〜私の秘密〜4コメント

1 まゆゆ♪ id:DMIUPeK.

2012-02-23(木) 21:14:40 [削除依頼]
★主人公★

彩 (クラブは、バスケ部)

慧 (クラブは、サッカー部)

智広 (クラブは、吹奏学部)

翔太 (クラブは、バスケ部)

では、スタート
  • 2 まゆゆ♪ id:DMIUPeK.

    2012-02-23(木) 22:17:03 [削除依頼]
    私たちは、中学1年生

    〜入学式〜

    「あっ、翔太と同じクラスだ」

    私は、坂井 彩! 翔太とは、小学生からの友達

    「坂井! 俺と同じクラスやん」

    「うん!」

    「彩〜彩〜」

    「?」

    振り向くと・・・

    「あっ智広〜、どうしたの?」

    「彩と同じクラスに、なれんかった」

    「えぇ〜、残念〜」

    井上 智広 小学生からの友達

    「井上と、クラス離れたんか?」

    「うん」

    「まぁ、残念やったな」

    「まぁね」

    その時・・・

    【ドンッ!!!!!!】

    「イタッ」

    「あっ、ごめん・・・大丈夫?」

    「あっ、ハイ・・・大丈夫です」

    「俺、あんまり前見てなくてサッ」

    「あっ、あたしもです」

    これが、私の運命の出会いなのです。

    「彩、大丈夫?」

    「うん」

    「坂井、大丈夫か?」

    「大丈夫」

    「お前、ちゃんと前見て歩けよ」

    「あっ、そんな事言ったら・・・」

    「ごめん・・・」

    「いいよ! 謝らないで」

    「ごめんで、ゆる・・・・」

    「やめてってば!」

    「!?」

    「行こ! 智広・・・」

    「えっ、うん」

    なんだか、胸が『ドキドキ』して・・・言葉が・・・

    「お前、クラスは?」

    「俺? 1年2組」

    「えっ! 俺と、同じ・・・」

    「翔太〜、早く来てよ〜」

    翔太は、黙って彩の元へ・・・

    〜次の日〜

    「席替え発表します」

    先生が、黒板に席を書き始めた・・・

    「では、席を移動してください」

    私は、窓の外を見ていて先生の話を・・・聞いてなかった

    「坂井〜!」

    「そこ、俺の席だ」

    翔太の声に、反応して目が覚めたような感じがした

    「あっ、ごめん」

    「坂井の、席は・・・」

    すると、席は・・・の次はなにも言ってくれなかった

    その理由は、すぐに分かった

    「あっ、あの時の・・・」

    「早く座れば?」

    「・・・・うん」
  • 3 まゆゆ♪ id:DMIUPeK.

    2012-02-23(木) 22:49:05 [削除依頼]
    「あたしの名前は・・・」

    「坂井 彩」

    「知ってたの?」

    「あぁ」

    窓の外を見ながら・・・

    「授業中だよ。 外なんか見てたら」

    「大丈夫・・ちゃんと聞いてるから」

    「そうなんだ」

    「じゃあ、黒崎くん」

    「A-B≒Yπ7-2」

    黒板も、見ていないのに・・・

    「なんで、黒板も見ていないのに・・・」

    「だから、ちゃんと聞いてるって」

    キーンコーンカーンコーン×2

    「机の上に、何も出さないのに授業受けるなんて・・・」

    「終礼の用意をして〜」

    やっと、授業が終わった・・・みんなは・・・

    「クラブだ〜」 「やった〜」

    ワイワイ騒いでいる・・・

    「クラブは、何に入ったの?」

    「サッカー」

    「上手そうだね」

    すると、ニコッと笑う・・・

    なんで、笑うの?って聞きたいけど・・・聞けない

    「終礼の用意しろよ」

    「うん」

    なんか、毎日毎日疑問が増えていく・・・

    「さようなら」

    みんなが、言う・・・

    「さようなら」

    1人小さな声で言う・・・

    翔太と、クラブに行く。

    「坂井・・・」

    翔太が、あたしの名前を言っている

    「どうしたの?」

    「俺の、良い所ってどこ?」

    急な、質問に戸惑うあたし・・・

    「やさしい所かなぁ」

    「そっか〜」

    クラブが、始まり

    「坂井、パス」

    「ハイ」

    「坂井、シュート決めろ」

    『バンッ』

    シュートが、決まった。

    「ナイス、坂井」

    ハイタッチをする。
  • 4 まゆゆ♪ id:DMIUPeK.

    2012-02-23(木) 23:19:37 [削除依頼]
    「うまかったな」

    「ありがとう」

    クラブ、終了

    「明日、朝練あるって」

    「何時に、集合?」

    「7時には、学校だってよ」

    「6時45分に、コンビニ」

    「分かった、ありがと」

    帰る途中・・・

    「遅い」

    「えっ?」

    「帰るぞ」

    「黒崎くん?」

    「俺の、家こっち方面だから」

    「そうなんだ」

    「明日、朝練あるだろ」

    「あるけど」

    「俺も、あるから」

    「みんな、朝練あるんだ」

    その時、ビックリする言葉を耳にした

    「一緒に、行こう」

    「俺の、メアド教えるからメールして」

    小さな紙には、メールアドレスが書いてある

    「分かった・・・」

    家に、帰ると・・・

    「メール送らなきゃ」

    【坂井彩です★】

    これからも、学校で仲よくしようね
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません