死なせてください  *愛理*54コメント

1 ☆Aya☆ id:JMy83fm0

2012-03-30(金) 09:02:00 [削除依頼]
どうもぉ☆愛理です
「*実話 貴方とは会いたくない」が終わり、また別の小説に移りたいと思います♪
あ、私普通にタメなんで、皆もタメでヨロシクね☆

じゃあ、簡単に登場人物紹介しまぁす!
  神埼 萌(かんざき めぐみ)
年齢 14歳 中2
身長 160cm
性格 ・マイナス思考
   ・明るく、優しい
髪の毛 栗色
長さ 背中まで 前髪は横に止めている
肌 白い スタイル◎


松下 翔(まつした かける)
年齢 14歳 中2 萌とクラスメイト
身長 169cm
性格 ・不良
   ・たまに優しい
   ・乱暴
髪の毛 黒
肌 ちょい黒 イケメン スタイル◎

でゎ、どうぞ!↓
  • 35 愛理 id:uAI1Q1Y0

    2012-04-14(土) 19:56:01 [削除依頼]
    「三浦・・・・」
    三浦くんたちは相当反撃したのだろう・・・。
    顔は腫れていて、アザができている。
    安藤先生容赦ないな・・・。怖い。

    「・・・・悪かったな・・・ 手術させるような体にして」
    「別に 手術って言ったってそんなたいしたもんじゃねぇし」
    「松下・・・・・」
    本当に皆申し訳無さそうに松下を見つめていた。
    安藤先生・・・ホント指導の先生に向いていると改めて思った。
    何時間か前は皆とんだ不良だったのに今に至っては普通の中学生。

    「!」
    その後に何故か私にも視線が・・・・!
    何・・・?
    私が先生呼んだのを怨んでいるの・・・?
    「神埼も・・・悪かったな あんなことして・・・っ」
    「え?」
    三浦くんが・・・謝った・・・?!
    ありえないことが今現実で・・・!!
    「う、ううん!別にいいよ!もう気にしてないし・・・」
    「そ、そうか・・・よかった」
    ホッとしたような顔をする三浦くん。
    そんなに・・・ホッとすることなの・・・?
    ただ、私に謝るだけなのに。

    「・・・俺さ、気付いたんだよね」
    「?」
    「俺・・・本当はやっぱ神埼が好きなんだ 萌ちゃんが好きなんだ」
    「?!!//」
  • 36 優那 id:KCciExw.

    2012-04-14(土) 20:08:16 [削除依頼]
    実は前から読んでてお気に入りでした!!

    今、急激な展開なので!初コメしようかと…

    すごい、文の構成とか読んでて人を飽きさせない内容ですごいです!

    尊敬してます!
  • 37 斗真 id:U7pg7uI1

    2012-04-14(土) 20:37:42 [削除依頼]
    なんか・・すごいてんかいだなっ
  • 38 愛理 id:uAI1Q1Y0

    2012-04-14(土) 20:59:41 [削除依頼]
    >優那
    そうなの?!!
    わぁ、ありがとぉ☆

    でも尊敬されるほど者じゃないよ!
    あと、よく変換間違いとかするし・・・ダメダメ人間だからw

    >斗真
    急展開し過ぎかなぁ?
  • 39 愛理 id:YhBNXQF.

    2012-04-16(月) 19:04:06 [削除依頼]
    「え・・・でも三浦くん・・・私の事別に好きじゃないんじゃ・・・っ」(←松下から聞いたから知っている)
    「そうだ いきなりどうしたって言うんだ・・・!」
    「じ・・・実は俺さ・・・改めて思ったんだけど・・・っ 俺、毎日萌ちゃんの事ばっかり思ってた 俺・・・本当は萌ちゃんのことが好きなんだって分かったんだ・・・///」
    「え・・・・」
    一体何したんだろ・・・?安藤先生・・・。
    三浦くんをこんなんにしちゃって・・・。

    「萌ちゃん、別に好きな人とか付き合ってる人とかいないんでしょ?俺と・・・付き合ってくんない?」
  • 40 愛理 id:iEt/4v0.

    2012-04-18(水) 18:34:45 [削除依頼]
    いきなりのことで頭の中がぐるぐる回っている・・・
    「で・・・でも三浦くんって私の事別に好きじゃないんじゃ・・・っ(松下から聞いた)」
    「・・・確かに松下にはそう言ったけど、安藤と話しているうちに本当は萌ちゃんのことが好きだって分かったんだよ・・・!」
    「・・・・っ」
    「なぁ・・・別にいいだろ?俺と・・・付き合ってくれ・・・!!!」
    どうすればいいの・・・?
    私は・・・どうすれば幸せな道に・・・歩めるの?
    「そんなこと、俺が許さねぇよ」
    「!」
    「え・・・?」
    いきなり松下が反論を出してきた。
    「・・・何だよ・・・松下!邪魔する気かよ!!」
    「あぁそうだ お前なんかに神崎は渡せねぇ」
    あのぉ・・・。
    私物ではないんですけど・・・っ。
    てか・・・なんで松下が私の取り合いに参加してるの?
    松下は別に私の事が好きじゃないはずだけど・・・?

    「お前何?もしかして・・・萌ちゃんのことが好きなの?」
    「・・・・・・・っ」
    「何?図星?ハッ・・・お前なんかには合わねぇよ!!!」
    「お前だって神崎に暴力とか振るったくせに何偉そうにしてんだよ!!!」
    「!・・・っなんだとてめぇ・・・!!!」
    「そこら辺にしろっ!!!!」
    「「!」」
    とうとう安藤先生が怒鳴った。

    なんとか安藤先生のおかげてケンカは収まったけど・・・。
    気になることが一つ。

    松下って・・・私の事が好きなの?!!
  • 41 愛理 id:dZy78Wj1

    2012-04-20(金) 18:53:33 [削除依頼]
    頭の中はモヤモヤでいっぱい・・・。

    三浦くんは私の事が本当は好きで・・・
    松下は私の事が・・・好き?
    もう、意味わかんない!!!

    あぁ・・・。
    もし私があの時死んでいたらこんな思いはしなかったんだろうな・・・。

    ・・・そんなこと思っちゃダメだ・・・!
    松下がせっかく助けてくれた命・・・。
    大切にしないといけない。
    このネガティブ思考を変えなければ・・・。

    一人で帰る帰り道。
    ちょっと寂しい。

        ガラガラガッシャーン!!!
    「?!!」
    何の音?!!

    何かが・・・割れる音?!!
    「!」
    うちの窓が割れてる・・・。
    そこからは・・・お母さんが見える!!!
    もしかして・・・また酔ってるの?!!

    窓を割ったのは・・・お母さん?!
    窓の外には・・・うちのやかんだ!!!
    そのやかんの周りにはガラスの破片が散らばっていた。
    と、言うことは・・・お母さんはやかんを投げたって事?!!
  • 42 優那 id:QOLaAD61

    2012-04-21(土) 13:04:12 [削除依頼]
    やっぱりおもしろすぎ〜〜〜はあと))

    松下は…かっくいいですなあー
    取り合われるなんて、幸せ者だーwww

    続きが楽しみです!!!!!
  • 43 愛理 id:q8qGuT/0

    2012-04-22(日) 13:20:52 [削除依頼]
    >優那
    コメント、アリガト☆

    松下が現実にいたら嬉しいんだけどねぇ〜・・・
    現実にすることが出来る道具があったらするわw
  • 44 愛理 id:q8qGuT/0

    2012-04-22(日) 13:42:07 [削除依頼]
    「お母さんっ!!!」
    慌てて家に入ると前回異常にひどい。
    床にはガラスが飛び散っている。
    スリッパを履かないと足の裏を切りそうだ・・・。
    「あれれぇぇぇ〜?萌、帰ってきたぁのぉ〜??///」
    デレデレしている・・・。
    酔っ払い方が異常だ。
    お母さんの酒癖に迷う。

    「お母さん・・・昼間っからお酒飲んできたの・・・?」
    「そうでぇぇ〜しゅ!!// アハハハハハハ!!!//」
    「とにかく・・・水飲んで・・・・ってコップ全部割れてるな・・・ 仕方ない、紙コップでいい?」
    「はぁぁぁ〜い///」
    元気よく返事するお母さん。
    早く酔いが覚めてくれればいいんだけど・・・。

         シュッ!

    「!??」
    私の真横に何かが通った・・・。
    これって・・・ハサミ?!!
    「お・・・、おかあ・・・さん?」
    「えへへへへぇ・・・ 投げちゃったぁ〜・・・ヒック」
    もしかして・・・今お母さん私を狙って?
    「ねぇ萌ぃ〜・・・ 早くあの世に行ってくれなぁい〜??」
    「・・・え?」
    「早く萌があの世に行ってくれなぁいとぉ・・・ お母さん結婚できないじゃぁぁん!!!//ヒック」
    「そ・・・そういうこと・・・? そんな理由で私を・・・?」
    「そんな理由とはなにごとじゃぁぁぁ〜!!! 私は第2の人生を歩むんじゃぁ〜!!!アハハハハ!!!」
    これって・・・お母さんの本心?
    お母さんの思っていることを今お酒が素直に出してくれているの・・・?

    整理すると・・・お母さんには付き合っている(?)人がいて・・・お母さんはその人との結婚を望んでいる・・・。
    でもその人はお母さんに子供(つまり私)がいたら結婚できないと言っていて・・・私がいなければお母さんは結婚できるわけだ。

    じゃあ・・・お母さんは私には消えて欲しいってこと・・・?
    「萌ぃ・・・早く私たちの目の前から消えてぇ・・・?」
    「!!!」
    お母さんは平気でガラスの破片を私に投げてくる。
    「やっ、やめてお母さん!!!」
    「アハハハハ!!!」
    「お母さんってばっ!!!」
    私は・・・ここにはいられない!!!
    私は・・・ここにいちゃいけない存在なんだ!!!

    ・・・・
    逃げるしかない。
    「あぁ!待てぇぇ〜!!萌ぃ!!!」
    お母さんは酔っていてまともに歩けない。
    その隙に・・・!










    「ハァハァ・・・ッ!!」
    何も思わず走って着いたのは・・・私の学校だった。
    今はもう誰もいない。

    私は正門の門を乗り越え、学校に入った。

    ・・・ここに居候してしまおうかな・・・。
    でもそんな辛い生活、絶対私には耐えられないだろう。
    ・・・この世から消えてしまうか。

    唯一の家族にさえ嫌われている。
    嫌われているというか、私がいなくなることを望んでいる。
    なら・・・私は誰にも求められていないんじゃないの?
    私は・・・誰からも愛されていないんじゃないの?
    なら・・・消えた方がマシだ。
    消えた方が・・・私にとっても楽な道。
    「・・・・・・」
    いつの間にか、私の手にはあのナイフがあった。

    松下が巻いてくれた包帯を取る。
    もう・・・どうでもよくなっていた。
    何もかも・・・どうでもいい。

    こんなこと・・・死ねばなくなるんだから。

         スパッ
    「・・・・・ッ」
    前より痛くなかった。

    だって・・・今の方が辛いもの。

    私は学校の倉庫の裏で身を潜め、そのまま気を失った.............................
  • 45 ☆Aya☆ id:q8qGuT/0

    2012-04-22(日) 18:39:59 [削除依頼]
    =by松下=

    「やっべ・・・忘れ物した」
    中2の初めての忘れ物をした俺、松下翔。

    正門を乗り越え、ダッシュで校舎まで走る。
    早くしねぇと警備委員にバレる・・・!
    「・・・ん?」
    倉庫の裏から赤い液体が見える。
    もしかして・・・あれは・・・。

    「・・・・!!!」
    こんなことする奴って・・・!もしかしたら神崎?!!
    「ッ!!!」
    倉庫の裏を見ると涙を流して片手にナイフを持った神崎がぐったりした状態で倉庫にもたれていた。
    「・・・・・・!」
    首の筋に手を当てる。
    ・・・まだ脈はある・・・!
    急いで病院に運ばねぇと!

    血はまだ流れ出している。
    血もまだ固まっていない・・・つまり神崎が切ってそんなに時間は経っていないってことになるな。
    持っていたハンカチで応急処置。
    応急処置の仕方していて良かったぁ・・・。

    近くに大きな病院がある。
    走って3分ほど。
    救急車なんて呼ぶより走った方が早い!
    「頑張れよ・・・神崎!!!」
    助かってくれ・・・!神崎!
    俺頑張って走るから・・・死なないでくれ!
  • 46 愛理 id:q8qGuT/0

    2012-04-22(日) 18:45:26 [削除依頼]
    =by松下=

    「やっべ・・・忘れ物した」
    中2の初めての忘れ物をした俺、松下翔。

    正門を乗り越え、ダッシュで校舎まで走る。
    早くしねぇと警備委員にバレる・・・!
    「・・・ん?」
    倉庫の裏から赤い液体が見える。
    もしかして・・・あれは・・・。

    「・・・・!!!」
    こんなことする奴って・・・!もしかしたら神崎?!!
    「ッ!!!」
    倉庫の裏を見ると涙を流して片手にナイフを持った神崎がぐったりした状態で倉庫にもたれていた。
    「・・・・・・!」
    首の筋に手を当てる。
    ・・・まだ脈はある・・・!
    急いで病院に運ばねぇと!

    血はまだ流れ出している。
    血もまだ固まっていない・・・つまり神崎が切ってそんなに時間は経っていないってことになるな。
    持っていたハンカチで応急処置。
    応急処置の仕方していて良かったぁ・・・。

    近くに大きな病院がある。
    走って3分ほど。
    救急車なんて呼ぶより走った方が早い!
    「頑張れよ・・・神崎!!!」
    助かってくれ・・・!神崎!
    俺頑張って走るから・・・死なないでくれ!
  • 47 愛理 id:q8qGuT/0

    2012-04-22(日) 18:46:02 [削除依頼]
    ☆Aya☆〜・・・(怒)
  • 48 ☆Aya☆ id:q8qGuT/0

    2012-04-22(日) 18:59:04 [削除依頼]
    仕返しw
  • 49 愛理 id:s7Watnz0

    2012-04-23(月) 18:53:01 [削除依頼]
    うぬ・・・・
  • 50 愛理 id:Y/cWkq3/

    2012-04-24(火) 19:01:22 [削除依頼]
    「ハァ・・・ッ ハァ・・・ッ!」
    やっと病院に着いた・・・!
    これで・・・神崎は助かる・・・!!!
    「すっ、すみません!緊急でお願いしますっ!!!」
    「どうしたんだ?!!」
    「この子が・・・っ、自分で自分の手首を・・・っ!!」
    「何っ!!? 緊急オペだ!急げっ!!!」
    「はい!分かりました!今から準備してきます!」
    「頼むぞ!・・・もう大丈夫だ・・・!この子は助かる!まだそんなに時間は経っていないようだし・・・ よくここまで頑張ったなぁ!!!」
    「!は・・・っ、はい!ありがとうございます!」
    安心したとたん、俺の足は疲れが一気に来た。
    「はは・・・っ 震えてやがる・・・・」

    俺・・・こんなに頑張ったんだ・・・。
    俺・・・神埼を助けられたんだ・・・。
    次はお前が頑張る番だぞ・・・神埼っ!!!








    手術室の前。

          ガタン(『手術中』のライトが消えた音)

    「!」
         カラカラカラッ

    ベットに寝そべった神埼が出てきた・・・!
    その後、先生も出てきてた!
    「先生っ!神埼は・・・!!!」
    「大丈夫だ・・・!間に合ったよ あとは安静にしていたら一週間で退院できるだろう・・・!」
    「ほっ、本当ですか?!あっ、ありがとうございました!」

    「めっ、萌っ!!!」

    あれは・・・神埼の母親?神埼と・・・似てる。
    「先生っ!萌は・・・萌は!!!」
    「大丈夫です、手術は成功ですよ 安心してください」
    「あ・・・っ よかったぁ・・・!!!」
    ホッとしたのか、ペタンと床に座った。
    「・・・・?」
    母親からなんやらお酒の臭いがする・・・。
    お酒でも飲んできたのか?

    まぁとにかく・・・助かってよかった・・・!
    一応、アイツにも連絡しておくか・・・。
  • 51 愛理 id:JfXk2fs1

    2012-04-27(金) 19:51:01 [削除依頼]
    「ん・・・・っ?」
    ここは・・・病院?

    「あれ・・・?松下と三浦くんに・・・お母さん・・・?!ど、どうしてここに?!」
    「やっと気が付いたか!」「心配したんだぞ!」「よかったわ!」
    私・・・助かっちゃったの?

    切った腕にはグルグル巻きの包帯。
    そして・・・横には血のパックがあった。
    「・・・助かったんだ・・・私」
    「もう!どうしてあんなことしたの?!!萌!!!」
    もしかして・・・・
    お母さんお酒から覚めたの?!!
    まだお母さんからかすかにお酒の臭いがする。
    「・・・・全部・・・お母さんのせいだよ」
    「・・・え?」
    「お母さん・・・今恋人いるでしょ」
    「!ど・・・どうして知ってるの・・・?」
    焦ってる。
    何?
    私にそんなに隠したかったの?
    「昼真っからお酒飲むからだよ・・・ お酒はお母さんを正直してくれた お母さん、本当は私が邪魔なんでしょ?」
    「!」
    「私がいたら・・・結婚できなくて私が邪魔なんでしょ?」
    「そ・・・それは・・・」
    「正直に言ってよ!私を消そうとしたくせに!!!」
    「・・・え?萌、貴方何言ってるの・・・・?お母さんがそんなこと「したんだよ!私に向かってガラスの破片を投げてきたくせに!!!」
    「そんなこと・・・私覚えてないわよ!やってないわ!」
    「それは酔っていたからでしょ?!だから覚えてないのよ!!証拠はどこにあるって言うのよ!」
    「お母さん家の中見た?ガラスの破片が散らばってたでしょ?そこには私の切れた髪の毛があるはずだよ」
    「・・・え?」
    「お母さん」
    「?!!」
    そこにはその話を聞いていた先生がいた。

    「お母さん・・・とにかく警察に行きましょう」
    「・・・・・っ!知らない!私は知らない!」
    「お母さん!素直に行きましょう!」
    「嫌よ!警察なんて!こんなことなら・・・アンタなんか産まなきゃよかった!」
    「!!!」
    その後、お母さんは少し暴れつつも先生達に連れて行かれた。

    「・・・ほら・・・私は必要とされていないんだよ」
    「・・・神埼?」
    「だから私なんかいなくなればいいんだ!!!」
    「! 神埼!」「萌ちゃん!」
    私は隣にあったカッターナイフを手に取った。
    「ダメだ神埼!」
    私の手を掴む松下。
    「離してよっ!私の事なんか誰も愛してくれないんだから!」
    「俺が愛してやる!」
    「!」
    「俺がお前を愛してやる」「俺もだ」
    「だから・・・生きてくれ」
    「ま・・・松下・・・っ、三浦・・・くんっ・・・//」

    私は本当は愛されていた。

    血のつながりがなくたっていいじゃん。
    誰かが愛してくれればそれでいいじゃん。
    親がいなくたっていいじゃん。

    「だ・・・い好き・・・だよ・・・・っ//」
    「神埼・・・っ」「萌ちゃん・・・!」

         ギュッ

    二人が私を抱きしめてくれる。
    優しく、温かく・・・。
    私は・・・もうこれだけで十分だ・・・///
  • 52 愛理 id:ez2qqkz/

    2012-04-29(日) 08:57:36 [削除依頼]
    「・・・落ち着いたか・・・?」
    「う・・・うん//」
    二人のお陰で安心することができた。






    そして、お母さんはもうココにはいない。
    電話したところ、今事情聴取をしているらしい。
    お母さんはずっと「酒で酔っていて覚えていない 私はしていない」と言っているらしい。
    何度も警察は「本当は娘さんの事をどう思っているのですか?」と聞いても「お酒で酔っていて覚えていない 私はしていない」の繰り返しだそうだ。
    一時間以上していてもお母さんは正直に言わないらしい。
    「ハハ・・・ お母さんにとって私はそんな存在だったんだね・・・?」
    でも私はもうお母さんの事なんかどうでもいい。
    私には・・・松下と三浦くんがいる。

    まだどっちを彼氏にするか決められないでいるけど、二人は私の光。
    闇の中から私を助けてくれた。
    私には大切な存在......................

    失いたくない。
    いなくなって欲しくない。

    私、死んじゃったらもう二人に会えなくなる。
    そんなの・・・嫌だ!

    私はずっと二人といたい。
    私は生きたい。
    二人と生きたい。

    生きて、二人と一緒にいろんなところへ行きたい。

    だから・・・
    私は生きるよ。

    闇の中にはもう戻らない。

    私は光の中で生きる。

    二人の光の中で................
    ずっと................

                            END
  • 53 愛理 id:ez2qqkz/

    2012-04-29(日) 09:04:16 [削除依頼]
    なんか変な終わり方?だよね・・・。

    これで一応「死なせてください」は完結でぇす!
    呼んでくださった皆様、ありがとうございました♪

    莉夢様

    +.◎゚゚pq∞*))優子様

    優那様

    斗真様

    ↑こんな駄作にコメントをくださった方々です♪

    これからも小説は書いていくので、ヨロシクお願いします!
    あと、☆Aya☆の小説もお願いします☆

    ☆Aya☆は一緒に小説を作っている友達なので、私も手がけています!
    暇なときでいいので、呼んでみてくださいね♪
  • 54 愛理 id:QG497801

    2012-05-01(火) 18:32:29 [削除依頼]
    間違えました><

    呼んでみてください→読んでみてくださいです!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません