なんであたしが・・・?〜踏みにじられた友情〜50コメント

1 末っ子 id:becxxGj.

2012-02-25(土) 16:50:44 [削除依頼]
実話です(・・)

あたしは、国語が得意ではありませんが、書いてみたっかった
ので、ここに書くことにしました。
あたたかい目でみていただけると幸いです。
  • 31 末っ子 id:cd4gKvX1

    2012-03-11(日) 12:20:24 [削除依頼]
    15
     
    「電話って、奈々やっぱりしってたの?!」
    「そうだよ。でもあたし、悪いと思ってないから。」
    「・・・は?」
    「すべては、涼香がまねいた結果じゃない。あたしをいじめるから。」
    「いじめって、いつからあたしが・・・」
    「自分でわかんないの?!最低。みそこなったよ。」
    奈々はそう言い捨てると、ダッシュでどこかに行ってしまった。

    何言ってんの?奈々・・・。
    意味わかんないんだけど。

    呆然と立ち尽くしていると、ポケットにいれておいたケータイが鳴った。
    また?いや、これって・・・葵!?
    「もしもし?葵?」
    『涼香?なんかこまってない?』
    「え?いや、とくには・・・。」
    『そっか。よかったあ。あのさ、ここ最近奈々から電話電話がくるようになって・・・。』
    「電話・・・」
    『でもへんなんだよ。奈々の声じゃないんだ。たぶん、奈々のお母さんだと思う。で、涼香も同じことになってないかなって。』
    奈々から・・・電話・・・?
    あたしと、おなじだ・・・。
    なんで、葵にまで・・・。
    『涼香?』
    「あ、いや・・・大丈夫。なんともないよ。」
    『そっか。へんなこと聞いてごめんね。』
    「いや。いいよ。」
    じゃあ、と言って電話を切った。

    奈々・・・なにがしたいの?
    葵にまで電話するなんて・・・。

    そのまま、ふらふらと家に帰る。
    自分の部屋についたとき、ケータイが鳴った。
    今度は、メール。奈々から。
    見なきゃいいのに、手が勝手にメールをひらく。
    <いじめてたのに覚えてないって、最低。そんな子だとは思わなかった。>
    「・・・っ・・・」
    あたしは思わずケータイを投げ捨てた。
    (なんであたしがこんな目にあわなきゃいけないの?!誰か・・・誰かたすけてっ・・・)
  • 32 SAKU(●Oωu*●) id:zFE63S30

    2012-03-11(日) 12:38:23 [削除依頼]
    奈々......
    なんて悪い子((((((
  • 33 末っ子 id:cd4gKvX1

    2012-03-11(日) 12:43:58 [削除依頼]
    16
     誰か・・・。
    そのとき、恵輔くんの顔が頭にうかんだ。
    (そうだっ恵輔くんなら・・・。)
    すかさずケータイとあの小さな紙を手にした。
    紙に書かれた数字を、まちがえないようにゆっくりボタンをおす。
    『もしもし?』
    恵輔くんの声だ・・・。
    たった2日しかたってないのに、懐かしく感じた。
    「恵輔くん・・?矢野です・・・。」
    そう言い終わらないうちに、
    『なんか・・・あったんだな。』
    と、やさしくいってくれた。
    たった一言だったけど、あたしの冷え切った心を、ほっこりとあたためてくれた。
    あたしは、これまでのことをすべて話した。

    奈々から毎日電話がくること、
    あたしがいじめてるってかんちがいされたこと、
    奈々に最低と言われたこと、
    葵にも被害が加わっていたこと、
    このことを誰にも言えなかったこと。全部。
    あたしは途中でたえきれず泣いてしまったけど、恵輔くんはじっとだまって聞いてくれた。
  • 34 末っ子 id:cd4gKvX1

    2012-03-11(日) 12:50:06 [削除依頼]
    SAKUさん
    奈々はもとから悪い子ではないんですけどね。
    次からクライマックスです。
    奈々が改心する・・・・かも。
  • 35 香凜 id:gbtTdM/0

    2012-03-11(日) 16:00:37 [削除依頼]
    奈々のばかやろー!!
    でも奈々・・・なんか可哀想・・・かも
  • 36   Mi(●Oωu*●) id:1aa8wRs.

    2012-03-12(月) 16:46:25 [削除依頼]
    どうなっちゃうんですか!?

    めためた気になりすぎてW
  • 37   Mi(●Oωu*●) id:1aa8wRs.

    2012-03-12(月) 16:46:26 [削除依頼]
    どうなっちゃうんですか!?

    めためた気になりすぎてW
  • 38 れな id:hH637Rx1

    2012-03-12(月) 21:15:22 [削除依頼]
    今日も更新してくれますかー???
  • 39 香凜 id:81a64zc0

    2012-03-13(火) 16:55:51 [削除依頼]
    更新してぇぇぇぇぇぇぇ^@^
  • 40 末っ子 id:fhlcOvu/

    2012-03-16(金) 16:46:57 [削除依頼]
    更新しまっす(^^)/
  • 41 末っ子 id:fhlcOvu/

    2012-03-16(金) 18:34:24 [削除依頼]
    17
     『そうか・・・そんなことが・・・。』
    あたしの話がおわり、涙もおさまってきたころには、窓の外はまっくらになっていた。
    「うん・・・・。どうしたらいいのかな・・・・。」
    『とりあえず、誤解を解くことだな。高島がカン違いした理由が、見つかるかもしれない。』
    「誤解・・・か。話し合いとか?」
    『まあ、それが一番かもな。二対一ってのはあれだけど、しょうがないよな。』
    「え、二対一って、葵も?」
    『何意外そうな声出してんだよ。村田もかんけいあるんだし、あたりまえだろ。』
    「や、でも・・・」
    『矢野さ、もし村田が悩みかかえてたら、どうする?』
    何その質問。と思ったけど、あたしは少し考えてから言った。
    「相談にのる。」
    『でも、なんもいってくれなかったら?』
    「ショック受けると思う。親友なのに頼ってくれないなんてって。」
    『それ、村田もおなじだと思うんだけど。』
    「え・・・?」
    あまりに予想外の一言。どういうこと・・・?
    『矢野、言ってたよな。村田もおなじように苦しんでるから相談できなかったって。』
    「そうだけど・・・。葵に心配かけたくないし・・・。」
    『でもそれってさ、逆効果なんじゃねーか?さっきの質問だって、矢野、ショック受けるって言ってただろ。』
    「うん・・・。」
    『だから、一人で解決するより、村田と一緒にって方がいいと思うんだよ。親友だったらなおさらだ。』
    「ほんとに、いいのかな・・・・葵に言って・・・。」
    『そりゃそうだろ。それとも、村田のこと信じらんねぇのか?』
    「ううん。一番信頼できる親友!!」
    『だったら大丈夫だ。がんばれよ。』
    「うん!!ありがとう!!!」
    そう言って電話を切った。
    ケータイの時計を見ると、pm9;03・・・すっごい長電話しちゃったよ!!
    今月の通話料、高いんだろうな・・・。
    でも、あたしの心はすごい軽くなった。
  • 42 香凜 id:DwL4XRm.

    2012-03-16(金) 20:46:20 [削除依頼]
    涼香・・・
    奈々との話し合いがんば!!
  • 43 末っ子 id:AYPU9G/.

    2012-03-17(土) 13:57:19 [削除依頼]
    18
     午後1時。あたしは奈々ん家の近くにいた。
    目的は、あのことについて話し合うため。
    電話っていうてもあったけど、直接言った方がなにかといい気がするから。
    奈々ん家のドアの前に立つ。
    と同時に、鼓動が加速していく。
    ひとつ深呼吸して、よびりんをおす。
    「はあい」
    鈴のような高い声が響く。
    奈々の声だ・・・。
    「すず・・・か・・」
    「話があるの。来て。」
    そう言って奈々の手をひっぱる。
    奈々は連れていくあいだ、うでをぶんぶん振り回した。

     連れてきたところは近くにあった公園のはしっこ。
    木のおかげで外からはなかなか見えない。
    「涼香!」
    木の後ろから葵が顔を出す。
    恵輔くんにはげまされ、あのあと葵にすべてを話した。
    あたしも同じ被害が加わってたと知った葵は、なぜかあやまってくれた。
    それから二人で奈々とはなしをつける作戦をたてたのだ。
    「二人ともどーゆうつもり?こんなとこにつれてきて・・・。」
    「さっき言ったでしょ。話があるの。」
    「何の話よ。てゆーか、はなすことすらないか。どーせ、あたしをリンチでもするんでしょ。」
    「奈々・・・あんたはまたそんなデタラメ言って・・・」
    「あんたこそ、人のこと言えないんじゃない?最初は親友とか言ってたくせに、あたしをいじめてるんだもん。ほんっと最低。」
    「なっ・・・・」
  • 44 香凜 id:nunBJcx.

    2012-03-17(土) 14:00:48 [削除依頼]
    奈々どういうこと?
    意味わかんない!!
  • 45 末っ子 id:AYPU9G/.

    2012-03-17(土) 14:22:32 [削除依頼]
    19
     「なあに?そのヘンな顔。あたしなんかまちがったこといった?」
    「全体的にまちがってるよあんた!!」
    思わず大声が出た。奈々はびっくり顔でこっちをみている。
    たまりにたまったいかりという名の感情が爆発した瞬間だった。
    「あんた、どんだけ根性腐ってんだよ!あたしがいつあんたをいじめた?!」
    「ずっとまえからだよ!話してくれたり無視したりで意味わかんない!」
    「こっちの方が意味不明だよ!!言っとくけど、あたしあんたをいじめてないから!逆に今あんたがあたしをいじめてんじゃん!!最低なのはあんたの方だよこのクソ女!!!」
    「涼香、おちつきなさい。」
    横からの冷静な声。葵だ。
    その目は、かすかにいかりに燃えていた。
    口調もいつもとちがう。
    葵はおこるとおかん口調になるクセがある。おまけにキレると誰も反抗できない。
    あたしはしぶしぶ引き下がった。
    「奈々・・・ほんとにごめん!!」
    そう言って頭を下げた。
    なんで?あやまんなきゃいけないのは奈々の方なのに。
    さらに葵はつつ”ける。
    「あたしたち、奈々に誤解をさせるようなことをしたんだよね?あのね、奈々。あたしたちは奈々を無視したわけじゃないの。」
    「・・・どういうこと・・・?」
  • 46 末っ子 id:AYPU9G/.

    2012-03-17(土) 15:20:17 [削除依頼]
    20
     「奈々、よく聞いて。あたしたちは奈々をいじめてなんかない。むしろ大事に思ってるよ。」
    「うそ!!だって、あたしをなぐったりしたじゃない!!」
    「たしかに叩いちゃったこともある。でも、それはケンカのときとかだけじゃなかった?無視のことだって、あたしたちほかの子たちとしゃべってなかった?」
    「あ・・・・・」
    「でも、そんなあたしたちの行動が、誤解をまねいたんだね・・・。ほんとにごめん!」
    そう言ってまた頭をさげる葵。
    こんなに必死な葵、はじめてみた・・・。
    「あたし・・・ずっといじめられてると思ってた・・・。でも・・ちがったの?そうじゃ・・・なかったの?」
    「そうだよ。奈々をいじめるなんてひどいことするわけないじゃん。」
    「だってあたしたち、“親友”じゃない!」
    「葵・・・涼香・・・・・・ごめんなさいっごめんなさいっ・・・わああああああっ」
    へなへなとそのばに倒れこむ奈々を、あたしたちが支える。
    奈々はそのあとも、ずっと泣きつつ”けた。

     「おちついた?」
    「うん・・・ほんとごめんね・・・」
    「もういいよ。あたしもちょっと言い過ぎた。」
    奈々をだきおこし、家まで送ることにした。
    「あたしね・・・いじめられてたの・・・」
    「えっ?」
    「小3のとき・・・クラスメート全員から・・・無視されたり、リンチされたり・・・いろいろ・・・」
    「ひどい・・・。」
    「でも4年になって、二人と出会った。話しかけてくれて、すごくうれしかった。でも、急にほかの子と一緒にいるようになって、話す回数が減ってきて、みんなであたしの悪口言ってるんじゃないかって思って・・・」
    「だから、電話したの?」
    奈々はこくりとうなずいた。
    その表情は、ひどく悲しそう。

    そうか・・・奈々にそんな過去が・・・。
    1年半一緒にいて、初めて奈々のつらい過去を知った。
    人によっては「そんなこと」って思うかもだけど、本人は真剣に悩んでる。
    奈々はこのことがトラウマで、あんなことしちゃったんだ・・・。
    そう思うと、奈々がかわいそうで、いじめはくだらないと改めて思った。

    「だから、あたしのこときらってもいいよ。いじめられるつらさ、あたしが一番よく知ってるのに・・・」
    「きらいになんてならないよ。」
    葵が即答した。
    「つらい思いしたんだもん。くり返したくないのは当たり前。それに、あたしたちに絆はそんなんじゃ切れないよ。」
    「そーそー。やり直せば、すぐ元どうりになるんだから。」
    「よし!じゃあ、今度プリとりにいきますか!」
    「お!いいね〜。変顔する?」
    「なんでそうなんのよ・・・・」
    奈々がプッとふきだし、みんなでいっぱい笑った。

    この3人の友情は復活だね。
  • 47 香凜 id:nunBJcx.

    2012-03-17(土) 15:26:07 [削除依頼]
    良かったよかった(^o^
    涼香、葵、良かったね((涙
  • 48 末っ子 id:EEGTLGH0

    2012-03-20(火) 12:33:40 [削除依頼]
    21
     「すーずかっおはよう!」
    「おはよ。奈々。」
    「はよー。やっぱまだ暑いね〜。」
    あれから何日か経って、2学期が始まった。
    奈々と話し合った日の夜、さっそく奈々のお母さんから電話が来た。
    内容は今までのことの謝罪。
    一言一言が必死で、ホントに悪いと思ってるみたいだった。
    だから全部許した。もう終わったことだし。

     教室に入ると、窓際の一番前の席にすわっている恵輔くんが目に入った。
    そういや、お礼言ってないや。あのあと死ぬ気で宿題したから。
    急いでかけよる。でも、恵輔くんはほかの男子と立ち話しはじめた。
    この状況じゃ、話しかけれないな・・・・。ま、あとでいっか。

    そのあと何度か近ずこうとしたけど、いっつもまわりには男子がいて、なかなか話せなかった。
  • 49 末っ子 id:EEGTLGH0

    2012-03-20(火) 13:27:19 [削除依頼]
    22
     昼休み。葵と奈々とで学校で飼ってるうさぎとふれあい、教室へ戻ろうとした時。
    ふと横を見ると、黒いジャージをきた人の後ろ姿がみえた。
    あれって・・・。
    「葵、奈々、先に教室いってて。あたしちょっと用事思い出したから。」
    「え、ちょ、涼香?もう昼休みおわっちゃうよ〜!」
    っていう葵の言葉を無視してさっきの人めざしてダッシュ。
    黒いジャージに見なれた広い背中。見間違えるはずない!
    「恵輔くん!まって!!」
    「・・・矢野?なんで・・・。」
    「やっぱり!あの日のこと、お礼言ってなかったから。ありがとう。おかげで仲直りできたよ!」
    「そうか。よかったな。」
    ふかぶかとあたまを下げたあたしに、優しい言葉のかけてくれる恵輔くん。
    どこまで優しいんだろ。
    「ま、礼をいうのは俺のほうなんだけどな。」
    「え?なんで?あたしなんもしてないよ?!」
    「いや、俺に夢をもたせてくれた。」
    「夢・・・・・?」
    「ああ。夢にも思わなかったのに、矢野の相談にのってからカウンセラーになりてえって思えたんだ。いろんな悩み抱えてる人のやくにたちたいともな。だから・・・・・ありがとう。」
    「恵輔くん・・・」
    将来について語っている恵輔くんは、ちょっとてれくさそうだった。
    にしても、ちょっと意外。運動できるんだから、スポーツ選手になれると思うんだけどな。
    でも・・・似合うかも。
    「なれるんじゃない?恵輔くんやさしいし、人の役に立ちたいって思えるんだもん。」
    とたんに恵輔くんの顔が赤くなる。
    てれること、あるんだ。新たな発見。

    キーンコーンカーンコーン・・・・。

    「やっべ!」
    「いそごう!」
    あわてて走るあたしたち。おくれたらやばい!

     それにしても、大変だったな。今年の夏休み。
    初めはすっごいおちこんで精神的にもやばかったけど、なんとか元にもどった。
    恵輔くんのおかげ。影で心配してくれた葵も。
    この二人がいなかったら、あたしは今ごろどうなっていただろう。
    奈々とも、もめてなかったらあたしは人の痛みというものを、それがいつまでたっても消えないというものと知れただろうか。
    たぶん、この経験は一見悪そうでも、将来役立つことになると思う。
    でも、これからも同じような試練が待ちかまえているかもしれない。
    そのとき、あたしは何を感じ、何を覚えていくのかな・・・。

              お わ り
  • 50 末っ子 id:EEGTLGH0

    2012-03-20(火) 13:46:07 [削除依頼]
    あとがき
     最初書いたとおり、これは実話をもとにして書きました。
    とは言いつつも、少しフィクションを混ぜてます。
    たとえば恵輔くん。同級生で、涼香の相談にのってくれたとても優しい子。
    ですが、あたしは同級生に相談してません。
    正確には恩師(女性)に相談しました。
    最初は恩師のままでいこっかな〜とは思ってたんですが、同級生のほうが何かと動かしやすいかな〜ということでこんな感じに(笑)
    きまぐれ女です。あたし。
    でも、ちゃんとコメントして下さった方々にはすっっっっっっっっごく感謝してます!
    thenk you!
    香凛 
    れなさん
    SAKUさん
    MIさん
    本当にありがとうございました!

    ではまたあう日まで(^^)/
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません