時を超え想いを伝えた日記帳の話。109コメント

1 匿名希望さん id:RS.k8Hm.

2012-03-12(月) 10:53:58 [削除依頼]
時はさかのぼり、まだ各地で戦いが起こっていたころ――

各地の戦地に派遣される、剣の達人がいた――

彼の名は「宗一郎」

人殺しと恐れられた彼の、

儚くも、濃い人生の裏にはある日記帳の存在があった――
  • 90    ミク* id:ez-ZGR/zr3/

    2012-04-02(月) 23:22:25 [削除依頼]
    この話、ほんとにありそうだよね!
    彩花って字が良いよね…
    いろどるはな、だよ?
    めっちゃ綺麗じゃん(笑)
  • 91 匿名希望さん id:XNc9cOV1

    2012-04-03(火) 20:44:28 [削除依頼]
    【コメント】
    ミクさん
     ありがとう。彩花って名前、俺も気に入っています。
    これからも読んでくれるとうれしいです。
  • 92 匿名希望さん id:3dkb6Vq1

    2012-04-05(木) 10:12:55 [削除依頼]
    宗一郎が最後の3皿目に手を付けようとしているその時であった。

    「宗一郎さーーーんっ」


    誰かが宗一郎を呼んだ。

    宗一郎は胸にしまっておいた短剣をだし、はっとそちらの方を見た。
    町は人がたくさんいる。
    だれが自分の名前を呼んだのか―――。

    宗一郎は目を凝らした。


    「宗一郎さーーーんっ。」


    それが誰かわかるまで時間はかからなかった。
    なぜなら、若いぼさぼさ頭の男が1人、
    こちらに向かって全力疾走してくるからであった。

    宗一郎はその男を見ると、短剣を胸にしまった。
  • 93 匿名希望さん id:3dkb6Vq1

    2012-04-05(木) 10:23:10 [削除依頼]
    「宗一郎さんっ。やっぱり団子屋さんにいたんですね」

    その男は、宗一郎の前まで来ると膝に手を付き
    肩で息をしながら宗一郎に向かってしゃべりかけた。


    この男の名前は健太郎。
    希助の直弟子のようなものである。
    健太郎は体が弱く、戦地には赴けないが
    策士としては逸材で、希助が近くに置いているのである。
  • 94    ミク* id:ez-WDfTPQB1

    2012-04-05(木) 11:30:20 [削除依頼]

    ほうほう。


    団子
    いーなー


    ミクで
    良いよ?


       ミク*/
  • 95 匿名希望さん id:3dkb6Vq1

    2012-04-05(木) 13:30:21 [削除依頼]
    「おい、そんなに走って大丈夫なのか健太郎?」


    宗一郎は団子屋のお茶を差し出しながら背中をさすった。

    健太郎は細く色が白い。
    おまけに、希助をマネして髪を逃しているため
    ぱっとみは女のようである。
                       
    健太郎はお茶を受け取ると一口飲んだ。

    [は、はい…。すみません。」


    宗一郎は座り直し、団子を一口食べた。

    「ところで、緊急の伝言とは、いったいなんだ?」


    健太郎ははっとしたように懐から手紙を取り出した。


    「西陣がっ。西陣が攻めてきたんですっ。うちの陣の村へっ」
  • 96 匿名希望さん id:QKK0P8W1

    2012-04-06(金) 22:23:54 [削除依頼]
    宗一郎はその言葉を聞くと健太郎の手から手紙を奪い取った。

    (今すぐ村へ行け。
     西陣の騎馬隊が攻め込んできた。
     村の人間をだれ一人殺させるな。 希助)

    殴り書きの字――
    相当急いでいたのだろう。

    「宗一郎さん……。」

    健太郎が心配そうに宗一郎を見つめた。
  • 97 匿名希望さん id:DDzG85q1

    2012-04-09(月) 18:25:18 [削除依頼]
    「健太郎、馬を出せ。」

    宗一郎は健太郎はみず、手紙に目を落としたままつぶやいた。


    「は、はいっ。そこの角のところに馬を準備していますっ
     は、早くそこへっ。
     団子屋の料金は、ぼくが払いますっ」


    宗一郎は健太郎を見てうなずくと
    団子屋の隣の店の角へと走って行った。
  • 98 匿名希望さん id:DDzG85q1

    2012-04-09(月) 18:29:11 [削除依頼]
    「はっ」

    宗一郎は馬にまたがり刀を取りに小屋へと戻った。


    陣の村とは、北陣が補助している村の事である。
    北陣が食料の支援や、重労働を受ける代わりに、
    何かあった時のための待機小屋を多く置かせてもらっている。


    「あんな小さな村へ攻めてくるとは…
     西陣の者たち、いったい何をするつもりなのだ…」


    宗一郎は村への道を急いだ。
  • 99 匿名希望さん id:DDzG85q1

    2012-04-09(月) 18:37:54 [削除依頼]
    「こ、これは……っ」

    宗一郎が村へ着くとそこはもう火の海であった。
    宗一郎は希助の姿を探した。

    西陣の姿は見えなかった。


    「宗一郎っ。こっちだっ」

    希助の声がした。
    宗一郎は村の入り口に馬を止めると
    希助の元へ向かった。
  • 100 匿名希望さん id:DDzG85q1

    2012-04-09(月) 18:43:22 [削除依頼]
    「希助、状況を説明しろ。村の人たちは避難させたのかっ」

    宗一郎の心は興奮していた。
    お世話になっている村が火の海なのだ。
    しかし宗一郎は心を落ち着かせようとしていた。


    「あぁ……大丈夫だ。
     ……………一名以外はな。」

    希助は少しうつむいてつぶやいた。

    希助が何を言っているのか理解するのに時間がかかった。
    北陣の者たちは一生懸命火を消そうとしている。

    少しずつ、少しずつ、火の勢いはおさまっているようだた。
  • 101 ゆま。 id:sRy/S7d.

    2012-04-09(月) 18:43:33 [削除依頼]
    100オメ!!
    (実は読んでない←ry

    ごめんなさい ちゃんと読みます><;
  • 102 ぱにぃ id:hIizwFF/

    2012-04-15(日) 23:16:46 [削除依頼]
    久しぶりに来ました☆
    すごい!!!めっちゃ進んでますね♪
    敵がせめて来たのか…
    1人…
    だけど、宗一郎さんと希助さんが無事だったのは
    本当に良かったです!!!
    先がすごく気になります(*´∇`*)
  • 103 匿名希望さん id:Bi8OEc0.

    2012-04-18(水) 21:57:37 [削除依頼]
    【コメント】
     更新遅くなってしまって本当にすみません。
    学校が始まってからはなかなかかけなくて…。

     これからもこんな感じの更新になると思いますが、
    コメントはしなくてもいいので読んでくれてるとうれしいです。
  • 104 匿名希望さん id:Bi8OEc0.

    2012-04-18(水) 22:02:19 [削除依頼]

    「一人……以外だと?誰かが死んだのか………っ」


    宗一郎は希助に心の中での仮説を確かめてみた。
    どうか―どうか嘘であってくれ――。


    「あぁ……」


    希助は少し下を向いている宗一郎の顔をまっすぐと見つめている。

    「………そうか。」
  • 105 匿名希望さん id:Bi8OEc0.

    2012-04-18(水) 22:04:38 [削除依頼]
    こんなの慣れている。
    人が死ぬことなど―――。

    自分が人の命を奪っているのだから―――。


    「拙者も火消を手伝ってくる。」

    「あぁ。オレは向こうにいる。用があったら来い。」


    2人とも無口であった。
    いや、いつもこの程度しか会話しないため、
    いつもどうりに近かったのだが…。
  • 106 匿名希望さん id:Q2LQkwV/

    2012-04-19(木) 19:55:06 [削除依頼]
    村の火はおさまり、村人をいったん城へと連れて行った。

    だが、宗一郎、希助、健太郎の三人は村に残った。


    なぜなら、亡くなったその一人の遺体を弔うため――――。


    「希助……。西陣へは、計画どうりに攻めるのか……。」

    宗一郎はこんな時でも明日の話をしてしまう自分が嫌だった。

    「あぁ。そのつもりだ。………ただ、騎馬隊が思た以上に増えているな。」

    希助も宗一郎の問いに答え、二人はまたいつものように会話をし始めた。
    健太郎は黙ったままである。


    「拙者が……拙者が仇を必ず取る。」


    三人が穴を埋め終え、城への道を歩き出した。
  • 107 ぱにぃ id:oQ87wBW/

    2012-04-19(木) 23:11:57 [削除依頼]
    匿名希望さん。

    宗一郎さんは本当にいい人ですね!!
    宗一郎さんの人への気遣いが私、めっちゃ好きです☆
    仇がんばってとってほしいです!!

    続き頑張ってください♪
    私は、全然待てるのでゆっくり頑張ってくださいb
    応援しています☆
  • 108 ぱにぃ id:UG6ZFWP0

    2012-04-29(日) 23:11:28 [削除依頼]
    お久しぶりです♪

    なんかこの小説をまた最初から読んじゃいました(笑)
    やっぱおもしろいです♪

    読めば読むほどハマりますw
    先が気になって気になって…

    これからもがんばってください(*´∇`*)
  • 109 ぱにぃ id:R.REXai.

    2012-05-21(月) 21:33:25 [削除依頼]
    匿名希望さん。

    お久しぶりです♪
    …最近、忙しいのかな??(寂)

    更新ずぅっと待ってるので
    頑張ってくださいbb
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません