緋色ノ想イ10コメント

1 無花果。 id:vmKSXK1/

2012-03-30(金) 20:04:45 [削除依頼]
はじめまして〜。
素人なので打つのも遅いですがよろしくお願いします!
  • 2 無花果。 id:vmKSXK1/

    2012-03-30(金) 22:26:47 [削除依頼]
    ***プロローグ***
     「ーーはっ、はっ……」
     荒い息づかいと、裸足で走る音が暗い路地裏に響く。
     小汚い布で小さな体を被った少女は、足の裏が血で滲
    むのも気にせず、ひたすら走り続ける。
     「どこだ?」
     「あっちじゃないか?」
     遠くで、少年達の声がする。
     ……はやく、にげないと……!
     少女は唇を噛み締め、走るスピードをあげる。
     しかし、少女を被う布が大きく、少女の長くのびた足
    の爪が布の裾に引っ掛かり、派手に転ぶ。その先に高く
    積み上がったガラクタの山があり、少女の体が当たった
    それは大きな音をたてて崩れた。
     「っあ……!」
     小さな声が音にかきけされる。
     「あっちだ!」
     「行くぞ!」
     カツカツと靴の音が近づいてくる。
     少女は逃げようとするが、足がガラクタの下敷きにな
    り、動けない。
     「……くそっ!うごけよ!……っう……」
     少年達の足音が大きくなってくる。
     「……っ!」
     少女の、大きな緋色の眼から涙がこぼれる。
     「くそ……。いらねぇ、こんな、まっかな、め……。
    いらねぇよ……」
     足音が、止まる……。
     
  • 3 無花果。 id:xG6ibRR1

    2012-03-31(土) 15:30:51 [削除依頼]
    ***第一章***
     チチチ……。チチッ、チチチ……。
     鳥の鳴く声で、少女は目を覚ます。クイーンサイズの
    ベットには、少女の自慢の金色の髪がひろがっており、
    生まれつきのゆるやかなウェーブがかかっている。
     少女がぼーっとしていると、部屋のドアがコンコン、
    とノックされた。 
     「リンア様、起きましたか?」
     ドアの向こうからは少女ーーリンアのよく知った少年
    の声が聞こえた。リンアは手の甲で目をこすり、髪の毛
    を軽く整える。
     「起きたよ、フィル。入っていいよ」
     リンアがそう呼び掛けると、ドアがゆっくり開かれた。
    そこには、栗色の毛をした、ショートヘアの少年がいた。
     「おはようございます、リンア様。よく眠れましたか
    ?」
     「うん。爆睡だったよぉ、いつも通り!」
     リンアは、執事服を着こなしたフィルに笑顔を返す。
     「それはよかったです。朝食は何がいいですか?スコ
    ーンとワッフルを焼いてありますが」
     「んー、スコーンがいいな。あ、紅茶はフィルオリジ
    ナルね!」
     リンアは無邪気に言う。フィルもそれにつられて、に
    こっと顔が綻ぶ。
     「はい。じゃあリンア様、すぐに食堂に来てください
    ね。紅茶が冷めたらいけませんから」
     シャッと慣れた手つきでフィルはカーテンを開ける。
     朝の日射しに、リンアは目を細めながら頷く。
    「おっけー、すぐ行くから、早く部屋出て!」
     一応、女の子なんだから。
     リンアは心の中で呟く。
     フィルはくす、と笑って部屋を出ていった。
     ……何?今の笑い……。
  • 4 無花果。 id:Y/vEtgM1

    2012-04-03(火) 17:46:22 [削除依頼]
     もう、と呟き、ピンク色のドレッサーの前に座り、髪
    に櫛をとおした。
     艶やかな髪がふんわりと揺れるのを見て、リンアは満
    足そうに頷く。
     そして、着ていた服を脱ぎ、淡いピンクのワンピース
    に袖を通すと、急いで部屋を出た。
     お父様とお義母様、いるかしら。最近、あの事件で忙
    しそうだから……。あたしにも、なにか手伝えたらいい
    んだけどなぁ……。
     ふぅ、とついた溜め息が、豪華な造りの廊下にこだま
    する。
     この国ーーメチェナ国の成人年齢・18歳まで、あと
    4年も必要とするリンアに出来ることなど、ほとんどな
    い。いくら彼女が一国の姫でも……仕事に関することは
    、成人ではないと無理である。
     また、あの事件というものには、リンアも関係してい
    るため、自由に外出すらできない。
     ……全く、フィルがいなかったら、あたしは今ごろ引
    きこもりになっちゃってるわ。
     そんなことを考えているうちに、甘い香りがリンアの
    鼻をくすぐった。
  • 5    ミク* id:ez-PKyN4TT1

    2012-04-03(火) 23:37:41 [削除依頼]
    二次創作は駄目だよー
  • 6 無花果。 id:isqx7mC0

    2012-04-04(水) 09:29:57 [削除依頼]
    二次創作とは?
  • 7 無花果。 id:isqx7mC0

    2012-04-04(水) 09:34:54 [削除依頼]
    失礼しました。
    二次創作のつもりはありません。
    なぜそう考えたのか、参考にするので教えていただきたいです。
  • 8 結城 美鶴 id:NY7n8VM0

    2012-04-04(水) 09:46:16 [削除依頼]
    たぶんゲームの「緋色の欠片」のことだと思う。
    名前は知っていても内容は知らないのでなんともいえない。
    題名がにてても内容がちがければいいと思う。
  • 9 無花果。 id:isqx7mC0

    2012-04-04(水) 09:53:58 [削除依頼]
    ありがとうございました。
    「緋色の欠片」ですか…。
    うちも名前しか知りませんが、今度見てみようと思います。
    内容はオリジナルなので、読んでもらえるとわかると思います。

    結城 美鶴さんありがとうございました。
  • 10 無花果。 id:gUGv9Gu0

    2012-04-07(土) 13:33:29 [削除依頼]
    「緋色の欠片」読みました。
    まぁ、ストーリーは絶対かぶりませんが、
    アリアとリンアがにてますかね…。

    別で題名変えてスレたてます!もし読んで
    くれるひとがいたらごめんなさい!
    「緋(あか)イ想イ」って題名にする予定なので、読んでください!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません