愛されたがりと愛したがり4コメント

1 タッパー id:ttJiB.W0

2012-02-29(水) 17:27:29 [削除依頼]

彼は言った。

「俺は君を愛するけど、君は俺を愛さないで」


彼女は言った。

「私は貴方を愛さないけど、貴方は私を愛してね」


愛されたがりと、愛したがり。
恐ろしいのは愛で、臆病なのはIで……


そんな彼らの、


恋物語。
  • 2 タッパー id:ttJiB.W0

    2012-02-29(水) 17:32:13 [削除依頼]
    *注意

    ややこしい恋愛小説です。
    無理な方は戻ることをお勧めします。

    当人の思考が歪んでいます。


    以上、大丈夫だ!という方は、お暇な時にでも
    目を通して頂けると幸いです。


    宜しくお願い致します。
  • 3 タッパー id:ttJiB.W0

    2012-02-29(水) 22:22:23 [削除依頼]

    私の親友に好きな人が出来た。
    好きな相手の名は“ましま ゆうと”というらしい。

    なんでもモデルスカウトが来るほどかっこよくて、性格も良く、
    スポーツ万能、成績優秀、生徒会会長候補だとかなんだとか。

    まぁ、兎に角完璧人間と言うやつらしい。


    彼の話を興奮気味にする親友に、適当に相槌を打ちながら
    窓越しにグラウンドを見る。そこでは一つ上の学年である、
    進級したばかりの2年生が体育をしていた。

    やはり、4階の窓際の席から見える景色は最高だ。


    「でねでね!その先輩がさぁ……」

    「ふーん」

    「ちょっと沙希。ちゃんと聞いてる?」

    「へーえ」

    「…………」

    「そうなんだー」


    ……あれ。

    いつの間にか静かになっていた親友……濱崎真央(はまさき まお)こと恋愛乙女にちょっと違和感を覚えて、視線を移す。


    すると、そこには正に“ニッコリ”と笑う彼女の姿が。
    これはやばいと思った時にはもう遅くて……


    「何余所見しとんじゃボケェ!!」

    平手打ちを食らいそうになった。が、間一髪で避ける。
    この時ばかりは、自分の反射神経に感謝せざる負えなかった。
  • 4 くまさん! Happy☆ id:7g/iyiW/

    2012-02-29(水) 23:30:56 [削除依頼]
    ども。
    頑張ってねん^^
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません