Happy・kiss2コメント

1 ミラー id:YkvSzzt.

2012-04-27(金) 20:22:36 [削除依頼]
ほんとは、幸せだったのかな。
あなたと、出会ってよかった?

好きだよ。でももう、触れることさえ出来ないんだ…

「のんっ…」
私の横を風が吹き抜け、髪の毛が私の顔を隠す。
涙があふれつつ、振り返った。

私を呼んだのは…
  • 2 ミラー id:YkvSzzt.

    2012-04-27(金) 21:19:47 [削除依頼]
    「蓮、悠里っ! (れん、ゆうり)」
    はあ、ああ、先いくなんてはあっひどいじゃん…
    ああ、疲れるう。

    蓮と呼ばれて振り返ったのは、ぼさぼさの髪の毛、
    便底メガネ、ごそっとした制服、
    笑顔が眩しいほど輝いている。
    ッ、イケメンすぎ! だが、友達はダサ男と呼ぶ。
    なんでえ?かっこいいのに。

    悠里と呼ばれて振り返るのは、
    整った髪、シワ1つない制服、
    笑顔が綺麗。
    友達は皆こいつが好きだ。
    友達はイケメンと呼ぶ。
    なんでえ?こんなやつ、好きだなんて。

    幼馴染の二人にかかれば、私を何からだって守ってくれる。

    でも実は、二人は正反対の性格を隠し持つ。

    大人しそうな蓮は、実は狼!ドs!

    ドsそうな悠里は、実は弱虫!だらしない!
    二人はいとこだから、一緒に住んでいるの。

    私は二人に気に入られて無理やり、仲間的なことに…
    ま、いいけど。 でも、正反対の性格の事は
    誰も知らないのだ!秘密、最高…

    「急いで行こうよ。遅れるよ♪」
    うんっ!
    かっこいい、蓮…

    「ちっ、何でこいつなんて好きなんだか。
    こいつより、何百倍も俺のほうが…ったく…」

    「ああ?なんかいった、悠里♪」

    こわいよ、蓮。

    「だってなあ、お前は…」
    うっ////
    私を引き寄せた蓮は、頬にキスをした。

    平常を装おうとするも、頬は赤くなってきた。

    「お前は俺のもの。従はなければ…」

    うっ、いじめるんでしょ。
    分かってるよ、もう。

    「そうか、ならいい。 お前は俺のキスが好きだからな。
    幸せのキス。」

    Happy・kiss。あなたのキスは。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません