最後のラブレター。31コメント

1 日向 id:kFJwwnP/

2012-04-29(日) 12:45:42 [削除依頼]



―どうか、
  届きますように、―

自分の想いをかいた、
君へのラブレター、

「…何してんの?
 俺の靴箱で、」

最後のラブレターが
奇跡を生んでくれた。


          日向、
  • 12 ソウル id:gcsBSml/

    2012-04-29(日) 17:52:03 [削除依頼]
    面白いですね!更新頑張れ!
  • 13 ソウル id:gcsBSml/

    2012-04-29(日) 17:53:10 [削除依頼]
    12間違って更新したみたい!
    ごめんなさい
  • 14 菜穂 id:simg0tQ0

    2012-04-29(日) 17:54:56 [削除依頼]
    この小説好きですっ*
    更新頑張ってください☆
  • 15 日向 id:kFJwwnP/

    2012-04-29(日) 18:20:19 [削除依頼]


    ((たかみなさん))*


    うわぁっ(涙)
    ありがとうございます!!
    泣いちゃいそうですw
  • 16 日向 id:kFJwwnP/

    2012-04-29(日) 18:21:35 [削除依頼]


    ((ソウルさん))*


    ありがとうございますッッ
    ほんっとに嬉しいです^^
    がんばります*/
  • 17 日向 id:kFJwwnP/

    2012-04-29(日) 18:22:22 [削除依頼]


    ((菜穂さん))*


    好きだなんてっ(涙)
    ありがとです///

    がんばりますね♪
  • 18 ソラ id:ZJ60e/71

    2012-04-29(日) 18:26:46 [削除依頼]
    おもしろい・・・!!
    すごい、ハマりましたぁ!!

    あ、初めまして、ソラって言います^^
    ソラって読んでね♪

    更新楽しみにしてます☆
    頑張って♪
  • 19 日向 id:kFJwwnP/

    2012-04-29(日) 19:35:37 [削除依頼]


    ((ソラさん))*


    ありがとうございます(涙)
    ほんっとに嬉しさMAXです///

    初めまして、
    日向です^^

    更新がんばります!!
  • 20 日向 id:kFJwwnP/

    2012-04-29(日) 19:42:11 [削除依頼]



    「あっ純玲ー。
     さっき淳平くんが
     探してたよ?」


    「えぇぇぇ!?」


    教室に戻るなり、
    そんなことを
    聞かされた、


    「珍しく眉間に
     しわがあったけど、
     なんかしたの?」


    そう聞かれるも、
    思い当たる節は…


    …例のラブレターか、


    「のんちゃーんっ」


    「…おもしろく
     なってきたじゃん!」


    …のんちゃんに
    助けを求めたのが
    バカだった、


    楽しんでるよ、
    この状況を…、


    「…でも、でもさ!!
     あんなんで怒る?普通!!
     気が短いんだからっ」


    慌ててたから、
    焦ってたから、
    こんなことを
    言ってしまったんです、

    ※決して悪気が
     あったわけ
     ではありません、


    「だれの
     気が短いって?」


    「‥‥のわぁっ」


    「んだよ、どの反応、
     お化けでも
     見たみたいに、」


    いやいや、
    お化けよりも怖いよ…


    「あのさぁ
     お前…」


    「違います!!
     ほんっとにごかいで!
     あのラブレターは…っ」


    そう言いかけた時、
    話しを遮るかのように
    真木くんが口を開いた、


    「何言ってんの…?
     ラブレター?」


    「…へっ?」


    ラブレターのことじゃ、
    無かったの?


    お互い頭の上に
    ?が浮かんでいた、


    「俺はただ…、」
  • 21 日向 id:kFJwwnP/

    2012-04-29(日) 19:45:14 [削除依頼]


    テイセイ→*/


    どの反応 …(×)
    その反応 …(◎)


    すいませんでした><
  • 22 日向 id:K1vQoEw.

    2012-04-30(月) 11:17:54 [削除依頼]



    「黒野が落とした
     ハンカチ
     返したくて、」


    「ハ、ハン、カチ…」


    なんだ、
    ばれてないんだ、


    安心した、


    …そう思ってる
    はずなのに、


    さっきの
    ラブレターのことが


    気になって
    気になって‥‥、


    「ありがとう…
     ございます、」


    「いーえ、
     …敬語やめろよ、
     同級なんだし、」


    「あっはい、
     …じゃなくて、
     うん///」


    すごく
    くすぐったい空気が
    しばらく流れた、


    耐え切れず、

    私は左ポケットに
    手を突っ込んだ、


    ″あるもの″を
    手につかむため、


    「‥…あれ、ない、
     どこ!?」


    どれだけ探っても
    私が探す、
    ″あるもの″ がない、


    …あれがなきゃ、
    ダメなのに、


    あれだけが、
    私と真木くんを
    繋げてるのに…っ


    私はためらうことなく、
    教室を走り出た、
  • 23 日向 id:K1vQoEw.

    2012-04-30(月) 12:10:47 [削除依頼]



    「ないっ…ないよぉっ」


    ポタポタとこぼれる
    止まることを
    知らない涙、


    なんで、
    そんなに大事なのか、


    それは、
    真木くん出会った
    梅雨の時期のことでした、


    ―…
      …‥―


    中学1年生...*


    「あぁあ‥‥
     今日も雨だね、」


    「うーん、
     走りたいのにな、」


    のんちゃんと私は
    窓の外を見ながら、

    少しばかり
    落ち込んでいた、


    のんちゃんは
    陸部だから
    走れないのが嫌みたい、


    …私は、
    親の離婚が決まって、
    気分が落ちてる、


    「あぁぁぁ!!
     傘持ってない(涙)」


    「…私も、
     でも彼氏と帰るし、
     傘の心配なし、」


    ふふん、と笑う
    のんちゃん、


    「えぇぇ私も一緒に
     帰りたいーっ」


    「ははっ
     ‥‥ドンマイ、」


    …のんちゃんって
    もしかしたら、


    ″悪魔の子″


    なんじゃぁ‥‥


    「…純玲、
     今何考えてた?」


    「!?…いえぇ何も…、」
  • 24 日向 id:K1vQoEw.

    2012-04-30(月) 12:52:28 [削除依頼]



    授業を終え、
    夕日が出る幕もない、
    雨模様‥‥、


    「どうしよ…、」


    ‥‥…走る、
    しかないのかな、


    遅いから、
    びしょ濡れだけど、


    「よしっ走ろう!」


    一人で気合いを入れ、
    鞄を頭の上に
    軽く乗せた、


    ばしゃばしゃと
    私の足音が水溜りにより、
    リズミカルに響く、


    「‥‥きゃぁっ」


    ‥‥リズミカルでも
    最悪なことは
    起きちゃうものでして、


    「…最悪だ…、」


    マジ滑りをして、
    顔を俯かせてた、


    結構人通りがあり、
    目だつから、
    すごく恥ずかしい、


    「‥‥大丈夫?」


    そんな時、
    私の所だけ
    雨が止んだ、


    誰かの
    傘によって‥‥、
  • 25 日向 id:K1vQoEw.

    2012-04-30(月) 15:38:01 [削除依頼]



    「びしょ濡れだな、
     ‥…立てる?」


    「は、はい…、」


    真木くんだった、

    初めて出会ったその時、
    私の胸は
    高鳴るばかりで…、


    「ありがとう
     ございます、」


    「いや、いいよ、
     …傘持ってないの?」


    そう聞かれて、
    小さく頷く私、


    「じゃあ、これ、」


    「‥‥へっ」


    「風邪ひくから
     あげるよ、」


    男の子が
    差し出したのは


    青いビニール傘、


    「でも、そしたら、
     そっちが
     濡れちゃいますっ」


    「あぁ俺?
     俺がいいって、」


    「そうはいきません!
     私こそ
     家近くなので、」


    私は再び
    鞄を頭にのせた、


    でも...


    「じゃあさ、
     これならいい?」


    「えっ」


    一気に縮まる、
    二人の距離、


    一つのかさに
    二人、


    相合傘...


    「びっしょで返すわけには
     行かないし、
     そっちも俺のこと
     気にかけてくれてるし、」


    「////」


    すごく恥ずかしい、
    こんなに
    男子と話したの
    初めて‥…、


    「次のコンビニまで、」


    「…はい///」
  • 26 日向 id:K1vQoEw.

    2012-04-30(月) 15:50:21 [削除依頼]



    二人の間に
    会話はない、


    ただ、
    雨の音が響くばかり、


    時々触れる、
    お互いの手、


    そのたびに
    高鳴る鼓動、


    「…あっ 
     コンビにあった、」


    男の子はそういうと
    少し先にある
    コンビニを指さした、


    …なんでかわかんない、

    でも、コンビニなんか
    つかないでほしいと思った、


    「…じゃっ
     気をつけて、」


    私の願いは届かず、
    コンビニには
    すぐに到着した、


    「ありがとう、」


    「うん、
     …あっそうだ、」


    「?」


    男の子は携帯に
    ぶら下がっている
    何かを取り、

    私に差し出した、


    「…やるよ、」


    「えっ」


    「元気なさそうだった、
     肩落ちてて、
     晴れるといいな、
     あんたの心も、」


    …覚えていますか?

    その時君に、
    てるてる坊主の
    キーホルダーを

    貰ったんです、

    私の心も
    晴れるように、と、
  • 27 日向 id:K1vQoEw.

    2012-04-30(月) 21:03:18 [削除依頼]


    人物紹介...*


    黒野純玲((kurono sumire))

    栗色の髪でサラサラ、
    目はくりくりで
    肌は白く体は細い、

    一途で素直♥


    真木淳平((maki jyunpei))

    男子からも女子からも
    共に絶大な人気を誇る
    モテ男子、

    暗い過去を持っている…!?
  • 28 りな id:HCKYDQ8.

    2012-05-03(木) 20:34:17 [削除依頼]


     また来ました笑←
     ほんとにおもしろいです( ^ω^ )
     更新ふあいと−っ!!
  • 29 日向 id:c9oPbQX1

    2012-05-03(木) 20:52:41 [削除依頼]


    ((りなさん))*


    2度目のコメ
    ありがとうございますっ

    ほんとに支えです(涙)

    更新がんばります!!ω
  • 30 日向 id:c9oPbQX1

    2012-05-03(木) 21:25:40 [削除依頼]



    「黒野…っ」


    「…えっ!?」


    急に肩を掴まれ、
    私は驚く。


    「真木くん‥‥?」


    「何やってんだよ。
     ‥‥泣いてんの?」


    私の頬に伝う、
    涙を見て

    目を見開く真木くん。


    「な、泣いてない!」


    私は制服の裾で
    ゴシゴシ拭いた。


    「…で?どうした?
     何探してんの。」


    「…大事なもの。」


    私にとっては、
    無くてはならないもの。


    「どんなやつ?
     特徴は?」


    「へっ?」


    「一緒に探す。」


    真木くんはそういうと
    私の横にしゃがんだ。


    どくんっと高鳴る
    私の胸。


    「ありが、と…///」


    「ん。」


    真木くんは、
    無意識に、


    私をどんどん
    惚れさせていく−…


    いつか、
    私に気持ちが
    君に届けばな…。
  • 31 日向 id:c9oPbQX1

    2012-05-03(木) 22:35:28 [削除依頼]



    「あっ!!!」


    私はほんとに
    小さな隙間に

    てるてる坊主の
    キーホルダーが見えた。


    「あ…あった…。」


    「…よかったな。
     ちょい見せて。」


    真木くんは
    私の手から
    キーホルダーを取った。


    ダメっ!


    そう言おうとしたのに
    なぜか、
    声が出なかった。


    「…これ。」


    真木くんが
    そっとつぶやく。

    ドキドキが高まる中、
    私は真木くんを見た。


    「俺も中学ん時、
     こんなやつ
     持ってた(笑)」


    「…なんで、
     過去形、なの?」


    無意識に
    口が動いてた。

    覚えててほしい。

    もしかしたら
    思い出して
    くれると思ったから。


    「…女の子に
     あげたんだよ。
     雨の日に。」


    「っ、」


    覚えてくれてた。


    あの日が
    雨だったことも‥‥


    「…真木くん。
     その時の女の子、
     わた…っ」


    言おうとした。

    あの時の女の子は
    私なんだって。


    …でも
    言えなかった。


    言っちゃいけないと、
    察したから。


    「?」


    「…何でもない。
     ごめんね。
     ありがとう。」


    ただそれしか
    言えなくて‥‥…。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません