『大嫌い』12コメント

1 *メグ* id:Mk3Q.CI/

2012-03-15(木) 16:37:20 [削除依頼]
*ご挨拶*

えっと、初投稿なのでダメダメかもしれませんが、
よろしくお願いします。


内容はいじめ系です。
  • 2 ムゾルフ id:A26NH/n.

    2012-03-15(木) 16:41:52 [削除依頼]
    応援しまーす!!
  • 3 *メグ* id:Mk3Q.CI/

    2012-03-15(木) 16:47:35 [削除依頼]
    ―登場人物―

    ・千草瑠美(ちぐさ るみ)
     輝のことが好き ららとは幼稚園からの仲だと
     思っている だから、ららに応援して
     もらっていると思っていた 顔はかわいい方

    ・新里 らら(にいざと らら)
     瑠美の幼なじみで、学校1の美少女と
     言われている 

    ・夏目 輝(なつめ ひかる)
     瑠美のことが好きだが、
     ららにだまされて、ららと付き合うはめに。
  • 4 Mika id:u/4pSL5/

    2012-03-15(木) 17:58:16 [削除依頼]
    おもしろそう!!
  • 5 *メグ* id:jWhr/6K0

    2012-03-16(金) 16:19:09 [削除依頼]
    >ムゾルフs

    ありがとうございます!


    >Mikas

    いじめ系なのでもっとおもしろくなると思いますよ^^
  • 6 *メグ* id:jWhr/6K0

    2012-03-16(金) 16:22:11 [削除依頼]
    ※プロローグ※


    登校するとき、目に見える彼は
    いつもまぶしかった。

    だけど、それを台無しにした許せない女がいた。
    きっとその子は一生、元には戻れないでしょう。

    なぜかって・・・?


    それは、悲痛ないじめをうけるから。
  • 7 *メグ* id:jWhr/6K0

    2012-03-16(金) 16:27:48 [削除依頼]
    ※瑠美目線※

    「おはよー。瑠美!」


    私は憂鬱だ。
    この女と毎日一緒に登校しないと
    いけないと思うだけで頭が痛い・・・。


    「お、おはよー。らら。」


    この新里ららは私の幼馴染でもあり、
    一番の親友だった。

    だけど、1週間前の事件で
    はっきり言うと、大嫌いになった。


    「ねぇ、瑠美。今日は調理実習だよね。超楽しみ!」


    小学生かよ。
    調理実習ごときでキャーキャー言うなんて。
    どうせ、最後はこう言うんでしょ

    「輝に作るクッキーあげよっと?」


    やっぱり。
    言うと思った。

    人の気持ち踏みにじりやがって。
    あ、もうすぐ学校だ。
    やっとこの通学地獄から開放される。

    なんて幸せなんだろう。
  • 8 *メグ* id:jWhr/6K0

    2012-03-16(金) 16:28:46 [削除依頼]
    >>7 ?は気にしないでください。
  • 9 *メグ* id:jWhr/6K0

    2012-03-16(金) 16:45:36 [削除依頼]
    ※瑠美目線※
    私のクラス、2年1組には新しい友達が待っていた。

    秋山 沙世(あきやま さよ)、
    原 早希(はら さき)、
    香坂 美船(こうさか みふね)、
    廣瀬 愛莉(ひろせ あいり)の

    計4人だ。

    この4人の鶴の一声で、
    荒れていた2学年を
    静まらせたというほどの権力がある

    つまり、女子の世界ではトップの座についている。

    そんなみんなに私は救われた。


    「お、瑠美。」
    「来た来た♪」
    「はやく座りなよ。」

    みんなはららと私を引き離して手招きした。


    「ねぇ、みんな。いきなりなんだけど・・・。」
    「どうしたの・・・?」

    「実は、ら、ららをいじめたいの・・・。」


    沈黙を呼んでしまったか・・・。

    「いきなりどうしたの!?」
    「今日の通学路で調理実習のクッキーを
     私の前で輝にあげるとか言って・・・。
     もう、我慢が抑えきれないの。」

    私は泣いていた。
    これは情けさと悔しさが混じっているのだろう。


    「・・・。」
    「別にいいよ、私は。」
    「私も。」
    「あたしも。」

    「沙世は・・・?」

    「もちろんいいよ。」

    これで私達はまた最強になった気がした。
  • 10 *メグ* id:FckgRJg.

    2012-03-23(金) 15:49:06 [削除依頼]
    ※瑠美目線※

    「今日は4人組になって、好きな物を作りましょう。
     先生は隣の部屋にいますから、何かあるときは来てください。」

    男子は外で体育をしていた。

    私は前から約束していた沙世たちとチョコを作ることにした。


    「瑠美ーーー!!!」


    沙世たちかな?

    「おーい!さよ・・・。」


    そこにいたのはららだった。


    「瑠美!一緒にクッキー作ろう!クッキー。」

    「え、あ、ごめん。私、沙世たちと作るから・・・。」

    「えー?沙世たちと私、どっちが大事なの?」

    これは沙世たちと言ったら絶対に先生にちくる。

    どうしよう・・・。


    「らら!私たちが先に約束してたの!邪魔しないで!」

    「そうようよ、うっとおしい。」

    「あっちいきな。」


    沙世たち!

    「・・・。」


    ららは苺柄のフリフリのエプロンで涙をぬぐいながら、
    自分の調理場へもどった。

    「ありがとう!みんな。」


    「いいって。これぐらいお安い御用だよ。」
    「さっ、やろう!」


    「うん!」
  • 11 *メグ* id:FckgRJg.

    2012-03-23(金) 15:51:44 [削除依頼]
    ※瑠美目線※

    みんな、今日がバレンタインデーだということで、
    チョコ系のものを作っていた。

    「ふふふ」

    「瑠美?にやけてるよ(笑)」

    「え!」

    「かわいいねぇ。」


    チラッとららのほうを見た。
    ららは大きなハート型のクッキーに『輝へ』と書いていた。

    「チッ」

    むかつく・・・。
  • 12 *メグ* id:FckgRJg.

    2012-03-23(金) 15:55:18 [削除依頼]
    ※輝目線※

    「ナイスシュート!輝!」

    また1点入れた。

    女子たちは調理実習というけど、
    どうせチョコを作っているんだろうな。


    「ハァ。」

    家庭科室を見上げながらため息をついた。

    「お?お?輝にはかわいい彼女がいるだろう。」

    「ららちゃんだっけ?」


    「うるせぇ!俺はららなんて好きじゃねぇよ!」


    みんなの前でカミングアウトしてしまった・・・。


    「知ってるって。」

    「健介・・・。」

    「本当は瑠美ちゃんだろ?」

    「みんな知っているぞ。」

    そうだったんだ・・・。

    瑠美・・・。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません