死んだ蜥蜴が見るものは2コメント

1 鬼灯 id:Rjn2cDM0

2012-03-12(月) 01:30:02 [削除依頼]
 
 
 
「そう、僕は君が大嫌いだよ」
 
 
 
  • 2 鬼灯 id:leGRWOB0

    2012-03-16(金) 11:49:48 [削除依頼]
    ***
     ふと気が付けば、彼はそこに居た。
     そこは果てのない暗闇に包まれているようで、そうではない場所だった。光源が無いにも関わらず、彼は自分のつま先までしっかりと見ることが出来たからである。それはとても不思議な現象だった。見る限り、彼が自ら発光しているというわけでもない。彼だけを別の場所から切り取ってきて貼り付けたような、ひどく歪で、その様は失敗した三次元コンピュータグラフィックスのようだった。
     彼の自我は曖昧なものだった。自我とは個々の積み重ねてきたものの上に成るものである。それは身体の経験であったり、脳に刻まれた情報であったりする。彼の記憶は全てにモザイク処理を施されたかのように、ひとつひとつの輪郭が失われていた。例えれば、混じりあった絵の具のようなものである。青色を手に入れるといって、三原色を混ぜあったパレットの上からそれを達成するのは土台無理な話というものだ。
     鮮やかな七色や、その他複雑な色彩から成っていた彼を彼たらしめるアイデンティティは、今や腐った藻のように濁り淀んだ色に変貌していた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません