毒草物語9コメント

1 ?ボ  id:Jh3.edD0

2012-04-15(日) 19:08:41 [削除依頼]



人は花である。
  • 2 ?ボ  id:Jh3.edD0

    2012-04-15(日) 19:14:49 [削除依頼]
     1*

    「人は花である」

    だから成長するのだ。

    昔、ウチのじいちゃんが言ってた。
    わたしもそう思う。
    晴れた日にはきれいに咲くし、
    具合が悪くなると
    しおれる。

    まるで人間みたいじゃないか。

    もしも、自分が花だとして
    周りに毒草が生えたとしよう。

    うん、つまりその毒草は
    自分が気に入らない奴とする。

    ホント、人と花はそっくりだ。
  • 3 ?ボ  id:Jh3.edD0

    2012-04-15(日) 19:23:49 [削除依頼]

    わたし自身、花にたとえるとしよう。
    別に不自由な暮らしじゃない。
    むしろいきいきとした人生だ。

    ただ平々凡々に暮らして
    そのまま何ごともなく
    花は成長する。

    わたしのこと、小野田あさひは
    平凡だ。

    14年間生きたわたしに・・・。
    そんなわたしに
    毒草が生えてくる日が来るのだろうか?
  • 4 ?ボ  id:Jh3.edD0

    2012-04-15(日) 19:26:05 [削除依頼]

    ?ボです。

    がんばって書かせていただきます*。

    書くの遅いです。

    出来ればコメントお願いします^^

    面白いかどうかは
    分かりませんが・・・。
  • 5 ?ボ  id:Jh3.edD0

    2012-04-15(日) 19:33:24 [削除依頼]
      2*

    「小野っち〜
     まーた、ぼぅっとしてんの〜?」

    前から甘ったるい
    クラスメイトの声がした。
    わたしは顔を上げ、
    化粧じみた顔を見る。

    前の席のクラスメイトは
    退屈そうに口をへの字にさせていた。

    「ぼぅっとなんかしてないよ。
     妄想に浸ってたんだよ」

    そう言うとクラスメイト、
    大谷雫はきゃはっと笑った。
  • 6 ?ボ  id:Jh3.edD0

    2012-04-15(日) 19:39:20 [削除依頼]

    「やっだ〜
     小野っちなんか
     オタクっぽくて気持ち悪いよ??」

    この野郎。
    そう言いたいがここはやめとく。

    「ああ、そぅ」

    こんな感じで話を流していく。
    わたしがムキになって
    怒らないのが面白くないのか
    また大谷はまた口をへの字にした。
    「小野っちって、
     つまんなぁ〜い!!」
    と言って大谷は前を向いた。

    つまんなくて悪かったな。
    わたしは君のような
    子供ではないのだよ。
  • 7 ?ボ  id:Jh3.edD0

    2012-04-15(日) 19:43:28 [削除依頼]

    今さらだが、
    今は授業中である。

    いきなり話しかけてきた
    前の席の奴が悪いのである。

    わたしは教科書に
    視線を落とし、問題を解くことにした。
    数学と言うものは難しいな。
    なんてそんなことを思ってるうちに
    授業終了のチャイムが鳴ってしまった。

    なんか途中で問題解くのが
    終わってしまったが
    放課後図書室に行ってやればいいか。

    わたしは席を立ち上がり、
    トイレに行こうとした。
  • 8 ?ボ  id:Jh3.edD0

    2012-04-15(日) 19:47:34 [削除依頼]

    トイレに行き、
    教室に戻ってくると
    あいつが話しかけてきた。

    「あ!小野っち!
     一緒にトイレいこ?」

    いまどき連れションかよ。
    そう思いながらも断った。

    「やだよ。つか、
     さっき行って来たし」

    「えぇ〜!!? 
     もぉ!トイレ行くときは
     雫を誘ってよね!」

    さそわねぇよ。
    と心の中で突っ込んで
    大谷から離れた。
  • 9 ?ボ  id:Jh3.edD0

    2012-04-15(日) 19:52:11 [削除依頼]

    席に戻る途中、
    クラスメイトの女子に話しかけられた。

    「小野田さんも大変よね、
     大谷マジうるさいでしょ??」

    「まぁ・・・まあ」

    「我慢しなくていいのよ?」と
    クラスメイトの女子に何度言われたことか。

    まぁ、確かにうるさいですよ。
    迷惑ですよ。

    わたしの花の毒草かもしれない。
    でも彼女はそんな厄介な奴でもないから
    わたしの中では毒草にはならん。

    わたしはため息をついて
    自分の席に座った。

    ああ、昼ごはんが恋しいな。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません