恋色 koiiro12コメント

1 あむ id:wcyC0kN/

2012-04-30(月) 10:28:27 [削除依頼]

君に出逢って


気がつけば

あたしの心は恋色に染まってた


西岡唯 Nisioka Yui ♀
三浦陽斗 Miura Haruto ♂
原田俊 Harada Syunn ♂
小山日奈 Koyama hina ♀
  • 2 菜穂 id:j3dUPXi0

    2012-04-30(月) 10:31:53 [削除依頼]
    題名に惹かれました*
    頑張ってください!!
  • 3 あむ id:wcyC0kN/

    2012-04-30(月) 10:33:01 [削除依頼]
    君に出逢って


    恋をして


    笑ったり

    泣いたり


    怒ったり


    悲しくなったり

    寂しくなったり


    だけど


    それでも君が好きだった
  • 4 あむ id:wcyC0kN/

    2012-04-30(月) 10:33:59 [削除依頼]
    >2 菜穂様 コメントありがとうございます! 頑張ります!!
  • 5 あむ id:wcyC0kN/

    2012-04-30(月) 10:42:54 [削除依頼]
    *はじまり。

    あたし西岡唯は今日から高校1年生。

    珍しく早めに家を出て
    学校へ着くと、

    意外と知っている人が多いことに
    ホっとした。


    「唯ー!!」

    自分の名前を呼ぶ声が後ろのほうから
    した。

    声を聞くだけですぐに、招待がわかった。


    「なにー日奈」

    あたしはそう言って振り向くとやっぱり
    そこに立っていたのは日奈だった。
  • 6 あむ id:wcyC0kN/

    2012-04-30(月) 10:51:46 [削除依頼]
    小山日奈とは、中学から同じクラスで
    まさに親友。

    優しくて、面白くて、気が合う、
    なんでも言い合える存在。


    「ねえ唯知ってる?」

    日奈がわくわくした様子で話だす。

    「なにを?」

    「超イケメンの1年生!」

    「へー、名前は??」


    「えーとね、なんだっけ…
     たしか三浦春馬!だった気がする」
  • 7 あむ id:wcyC0kN/

    2012-04-30(月) 10:59:30 [削除依頼]
    三浦春馬……
    どこかで聞いたことある…

    って、芸能人じゃん。


    「はーい、それではみんな
     体育館に集合!」

    先生の大きな声が響き、
    あたしたちも体育館へ向かった。


    そして入学式が始った。
    校長先生の長い話を、ボーっと
    聞いて、我に返ると校長先生が
    舞台を降りようとしている。

    やっと話終ったー

    軽く伸びていると、
    教頭先生の声がマイクで響きわたった。


    「つづいて新入生挨拶。
     新入生代表、三浦陽斗」
  • 8 あむ id:wcyC0kN/

    2012-04-30(月) 11:03:23 [削除依頼]

    お、おしい!!


    みうらはるま
         ↑
    みうらはると


    とか頭の中で叫んでいると
    三浦陽斗くんが舞台へ上がった。


    するとたちまち、体育館が
    少しざわついた気がする。


    だって…………

    もの凄くかっこよかったから!―――
  • 9 あむ id:wcyC0kN/

    2012-04-30(月) 11:08:57 [削除依頼]
    挨拶なんて耳に入るわけない。


    あたしはずっと陽斗くんに
    見とれていた。


    三浦くんの上がった舞台は
    なにかのステージみたい。

    さっきの校長先生のときと
    大違い。


    そして入学式が終った。


    そのあと各クラスに向かう。
    奇跡的にあたちと日奈は同じクラス
    になった。

    教室に三浦くんの姿を探したけど
    あの輝いた三浦陽斗くんの姿はない。
  • 10 あむ id:wcyC0kN/

    2012-04-30(月) 11:14:36 [削除依頼]

    はぁ、
    三浦くんと一緒じゃないんだ…


    「おーい、唯?どしたの?」


    「え、ボーとしてただけだよ」


    そして先生の話が終わり、
    さっさと帰ろうと思ってたそのとき、

    「あ、誰かこれ先生の机まで
     運んでくれないか」

    あたしと日奈は目を合わさないように
    すたすたと教室を後にしようとした。

    「おっと、じゃあそこの西岡。
     頼むぞ」

    「えー」

    なんであたしだけ!!?

    「唯どんまい。じゃあたしヒロと
     先帰るねー♪」

    「えー、日奈ー」

    「ばいばーい」
  • 11 あむ id:wcyC0kN/

    2012-04-30(月) 11:20:25 [削除依頼]

    誰もいなくなった廊下を
    あたしはおもたーい書類を
    運んでいる。


    なんであたしだけ!!?
    玄関で三浦くんに会えるかも
    しれないのに!


    階段に足を乗せようとしたとき
    重なっていた書類のバランスが崩れ
    床に広がった。


    「あーもう!先生のハゲ!!」


    誰もいないと思って1人で叫んでみる。


    「ぶっ………大丈夫?」

    その声とともにあたしの書類しかなかった
    視界の中に、大きな手があった。

    顔をあげるとそこには、
    三浦くんの姿がある。
  • 12 あむ id:wcyC0kN/

    2012-04-30(月) 11:28:03 [削除依頼]
    いっきに熱くなった頬。

    三浦くんの真っ直ぐな瞳に
    打たれて、言葉を失った。


    「おーい、大丈夫ですかー」

    我に返ると目の前に三浦くんの
    顔があった。


    「わあああ!!!」

    「え、?どしたの?」


    「み、三浦くんだよね」

    「うん、あ、ハルでいいよ」

    そう言って三浦くんは微笑んだ。


    「三浦くんは、あ、ハル…くんは
     何組?」

    「えっとね、1組」


    「ええ!!?嘘だ!」
    「え、??」

    「だっていなかったもん!教室にっ」

    「あー俺、新入生挨拶とかのことで
     職員室いたから」

    ってことは………
    三浦、じゃなくて、
    ハルくんと同じクラス!!?


    「はい、書類」

    「あ、ありがと」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません