オオキナセカイデ、チイサナシアワセ9コメント

1 紅夏 id:h57Dvfz0

2012-02-27(月) 20:31:53 [削除依頼]

『ありが―…とう』

気が付けば時はこんなにも早く、過ぎていた。

当たり前って思ってたことが、当たり前じゃなくなる。

私たちは1歩ずつ、そうやって考えて成長してゆくんだ。

人生は気の遠くなるほどの長い時間と思う人も、、、

人生はとても短いと思う人も、、、いる。
  • 2 紅夏 id:h57Dvfz0

    2012-02-27(月) 20:54:49 [削除依頼]

    2012年   2月―


    「生きてくって大変だねぇ、おばーちゃん。」

    鍋の中のカレーを混ぜながら、言った。

    「子供のくせにわかった口をきくんじゃないよ。苺果。」

    「はぁーい。」

    私の名前は、森 苺果(もり まいか)。平凡な小6。

    もうすぐで中学1年生。
  • 3 紅夏 id:h57Dvfz0

    2012-02-27(月) 20:55:06 [削除依頼]

    また明日でも。更新するね
  • 4 紅夏 id:88enWsF1

    2012-02-28(火) 19:21:48 [削除依頼]

    私は普通に幸せに楽しく、懸命にもがきながら大変な人生を歩んでゆく途中だった。

    しかしひとつ悩みを抱えていた。

    「苺果!もう学校いきなさいッ!!カレーなんかのんきに、作ってないで。だいたい朝にカレー作ってどうするの?」

    「おばーちゃん私の事はほおっておいて。」

    私はマイペースに時間割をそろえて、ランドセルをしょった。

    「もうランドセルをしょうのも、1か月くらいだね。」

    「なんかいったかぁ?」

    「ううん、なんでもない。」

    靴をはき、家を出た。

    少し背伸びして、外の空気を吸った。

    「あの曲がり角で、待ち伏せしよう。」

    私は少し小走りで、学校の近くの曲がり角に隠れていた。

    すると向こう側から蓮(石田連)が歩いてきた。

    彼が通り過ぎてから、私も歩き始めた。

    蓮は私の事にきずいていなかった。

    とゆうか、蓮の世界に私はいるんだろう?

    ってこの文章読めばわかると思うんだけど、私は蓮のことが好きだ。

    いつからというと、つい最近から。でもこのことは、誰にもいっていない。

    「苺果ぁ〜」

    後ろから麻衣美ちゃんが走ってきた。

    「前から聞こうと思ってたんだけど、苺果って好きな人いる?」

    「いるわけないじゃ〜ん。少なくとも今はね。」

    「怪しいな〜・・・ってあそこに蓮いるじゃん!」

    「追いかけたらぁ?」

    すると麻衣美は蓮の方へ一直線。まるで獲物を見つけたヒョウのようだ。

    麻衣美は身長が高く、なぜか何事にも迫力がある。私の大事な友達の一人。

    「おはよー蓮!今日も寝癖すごいじゃんっ!!」

    「っるせーなー、ほっといけー!」

    二人がじゃれあっているのを、後ろで見つめる私。

    そう言わなくてもわかるかもしれないが、麻衣美も蓮のことが・・・・好き。
  • 5 紅夏 id:88enWsF1

    2012-02-28(火) 19:40:50 [削除依頼]

    麻衣美からそのことを聞いたのは2週間くらい前の事。

    麻衣美はプライドが低いから、誰にでもゆってしまう。

    その時私は言われたんだ。

    『蓮の事好きにならないでね』って

    なのに私は約束を破っちゃった。

    急に気になりだして、気が付けば・・・・

    本当麻衣美には悪いと思ってるから。

    蓮と両想いなんてなりたくない。って思ってたりする。

    「はい、今日は席替えをしまーすっ」

    やったああああ!席替えっ!!

    誰もが喜ぶイベント。

    しかし音楽の席替えだから、週2だ。

    私はくじをひいた。

    隣は誰だろう?「え、隣おまえ?」

    ふと声をした方を向くと、蓮だった。

    よっしゃああああああ!心の中で叫ぶ。

    歌を歌う。その時たった。

    あ、蓮ってこんなに背が高かったんだ。

    前は私よりも小さかったのに。

    キーンコーンカーン

    音楽の授業が終わる。

    「苺果〜!ずるいっっ。蓮の隣なんて〜〜。」

    「ごめんー。」

    「あはは、ずっと願ってたけど。隣になりたいって。」

    ごめん、麻衣美私も実は願ってたんだ。

    なんて言えないけど。恋って複雑だぁ!!!!

    私は顔を赤くして肩をすくめた。
  • 6 紅夏 id:88enWsF1

    2012-02-28(火) 19:41:41 [削除依頼]

    また明日更新するの〜ん

    コメントしてくれたら嬉しいけど、してくれる人いないよねw

  • 7 紅夏-* id:al3Dy/P0

    2012-02-29(水) 19:51:24 [削除依頼]

    ああ人生幸せすぎる。

    私はこんなことを思ってる。

    その理由(ワケ)は、給食のきなこ揚げパンのじゃんけんに勝った!!!

    「やっほーい、2個目っ!」

    そして口に頬張る。

    「ん〜おいしい〜」

    「苺果って本当幸せそうでいいね。」

    まはるがため息をついていった。

    「何?まはるは幸せじゃないの??」

    「うーん、少し辛いなぁ」

    「辛いことあって人生でしょ!!」

    人生がどうたらこうたら、これが私の口癖だったんだ。

    「あ、う・・・ん??」

    私の長所であり短所であるところは、なんでも幸せだと思い込んでしまう。ポジティブなところだ。

    日直がひめくりカレンダーを持って、いう。

    「残り15日です。いよいよ3月になりましたね。悔いのなく過ごしましょう。」

    そっかもう15日しかないんだ。

    でも蓮と同じ中学でよかったなぁ。

    とあえずほっとした私。
  • 8 紅夏-* id:hf5pGwM/

    2012-03-03(土) 19:39:02 [削除依頼]


    視点、まはる


    私は不幸な少女だ。

    どこが?って

    それはまず、この前ずっと好きだった太田君に告白した。

    そしたら『前までは好きだった』といわれ、ふられた。

    次には、自転車でロールスイスにぶつかり弁償金を払い5年お小遣いはなしになる。

    他には犬におっかけられて、田んぼにつっこみ田んぼの主さんにおこられ。

    塾の帰りにぶつかったのが不良で、からまれたり。

    毎日不運続きだった。

    だからよく苺果が「人生が―…」

    とか語ってることも、はっきりいうと意味が分からん。

    苺果の思ってることがなんなのかしらん。

    複雑だった。

    「わぁ、やばいやばい!」

    外をふと見ると雨強く降っていた。

    「傘忘れた。」

    私はつい、折りたたみ傘を机の上に置きっぱなしにしてしまった、、。

    どうしよう―

    (やっぱり最悪な人生だ)

    私は暗く考えてしまう。

    教室からみんなの姿がきえてゆく。

    どんどん家へ帰ってしまった。

    私は雨がやむのを待っていた。

    5分、10分、気が付けば4時になっていた。

    雨は強く激しくなっている。

    仕方なく、帰ることにした。
  • 9 紅夏-* id:hf5pGwM/

    2012-03-03(土) 19:50:33 [削除依頼]



    ランドセルをしょって、教室を出ようとしたその時

    ((ドンっ!!!

    「きゃっ」

    ぶつかったのは、先日私をふった太田君だった。

    あの日以来気まずくなって、しゃべってなかったから・・・。

    なんてしゃべったらいいのか考えていた。

    「お前さ、傘忘れたの?」

    「うん・・・」

    「俺さ、傘ふたつ持ってきちゃったから、1個貸すよ。」

    「え、あ、ありがとう。」

    太田君は折り畳み傘を、私の机の上に置いて行った。

    やっぱり太田君優しいな。

    私が帰りの支度をし、もう1度外を見ると太田君がいた。

    何もささないで、雨にうたれ、びしょびしょになって走っていたんだ。

    嘘ついてたんだね。

    私は太田君の優しさに、太田君にときめいてしまった。

    この時私は、誰かから優しくしてもらうこと。

    幸せだと心から思えた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません