僕等の生きる道26コメント

1 美来 id:8j5d9/h.

2012-04-19(木) 20:25:44 [削除依頼]


今は違う道を歩いていたとしても
いつかはまた、めぐり会うだろう。


僕と君の
生きる道が将来、
繋がっていますように。

それを信じて
僕はひとりで歩き始める。


僕等の生きる道/*
  • 7 美来 id:oPIxWPP0

    2012-04-24(火) 00:54:50 [削除依頼]



    あれから何時間たっただろう。
    龍平からのメールを何度も読んでいた。


    もしもまた、龍平の隣を歩けたら…


    そんな事を思いながら。


    ーーーーー
    ガチャッ
    「楓ー?」
    玄関のドアが開く音がした。
    そしてお母さんが帰って来た。


    「何?てかおかえり」
    私は、携帯をポケットにいれて階段を降りた。
    「これ。ポストに入ってたわよ」

    「ありがと」
    お母さんから封筒を受け取った。
    「なんだろ…」

    【笹木 楓様
    扶実 智哉】

    「智哉から手紙?!」
    扶実 智哉…
    小学校の時転校してしまった。

    部屋にもどって、手紙の封を開けた。
    『楓!!久しぶりー!!
    今も龍平と仲良くやってっかー?!笑

    それより、俺またそっち帰るな!!
    日にちは…
    4月29日!!お前らの記念日だろー!
    んまあ、またメー.ルしてこいやあw
    待っとるぞ

    智哉』

    「バ.カだ、こいつ…」
    手紙を読み終えると私は、笑ってしまった。
    変わってない。

    変わってしまったのは、私と龍平の関係が終わってしまったこと。

    私と龍平が付き合う時、一番喜んでくれたのは
    智哉だった。


    私たちが別れるってことは、智哉を裏切るって事と同じだった。
  • 8 美来 id:CkvTw8j/

    2012-04-25(水) 00:19:16 [削除依頼]
    ーーーーー


    紹介

    扶実 智哉 Tomoya Humi

    設定
    楓、龍平と仲良し。
    引っ越してしまったが…((
    実は…?
  • 9 美来 id:CkvTw8j/

    2012-04-25(水) 00:46:09 [削除依頼]
    「…ごめん。智哉…」


    龍平side
    「返信…こねぇな…」
    今朝から、何回も何回も携帯を開いたり閉じたりを繰り返していた。
    「当たり前か…俺、あいつを傷つけたもんな…」

    諦めるしかないのか…
    なんで、こうなってしまったんだろう。
    自信なんかなくていいじゃないか。
    ただ、好きなだけで、いいじゃないか。


    分かってるのに…
    分かってるのに……!!!


    俺にはもう、
    あいつと笑い合う資格はない。


    ただ、あいつの笑顔が見れるだけでいい…
    楓が幸せならそれでいい。
  • 10 美来 id:CkvTw8j/

    2012-04-25(水) 00:49:22 [削除依頼]



    なぜ、神様は私たちに意地悪するんだろう。

    なぜ、私たちの運命は悲しいものなんだろう。


    それでも、私は信じてる。


    いつかまた、
    あなたの隣を
    歩く事ができると。


    僕等の生きる道 1話 完
  • 11 美来 id:7zXnDtL0

    2012-04-25(水) 14:14:24 [削除依頼]


    「チュンチュン…」

    「ふあぁぁぁ〜」
    今日は学校か…

    「楓?早くしなさい」
    「わかってる」

    制服に着替えて下に降りた。
    テーブルの上には、豪華な朝ご飯があった。

    「今日、なんかの記念日だっけ?」
    「忘れたの?母さんと父さんの結婚記念日よ」
  • 12 ちい id:sXxbT7C/

    2012-04-25(水) 14:26:52 [削除依頼]
    おもしろい!!上手いですね(´∀`)
    応援してます!!!
    頑張ってください(*^▽^)/★*☆♪
  • 13 ちい id:sXxbT7C/

    2012-04-25(水) 14:29:04 [削除依頼]
    おもしろい!!上手いですね(´∀`)
    応援してます!!!
    頑張ってください(*^▽^)/★*☆♪
  • 14 美来 id:7zXnDtL0

    2012-04-25(水) 14:29:22 [削除依頼]



    ちい様*

    あ…ありがとうございますううう><
    そんな事言ってくださって…
    頑張ります!!
    ありがとうございます!!!


    美来
  • 15 美来 id:7zXnDtL0

    2012-04-25(水) 14:54:11 [削除依頼]



    書いてたのに、消えた…Σ(・□・;)
    もうそろそろ部活の用意しないといけないので
    今日は落ちます。


    帰って来てから更新すると思います^^


    美来
  • 16 ゆぁ id:taRf4xn.

    2012-04-25(水) 14:56:38 [削除依頼]



     ぉ初ん(←

     ぉもろぃd*
     がんばるんばっ!!←
  • 17 美来 id:nJ9Y56Y1

    2012-04-26(木) 22:21:26 [削除依頼]


    ゆぁ様*

    はじめまして!!

    ありがとぉございます^^

    頑張ります^^


    美来
  • 18 砂時計 id:NPA2t.a.

    2012-04-26(木) 22:27:58 [削除依頼]
    おもしろい!
  • 19 美来 id:nJ9Y56Y1

    2012-04-26(木) 22:28:49 [削除依頼]


    「ふーん…」
    「興味ないんでしょ」
    「ん…」

    私はパンを一口かじって立ち上がった。
    「学校行く…」

    階段を駆け上り自分の部屋にある鞄をとって、
    玄関に向かった。

    「ちょっと!楓?!まだ早いわよ?!」
    お母さんが焦りながら出てきた。

    「朝練だから」
    「そう…」

    私は無言で家を出た。

    「あーぁ。弁当忘れたし…」
    そうつぶやいて近くのコンビニに入った。

    「いらっしゃいませー」
  • 20 美来 id:nJ9Y56Y1

    2012-04-26(木) 22:29:36 [削除依頼]


    砂時計様*

    ありがとうございます/*


    美来
  • 21 美来 id:jfJ2l.J/

    2012-04-27(金) 23:30:49 [削除依頼]

    適当にパンとジュースを手にとって、会計を済ませた。
    「ありがとーございましたー」

    コンビニを出て、ちょっと歩くと学校が見えて来た。
    前を歩く人かげ…
    見なれた後ろ姿。

    ドクン…
    龍平…

    どうか…後ろを振り返りませんように…!!

    そう祈っていると後ろから、
    「楓ー!!おっはよー」
    と声がした。
    焦って後ろを振り向くと、満面の笑みで手を
    ブンブン振っている親友、葛西恵美里がいた。
  • 22 美来 id:jfJ2l.J/

    2012-04-27(金) 23:33:00 [削除依頼]
    ーーーーー

    紹介

    葛西 恵美里 Emiri Kasai

    設定
    楓の親友
    ボーイッシュな性格。
    《恵美里》という名前が大嫌い。
    その理由はいずれわかるでしょう…
  • 23 美来 id:ohsjuqs1

    2012-04-28(土) 14:04:52 [削除依頼]


    「おはよ、恵美里」
    「あれ?龍平くんは??」
    キョロキョロと辺りを見渡す恵美里。
    「あ!!居た!!」
    少し前を歩く龍平を見つけ、龍平に駆け寄ろうとした。

    ガシッ
    「やめて…!!」
    思わず私は恵美里の腕を
    強く強く引っ張っていた。

    「どうした??痛い…楓…」

    涙目で訴えてくる恵美里。

    「ご…ごめん…」
  • 24 美来 id:8pV..sm.

    2012-04-28(土) 20:16:46 [削除依頼]

    「私別れたんだ」
    ボソッ
    「え…?」
    恵美里は、聞き返して来た。
    「別れたの!!」
    私は微笑みながら言った。
    「どうしてさ!!あんたら、あんなに幸せそうだったじゃん!!」
    恵美里は、私の肩を掴んで言った。
    「だって…しょうがないじゃん!!!!!」
    気づいたら大声を出していた。
    「めんどくさい女だと思われたくないもん!!」
    「楓…」
    「…」
    気付けば私は涙を流していた。
    「楓!!」
    「…」

    「今でも龍平くんの事、好き?」

    「大好きに決まってんじゃん!!」
    「そっか…ならよかった」
    恵美里は悲しそうに微笑んだ。

    「?」
  • 25 美来 id:8pV..sm.

    2012-04-28(土) 20:41:23 [削除依頼]



    恵美里side

    別れたなんて…
    思ってもみなかった。

    「今でも龍平くんの事、好き?」
    って聞いたとき、楓は迷わず
    「大好きに決まってんじゃん!!」
    と言った。

    嬉しい気持ちもあったけど、
    悲しい気持ちもあった。

    心配だったんだ。
    楓が、これからも龍平くんを
    好きでいて、傷つかないか。
    悲しまないか。

    でも、
    楓は強い。

    あの後、学校に行き教室に入った。
    私は先生の所に用事が有って行った。

    用事が終わって教室に帰ると
    楓と龍平くんが
    笑顔で喋っていた。
  • 26 美来 id:8pV..sm.

    2012-04-28(土) 20:43:42 [削除依頼]



    楓side


    龍平が私の前で笑ってる。
    でもそれはちょっと、ぎこちなくて。

    やっぱり別れたちゃうと
    ぎこちなくなっちゃうのかなあ…
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません