そらとくも4コメント

1  そら id:Wk5xl5k/

2012-05-04(金) 20:27:58 [削除依頼]



あの日見た空は澄みわたった青空だった。


あの日見た空は飛行機もなにもなかった。


あの日見た空にたった1つハートの雲が浮かんでいた。
  • 2 Lv.23 流星の幽者はるみ君装備:M4A1 id:V59R.hF0

    2012-05-04(金) 20:42:13 [削除依頼]
    ほ〜恋愛小説ですかー
  • 3  そら id:Wk5xl5k/

    2012-05-04(金) 21:04:01 [削除依頼]


    私の大好きな場所。
    風が気持ちよくて、静かな場所で、景色もよくて。
    なにより私の大好きな空が見渡せる。

    ここは私、綿野 そら(Sora Watano)が通う高校の屋上だ。
    そして、隣には私の1番の友達。
    星野 ほの(Hono Hoshino)。中学のときから同じバスケ部で一緒に勉強して念願の同じ高校に行けた。
    周りの人なんて気にせず声を上げて喜んだ。今でもそのときのことははっきり覚えている。

    「そら〜。今日の空はどう?」

    「星5つだよ。」

    今日見た空は、青い青い澄みわたった空だった。
    雲があるのも好きだけどやっぱり青空が1番。

    「ねっ、ほの。あそこのくもハートに見えない??」

    そういいながら私は指差す。

    「ほんとだ!空は私の恋を応援してくれているのかな」

    そう笑うほのの顔は少し顔を赤らめてうれしそうに微笑んでいた。
    今、ほのは私と同じクラスの阿達 拓(Taku Adati)に恋をしている。
    たっくんは結構人気のある男の子だった。

    「それにハートの雲、1つしか浮いてないね。阿達君と両思いになれるといいね」

    「うん。ありがとう」

    私とほのは顔を見合わせてくすっと笑った。


    ・・・でもこのころの私は想像もつかなかった。
    私がだんだんと惹かれていったんだ。
    ほのが好きなたっくんのことを。
  • 4 Lv.23 流星の幽者はるみ君装備:M4A1 id:V59R.hF0

    2012-05-04(金) 21:13:13 [削除依頼]
    ほぉほぉそれでそれで
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません