夕闇12コメント

1 葵月 id:Y19EEpT.

2012-03-05(月) 20:45:53 [削除依頼]
7月の末。
私達、皆木家の家族4人は当主というには頼り無い、父の運転する車に乗っていた。
おしゃべりにあきて、寝てしまった弟の寝顔から窓の外に視線を移す。
そこに、見慣れたマンションの景色はなく、みえるのは青々とした緑っだけだった。
父の提案で、旅行に行くことになったのだ。
こんな、田舎を旅行先に選んだのは、私が行きたいといったからだった。
引っ越した幼馴染、金村 菖蒲(かなむら あやめ)に会うためだった。
理由を話せば、両親も納得してくれた。
弟の晴喜だけは、ふてくされていたが。
「そろそろ、着くぞ。」
父の声に、小さく返事をして、前を見つめる。
広がる森。
やたらと、多い虫。
都会とはまた違う蒸し暑さ。
田舎独特のにおい。
都会で生まれ、都会で育った私には新鮮だった。
「みっちゃん!!」
みっちゃん。
それは菖蒲が私を呼ぶときのあだ名だった。
「久しぶり。菖蒲。よくわかったね、髪切ったのに。」
肩の上くらいまでしかない母譲りの茶髪を触り言う。
「だって、全然変わってないよ。」
「2年もあったのに?」
「うん。」
そういう菖蒲も私の記憶のなかの菖蒲とさほど変わってなかった。
高い位置のポニーテールは変わらず黒くて、瞳には濁りが無かった。
「ねぇ、早く遊びにいこう。」
「ちょっと、待って。荷物、置いていかなきゃ。」
「早く、ね。」
正直、私もはやく行きたくて仕方がなかった。
森や林、川。
そんなもの都会にはなかった。

                 ※
早々と、荷物の整理を終え、私は早速菖蒲と遊びに行った。
「会わせたい子が沢山いるの。親友の美貴ちゃんとか。」
私はその言葉に軽い嫉妬を覚えた。
美貴。
私の名前ととても似ていた。
私の名前。
美利。
「仲、良いんだ・・・。」
「うん?そうだよ。美貴ちゃんは転校してきた私にとっても優しくしてくれたんだ。」
「そう・・・。」
小さく言って、私は握った菖蒲の手を、強く握り締めた。
  • 2 葵月 id:XsqpYOv1

    2012-03-07(水) 19:49:40 [削除依頼]
    「あっ!!菖蒲〜!!遅いよ!」
    「ゴメンゴメン。美貴ちゃん!!」
    私は美貴をみて唇をかみ締めた。
    私と外見も似ていた。
    細かい違いはあれど、ほとんど同じようだった。
    よく見ると、あちらも悔しそうな顔をしている。
    自分は、私、美利の変わりだったのか、というふうだった。
  • 3 葵月 id:uGDtlpJ.

    2012-03-08(木) 19:33:45 [削除依頼]
    「疲れた・・・・・。」
    旅館に戻った私は一人つぶやいた。
    家族は温泉に行っている。
    後で、私も行くつもりだ。
    冷たく光る月の光が木々を緩やかに照らしていた。
    薄暗い森が見える。
    部屋の電気は消してある。
    そのほうが、月が美しいのだ。
    優しげな笑みお浮かべた菖蒲。
    その笑みは私に向けられたものではなかった。
    冷たい瞳の少女。
    優しい瞳の少女。
    悔しそうな瞳の少女。
    暖かい瞳の少年。
    憎々しげな瞳の少年。
    合計5人の10の目が私をみたとき、私は激しい嫌悪を感じた。
    気持ち悪い。
    そう感じたのだ。
    明日もまた来ようね。
    菖蒲はそう言っていた。
    いやだ、と言いたかった。
    気持ち悪いと言いたかった。
    でも、あの純粋な少女には届かないのだろう。
  • 4 葵月 id:uGDtlpJ.

    2012-03-08(木) 19:50:38 [削除依頼]
    「あっ!!来た来た!!!」
    私をみると菖蒲は子犬のように嬉しそうに飛びついてきた。
    「遅いよ!!」
    悔しそうな瞳で美利が言った。
    「ごめん。」
    私はわざと笑って言った。
    「いいじゃない。美利ちゃん。そんなに起こんないでよ。」
    「怒ってない!!!」
    美利がむきになって叫ぶのを私は見下したような目で見ていたのだろう。
    「何よ!!そんな目で見ないでよ!!」
    「美利ちゃんやめてよ!!}
    菖蒲が言う。
    そうだ。
    私のためにあの子と菖蒲の友情なんて壊れてしまえ。
    菖蒲はどんどんあの子を嫌っていけばいい。
    私はそんな黒い気持ちで言った。
    「美利ちゃん。私の何がそんなに気に入らないの?」
    弱々しい私を、菖蒲は心配そうに見た。
    「大丈夫?みっちゃん。美利ちゃんも酷いよ。」
    「なっ・・・!!」
    絶句する美利を私は快感を感じながらみた。
    「でもさ・・・・。」
    さっきから、静まって少年、晴喜が声を出した。
    「美利だけが悪いわけじゃないだろ。」
    「晴喜・・・。」
    美利が助けを求めるように言う。
    そうはさせない。
    「菖蒲・・・。私、悪者にされちゃうのかな・・・・?」
    菖蒲にすがりつく。
    「大丈夫。いいよ。もう行こう。二人で遊ぼう。」あ
    私を見て菖蒲は言った。
    私は心でやった!!と叫んだ。
    「そんなっ!!菖蒲!!私は・・・私は悪くない!!!」
    「言い訳は聞きたくない!!」
    いつも以上に強い声を出した菖蒲を私意外の全員が驚愕の表情で見つめる。
    でも、私は知っていた。
    菖蒲は友達のことになると、いつも以上に強くなることを。
    私は美利を見て思った。
    (私の方が、菖蒲を知ってるでしょ?)
    菖蒲に手を引かれ、私はそこを後にした。
  • 5 葵月 id:uGDtlpJ.

    2012-03-08(木) 20:05:17 [削除依頼]
    こんちは〜♪
    暇なので、グロ系ミステリアス殺人事件(?)
    を書いてみようと思います。
    少しあれかも知れないけれど、見ていただけると嬉しいです。
  • 6 葵月 id:tTITz5Z/

    2012-03-09(金) 21:17:50 [削除依頼]
    「ごめんね・・・・。みっちゃん・・・。」
    「いいよ・・・。大丈夫。」
    私は菖蒲にむかって微笑んだ。
    「あのね・・・。」
    「何?」
    「美利ちゃんは悪い子じゃないの・・・。私の事、一番に考えてくれるの・・・。」
    私は激しい嫉妬を覚えた。
    「何で?どうして、あの子のこと庇うの?」
    「だって・・・・・。」
    菖蒲が一泊置いてから口を開く。
    「美利ちゃんは私の大事な親友だから・・・。」
    「・・・・・・っ!!!」
    私は唇を思いっきり噛み締めた。
    肉は裂け、血が出てくるが関係ない。
    痛みはまるで感じない。
    今は、苦しくて苦しくて、激しい嫉妬に頭を掻き毟りたくなる。
    「何で・・・。」
    「みっちゃん!!!!!!!」
    私は叫んで、走り去った。

                  ※

    「なっ!!!!!!!」
    戻ってきた私は、言葉を失くした。
    死体があった。
    血まみれで倒れている菖蒲がいた。
    肉が裂け、間からは骨が見えている。
    「きゃぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!!!!」
    私の絶叫が辺りに響き渡った。
  • 7 葵月 id:bQ8B75S0

    2012-03-11(日) 12:54:26 [削除依頼]
    「私」が生まれたのはいつのことだろうか。
    「私」は美貴ではない。
    「私」は「ミキ」だ。
    菖蒲が欲しい・・・・。
  • 8 葵月 id:bQ8B75S0

    2012-03-11(日) 12:55:45 [削除依頼]
    すいません。
    間違えが・・・・。
    旅行にきた主人公が美貴です。
    旅行先であった菖蒲の新しい親友が美利です!!
  • 9 葵月 id:Hh9Us8e0

    2012-03-12(月) 19:47:01 [削除依頼]
    「私」は菖蒲を探した。
    菖蒲はどこ?
    菖蒲はいる?
    菖蒲はいない?
  • 10 葵月 id:muQn2TW1

    2012-03-23(金) 18:14:32 [削除依頼]
    「みっちゃん?」
    菖蒲だ!!!!
    菖蒲の声だ!!!
    私は歓喜の表情で菖蒲をみた。
    ああ、「私」の菖蒲。
    なんて可愛い。
    なんて美しい。
  • 11 まお id:2S1PO3q/

    2012-03-24(土) 09:45:58 [削除依頼]
    名前混ざってません?
    確認したら?
    わざと?
    ばか?
  • 12 葵月 id:oqe1eGs1

    2012-04-03(火) 09:03:19 [削除依頼]
    知ってますよ。
    めちゃくちゃ混ざってます。
    あと、修正文章が入ってるはずですが?
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません