ガキどもの祭典23コメント

1 Lv.7 冷酷の幽者はるみ君装備:幽剣・氷 id:CIe6aQA0

2012-03-18(日) 19:32:49 [削除依頼]
この物語は今ちまたで噂されてる、
路地裏の秘密のゲームセンター【神頼み】と、いう
招待状が送られてきた人しか入れない
言うと会員制のゲームセンターである。

そしてこの物語に参加するある高校生男女14人
が 希望、絶望、裏切り、仲間、団結力を試される
物語(ゲーム)で、ある。
  • 4 ムゾルフ id:q8.DumM/

    2012-03-18(日) 19:54:16 [削除依頼]
    ごめんなさい!
    2回もうってしまった!!
    スイマセン!!

    おうえんしてます!!
  • 5 Lv.7 冷酷の幽者はるみ君装備:幽剣・氷 id:CIe6aQA0

    2012-03-18(日) 21:01:30 [削除依頼]
           登場人物紹介DEATH☆
    ゲーム創始者:カイズ
    秘書:マリーナ
    参加者:
    オトコのコ
    1人目 島田 煌龍(しまだ こうりゅう)主人公

    2人目 皇 遵(すめらぎ まもる)煌龍の友達1(友好関係がすごい)

    3人目 高崎 透(たかさき とおる)友達2

    4人目 藤峰 美翼(ふじみね みかる)煌龍たちの先輩

    5人目 波川 光太郎(なみかわ こうたろう)煌龍の幼馴染。友達ではない
       
    6人目 波川 歩(なみかわ あゆむ)烈斗の幼馴染

    7人目 内島 烈斗(うちじま れつと)無口だけど運動神経、心理戦が強い

    オンナのコ
    8人目 香川 瑠実(かがわ るみ)煌龍の幼馴染。彼女

    9人目 皆川 歌鈴(みながわ かりん)

    10人目 古行 魅優(ふるゆき みゆう) 

    11人目 城島 華蓮(じょうじま かれん)

    12人目 檜 緋香里(ひのき ひかり)

    13人目 門宮 美鼓(かどみや みこ)

    14人目 潤 美嘉(うるう みか)

    敵:バーリヤーズ 詳細(ものすごい身体能力)
    BOSS0.5アンジェリカ 詳細(二刀流、強化ウイルスCX-009使用力が半端ない)
    BOSS1:??? 詳細(???)
    BOSS2:??? 詳細(???)
    BOSS3:??? 詳細(???)
    BOSS4:??? 詳細(???)
    BOSS5:??? 詳細(???)
    BOSS6:??? 詳細(???)
    BOSS7:??? 詳細(???)
    BOSS8:??? 詳細(???)
    LASTBOSS:アンジェリカ 詳細(二刀流二双拳銃、違法強化ウイルス
    NDH-529を使用前よりものすごく力が増している)

    ルール
    1.このゲームは強制参加です。
  • 6 Lv.7 冷酷の幽者はるみ君装備:幽剣・氷 id:CIe6aQA0

    2012-03-18(日) 21:18:39 [削除依頼]
    訂正
    ルール
    1.このゲームは強制参加です。

    2.武器は何でもありです。乗り物もです。

    3.現実とゲーム中の時間の動きは一緒です。

    4.1人1人の手首に付けてある腕輪はライフです。
    痛みは感じませんが、ライフがなくなると
    心臓麻痺で死んでしまいます。
    死んだら現実の日本のどこかに破棄されます
    緑色・・・正常 黄色・・・注意 赤・・・危険 黒・・・死亡

    5.飲食物は勝手に飲食しても自由です。
    ただしなくなります。

    6.途中途中にライフ回復ポイントがあります。
    回復できる回数は一人1回です。4人のライフ回復が可能です。

    7.途中棄権は認められません。

    8.最後のボスを倒すまで、ゲームから出られません。

    9.仲間を裏切るか裏切らないかは、自分次第です。

    10.賞金は30兆円です。
              以上
  • 7 Lv.7 冷酷の幽者はるみ君装備:幽剣・氷 id:CIe6aQA0

    2012-03-18(日) 21:28:17 [削除依頼]
    生きる―――それは大切なこと


      友情―――それは生きていくための必需品


    裏切り――――それは人を欺くこと
  • 8 Lv.7 冷酷の幽者はるみ君装備:幽剣・氷 id:CIe6aQA0

    2012-03-18(日) 21:29:42 [削除依頼]
    >2、3 ありがとぅ! >4 大事大事!
  • 9 Lv.7 冷酷の幽者はるみ君装備:幽剣・氷 id:CIe6aQA0

    2012-03-18(日) 21:35:42 [削除依頼]
    「なぁ、知ってるか?」
    「何を?」
    「路地裏の・・・」
    「あぁ、ゲーセンのことだろ?そこに人々が連れていかれる
    っていう事件だろ?」


    「昨日の事件のニュース見た?」
    「えぇ?何々?」
    「男女の高校生14人が同時刻失踪したっていう事件」
    「あ!知ってる知ってるー!」

    「あーどんなところか言ってみたいなぁー」
    「お前死にてぇのか?」
    「いや、どんなところかなぁって言ってるだけだよ」
  • 10 Lv.7 冷酷の幽者はるみ君装備:幽剣・氷 id:CIe6aQA0

    2012-03-18(日) 21:38:41 [削除依頼]
    それは不意に降りかかった。
    ある日、普通に暮らしていた俺に不幸の手紙が
    届いたのだ内容は・・・・・・・・
  • 11 Lv.7 冷酷の幽者はるみ君装備:幽剣・氷 id:CIe6aQA0

    2012-03-18(日) 21:51:06 [削除依頼]
            煌龍様

    おめでとうございます!
    あなたは選ばれし者
    今ちまたに噂されてる路地裏のゲームセンター


    【神頼み】です


    今度はあなたにゲームに挑戦していただくことになりました!
    このゲームは強制参加です。

    このゲームの開催場所は○○区□□通りです。
    床屋とコーヒーショップの間のドアから入ることが可能です。


    日にち:9月16日です。
    時間:ドアが開いてる時間は、15:00〜15:30です。
    もし時間に間に合わなかったら、この手紙が届いたことの
    キオクを消させていただきます。
    必要なもの:必要なものは、いりません。普段着と運動靴できてください。

                 ゲーム創始者 カイズ 
  • 12 Lv.7 冷酷の幽者はるみ君装備:幽剣・氷 id:CIe6aQA0

    2012-03-18(日) 22:10:39 [削除依頼]
    とのことだった。その時はあまり驚かなかった。
    「今日は9月・・・14日・・・あと二日かぁ・・・」
    だが、ワクワクしてるっていう気持ちもまだこの頃にあったのかもしれない。
    このことは誰にも話さず、二日間黙っておくことにした。
    このことは噂でだいたい知っていた。


         〜〜〜〜〜二日後〜〜〜〜〜
    二日過ぎるのは意外と早かった。
    俺は高校から帰り、すぐ行く準備をした。
    準備が終わり、家の階段を駆け下りてった。
    まだ、母さんと父さんは帰ってきてない。
    【神頼み】へ行く=死ぬっということだ。
    俺は最後の言葉をチラシの裏に書いた。
    「もう・・お・・れは帰って・・く・・・る事は・・・
    で・・・できない。・・・だけど・・・運良く・・・
    帰ってこれ・・・たら、二つ頼みを・・・聞いてくれ。
    と・・・ふぅ・・・これくらい書けばいいだろ!
    もうこの家と多分おさらばなんだな・・・懐かしかったなぁ
    あの頃が・・・おっと・・・涙が出てきちゃう。
    別れるときは涙はいらないよな・・・なぁ!薫!」
    薫というのは、俺の弟だ。5年前に事故で亡くしてしまった。
    俺もいなくなればもっと母さんはショック受けるだろうな。
    「おっと、もうこんな時間。急がねぇとなぁ!」
    ちょっと汚れた運動靴を履き、家の
    ドアを思いっきり開けて、俺は家を飛び出していった。
    そして俺の新たな壮絶なる旅立ちが幕をあげる。
  • 13 Lv.7 冷酷の幽者はるみ君装備:幽剣・氷 id:b.DB35j1

    2012-03-19(月) 16:29:20 [削除依頼]
    冷たい風の中俺は走って行く。
  • 14 Lv.8 爆炎の幽者はるみ君装備:幽剣・真 id:e4Pob7L0

    2012-03-19(月) 23:12:30 [削除依頼]
    「ここ・・・か?」
    いつもはくっついてたはずの店と店の間がなぜか大きいドアがあるのだ。

    なんでここを通っている人は気づかないんだ?
    おかしい・・・・何かがおかしい・・・・・・いつもなら手前の八百屋のおっちゃんが気づくはずなのに・・・
    どうしてだ?

    煌龍は疑問や不安を抱きながら、ドアの中に入っていった。
    ギイイイィィィ・・・・木製のドアが音を立てながら開いてく。
    そして煌龍はあまりにも驚いて声を出してしまった。

    「あっ・・・・ほんとにあったん・・・だ・・・【神頼み】・・・」
    それは少し汚れている看板が少しずれて、看板の光が今にも消えそうな状態だ。

    煌龍は店の扉に手をかけようとした。戸惑いもあったが、煌龍はその店の扉を開けた。
    ガチャッ・・・・ギイイィ・・・
    煌龍は再び驚いた。

    「!?」
    「あぁっ?こ・・・煌龍・・・なんでお前がここに・・・」
    「え?いやっ・・・この手紙が来たから・・・」
    「煌龍、お前もか・・・」
  • 15 Lv.8 爆炎の幽者はるみ君装備:幽剣・真 id:e4Pob7L0

    2012-03-19(月) 23:38:51 [削除依頼]
    「遵!透!それに瑠実まで・・・あとほかほか・・」
    ガチャッ ギイイイィイィ
    「美翼先輩!?先輩もこの黒い手紙を?」
    「あぁ・・・うん・・・」
    「ねぇっ!ちょっと華蓮!」
    「ん?何?」
    「大声出さないで!さっき美翼先輩かっこいいなって思ったでしょう?」
    「お・・・思うわけないじゃん!」
    すると部屋の角にあるテレビが写った。
    ジ・・ジジジ・・・
    「どうも皆さんこんちには。今日はみなさんにゲームをしてもらいたいと思います。」
    「ゲームって・・・なんのゲームだよ!」
    光太郎が質問した。
    「光太郎君・・・そのほかのみなさんこのゲームはいわゆるサバゲーでございます。
    人間の形をした生命体バーリヤーズと戦ってください。
    今から紙をお渡しします。そこにはルールが書いてあります。」

    すると仮面をかぶった人たちが出てきて、紙と腕輪を渡した。
    「おい!なんだこの・・・腕輪は!」
    「それはライフエネルギーブレスです。まず最初に付けてください」
  • 16 Lv.8 爆炎の幽者はるみ君装備:幽剣・真 id:e4Pob7L0

    2012-03-19(月) 23:46:31 [削除依頼]
    ピピッ!
    {今からユーザーをチェックします}
    「な・・何?これは?」
    「ユーザーチェックをしてあなた自身のことを確かめます。
    もしそのライフブレスを自分の腕から外すと、カウントダウンが
    スタートします。そしてカウントダウンが0になったら
    あなたは・・・」
    「あなたは?」


    「内蔵爆発により死にます。」
    「なんでだよ!」
    「今から小型爆弾の入った液体を体の中に入れます。」
    {確認しました。今から液体を注入します}
  • 17 Lv.8 爆炎の幽者はるみ君装備:幽剣・真 id:vg1muBr/

    2012-03-20(火) 23:40:18 [削除依頼]
    《プシュッ!》
    「ウッ!」

    「イッ!」
    「イテッ!」
    「アッ!もう・・・」
    全員が打ち終わった。

    「ルールはその紙を見てください。10分間時間を与えます。じっくりと
    読みなんし☆」
    ブツッ
    画面がタイムウォッチに切り替わった。
    「ルール1・・・強制参加ぁ!?」
    「4人だけしか回復できないって!」
    「・・・・おい・・・なんだこれ・・・」
    「なんだよ。なんかあんのか?」
    「ルール10見てみろよ・・・・」
    歩が言った。
    「うわっ!さ・・さささ30兆円?!」
    「はぁ?そんなわけが・・・・・!?」
    「なんでこんなに・・・」
    すると烈斗がぼそっとつぶやいた


    「420兆円・・・・・」

    「え?」
    「いや、だから全部で420兆円・・・なぜそんなに金が・・・・・」
    「うおー計算早いね。烈斗ー」
    「先輩はこれくらいできないんですか?」
    「あぁ、バカだからな!」

    それからあっという間に10分が過ぎた。
  • 18 Lv.10 狂気の幽者はるみ君装備:幽剣・闇 id:p8frX0q1

    2012-03-22(木) 06:57:59 [削除依頼]
    「それではみなさんあちらのドアからゲームに入ってください」
    遵が叫んだ。
    「入る?どういうことだ!!」
    「そ、そうだ!ど、どーゆーことだ!」
    カイズが不気味な笑みを浮かべた。
    「フフフ・・・・ご健闘お祈り申し上げます・・・」
    画面が真っ暗な画面に切り替わった。
    「楽しみだ・・・クックックック・・・・面白くなりそうだなぁ・・・
    なぁ・・・マリーナ・・・」
    「はい。カイズ様」
    「もういい頃だろ・・・マリーナ、あの下僕共に"消毒"してやれ・・・」
    「はい。かしこまりました」
    マリーナのそばにある青いレバーを下ろした。
    《神経ガスが発生いたしました》
    「神経ガス!?」
    烈斗が大声で言った。
    「みんな!これはホントのガスだ!!みんな口を抑えてえっと・・・
    あのドアに!!」
    「でも!」
    「美翼先輩!あそこしかないんです!」
    「わかった・・・みんな!!行くぞ!僕の後に・・・ゴホゴホッ!
    ついてきて!」
    「ゴホッゴホ!」
    「行くよ!!」
    ガチャガチャッ!
    ジジジジジジ・・・ジ・・ジジジ・・・
    一番最初に景色をみた美嘉が言った。
    「な・・なんなのよ・・ここ・・・・」
    その目に映ったのは崩れたビル、燃え盛る車やトラックそれに飛行機
    荒廃していた煌龍たちの街だった。
  • 19 Lv.12 青義の幽者はるみ君装備:幽剣・改 id:U9V986F.

    2012-03-23(金) 13:05:53 [削除依頼]
    「どういうことなの!?」
    「なんで・・・」
    「おい!どういうことだ!煌龍!」
    「意味わかんねぇよ!なんで話し振ってくるんだよ」
  • 20 Lv.21 光の幽者はるみ君装備:聖剣・極 id:slEdM/I/

    2012-04-28(土) 20:33:33 [削除依頼]
    「そんな・・・」
    するとどこからか声が聞こえてきた
    《今から「フェザリア」を転送します。転送完了まで・・・5、4、3、2、1、
    0。転送、完了しました》
    どうみても銃・・・・・だ・・・。
    この形からするとアサルトライフルだと思う。おそらくM4カービンだろう。
    烈斗が「フェザリア」に歩み寄る。    
    どうみてもM4アサルトカービン・・・・だけど多少改造(いじったのだろう)。
    特殊な作りになっている・・・・
  • 21 Lv.22 光炎の幽者はるみ君装備:聖剣・正 id:sAIh7DP.

    2012-04-29(日) 09:12:14 [削除依頼]
    「ね、烈斗君危ないよ」
    「大丈夫。何も起こらないよ」
    烈斗がM4アサルトカービンを拾い上げる。
    ん?・・・・・・何か遠くで聞こえたような・・・?
    その声に透が気づいた。
    「なんだ!?あれ!ほら、あれ!」
    透の声に動揺する。
    「え?」
    「何が?」
    ずっと向こうの方に全身真っ黒のスーツで目のところは赤い・・・と、言うより
    真っ赤だ。何か獲物を探しているようだ。口のところはホースが伸びている。
    しかも腕が垂れ下がっているのだ。垂れ下がっている腕の先には、鋭い爪がある。
    人の肉さえも切れそうだ。
    「あれが・・・バーリヤー・・・ズ?」
    ビーッビーッビーッビーッ
    何かの警報がなった。
    するとバーリヤーズがこっちをみている。
    煌龍はそれが睨んでいるように見えた。
    突然、バーリヤーズがこっちにめがけてこっちに走ってきた。
    しかもものすごいスピードでだ。
  • 22 Lv.25 白夜の幽者はるみ君装備:M16 id:SkiE4hr0

    2012-05-22(火) 18:04:22 [削除依頼]
    「みんな! 逃げてぇーー!」
    歌鈴が叫んだ。
    「行くぞ!」
    「はい!先輩!」
    タッタッタッタッタッタ―――
    「みんな、同じ方向へ行っても変わらない。みんなバラバラに逃げて!先輩っ合図を!」
    「へ?俺?じゃあ行くぞ…せーのっ!」
    一斉にあっちこっちにと走っていった。
  • 23 Lv.35 円環の幽者はるみ君装備:M134 id:q5H7EuU.

    2012-08-18(土) 08:02:35 [削除依頼]
    [煌龍・歩・華蓮・魅優]
    「はぁっはぁっ…歩、魅優急げ!」
    「で、でも僕運動とかだっ、ダメな方だから〜」
    「ちょっと華蓮! 待ちなさいよ!」
    華蓮だけ先に走って行ってしまった。
    「お、おい! 華蓮!」
    「はぁはぁはぁ…何が何でも…はぁ…私だけでも生き抜いてやるッ!」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません