I love you throughout life. 13コメント

1 里桜 id:3I/eKsX1

2012-03-20(火) 15:26:37 [削除依頼]



 私の気持ちが許される限り、
 傍にいれる時間がある限り、

 私はあなたを一生愛します……。


 I love you throughout life. /里桜*
  • 2 里桜 id:3I/eKsX1

    2012-03-20(火) 15:29:55 [削除依頼]



       皆様初めまして。中学二年生の里桜です。
       ちなみに今年受験生!書くのは初めてで、
       更新するのが恐ろしいですが見ていただ
       けたら嬉しいですbbコメントは喜びます*


       では、スター?(*'ε°)
  • 3 里桜 id:3I/eKsX1

    2012-03-20(火) 15:56:47 [削除依頼]



     雲ひとつない青空。
     この日にふさわしい、
     すごく綺麗な空だった。


     だけど、とけ残っている雪が
     表しているようにまだ冷え切った
     冷たい風が私に吹き付けていた。


     「寒いよー……」


     私は制服のポケットに赤く、
     冷え切った手を入れた。
     少し温かかった。


     こんなことなら、カイロでも
     持ってくれば良かったなあ…。
     

     何て思いながら、目の前に
     広がる青い空を見ながら、
     学校に繋がる通学路を歩いていた。


     「連夜のばかっ!」


     後ろからそんな声が聞こえた。
     耳がキンキンするくらいうるさい。
     朝から元気がいいなあ……。
     こんな寒い朝に。


     バンッ……―
     ドサッ……―


     という音と衝撃とともに、
     私の視界が青空から一変、
     白い雪と黒い地面しか見えなく
     なった。


     「痛ったあ……」


     私は言いながら、体を
     起こした。腰のまわり
     がジンジン痛む。


     「君、大丈夫ぅ〜?」


     ぶつかったと思われる男が
     声をかけてきた。
     なんか……、むかついた。
     チャラチャラした態度に、反省し
     てない心配の仕方。

     ありえないこの人!!


     
     私は何回も謝ってくる男を
     無視して、学校に向かった。
     
  • 4 里桜 id:3I/eKsX1

    2012-03-20(火) 16:12:51 [削除依頼]



     「緋莉!おはよー!」


     学校の近くの交差点で
     信号待ちしていると、
     同じ部活に所属している
     友達が二人、来た。


     「桜空!水麗!おはよう!」


     私は二人に挨拶を返した。
     桜空と水麗はお互い、心友。
     すごく仲がいい二人。
     羨ましくなるくらい。


     「あ!私、桜空と同じクラスだよ!」
     「うん!よろしく!」


     私と桜空は、五クラスある中の
     三組だった。水麗は、残念ながら
     四組だった。


     「そういえば……。さっきまで
      “緋莉可哀想だね”って話を
      してたんだよ」


     水麗が言った。“可哀想”って
     どういう意味だろう??
     水麗と桜空は二人して、私を
     見る。そんな二人に私は質問した。


     「緋莉の隣の席の人、蒼乃でしょ?
      あの人の隣なんてついてないね」

     
     「蒼乃?誰、それ?」


     桜空が口にしている、“蒼乃”
     という人が私には分からない。
     そんなに有名な人なの?
     


     「うーん……。知らないほうが
      いいかも。会ってからの
      お楽しみだね」


     二人にそういわれて、気に
     なったけど、その後は何も
     教えてくれなかったから、
     諦めて会ってからのお楽しみに
     することにした。
  • 5 里桜 id:3I/eKsX1

    2012-03-20(火) 16:20:05 [削除依頼]



        cast*キャスト  ※後にまた紹介!


        水野緋莉   mizuno akari 
        高橋桜空   takahasi sakura
        谷口水麗   taniguti sumire
        中原蒼乃   nakahara aono
        
  • 6 Noa id:3I/eKsX1

    2012-03-20(火) 17:41:09 [削除依頼]



       里桜!新スレわあい★
       なんか珍しい名前の子
       ばかりで可愛らしい*
       その隣になると可哀想と
       言われる男は誰なんだろ?
       知りたいっZ
  • 7 里桜 id:y434ncC1

    2012-03-21(水) 18:59:51 [削除依頼]



       のあが初コメくれたあ!
       珍しい名前ばかりで読みづらいかも...
       その男の子は気になるよね〜!!
       楽しみにしてて(笑)
       
  • 8 里桜 id:y434ncC1

    2012-03-21(水) 19:19:09 [削除依頼]



     私と桜空は、三組の前に着くと
     水麗に手を振り別れた。何となく
     桜空の元気がなくなったような
     気がした。


     「えっと……私の席は……」


     “道”という誰か有名な人の詩が
     載った紙と共に、私の名前のシー
     ルが机に貼られていた。


     そういえば、さっきも思ったんだけど
     私の隣の席って“翔”じゃないっけ?
     “翔”は、小学五、六年って同じクラス
     だった。去年は、別のクラスだったけど。


     私がクラス表の紙を見て、数えたら、
     男子の四番目は“翔”で女子の四番目
     は私だったのに。


     何か見間違えた?
     それとも、桜空と水麗の見間違い??


     ……本当のとこ、どうなんだろう?


     「あ!緋莉!あの人だよ!」


     桜空が私の席に来て、教室の
     扉のほうを指差した。
     私は桜空の指差すほうを、
     ゆっくり見た。


     …………あああああ!!!
     あの人、あの時の……。


     「あのチャラ男じゃん!!」


     そこには、朝に私にぶつかって
     きた男がいた。
  • 9 里桜 id:y434ncC1

    2012-03-21(水) 19:29:15 [削除依頼]



     「なんだあ。緋莉、知ってるの?」


     桜空がのほほんとした声で
     聞いてきた。知ってるも何も
     朝に私を不愉快にした人だし。


     「桜空と水麗の言ってたこと、
      分かるような気がする……」


     あんな適当に生きてそうな人の
     隣なんて、本当ついてない。
     “隣になりたいくない理由”が
     今分かった。


     
     「頑張ってね〜」


     席に着いてなくてはいけない
     時間のチャイムが鳴った。
     今からあの席に戻るの……。
     有り得ない。


     
     呑気に笑う桜空に少し、苛立った。
     よく見ると、翔は私の斜め後ろの席
     で隣の席には、堂々とあの男が
     座っていた。


     私、あの男の名前、数え抜かして
     いたんだ……。


     何だか逆に、申し訳なくなった。
  • 10 里桜 id:y434ncC1

    2012-03-21(水) 20:16:32 [削除依頼]



     私はニコニコした顔で、私のほう
     を見ている桜空を睨みつけた。
     でも、桜空はそんなことに
     気付かず口パクで“頑張れ”
     なんて言ってるし……。


     「初めましてっ!
      中原蒼乃だよっ!」


     隣からそんな声が聞こえた。
     ああ……。朝から自己紹介。
     何か、隣が騒がしいってヤダ
     なあー。


     「えーーん!隣の席の女の子
      が俺の話を聞いてくれない
      よおー!」


     また、聞こえた。
     “隣の女の子”って私??
     “俺の話”って何??
     意味分かんない。


     「緋莉、気付いてないだけ
      だろ……」


     後ろから翔の声が聞こえた。
     “緋莉??”今、翔は私の名前
     を言ったよね?


     「何??」


     私は隣の男のほうを向いた。
     どうやら、私に話しかけてた?
     自己紹介してたっぽいし。


     でも……。


     向かなきゃ良かった。


     「あ!!君さ、今日の朝に
      ぶつかった子だよね?
      謝ったのに、許してくれ
      なかった子だよね?」


     としつこく言われた。
     ぶつかったのは、そっち
     じゃん。しかも、謝る羽目
     になった原因は、あんたに
     あるんじゃん!なんで、私が
     悪いみたいになってんの??


     これから数ヶ月、この人の
     隣で毎日過ごすなんて……。

     

     終わったあ。
  • 11 里桜 id:SUfz/Uw0

    2012-03-22(木) 12:24:09 [削除依頼]



       cast*キャスト  ※後にまた紹介!


       中山 翔   nakayama meguru
       伊勢 連夜  ise rennya
  • 12 里桜 id:SUfz/Uw0

    2012-03-22(木) 12:43:26 [削除依頼]
       >>8  訂正    ○男子の四番目は“翔”で女子の四番目     は私だったのに。    ×男子の十番目は“翔”で女子の十番目     は私だったのに。
  • 13 里桜 id:SUfz/Uw0

    2012-03-22(木) 12:55:49 [削除依頼]



     「あのね……だーかーら」


     私は久しぶりに呆れていた。
     もう、何回説明しても 
     分からないの……!
     これぐらい分からなきゃ、
     これから先どうするつもり
     なのよ……。


     「わっかんねー。
      何で緋莉は分かるんだよ」
     
     「緋莉って馴れ馴れしく
      呼ばないで」


     頭をかいて、不機嫌な顔を
     する蒼乃に私はすかさず
     注意した。まだ、知り合って
     から三日しか経ってないのに
     “緋莉”なんて普通に呼ぶの
     はおかしいよ。


     「えーじゃあ……。
      このxはどこにいくの?」


     またさっき教えたことと
     同じような質問をしてくる。
     何回教えたら、覚えてくれる
     んだろ。そして、こんな簡単
     な問題をなぜ解けない??


     「もう、本当分かんない!
      連夜あー」


     私にそう言うと、
     蒼乃は連夜の名前を
     連呼しながら、
     教室の一番前の席に
     座っている“連夜”の
     ところへ遊びに行った。


     「今、授業中だっつーの」


     私は昨日できた、後ろの席
     の友達、棗にそう話しかけた。
     
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません