この気持ち・・・1コメント

1 クローバー id:96RCeKn0

2012-04-05(木) 16:20:56 [削除依頼]
不定期に更新します
・登場人物(簡単に説明します)
栗原 ゆり・・・四月から高校生 内気な性格
佐藤 あかね・・・ゆりの親友 明るい性格
清水 りょう・・・ゆりの片思いの相手 クラスのリーダー
・プロローグ
私、栗原ゆりは中学から片思いしている清水りょう君を
追って同じ高校に入りました。親友の佐藤あかねも私が
心配なのか同じ高校に入りました。あかねは私がりょう
君を好きなのを知っていて何かと相談にのってくれます。
今は春休み。早く始業式が来ないかとわくわくしています。
(ピロリーン)携帯が鳴った。あかねからでした。
{明日から高校生だね。これからもよろしく!同じクラスだといいね!}
私は返信しました。
{楽しみだね。こちらこそよろしく!私も同じクラスがいい!}
そして明日の準備が済むと就寝しました。
・始業式
ついに始業式が来ました。私はあかねと待ち合わせを
してから学校に向かいました。
「どんな先生がいるんだろうね」
「優しい先生だといいね」
だいたいの先生の顔は覚えましたが、離任式の前だったので
何人かは変わっていました。
「部活、どうするの?」
「あかねと同じところ入ろうかなって考えてる」
いろいろと話しているうちに学校に着きました。新1年生
は何人か来ていました。私はつい、りょう君の姿を探して
いました。
「ゆり、いた?」
「ううん、まだみたい」
「ゆりはすぐ探しちゃうもんね」といいながらあかねは
笑っています。
「なんで笑うの?」
「いや、幸せそうだな〜と思って」そしてクラスの名簿が
掲示されました。
「何組?」
「私は2組だけど・・・あかねは?」
「私は・・・2組だ!やった〜一緒だ!」
「ほんとに!?」
うれしさのあまり2人で大喜びしました。
でも、私はすぐにりょうくんの名前を探しました。
「どこかな?」
「俺も2組」
それはりょうくんの声でした。びっくりしてあかねに
とびつきました。
「それより、栗原たちも同じ学校だったんだな」
「うん。1年間よろしく」
私はそう返すのが精一杯でした。
無事、始業式も終わりあかねと帰っていると携帯に着信が
「もしもし」
「清水だけど」
「りょうくん?なんで私の番号知ってるの?」
「佐藤に聞いた」
「そうなんだ。それで用件は?」
「明日、一緒に帰れるかな〜と思って」
「えっ、ちょっと待って」
「あかね、明日りょう君と帰っていい?」
「もちろん!」
「ありがとう」
「もしもし、明日一緒に帰れるよ」
「分かった。じゃあ、また明日な。バイバイ」
「バイバイ」
「よかったね、ゆり!それじゃ、また明日ね」
「バイバイ」
今日はいろいろとありすぎて明日の不安がいっきに
無くなりました。
このスレには、まだレスがありません
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません