人間9コメント

1 ゆり id:lYRZ5Mv.

2012-03-03(土) 21:24:20 [削除依頼]
ー俺は人間が嫌いだ。
弱くて臆病者のくせに差別やいじめをしてお互いを傷つけ合う。
本当は人間なんて生まれるはずなかったのにー

プロローグ1

ジリジリジリ
カチッ
今日も俺はうるさくてたまらない目覚まし時計の音で目を覚ました。
「ふぁ〜!」
なんで人間には[眠い]なんて機能がついているのかと余分な事を思いながらも俺は朝食を食べるためにリビングに向かうことにした。
トコトコ
ガチャ
俺はリビングのドアをあけた。
「おはよう、かなた。」
寝起きに母という人間と会話はしたくない。なんてことに母が気づくわけもないんだから俺は[しょうがない]なんて気持ちをおさえながらも母にむかってあいさつをした。
「はよ。」
なんて余分な会話なんだ!俺は朝からイライラした。
「はい。ママ特性フレンチトースト!」
俺が不機嫌だということに気づかずに母は満面の笑みで朝食を差し出した。
「・・・・」
これは朝には刺激的すぎる。
「あら、かなたどうしたの?早く食べないと学校遅刻しちゃうわよ。」
まったく人間とはなんてバカなんだろう。自分に才能がないということにまで気づかないのだろうか。
俺はとうとう我慢しきれなくなって怒った。
「『どうしたの?』じゃねーよ!なんで朝からこんなカビカビのパンでつくったフレンチトーストをたべなくちゃいけねーんだよ!」
怒鳴った俺はつくえをけとばして自分の部屋に戻った。
「はぁ、ったくイライラさせやがって。」
どうやら人間には[限度]というものがあるらしい。
そして俺は限度というのを知ったと同時にあと10分で学校が始まるというのをしった。
「っやべ!」
俺は急いでサブバックを持って学校へ向かった。
キーンコーンカーンコーン
「はあはあはあ!」
俺はなんとか走ったおかげで遅刻せずに済んだ。
「どうしたんだ?かなた、こんな遅いなんて。」
走り疲れた俺にいきなり話しかけてきたのはゆういつ俺が信頼している人間、丸山一だった。
「あのくそバハァがよぉー」
俺は朝起きてから今までのことを話した。
すると思いがけない言葉が返ってきた。


とりあえずプロローグ1は終わりです。
プロフィール
小学6年

かなりののんびりや
すいません。文を打つのがとても遅いのでお話をいくつかにわけます。
結構長くなると思いますが、温かい目で見守って下さい!
  • 2 ころにゃ〜 id:IZ/HxLl0

    2012-03-03(土) 21:28:35 [削除依頼]
    こんにちは。
    プロフィール
    小学6年生

    ちょっと怒りやすい!?(男子相手のみ)
    「これは恋愛ごっこです。」を連載しています。来てくださいね。
    面白いです。続き、期待させていただきます。
  • 3 ゆり id:lYRZ5Mv.

    2012-03-03(土) 21:55:39 [削除依頼]
    前の続きです!
    プロローグ2

    「僕はそれくらいでかなたが、母にむかって怒鳴るなんて、お前のお母さんが可哀想だよ・・・・・」
    おれは一の以外な言葉に驚きをかくせなかった。
    「は?お前は優しすぎなんだよ。普通ならカビカビのフレンチトーストを朝食にだされたら怒るぜ?」
    すると一はまた俺に言葉を返した。
    「そうかな?今時、朝ごはんを手作りしてくれる親なんていないよ?むしろいらやましいよ。」
    なんだか寂しげに話した一を見て何も答えれなくなった。
    「かなたはさ、人間を嫌いすぎなんだよ。もっと人間を好きにならなきゃ自分のことまで嫌いになっちゃうよ?」
    俺は一の言葉を聞いて少し人間について考えた。
    でも出た答えはいつもと同じだった。
    「わりぃ。やっぱりそれだけは無理だ。」
    少し一は落ち込んでいたようだったがすぐに俺にこういってくれた。
    「まぁ、すぐにとは言わないよ。苦手をいきなり克服しようなんて難しいから、少しずつ慣れよ?」
    俺は一がなんで同じ人間でもこうも優しいんだろうとおもった。
    そんな一に笑って[人間が好きになった。]と言える日がくるのだろうか?
    キーンコーンカーンコーン
    「ほら、席つけ!朝の時間は終わりだぞ!」
    チャイムと同時に響いた先生の声に気づいた生徒はすぐに、席についた。
    「HR始めるぞ。」
    今日もだるいHRを終え
    1時間目に日本史
    2時間目に数学
    3時間目に英語
    4時間目に体育
    5時間目に理科
    と授業を行った。
    そして放課後
    キーンコーンカーンコーン
    「あっ、あっのすいません!」
    俺は見しらぬ女子から声をかけられた。
    そしてこの出会いが俺の人生を大きく変えた。

    プロローグ2は終わりです。
    ちなみに主人公は高校生です!
    よかったらコメント下さい!
  • 4 ゆり id:lYRZ5Mv.

    2012-03-03(土) 21:57:32 [削除依頼]
    ころにゃーさんも小6なんですか!?
    恋愛鬼ごっこ見させて頂きます!
  • 5 るかっちゃぽn id:OULIn711

    2012-03-03(土) 22:02:33 [削除依頼]

    《るかっちょ送信》

    TO ゆり

    やべぇこれめっちゃおもしろいッ
    これからも読みたいo(^∀^*)o
  • 6 みお id:MkQNTtO.

    2012-03-04(日) 07:59:20 [削除依頼]
    五時限までしかない高校www
    やばwww 超ゆとりwww うらやましすぎるんだけどwww
  • 7 ゆり id:l9F2x2S0

    2012-03-04(日) 08:08:39 [削除依頼]
    前の続きです!
    プロローグ3

    「・・・・・何か御用ですか?」
    俺は早く家に帰って1人になりたかったからさっさと用事を済ませろと思った。
    「あっあの、2年C組の坂梨かなたさんですよね?」
    だからなんなんだとイライラしてきた。なんでこうも人間はやること、話すことが遅いんだ!
    俺は一瞬怒鳴ろうかと思ったが、初対面で嫌われると面倒だから優しく対応した。
    「はい、そうです。あなたは?」
    すると女はビックリしたかのような顔をして名乗り始めた。
    「私は、2年F組に転校してきた咲月薫です。・・・・そうなんだ」
    その薫と名乗る女はなんだか不審な言葉を残して姿を消した。
    「ったく、なんだよ『・・・・・そうなんだ』なんて気味わりぃ!」
    俺は何故か初めて人間に恐怖心をもった。・・・・・いや、初めてじゃないかもしれない。
    「かなた〜!」
    うだうだ話しているから、地獄の時間が始まってしまった。
    「っー」
    俺は顔を引きつらせて女の大群から逃げた。
    自分で言うのもなんだが、俺はやけにモテるらしい。だが、人間嫌いの俺にとっては地獄だ。
    俺は必死に逃げて、なんとか家についた。
    ガチャ
    「おかえり、かなた。」
    また母は満面の笑みで俺に話しかけた。
    まるで朝のことが嘘のようだ。
    「ただいま。」
    なんでだか今日はあいさつをしてしまった。
    「・・・・ママ嬉しいな。つい最近まで話すこともできなかったのに・・・・・」
    実は俺、事故だか事件だか何らかのせいで大ケガをしてそれまでの記憶をなくした。
    その時に母と父は亡くなったらしい。そして、今話している母は母ではない。
    「さてと、ママは夕飯の支度でもしよっかな!」
    俺の感情をさとってか母は明るくふるまった。
    「いいよ。俺がつくる。」


    とうとうプロローグは終わりです!
    これからもお願いします!
    なんかシリアスになっちゃって・・・・・バカ系の方が好き!って方がいたら教えて下さい!それでお話の方向がかわります。
  • 8 ゆり id:l9F2x2S0

    2012-03-04(日) 08:14:30 [削除依頼]
    みおさんすいません(汗)よく高校の授業のこと知らなくて・・・・
    よかったら高校ではどんな授業があるのか教えて下さい!
  • 9 ゆり id:l9F2x2S0

    2012-03-04(日) 10:27:25 [削除依頼]
    ー次の日ー
    俺は目覚まし時計が鳴る前に目を覚ました。
    そしてすぐに調べものをするためにパソコンを立ち上げた。
    「あいつ、2ーFの咲月薫とかいったよな?」
    カチカチカチカタカタカタ
    ー山内高校 情報ページー
    「あった!これは!」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません