Good buy my memory.22コメント

1 ゆま。 id:RFioWQH.

2012-03-27(火) 07:32:15 [削除依頼]
さようなら、私の記憶。
絶対に、取り戻すから。
少しだけ、待っててね。

「Good buy my memory…」
  • 3 ゆま。 id:RFioWQH.

    2012-03-27(火) 07:54:56 [削除依頼]
    ピピピ…ピピピ…
    いつもより早く設定した目ざまし時計が
    大きく鳴り響いた。その音で
    私は目が覚めた。
    「…今日は、『記憶』の実験日、か」
    小さく呟く。立候補で実験台になるため、
    少し楽しみでさえあった。
    「よし、準備 準備!」

    準備を終え、玄関を出ようとすると、
    玄関のチャイムが鳴った。
    優衣が来たのだろう。
    「おはよ、菫。いよいよだね。」
    「うん、そうだね。でも、後悔してないよ。
    やっぱり参加してよかった」
    「そうだね。これから病院でも
    役立つかもしれないんだから!」
    お母さんにいってきます、と言うと、
    静かに外へ出た。
  • 4 ゆま。 id:RFioWQH.

    2012-03-27(火) 08:00:05 [削除依頼]
    バスにゆられながら、景色を見る。
    ―この街並みも、忘れちゃうのかな…?
    いや、そんなはずない!
    実験は、成功するんだもんね!
    「がんばらなくちゃ…」
    「あ、菫、駅着いたよ!」
    トントンとステップを降りると、
    ゆっくり歩き始めた。
    そこから少し歩くと、そこにビルはあった。
    何階建てなんだろう。
    数えようとすると、果てしないくらいだ。
    「とりあえず、中に入ろう?」
    「そうだね。」
  • 5 ゆま。 id:ZMai/Nj1

    2012-03-28(水) 07:04:24 [削除依頼]
    「う、わー・・・!」
    エントランスホールは、2階まで
    吹き抜けになっていた。
    2階部分は、通路が浮いている。
    圧倒されながらも、受け付けへ行った。
    「あの、記憶の実験なんですけど―…」
    「ああ、それなら、29階ですよ。」
    に、29階!?そこまであるの!?
    田舎者だった私は、驚くばかりであった。
    エレベーターで29階まで行くと…。
  • 6 ゆま。 id:ZMai/Nj1

    2012-03-28(水) 07:10:27 [削除依頼]
    「やばっ!!」
    エントランスホールの横幅と
    同じ長さの廊下が端まで続いている。
    そこに、たくさんのドアが並んでいた。
    そして、小さな受付みたいなのまであった!!
    その人に実験室の場所を聞いたら、
    一番奥の部屋らしい。
    …やはり、子供が歩いていると、
    大人がじろじろ見てきた。
    でも、いっか。
    とりあえず、実験室 実験室。
    …お、ここか!!
    ワクワクしてドアを開けると―…
  • 7 ゆま。 id:ZMai/Nj1

    2012-03-28(水) 07:26:24 [削除依頼]
    「…。」
    真ん中に1つ、台のような
    ものがあり、その上には
    大きな丸い機械が数本の糸で
    吊り下げられていた。その機械から
    何本ものコードがぶら下がっていて、
    色々な所につながっている。
    「あのー、実験に協力する―…」
    「はいはい実験台さんね?待ってたよ〜。
    じゃ、さっそく真ん中のやつに
    横になってくれるかなー?」
    「はい。」
  • 8 ゆま。 id:ZMai/Nj1

    2012-03-28(水) 07:32:40 [削除依頼]
    この人キャラ濃いな、と思いながら
    台の上で横になる。
    ズボンでよかった、と少し思った。
    私が横になると、さっきの人が
    台についているコードで
    私を縛りはじめた。
    腰と手首と足首だけだった。
    それを終えると、色々な所に繋がれていた
    コードを、次々に台へ繋いでいく。
    周りが見えない程だ。
  • 9 ゆま。 id:ZMai/Nj1

    2012-03-28(水) 07:38:44 [削除依頼]
    まるで手術室みたいだ。
    そう思ったのは、優衣が
    2階部分にあるガラス窓から
    私を見ていたからだ。
    と―…。
    「…これより、記憶を抜き取る実験を始める」
    そう言いパソコンをかちゃかちゃと
    動かすと、コードが電流で
    光り始めた。すると―…。
    「っ!!」
    「耐えろ!耐えるんだ!」
    ―ここから先の記憶はなかった…。
  • 10 ゆま。 id:ZMai/Nj1

    2012-03-28(水) 07:45:02 [削除依頼]
    「…れ、菫!」
    「うーん…」
    「菫!?起きた!?」
    「…?」
    「やっぱり分からないか。あなた、
    記憶が抜き取られたんだものね」
    「記憶、を…?」
    「そう。記憶を失くす前のあなたは、
    この政府の実験に協力し、
    この国の未来に尽くそうとしてたの」
    「私は…。」
    …やはり別人にしか見えない。
    優衣はそう思った。
  • 11 ゆま。 id:ZMai/Nj1

    2012-03-28(水) 07:50:09 [削除依頼]
    「じゃあ、私は一旦行くね」
    そう言い、静かに部屋を出た。
    実験室に戻り、実験者に話を聞いた。
    「ああ、実験は大成功さ。
    見事に記憶を抜き取る事ができた。
    あとは、それを全く同じ状態で
    戻せるかどうか、だな」
    「へぇ、これが記憶のメモリーか…」
    「…誰ですか?さっきは
    実験室に居なかったですけど…。」
    「ああ、私の息子の昌だ。
    未来の大科学者さ〜!」
  • 12 ゆま。 id:ZMai/Nj1

    2012-03-28(水) 07:53:40 [削除依頼]
    「昌だ」
    短く言うと、画面に目を戻す。
    「やはり実験以外に興味はないんだねー。
    さすが、と言いたいが、
    実験の協力者とコンタクトを取るのも―」
    「こいつは協力者じゃない。
    何もしてないじゃないか」
    「あーだったら、この記憶を
    持ってる子に会うか?」
    「それなら行く」
    優衣は少しムッとしたが、ついて行った。
  • 13 ゆま。 id:ZMai/Nj1

    2012-03-28(水) 07:59:35 [削除依頼]
    ガララ…。
    病院のようなドアを開けると、
    そこに少女はいた。
    記憶を抜き取られたのに、
    天使のように笑いかけてくる。
    そんな少女から、目が離せなくて、
    昌はしばらく黙っていた。
    「どうしたどうした?女の子に
    ホレちゃったか?」
    「違う」
    と断言したが、その時の笑顔は
    何日も頭に残ってしまう事を、
    少年はまだ知らない。
  • 14 ゆま。 id:ZMai/Nj1

    2012-03-28(水) 07:59:49 [削除依頼]
    コメント欲しいでっす・・・
  • 15 ゆま。 id:W4iyCfd/

    2012-03-29(木) 05:24:40 [削除依頼]
    「…っ」
    何か変なことを考える自分が気持ち悪くさえ見えて、
    もやもやしてきたので…
    「帰る!」
    「んー?もっと見なくて
    いいのかー?」
    「充分だっ!!」
    「…そうかい、そうかい。
    この実験は、僕なんかよりも昌が
    向いてそうだ…。
    「??」
    優衣には絶対チンプンカンプンである。
  • 16 ゆま。 id:W4iyCfd/

    2012-03-29(木) 05:26:30 [削除依頼]
    15 ミス発見機発動☆w

    向いてそうだ…。  ×
    向いてそうだ…。」 ○

    ですよっ
  • 17 ゆま。 id:W4iyCfd/

    2012-03-29(木) 05:31:45 [削除依頼]
    「おーっと、挨拶が遅れてしまったね。
    どうも。僕があなたの記憶を
    取ったんですよー!あはははははっ」
    笑うところじゃないでしょ!
    優衣はそう思ったが―…
    「はじめまして」
    首を少し傾けて、おじぎをした。
    …やっぱり、菫は記憶を失くしても
    誰にも優しいのね…。
    優衣はそう思った。
  • 18 ゆま。 id:W4iyCfd/

    2012-03-29(木) 05:39:24 [削除依頼]
    「あー、そうそう。
    記憶のメモリー…じゃ分からないかな?
    記憶のデータは貴重だからさ、
    これからいろんな人が見に来るんだー。
    だから、最低でも1ヶ月くらいは
    ここに戻ってこないよ」
    「―1ヶ月、ですか…。」
    そんなに長い間、菫は記憶を
    失ったまま…。そう、空っぽのまま
    生きていく。ヘタしたら、それが
    一生になるかもしれないんだ。
    その時は、私が菫を守らなきゃ…!
    優衣は固く誓った。
  • 19 ゆま。 id:W4iyCfd/

    2012-03-29(木) 06:41:13 [削除依頼]
    コメント、なし。あははっ(泣
  • 20 ソルファ id:ez-AbMmWVZ1

    2012-03-29(木) 09:33:55 [削除依頼]
    内容にはまだちゃんと目を通してないんだけども、その……タイトルbuyじゃなくてbyeじゃないかな。buyだと買うって意味ですよ。
  • 21 ゆま。 id:W4iyCfd/

    2012-03-29(木) 09:55:15 [削除依頼]
    「あ、おっさんからの忠告だよー。
    おでかけとかは明日からにしなねー?」
    「なんでですか?」
    優衣がたずねる。
    「今日は聞くことが山積みなんだよー。
    それと…あまり記憶を詰め込むな」
    「…?なんでですか?」
    「まず、彼女の前の記憶が入る容量が必要だ。
    そこに新しい記憶が入っていたら、
    すべてを完璧に思い出せなくなるんだ。
    それは、実験の失敗にもつながる」
    「…」
  • 22 ゆま。 id:W4iyCfd/

    2012-03-29(木) 09:56:04 [削除依頼]
    20
    間違えたと思いました><;
    直せないんでそのままやってます…w
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません