あ、妄想ですけど…何か?64コメント

1 non id:MTUS9yL0

2012-03-30(金) 00:00:41 [削除依頼]

短編妄想小説なんかを書こうかな。

あ、私めっちゃ飽きっぽいんでwww

そのへんご了承くださいっ★ww
  • 45 ミニ彼 id:hlGqOEe/

    2012-06-23(土) 21:21:39 [削除依頼]
    更新まってるからね!
  • 46 non id:ND13JmM/

    2012-07-30(月) 20:52:38 [削除依頼]

    あ、絢音!

    仕事の帰り道に会えてしまうなんて。
    俺はなんて幸運なんだろうか!?


    安達:あーやーねっ!

    絢音:わっ!安達さん!!
       仕事の帰り?

    安達:うん。

    絢音:おつかれー


    …癒しやなー…
    ほんと癒し。

    安達:…今日から藤兄さんいないんやもんなー

    絢音:ねー…

    少し寂しそうな顔をする絢音に、胸が痛んだ。

    やっぱり、藤兄さんのこと…好きなんやろか。。。


    絢音:…?安達さん今日、元気ないねー
      仕事きつかったのん?

    安達:え?あぁ、うん。まぁまぁなー

    絢音:そっかぁー

    安達:絢音は?学校は?

    絢音:学校好きよー!もうそろそろ、学祭の準備はじまるなー
       学祭のとき、時間あったら来てねっ!

    安達:行く!時間なくても行く!

    絢音:嬉しいなーw
       …あ、じゃ、うちはココで…
       またねっ

    安達:おぅ…あ!!待って!!

    絢音:ん?

    安達:明日、暇?

    絢音:暇!!w

    安達:あそぼ!

    絢音:いーよっ!

    安達:よっしゃ!←ガッツポーズしてる
       じゃ、跡でメールする!

    絢音:りょーかい!
       …あ、直さんとかも誘う?

    安達:え…あ…いやだっ!!
       2人であそぼ!

    絢音:wわかった!w
      そーしよ!


    絢音と…デートやっ♪

    俺、気持ち悪い?!

    いや…頑張れ俺!


    そして迎えた翌日。

    穏やかに晴れた土曜日。
  • 47 non id:Gdxwy0k0

    2013-03-16(土) 23:43:02 [削除依頼]


    *ayane*


    月曜日、火曜日…

    隣の部屋には藤さんは居ない。

    今までもこんなことはたくさんあった。
    けれど、こんなに寂しく感じたのは初めてだ。

    あたしどうかしたのかな…?


    月曜日の夜、電話をかけてきたのは
    藤さんだった。


    藤:もしもし?絢音?

    絢音:わ!藤さんからかけてくれたの?
       なんか嬉しーいww

    藤:…心配やったもん…

    絢音:…ありがとね、心配してくれて

    藤:ええんやで、
      あのな!今日な!…


    そんなふうにいつものように藤さんは話しだす。

    電話だと、いつもと少し違うような感じがする。
    なんだか緊張する。。。


    電話を切るとき…

    絢音:そろそろ寝たほうがいんじゃない?
       明日も早いんでしょ?

    藤:わ…。もうこんな時間なんや

    絢音:すぐだったねwすごく早く感じた

    藤:ほんまやな…
      じゃあ…また明日も電話するから!
      着信拒否すんなよ!!

    絢音:おっけぃ!…拒否設定しとかんと…

    藤:おい!!

    絢音:冗談ww
      …明日、電話待ってる。

    藤:うん…待っといてな。
      おやすみ

    絢音:おやすみ!


    …なんか、幸せだ!
    なんだこれ!w

    ほんと藤さんいてよかった。ありがとね、


    早く帰ってきてー…


    今日もお父さんとお母さんは帰らない。

    ひとりぼっちの家。

    隣もすごく静かだった。
  • 48 non id:Gdxwy0k0

    2013-03-16(土) 23:47:34 [削除依頼]


    46のやつ、曜日おかしいですね(汗
    ごめんなさい

    穏やかに晴れた火曜日です。

    明日は火曜日です。
  • 49 non id:Gdxwy0k0

    2013-03-16(土) 23:51:15 [削除依頼]


    昨日の藤さんの電話のおかけで、少し元気!

    きょうは火曜日。放課後は安達さんと遊ぶ!
    …誰かと居ないと、寂しさにつぶされそう。

    そんで、明日水曜日は藤さん帰ってくるし!
    がんばれ、あたし。
  • 50 non id:8oJls.G.

    2013-03-17(日) 00:12:15 [削除依頼]


    *adati*


    きょ う は あ や ね と デ − ト !!!!!!!

    ついにこの日が来たよっ!!
    テンションでいろいろ壊れそうだw


    安達:…絢音っ!

    絢音:やほーい!


    …せいふく、かわいい。
    やっぱ絢音かわいい。


    絢音:…ん?どしたの?

    安達:えっ、あ、なんでもない!
      ごめんごめんww

    絢音:えーなにそれw で!どこいく?

    安達:喫茶店いこうか?

    絢音:うん!おなかすいた!


    ***************************


    絢音:パッフェ食べよ!安達さんも食べる?
      うちひとりじゃ無理ぽいw

    安達:おん、えーよ

    絢音:よし、そーしよーう


    はぁぁ…ささいな幸せ。

    いっつもは直とか兄さんいるからな。
    ほんと特別な時間やな…


    安達:ふぅぅ!食ったな!

    絢音:うん!美味しかった!

    安達:あ、俺おごるで

    絢音:へ?いーの?悪いよ

    安達:今日デートしてくれたお礼だから

    絢音:…でーと!?

    安達:男女が二人で遊んだら、そらもうデートやろ?

    絢音:すぐそーいうこと言う…
       あっ、ほんとにいーの?…ごちそうさまでした。

    安達:いいえ♪
       さぁ、どこ行きたい?

    絢音:…んー、あ!雑貨屋さん行きたい!

    安達:えーよ♪ 行こ行こ!


    ***********************


    絢音:うお!めっさ可愛いっ!!

    安達:ほんまやなぁ、こんなお店あったんや

    絢音:そーなの。うちもこの前、知ったの。
       藤さんと帰る途中で気づいたんだ〜

    安達:ほぉーん…


    …ん?
    藤さん?


    安達:兄さんとしょっちゅう帰るん?

    絢音:しょっちゅう…でもないけど、
       このへんでよく会うんだよねー。
       駅でばったり会って、そのまま一緒に、みたいな

    安達:ほーん…


    あかん、またちょっと嫉妬してもうてる…
    自分嫌やなぁ…
  • 51 non id:Q1hn/9.0

    2013-03-17(日) 00:21:48 [削除依頼]


    絢音:ね!ね!これ可愛くない??

    安達:…ww

    絢音:なんで笑うの!

    安達:いや、お前らしいなってww

    絢音:可愛いいぃぃっ。買おうかな

    安達:なら、買うたるよ

    絢音:え!いいよー
       おごってもらったばっかだし…

    安達:それとは別やんか。
       今日の思い出に、なっ

    絢音:…ありがとっ



    今すっごい可愛い顔した!なんやそれ
    うーわーあかんあかんて。


    安達:お前やっぱ可愛ええわ。

    絢音:…は!?///
       なに言ってんの、ばーか///


    …かわええ。変な落ち着きを取り戻すほどかわええ。
    ほんまに大好きやわぁ…


    安達:おれもコレ買うわw

    絢音:お!おそろだね!かばんに付けよ!

    安達:なっ


    おそろいのアヒルのキーホルダー。
    大事にしよ。
  • 52 ポンコロ(・ω・ ポン id:i-FTvLB1F.

    2013-03-17(日) 00:27:47 [削除依頼]
    面白いです!
    でも台本書きでは無い方がいいですよ。

    安達:それとは別やんか。今日の思い出に、なっ

    ではなく

    「それとは別やんか。今日の思い出に、なっ」
    と俺は言った。

    みたいに。
  • 53 non id:nRk2NFc.

    2013-03-17(日) 00:42:03 [削除依頼]


    二人のかばんにはおそろいキーホルダー。

    ブランコに揺れるふたり。

    太陽は少しずつ沈んできてて、
    暗い闇が広がり始める。


    絢音:安達さーん?

    安達:んー?

    絢音:今日ね、ほんと楽しかった。
      ほんとにありがと。

    安達:こっちこそやで。ありがとう。


    帰るのが惜しいな。
    ほんとこのまま居たい。

    安達:なんか、寂しくなってくるなぁ

    絢音:ねっw
       楽しいことのあとは寂しいよね
       
       またみんなで海行きたいなー

    安達:行きたいなw

    絢音:アレはさっ、青春だよねw

    安達:俺もそうう思うわw

       なぁ、絢音?
       俺、お前に聞きたいことあんねん。

    絢音:なんでしょう?

    安達:…お前さぁー、、、
      藤兄さんのこと…好きなん?

    絢音:え…

    安達:なんとなくな、そう思ってん。

    絢音:…わかんない…
      自分でもわかんない。
      でも、最近なんか違うんだ。
      なにが違うとか、それもわかんないけど…
      (ブランコ降りて立つ)

    安達:…。


    ぎゅぅ…


    絢音:!?安達さん??

    安達:…ごめんな、大好きやねん。

    絢音:安達さん…

    安達:前も言ったんやけど…
      でも、前よりもずっとずっと好きになった。

      今日も色んな顔見れて、やっぱ好きやわ
      って何度も思った。

      俺はもし、絢音が兄さん好きだとしても
      結ばれたとしても、やっぱり好きだと思うんよ。

      せやから、諦めたりせぇへんから俺は。
       
    絢音:…安達さん。。。
      ありがと、ほんとありがと。


    決して結ばれる訳じゃない。
    でも結ばれる可能性もないわけじゃない。

    どっかでそう信じてる。

    絢音が誰を好きでも…
    その相手が俺じゃなくても、

    俺は絢音が好きなんだから。
  • 54 non id:nRk2NFc.

    2013-03-17(日) 00:48:35 [削除依頼]

    ポンコロ(・ω・ ポン さん

    コメありがとうございます。

    台本書き…

    でも今回の作品はもうこれで書いてしまったので…
    次の作品からからそうしてみます!


    ありがとうございました!
  • 55 non id:pJoJa2b.

    2013-03-17(日) 22:34:30 [削除依頼]


    *ayane*


    水曜日。

    今日は藤さんが帰ってくる日。
    …ん?何でうちは少しうきうきしてるん?

    おかしい。なんかおかしい。

    でも、まあいっか。悪い事じゃないんだから。


    放課後。

    今日は早く帰ろっ!


    いつもの駅。電車に揺られる。
    そして改札。

    ここを出たら、いつも藤さんが…

    !!!

    いた!!


    思わず笑顔がこぼれる。


    絢音:ふーじさん!

    藤:おわ!絢音!

    絢音:おかえり!

    藤:ただいまっ


    久しぶりにみる藤さんの笑った顔。
    なんだか、胸がくすぐったい。


    絢音っ!


    ふいに呼ばれて振り向く。


    絢音:あ!直さんだー!
       藤さんと一緒だったの?おかえりー

    直:ただいまー!


    この安定のメンバー。

    絢音:すきだわぁ…

    直:え!?

    絢音:あっ、声出てたwww
      いや、このメンバー好きだなって

    直:あ…そーいうこと…

    絢音:ここに安達さん居たら完璧w

    藤:読んでみんなでメシいくか?

    絢音:いくー!!!やった!

    藤:…もしもし?安達?
      今からメシ行くんやけど、お前も行く?
      …あ、そーなん?はいよー

    絢音:どしたの?

    藤:なんか熱あんねんて、

    絢音:え!風邪か…

    藤:まぁ…しゃーないから、今日は安達抜きでやな
  • 56 non id:pJoJa2b.

    2013-03-17(日) 22:46:14 [削除依頼]


    三人で焼肉!


    絢音:そんで、大阪はどーだった?

    直:楽しかったよ!
     兄さんと部屋一緒でさw

    絢音:そーだったのww
      それは…良かったのか?w

    直:んーーー…まぁ

    藤:おい

    絢音:www
       楽しそうで何よりですww

    直:絢音ちゃん何してた?

    絢音:えっ…んー…特になにもw

    直:ふーん…

    絢音:あ!安達さんのお見舞い行く??

    藤:えぇよ別に行かんでもー
      風邪うつるで

    絢音:でもかわいそうじゃん

    藤:安達は強そうやから大丈夫やって

    絢音:えー
      安達さんの家行ったことないしさぁ〜

    藤:そこかい!

    絢音:いやwそれだけじゃないけど
      ねぇー直さん行くよねー?

    直:えー…じゃぁ行くw

    藤:…好きにしたらええやん
      俺、帰って寝るわ
  • 57 non id:pJoJa2b.

    2013-03-17(日) 22:50:08 [削除依頼]


    *fuzi*


    本当のことを言うと、
    絢音と居たかったから
    一緒にお見舞い行っても良かった。

    けど、少し嫉妬してしまった。
    少し酔ってたのもあるのかもしれない。

    悔しいけど…

    こんな日はもう帰って寝る。
  • 58 non id:pJoJa2b.

    2013-03-17(日) 22:56:32 [削除依頼]



    *nao*

    驚いた。
    兄さんがこんな事言うなんて。
    てっきり一緒に来るんだと思ってた。

    …少し嬉しい。
    だって絢音ちゃんと2人。

    やば…俺ちょっときもいかも


    絢音:何勝っていけばいいかな。

    直:飲み物と…果物?

    絢音:安達さんが果物とか…w
       それだけで面白いねwww

    直:たしかにww


    こんなふうに買い物をしていると、
    俺らは恋人にみえたりなんかするのだろうか。

    そんなこと考えるとニヤけそうになる。


    絢音:…こんなもんでいいか。

    直:仮病って可能性もあるしねw

    絢音:んー否めないww
       そんときはみんなで食べよw

    直:そだねw


    暗くなった夜道を二人で歩く。
  • 59 non id:pJoJa2b.

    2013-03-17(日) 23:15:08 [削除依頼]


    絢音:あとどのくらい?

    直:もうちょっと

    絢音:ほーん…
       安達さん、びっくりだなー
       昨日はすごい元気だったのに

    直:…昨日会ったの?

    絢音:うん。遊ぼって言われて、喫茶店行って
      雑貨屋さんいって…それで

    直:…それで?

    絢音:公園で…告白された

    直:え…

    絢音:実はね、2回目だったの。
      
    直:返事は?

    絢音:ううん、ありがとうってしか言ってないの

    直:…

    絢音:それで、昨日そんな感じだったから
      ちょっと心配っていうか… 
      こんな事言ったら上から目線だと思われるかな…

      でも、安達さんにそんな感情持ったこと
      なかったし、ありがとうしか言えなくて。

      なんか…どうしたらいいかな…

      …あ、もしかしてココ?安達家は

    直:えっあ、うんそう!

      (ピンポーン)

    直:安達さん?大丈夫っすか?
      お見舞いきましたよー?

    安達:(ガチャ…)んー?直?
      …わっ。

    絢音:安達さんだいじょうぶ??

    安達:絢音も…ありがとう大丈夫やで

    絢音:これ…差し入れ!

    安達:さんきゅ!冷蔵庫カラやったから
      助かったわ〜

    絢音:まだ熱あるの?

    安達:いんや、もう下がってて大丈夫☆
      2人でメシいったん!?

    直:いや、兄さん帰ったんすよ

    安達:ふーん…

    直:てなワケで俺らも帰りますわ

    安達:え!もう行くん?

    直:病人は寝ないと!!
      絢音ちゃん行こ!

    絢音:あ…うん。

    安達:まぁ、風邪うつしても困るか
       ありがとうな。
       気ぃつけて帰ってなー絢音っ。

    直:え、ちょ!僕はどーでもいんすか!?

    安達:おう!どーでもええ!(笑顔

    直:ひどっ!
      もう…じゃぁ帰りますっ

    絢音:ばいばい安達さん!

    安達:おん!
  • 60 non id:pJoJa2b.

    2013-03-17(日) 23:38:16 [削除依頼]



    直:絢音ちゃん、送るよ

    絢音:え?でも方向逆でしょ?

    直:いーのいーの。

    絢音:…ありがとうございます。

    直:いいえー


    絢音:なんか喋ってよ!!w

    直:…。


    絢音:?なんで止まったのん??

    直:あのね…


    思い切って絢音ちゃんの腕をつかんだ。
    ちゃんと向き直って。

    だめだ…近い…
    心臓止まる…

    落ち着けって俺!!


    絢音:ん?


    あーーもう!!
    なんでキョトンとした顔まで可愛いんだよ…
    あーーーもう!もう!


    絢音:…え…!?

    直:絢音、俺も好き。俺の方が大好き。





    …言っちゃったーーーー!!!!//////

    うわぁ俺どうしよどうしよ


    ほんとどうしよう…
    絢音とか呼び捨てにしてしまったし…

    でもここまできたらもう…


    直:つ…て…付き合ってくださいっ
    だっ…あの、仮でいいから!!
     その…
      付き合ってみてダメだったらそれでいいし…
      とりあえずでいいから!

    絢音:…ぷっ…はははっ

    直:え…!?!?何で笑うの!?!?

    絢音:直さん…すごい緊張した顔…wwww

    直:だって緊張したもん!!!

    絢音:うわーwwwやばかったwwww 
       …うん、いいよ。

    直:ん?

    絢音:とりあえず、なんでしょ?
       付き合お

    直:〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!

    絢音:なにそれwww
       よろしくお願いします。
       
    直:あああありがとう

    絢音:ただ…なんかごめんね。
       ほんとはこんな気持ちじゃだめなんだろーな…

       正直に言っとく。
       うちはまだ、恋人として直さんのことを
       見れないかもしれない。
       自分の中で何か整理つけるために
       付き合うのかもしれない。
       
       こんな気持ちでも、受け止めてくれますか?

    直:…うん、大丈夫。受け止める。

    絢音:…ごめん、ありがと

    直:いつかちゃんと好きにしてみせる。

    絢音:…(にこっ


    それはわかってた。 
    正直、すこしつらい。

    でも、きっと大丈夫。

    気持ちを、絢音の気持ちを
    いつか俺に向かせるから。


    もしも…もしもそうならなくても、
    少しだって好きな人と付き合えたんだから。

    後悔は絶対しない。
  • 61 non id:4w/g.tu0

    2013-03-18(月) 22:58:55 [削除依頼]


    *ayane*


    突然のキス、そして告白…

    まさか直さんがあたしの事を
    そんな風に思ってたなんて。


    そして、あたしはOKしてしまった。

    …してしまったなんて言い方はよくないな


    そんな事を考えながらとぼとぼ歩く。

    うちのマンションがみえてきた。

    その隣、藤さんの部屋の明かりは
    まだついていた。


    あれ?寝るんじゃなかったの?


    そう思って、家の鍵を開けてると
    藤さんの家のドアが開く。


    藤:…お、おかえり

    絢音:ただいま
       寝たんじゃなかったの?

    藤:んー、寝られへんくて

    絢音:ふーん…

    藤:…うち来る?

    絢音:あ、いく!待ってて

    藤:おん


    藤さんは、あたしが直さんと付き合う事を
    どう思うだろうか。


    家に荷物を置くと、すぐ藤さんの家に行った。
  • 62 non id:4w/g.tu0

    2013-03-18(月) 23:20:42 [削除依頼]


    やっぱり藤さんの家は落ち着く。


    藤:絢音…さっきごめんな

    絢音:ん?

    藤:なんか…すぐ帰ったやん俺

    絢音:あー…仕事で疲れてたんでしょ?
       少し怒ってるっぽくも思えたけどw

    藤:んー…ごめん

    絢音:いや!謝んなくていーし


    少しの沈黙。

    そして、あたしは思い切って聞いてみる。


    絢音:藤さん…あのね、あたしね、  
       直さんと付き合うことになったんだ

    藤:…え?

    絢音:さっきね、告白…されたんだ
       そんで、試しに付き合ってみない?って。

       あたしは誰かと付き合ったこと、
       今まで一度もなかったから
       付き合うって言う事がまだなんなのか
       わかってないと思う。

       だから、これを機に、というか…
       知れたらなって思うのね

       …本当はこんな気持ちで付き合ったら
       だめなんだろうなってのはわかってる。

       でも、それも理解してもらったつもりなの

      
       でも…どうしよう…


    ここまで吐き出したとこで、
    なぜか涙がでてきた。

    藤さんの前だと、全部素直になれる。


    絢音:ごめんっ…なんかあたし
       色々だめだ…

    藤:…そんなことないで
      誰かと付き合うって、すごい勉強になると思う

    絢音:…うん

    藤:ええやんか、とりあえずでいいって
      向こうは言っとるんやろ?
      
    絢音:…うん

    藤:大丈夫やって…俺もおるから

    絢音:…うんっ


    藤さんはやさしい。
    最近、藤さんが昔と違って見える。

    今まで知らなかった感情。
    なんなんだろ…これ


    でも、すごくすっきりした。
    藤さんは偉大だーw


    ありがとね、藤さん
  • 63 non id:4w/g.tu0

    2013-03-18(月) 23:25:53 [削除依頼]


    *fuzi*


    俺…壊れるかと思ったわ。

    なんかこう、胸がきゅぅぅって…

    情けなっ!!


    でも、よく隠したよ
    この気持ちを。偉いよなぁ、俺。

    いつか報われるよなぁきっと…

    だって俺の方が…大好きやもん

    絢音はきっと困ってる。
    今まで経験したことないようなことばっか
    いっぱい起きとるんやもんな…


    直と付き合うのは仮やから。

    大丈夫だ!俺
    チャンスはまだある…はずやんな


    あー…つらい

    好きって辛いんやな…
  • 64 non id:JlUuqku.

    2013-09-13(金) 01:27:43 [削除依頼]

    *ayane*

    好きってつらい。

    よく聞く言葉。

    実際はどーなんでしょう…
    経験不足なあたしには何にもわかりません。


    …あたしこんなんでいいのか!?

    いや、きっと後悔はしないよ、だって直さんだから。


    …んーんーんんん…
    あたしは何になやんでるんだろ?
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません