27 カイ id:8hCZwqF/

    2012-05-08(火) 22:20:39 [削除依頼]
    私は和樹と歩きながら昔のことを思い出してしまっていたのだ。

    和樹の証言によると、10分くらい下を見ながら、なにかぶつぶつ言っていたらしい。

    「もう黒羽さんの家。着いたよ。」

    あぁ、家に着いてしまったら、和樹と話せなくなってしまう。
    明日の帰りまで、私はまた、しゃべれなく、、、

    「じゃあ、また。明日。」

    「うん。」

    私と和樹はまた、明日の帰りまで、話せなくなって、
    しまったのだ。


    あぁ、やっぱり、いつもと変わらない。


    いつになったら、変わるのだろう。

    自分で変えればいいのだろうか?

    でも、私に、そんな勇気ない。


    私は、、、

    どうすれば、、、
  • 28 カイ id:8hCZwqF/

    2012-05-08(火) 22:21:04 [削除依頼]
    なんか、意味不明になってきたwww
  • 29 吹雪 id:/imdz9H.

    2012-05-08(火) 22:49:46 [削除依頼]
    カイーーーー!!!聞きたいんだけど
    ここで話していい?
    掲示板もどる?
  • 30 吹雪 id:/imdz9H.

    2012-05-08(火) 22:53:05 [削除依頼]
    ってかいる?
  • 31 吹雪 id:/imdz9H.

    2012-05-08(火) 22:53:58 [削除依頼]
    いいところなのにこんな質問もってきてごめん!!!
  • 32 吹雪 id:/imdz9H.

    2012-05-08(火) 22:54:29 [削除依頼]
    いなかったらいいから!!!
  • 33 吹雪 id:/imdz9H.

    2012-05-08(火) 23:05:00 [削除依頼]
    めっちゃいいところでごめんね!!!!
  • 34 吹雪 id:dYa2bRv0

    2012-05-09(水) 19:19:13 [削除依頼]
    天才ーーーーーーーー!!!!!
  • 35 カイ id:jAd51.q/

    2012-05-09(水) 22:08:31 [削除依頼]
    朝、いつもと同じように、教室に入る。
    「おはよう」なんて言わずに。無言で。


    しばらくすると、和樹が近づいてきた。
    すると、彼は言った。
    「おはよう。黒羽さん。」
    また、話しかけてくれた。
    やはり返した方がいいだろうか。でも私にはそんな勇気ない。
    何言ってるんだ。せっかく和樹が話しかけてくれたのに。

    「お、、おは、、よ、、う、、」
    挨拶なんて簡単なことなのに、すごい緊張する。


    教室がざわざわしだした。
    「黒羽さんが転校以来、初めてしゃべった!!」
    「そういえば、和樹とは妙に仲いいよな。付き合ってんのかな?」
    「バカ!!松原君があんな無口な子と付き合う訳ないじゃん!!」

    女子も男子も私や和樹の方を見て、
    不思議そうな顔をしている。
    「俺以外は、黒羽さんが転校以来初めてしゃべったと思ってるんだな。」
    彼はにこにこしながら言った。優越感というものにでも、浸っているのだろうか。

    しばらくすると、みんな元の場所に戻って行く。
    でも和樹は私を見たまま、離れない。

    「そ、そんなにみられると、恥ずかしいんだけど」
    無意識に顔が赤くなる。
    「あ!ごめん。話したいことあったんだけど、
    いつ話そうかなー?と思っててww」
    だからって私の顔見たまま考えなくても・・・

    和樹といると、なんだか変な感じがする。

    なんだろう。この感じ・・・。
  • 36 カイ id:jAd51.q/

    2012-05-09(水) 22:10:25 [削除依頼]
    (独り言)ははは、和樹みたいなイケメンが本当にいたらなーwww
  • 37 吹雪 id:xKCUWmr/

    2012-05-10(木) 20:16:49 [削除依頼]
    マジですごいっす!!!!!
    師匠!!!!!
  • 38 カイ id:TBO3.xY.

    2012-05-10(木) 22:11:04 [削除依頼]

    「あ!あの、さー、」
    彼は少し顔を赤くしている。

    「なに?」
    「えっと、俺のこと、、、で呼んで、、、い?」

    彼の声が小さくて、よく聞こえない。
    「なに?」
    私は聞き返す。
    「だから、、俺のこと、、名前でよんで、、
    くれない?」

    「・・・・・・・いいの?」
    「何言ってんの?いいに決まってんじゃん!」

    名前で呼ぶ。今までの「松原君」が
    「和樹君」になる。自分が心の中で和樹と呼んでいるが、
    それに、少しでも近づけるのだ。


    「あ、あとさ、、、、でも、、と!、、、、して、、、?」

    また聞こえない。
    「だ、か、ら、聞こえない。」

    「〜!!!えーとねー!!
    帰りのとき以外でも俺と話してくれない?!」
    !!!彼は怒ったように大きな声で言った。
    おいおい。声デカすぎだって。

    また、周りがざわざわしだした。

    「え!?今、松原君なんていった!?」
    「確か、帰り以外でも俺と話してって」
    「何!?まさか本当に二人って付き合ってんの?」

    彼の方を見たら、顔が真っ赤だった。
    恥ずかしいなら、言わなきゃいいのに。


    「本当に帰り以外でも話していいの?」
    私は恐る恐る聞いて見た。
    「!?いいから聞いてんじゃん!!」

    そんな、、和樹君と呼べて、帰り以外でも話せるだなんて。
    嬉しい。すごく嬉しい。私がこんな幸せな気持ちでもいいのだろうか。
  • 39 カイ id:TBO3.xY.

    2012-05-10(木) 22:12:38 [削除依頼]

    てか、これシリアスか?
    話がねじ曲がって行くwww
  • 40 カイ id:3baxNC8.

    2012-05-12(土) 23:39:32 [削除依頼]
    その後、休み時間に何度か彼は私に話しかけてきてくれた。
    でも、私はうまく返す事ができなくて、、、。


    ー放課後ー
    「ちょっと黒羽さんいい?」
    女子が5・6人集まって私を呼んだ。
    その中には、真里や美加もいた。

    (まぁ適当に付き合って戻るか)
    私はその女子たちについて行った。


    (・・・屋上・・・か・・・)
    なんだか嫌な感じだ。

    「ねぇ!!どういうつもりなの!?」
    女子が急に怒鳴りつけてきた。
    「何が?」
    「ふざけないで!!和樹君にあんな事させて!!!」
    「は?」
    「あんたが松原君に無理にあんな事言わせたんでしょ!!」
    「あんな事って何?」
    なんの事だろう。私は鈍感だろうか。

    「っ!!!いつもいつも!!本当にふざけないで!!!」
  • 41 吹雪 id:IHWG/m6/

    2012-05-13(日) 19:09:06 [削除依頼]
    おぉっ!!
    続きが気になるくらいすごい!!!

    「コラ 動け!!ポンコツ!!」(神楽)
  • 42 カイ id:bkwUnLX/

    2012-05-14(月) 18:16:45 [削除依頼]
    ありがとう!!吹雪!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません