終わらない『イジメ』7コメント

1 ヴィーナス id:nW.GnXT.

2012-03-29(木) 21:10:12 [削除依頼]
おもな登場人物

女 高村 瑠奈(たかむら るな)
女 前沢 由羽(まえさわ ゆう)
女 新輝 みなみ(しんき みなみ)
男 簾藤 翔(れんどう しょう)
男 菅田 漣太(かんだ れんた)

あらすじ
5人が通っているのは、天才ばかりが集まった桜原中学校。そこでは
イジメがひどいということがうわさで…そこに高村瑠奈は転校してきた。
瑠奈がイジメられる学校の日々の物語。

よろしくお願いします!
  • 2 ヴィーナス id:nW.GnXT.

    2012-03-29(木) 21:33:26 [削除依頼]
    〜学校の門の前〜
    [今日から、天才ばかりが通う桜原中学校に通うことになった。]
    瑠奈の目には立派な校舎が写っていた。緊張しながら、門を
    通り抜けた。
    とことこ…下を向きながら、廊下を歩いた。すると、いい
    香りのする人が、さっと横を通った。
    [いい香りの人…]
    そんなことをつぶやきながら、その人の後ろ姿を見つめていた。
    佐藤先生「あら?あなたが転入してきた高村瑠奈さん?」
    瑠奈「っはっはい!」
    佐藤先生「ここはレベルの高い学校だから頑張りなさいよ!
         そういえば私の名前を言ってなかったわね。私は
         2年1組担当の『佐藤 亜津子』よ。よろしくね。」
    瑠奈「お願いします!」
    [この人が今年の担任の先生か…優しそうなひとでよかった…]
    再び瑠奈は歩き出した。
    〜2年一組教室〜
    [ここか…]
    真愛美「うわーかわいい子!私、桜 真愛美(さくら まなみ)
        よろしくねぇ^^」
    瑠奈「うっうん…私は高村瑠奈よろしくね…」
    [相手から話しかけてくれるのはうれしいことだ…]
    「バンッ」
    机をたたいて勢いよく立ちあがった子がいた。
    [どうもわがままそうな子だ…]
    みなみ「はじめまして…私、新輝 みなみっていうの!
        よろしくねっ」
    少し怖い笑顔で言われた。
    [まあ多少、仲よくなれそうにない人もいたが、クラスにはなじ
    めそうだ。]
  • 3 ヴィーナス id:nW.GnXT.

    2012-03-29(木) 21:37:28 [削除依頼]
    さっそく書いてみました。

    みんなに読んでいただけるとうれしいです。
  • 4 ヴィーナス id:nW.GnXT.

    2012-03-29(木) 21:59:14 [削除依頼]
    授業が始まった。隣にすわっている真愛美がこそこそ話しか
    けてきた。
    真愛美「あとで校舎の紹介してあげるね!」
    瑠奈「ありがとう!」
    〜休み時間〜
    真愛美「いこ!」
    瑠奈は真愛美におもいっきり手を引っ張られた。
    真愛美「ここがトイレ!ここが職員室!…あっ!体育の中はいっていいか
        先生に聞いてくるね…」
    コンコン…
    真愛美「失礼しまーす!」
    真愛美が職員室に入った瞬間、男子2人が瑠奈のほうに走ってきた。
    [なんだろう?]
    翔「俺、簾藤 翔っていうんだ。こいつが菅田 蓮太。」
    漣太「っよろしくな」
    瑠奈「っなに?」
    蓮太「真愛美には気をつけろよ!」
    瑠奈「なんで?優しい子じゃん!?」
    翔「・@−^¥@:みなみ・:@;・。。!」
    早口すぎて何を言っているのか全く分からなかった。
    蓮太「出てくるぞ!逃げろ!」
    2人は全速力で走って行った。
    真愛美「ダメだって…あれ?あいつら何なの?」
    瑠奈「みなみがナンチャラカンチャラって言ってたよ。」
    真愛美「…」
    その時の真愛美の目はものすごく怖かった。2人をにらんで…
    真愛美「あいつらのことなんか信じちゃだめだよ!」
    瑠奈「っうっうん…」
    [なんだろう…]
    〜放課後〜
    帰り道、自転車で走っていると朝私のよこを通った人が自転車で
    帰っていた。
    [しゃべりかけてみよっかな?]
    瑠奈「あの…」
    由羽「なに?」
    瑠奈「あっ何でもありません。すいません。」
    由羽は微笑んで自転車で帰って行った。
    [すてきな笑顔…クールだなあ]
  • 5 ヴィーナス id:nW.GnXT.

    2012-03-29(木) 22:30:56 [削除依頼]
    〜翌日〜
    すず「成績でランキングがつけられるんだよ!どーしよ…」
    この前しゃべりかけてくれた、星 すずがいった。
    瑠奈「嘘!」
    佐藤先生「はい!今から、数学、英語のテストするよ!確認テストだから
         満点も当然よね?」
    [出た。苦手な教科である数学と英語…全然勉強してないしー]
    真愛美「私、全然勉強してなーい…どーしよー」
    瑠奈「私も…してないよ…」
    佐藤先生「はじめ!」
    みんな一斉に手テスト用紙を裏返した。
    私はびっくりした。あまりのむずかしさに…
    [どうしよう、1問もわからない…]
    シャカシャカ…さすが有名中学校。誰一人、手を止めている人がいない…
    佐藤先生「終わった人は手をあげて、回収するから。」
    〜5分後〜
    っなんと、たった5分でテストが終わった人がいた。その人は、由羽。
    [成績topとは、うわさで聞いてたけど…さすがに5分は早すぎるだろう…]
    佐藤先生「やっぱり前沢が一番か…結構難問にしたはずなんだけど…」
    どんどん みんなの手が挙がっていく…ついに残すは私だけとなってしまった。
    佐藤先生「あと5秒。4、3、2、1、終了!」
    [やっばー白紙だー]
    佐藤先生「点数はまる付けできしだい、発表しまーす。」
    〜お弁当の時間〜
    佐藤先生「テストの点数を言っていきます。」
    すず「いよいよ発表だね…」
    瑠奈「うん…」
    真愛美「絶対0点だよぉ」
    [それは私のセリフだ!]
    佐藤先生「100点。前沢、新輝、星、簾藤、菅田。高村以外のみんなは95点!
         高村は0点!」
    […言葉が出ない…]
    〜休み時間〜
    瑠奈「ねえねえ  真愛美ちゃん みんなすごいね。」
    真愛美「・・・」
    瑠奈「ねえ 聞いてる?」
    真愛美「うっせーんだよ!馬鹿がしゃべんじゃねーよ!ばーか!」
    みなみ「へえ…0点。逆にすごいよね…おばか?1ね?」
    ははははははは…
    [なんで…真愛美ちゃん…あんなにやさしくしてくれたじゃん!]
    真愛美「なんでそんな点数とれるんですか?」
    由羽「よくそんなこと言ってられるね…。」
    みなみ「はぁ?」
    由羽「カンニングしてるくせに…」
    真愛美「なめてんのか?」
  • 6 みい id:TLLd4eQ0

    2012-04-03(火) 14:48:28 [削除依頼]
    おもしろい!!!
    はじめまして、中2のみいです♪
    更新がんばってください☆
    あっ、みいって呼んでください///
  • 7 (☆ω☆)ひなた(☆ω☆) id:e78xixb.

    2012-04-03(火) 15:04:44 [削除依頼]
    面白いです!!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません