止まった時間が動きだす3コメント

1 みるら♪ id:ZDldEvn.

2012-02-26(日) 22:00:05 [削除依頼]
みるら2作目です
40しか更新してないのに…
なんかすみません。
お暇な方はぜひお立ち寄りください。

〜登場人物(説明はパスで)〜
北野 詩音 

三崎 理音
  • 2 みるら♪ id:NEkR5Wm.

    2012-02-27(月) 21:51:12 [削除依頼]
    僕の恋した女の子はあのときからずっと、止まった時間のなかで生きている。

    「しいちゃんはね、おっきくなったらりいくんのお嫁さんになるの」
    今でもおぼろげに覚えているかわいい声
    にっこりと笑うその子に、大人は優しく笑いかける。
    僕の記憶はそこまでで終わっていた。

    しかし、運命はいたずらに2人を引き寄せる。
    …何もかも、許されるわけではないと分かっていながら。
  • 3 みるら♪ id:NEkR5Wm.

    2012-02-27(月) 22:15:49 [削除依頼]
    中学3年生の中学生活最後の春休みに出会いはやってきた。
    〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
    今日も塾の春期講習。
    「高校先取り対策」なんていって勉強してる。
    その日、ちょうど塾がおわったあたりであの子に会った

    「あぁぁ、やっと終わった」
    駅のホームに向かう階段を下りていたとき事は起こった。
    「きゃぁぁぁぁぁぁ」
    ちょうど階段を下り終わったあたりで上から悲鳴がきこえた。
    ふりかえると、女の子がこっちにむかっておちてきていた…

    「いてててて…」「いった〜…」
    なにがおきたんだろ?目の前に星が…
    「あっ、ご、ごめんなさい!大丈夫ですか?」
    みると目の前にかわいい女の子がいた
    「大丈夫です…」
    あ、そういえば僕おちてきたこの子とぶつかったんだっけ…
    「あの、これ…どうぞ」
    さしだされたのはかわいい模様のバンソーコー
    「えっ…?」
    「あ、ほんとにすみませんでした!さようなら!」
    そう言って来たばかりの電車に飛び乗って、女の子は行ってしまった。

    これが、運命の出会いだなんてまだ分からなかった…
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません