きみにおくる物語39コメント

1 もっちゃん id:zndj8b6/

2012-04-11(水) 18:09:54 [削除依頼]
初 投稿です★
つまんなかったら すみません★
  • 20 もっちゃん id:iqsctwR0

    2012-04-19(木) 20:11:23 [削除依頼]
    またの更新4649です
  • 21 もっちゃん id:bVuBrjC.

    2012-04-22(日) 19:41:06 [削除依頼]
    人物情報 ?1

              ★関ノ内  星輝について

           
          なんと!!!彼女の家は・・・お金持ちなんです!

          父が社長で母は高級旅館のおかみ!!そのうちくわしく

          登場というか話にでてきます!!

          彼女髪の毛のことなんですが・・尻の高さまで髪の毛

          があるんです!!

          またこういった情報をいいますので4649〜!
  • 22 もっちゃん id:F2jZ/5j0

    2012-04-26(木) 19:35:04 [削除依頼]
           第2章 プリンス アリ食い 其の弐

    約束の場所は学校の最寄駅にて日曜日午前9時である。俺がいろんなとこにつ

    れていくといったがどこがいいだろう?水族館とかがいいだろうかそんなこと

    を考えながら最寄り駅に到着したまぁ俺がまつかな携帯で時間をみると8時半

    だったそして待ち合わせ場所に到着だが彼女は俺が来たときにはもういた!

    「じゃあいきましょ」やっぱキャラちがうそう思いながら「そんじゃ水族館い

    こ」いがいと彼女は美人である まぁもとから思っていただが恋愛感情はない

    人好きになったことは無い「きれい」彼女は言ったそのあとテラス付きのカフ

    ェに行った「おいしいわね」ちょっとした会話そのなかでへんなことをきかれ

    た「あなたってあたしのこと遊んでるというか・・・ろくな恋しかしてないの

    ね」なんだなんなんだよこいつ!!!!!「ていうか恋したことないし・・」

    「やっぱり・・・でもねそのうち恋するわけどくろうするそのときはあたしに

    いいなさい相談でもいいのよ」へんなやつ「ちなみにあんたなんか好きじゃな

    いからね」そういって彼女は帰っていった…………

    続く・・・・
  • 23 もっちゃん id:F2jZ/5j0

    2012-04-26(木) 19:35:49 [削除依頼]
    また文がとぎれていてすみません
  • 24 もっちゃん id:AYBhNYA0

    2012-04-28(土) 09:35:53 [削除依頼]
           第2章 プリンス アリ食い  其ノ参

    次の日いつもどおり学校に行く 『あぁ〜ノルマたっせいできなかっ

    た!悔しい今度こそ勝つ?いや好きにさせる?どっちでもいい・・』

    日曜日のできごとをくやむいつのまにか俺は学校についていた中に

    入ると騒がしいまぁぁいつものこと教室にいっても騒がしいだろう

    今日俺の入っているバスケ部の朝練は休みいつもより遅くでただか

    ら帰宅部の子が今教室にいる騒がしいといっていたがいつもこんな

    感じかもしれないがあきらかにいつもとちがう騒ぎである聴こえて

    くる声は「転校生がくるんだって今日!今さっき職員室にいったら

    みしらぬ女の子がいた!」転校生?でも夏休み終わって初登校日の

    日に普通くるんじゃないのか?だってもう初登校日から2週間たっ

    ているそう思いながら続きの話を聴いていた「どんな子だった?」

    「髪の毛はショウトへーアで背が155cmぐらいでもね可愛かった

    よ!」可愛い?!これならイケル!ノルマまであと2人から1人に

    なる可能性が大きい!!!キーンコーンカーンコーン部活終了チャ

    イムがなったみんなぞろぞろ戻ってくる席に着きまた2度目のチャイム

    がなったでも先生が入ってきても転校生はこなかったどうやら違う

    クラスらしい!そう思って10分休憩のとき他のクラスを見てみた

    そしてお目当ての彼女はいた!たしかに可愛い!「沙螺ちゃーん!」

    そうよんでいた俺は近くにいた男子に「あの子名前は?」ときいた

    「きうち さら だってさ!可愛いよな おおや!」きうち さら

    か・・・・

    続く・・・・
  • 25 もっちゃん id:AYBhNYA0

    2012-04-28(土) 09:37:22 [削除依頼]
    今回は文があまりとぎれずにできました

    今後もよろしゅう願います・・・
  • 26 もっちゃん id:ibhf1Xj.

    2012-05-04(金) 18:28:39 [削除依頼]
    今日更新予定です
  • 27 もっちゃん id:ibhf1Xj.

    2012-05-04(金) 18:59:55 [削除依頼]
         第2章 プリンス アリ食い 其ノ四

    昔俺が幼稚園児のころ同じ幼稚園で家が隣のきっ

    ちゃんという女の子とよく遊んでいただけど幼稚

    園を卒園してすぐに引っ越してしまったたぶん俺

    はきっちゃんが好きだったと思ういまなにしてる

    だろう・・・あの木内って子顔がきっちゃんに

    少しだけ似てるでもたまたまかもしれないしわか

    ないうーん?と悩んでいると「おうや君」女の子の声

    がしたそこには現彼女の女のこだった「よう!麗美」

    「一緒に帰ろ!」今の彼女は俺のことを愛してるだろう

    が俺は彼女を愛したことは無いまぁ好きでもない

    女の子と付き合っても楽しくないかもしれないが

    俺は悪趣味だから楽しくて楽しくてしょうがなかった

    次の日思い切って木内に話しかけた彼女は「あなたが

    この学校でプリンスと呼ばれているモテ男ね!」俺は

    「そういう人のことどう思ってる?」聞いた聞いてみた

    「嫌いかな・・友達だったらいいんだけど」無理かも

    その時点でアウトそう思った

    続く・・・・
  • 28 もっちゃん id:ibhf1Xj.

    2012-05-04(金) 19:00:47 [削除依頼]
    今回の章は少しながいです でもおもしろいのでみてね
  • 29 もっちゃん id:ubvyJLE1

    2012-05-07(月) 19:56:11 [削除依頼]
           第2章 プリンス アリ食い 其ノ伍

    なんでだろう恋愛では俺のことタイプじゃないって言っているのに彼女は俺に

    優しくしてくれるどうしてだろう・・・いいやただ彼女が誰に対しても優しい

    のかもしれない。そんなことを考えながら自分では思ってもいないのにいつの

    まにか彼女のことを目で追っていた。そのまえになぜ俺は木内のことを彼女と

    いっているのだろう。なんか自分がおかしくなったきがするそうそう彼女とい

    るとき木内が他の男子と楽しくおしゃべりしていたところをみたときなぜか

    発作というか胸が痛かったこれって?なんだ?初めての体験とても疑問に思った

    誰にこのことを話せば友達?そう思ったときふと浮かんだ 関ノ内 あいつな

    んかあったらなんでもいいから話せっていってた!そして関ノ内と図書室でこ

    のことを話した彼女は「それは 恋 よ恋愛よあなたがしているのはゲーム今

    はゲームでもあるけど簡単じゃない」そういったなんかそのあといろいろな

    ことを教えてもらったアプローチのしかた告白などまたなんかあったらいえ

    いつものきまりは相談しろだおかしなやつそれから関ノ内がいったとおりや

    たドキドキしたそれから1ヶ月はやすぎだが告白することにきめた・・・・

    続く・・・・・・

     
  • 30 もっちゃん id:ubvyJLE1

    2012-05-07(月) 19:57:14 [削除依頼]
    あと2話3話ぐらい長くてすみません
  • 31 もっちゃん id:B3t.l8Z0

    2012-05-14(月) 19:47:52 [削除依頼]
    面白いおはなしならいいな
  • 32 もっちゃん id:B3t.l8Z0

    2012-05-14(月) 19:48:06 [削除依頼]
    書けたらです
  • 33 もっちゃん id:E3x7MiP0

    2012-05-20(日) 18:19:37 [削除依頼]
           第2章 プリンス アリ食い 其の禄

    「木内あとで話がある・・」幼稚園以来の恋初めての告白なにもかも初めて

    俺は木内を図書室に呼んだ「なに川氏?」「あのさぁ〜〜〜」恥ずかしかった

    すごく女子ってすげぇー「俺・・・おまえが転校してきてから・・・・」「な

    に???」「すっ・・すっぃ・・好き・・・だった」いえたいえたぜ!!!

    「ふぅーん・・・・あたしさぁ嫌いっていったよね」まさかふられるのか・・

    「帰る」急にいいだし帰ろうとした彼女の手をつかんだそぼとき彼女がバラン

    スをくずし彼女が下に俺は上になった「好きなんだ」俺は一言言ったすると

    彼女の目からひと雫の涙が出たそしておきあがって抱きしめた「あたしも好き

    でした!!」ビックリしたまさか・・・・うれしくてうれしくてしかたない

    そして図書室で2人きりで話しをした「川氏って?・栗浜幼稚園?!「まさか

    きっちゃん?!」やっぱりきっちゃんだったそれから思い出話をした「さてと

    そろそろ」帰るというかと思ったとき「だべようかな」意味不明な発言をした

    「どうゆうこと?!」ときくと「今説明するがおまえのその恋をくってやる」

    まるで急に別人になった「おまえ木内か????」「ちがうわアリクイよっ」

    「アリクイ?!木内は?」「転校なんてしてないさていただきます」キバを

    だし襲い掛かってきた「やっやめろーーー」そのとき ガラーータッタッタ

    と聞こえた瞬間どーんと音とともに砂ぼこりであたりがみえなくなったやっと

    みえたかと思うとそこには壁にアリクイがつっこんでおりそのまえに関ノ内が

    たたずんでいた「やっぱり偽物だったのね」と無傷でいた・・・

    続く・・・・
  • 34 もっちゃん id:E3x7MiP0

    2012-05-20(日) 18:20:24 [削除依頼]
    毎回字がとぎれていてすみません
  • 35 もっちゃん id:E3x7MiP0

    2012-05-20(日) 18:31:52 [削除依頼]
    ★きみにおくる物語通信★

    あとこの章も一話第3章の予告します★

    題名は  楓天狗  かえでてんぐ

    です少し題名が和風ですがきにさないください


    内容

    楓という少女と隣の席になるとあら謎の少女楓と呼ばれている天空に

    話しかける彼女と話してみると天然であり面白かった

    だがいつも行動が謎でそれをかいめいするため彼女をおっかけ家を探す

    そこで彼女の秘密を知るという章です


    〜EDN〜
  • 36 (○´ω`○)/【☆+実来*"】 id:c30jPXc.

    2012-05-20(日) 18:36:39 [削除依頼]

    来たよ!

    読者になります!
  • 37 もっちゃん id:bDn2RcZ.

    2012-05-21(月) 19:34:52 [削除依頼]
    36

    ありがとうございます!!!
  • 38 もっちゃん id:Iok27qV/

    2012-05-28(月) 17:29:08 [削除依頼]
        第2章 プリンス アリ食い 其ノ漆

    「偽物??でも」といいかけたときアリ食いとなった木内

    が「そうよ・・ふふ・・・さすが霊退治どの私は木内沙螺

    のコピーした偽物よっましては人間ではない・・私は人間

    にみれる霊というより化物よっ・・きゃはは」本物は・・

    存在するのか?「じゃあ木内は?生きてんだろ?」答えた

    のは関ノ内だった「生きているわ・・でもどこにいるかは

    分からない」なぜおまえがいうのか謎多き女だ「だがいつ

    から分かってたんだ?」「最初あなたに初めてあったとき

    あなたから微かに香ったのよ!化物の匂いがね!まぁいち

    おう見はってたの」「鼻がいいのね・・こんな話しててい

    いのかしらそんなことしてたら死ぬわよ」と木内?がいっ

    たあとに関ノ内に木内が突進だがそれを指一本でとめた

    関ノ内「とろいわ!おそいおそすぎる」「あらだからとい

    ってなめんじゃねーー」争いは続く両方けりとかいりいろ

    戦っている早くてみえないっ!と思った瞬間木内が跳ね

    飛ばされたと同時に関ノ内も飛ばされたが華麗に着地した

    すると木内に鉄砲らしき物をむけ「とどめね」青い光がみ

    えた「木内!!!!!」助けようとしただがもう遅かった

    彼女はぐったりしていて血は一滴も無かった「木内」する

    と「だから木内じゃない ありくい化物よあぁ〜手をだす

    んじゃなかったわ」「でも俺が告白したとき泣いてうれし

    いっていたじゃん他にもさぁ」「すべて演技だから」彼女

    から青い光が体からでていくきっと魂なんだろう・・・・

    「告白の時もなのか?」「そこだけは演技じゃないわね!

    ありくいよ」関ノ内がいった「本心は殺したくなかった

    そうでしょ」すると「さすがねうっ・・・」すると関ノ内は

    本をとり出し「この世を壊す化物よ心を清め我が主のもと

    にくるのだ」呪文を唱えたとたんにどんどん木内がちりとなっ

    ていく「やっ消えるなよ木内・・関ノ内やめろ」「いいのさ

    あたいは化物だから」「でも俺は木内じゃなくおまえが好き

    なんだから」「そう・・最後にいいこと教えるわ!あたしの

    名前教えるわ」もう腰まで消えている「あたしの名は・・・

    ぺロネチス・ア・テリアンヌ自称テリアンヌだ」そしてすべ

    て消えてしまった「さてと図書室を綺麗にするか・・」確かに

    なんか壊れかかってる「さぁ〜すべて終わった始まりの状態

    になれ」するとあっというまに綺麗になった「次はあなたね」

    はっ?「私が誰だか知ったでしょだから消す」そんな名前教え

    てもらったのに・・「それだけは駄目だ誰にもいわないから

    な?」「いったら・・・」「なにしてもいいぞ」「じゃあ・・

    死ぬ」怖いでも「おまえ面白れぇなじゃあ友達になるか」

    「別にいいけど・・」そしてその場を去っていった校門

    を出ようとしたとき「すみません」と聞かれた「はい」

    振り向くとそこには「木内?!」「なんで知ってるんですか

    あたし明日転校してくるのに・・」運命だった今度は本当

    の初恋相手に会えたのだから・・次の日みんなに「木内って

    知ってるか」と聞いたがみんな知らないと答えたきっと俺

    以外はみんな記憶から消されているのだろうそして先生が

    入ってきて「みんなに紹介する!転校生の木内さんだ」

    またがんばろうテリアンヌに恋した時ののように・・・

    第2章〜EDN〜
  • 39 もっちゃん id:Iok27qV/

    2012-05-28(月) 17:30:12 [削除依頼]
    えっとやっと2章が終わりましたふぅ〜〜

    長くて本当にすみません第3章もよろしくです
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません